HUAWEI nova lite 2のスペック・評価・レビューまとめ

 

最近、人気が急上昇しているHUAWEI (ファーウェイ)のスマホ端末。家電製品のレビューサイトで有名な価格.comでも「スマートフォン」カテゴリーの人気ランキング上位ベスト3のうち、2製品をHUAWEIのスマホが占めるほどの人気っぷりです。

上位ベスト3のうち2製品をHUAWEIのスマホが占める(引用:価格.comより)

 

そんなHUAWEIのスマホですが、人気ランキング2位に位置しているのが2018年2月に発売した「HUAWEI nova lite 2」。こちらは低価格なのに高性能な高コスパスマホということで、前シリーズの「HUAWEI nova lite」の時から高い人気を誇っています。

LINEモバイルで取り扱われているスマホの中でもちょうど真ん中くらいの価格帯で、2万円台で購入できるスマホの中では群を抜いてスペックが高く、現在のLINEモバイルの端末ラインナップの中では一番お勧めできる端末です。

今回は、そんなHUAWEI nova lite 2のスペック・評価とLINEモバイルでの入手方法について解説していきます!

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイルの今月のキャンペーン情報

 

HUAWEI nova lite 2のスペックと特徴

HAUWEI
nova lite2
スペック
ディスプレイ5.65インチ 2160×1080
18:9 TFT液晶
解像度2160×1080
カラーブルー/ブラック/ゴールド
OSAndroidTM 8.0 Oreo/EMUI 8.0
CPUKirin 659 オクタコアCPU
4×2.36GHz+4×1.7GHz
ROM32GB
RAM3GB
microSD最大256GB
SIMカードnanoSIM×2 (非DSDS)
バッテリー3000mAh
メイン(背面)カメラダブルレンズ
1300万画素 + 200万画素
イン(前面)カメラ800万画素
USBタイプmicroUSB
生体認証指紋認証
(顔認証対応予定)
本体サイズ幅:約72.05mm
縦:約150.1mm
厚さ:約7.45mm
本体重量約143g
端末価格25,980円(税別)
(分割:1,120円×24回)

5.65インチの大画面ディスプレイ

HUAWEI nova lite 2のディスプレイは5.65インチということで、スマホの中ではかなり大きい方です。

わかりやすい比較例としてiPhoneシリーズを対象としますと、iPhone Xのディスプレイは5.8インチ、iPhone 8 Plusは5.5インチ、iPhone 8は4.7インチ。

iPhone 8 Plusはかなりディスプレイが大きい部類に入りますが、HUAWEI nova lite 2はさらに0.15インチ大きいことがわかりますね。

狭額縁設計で本体サイズがコンパクトに

ディスプレイサイズが大きいため、当然本体サイズも大き目ですが、狭額縁設計で横枠がほぼ存在しないため、思ったよりコンパクトで持ちやすくなっています。

比較してみると、HUAWEI nova lite 2はiPhone 8 Plusより本体サイズが小さいにも関わらず、0.15インチ大きいディスプレイとなっています。

3000mAhの大容量バッテリー

HUAWEI Mate 9は3000mAhという、スマホの中でも容量が大きめのバッテリーが搭載されています。公式によると2日連続使用可能、しかもスーパーチャージ技術により20分の充電で約1日使用可能。

iPhone Xで2716mAh、iPhone 8 Plusで2675mAhですので、HUAWEI nova lite2の方がバッテリー容量は大きいですね。

使用しているCPUなどが異なればバッテリー消費も違ってくるため、「バッテリー容量が大きい=電池がより長く持つ」とは100%言い切ることはできませんが、これだけのバッテリー容量があれば他のスマホと比較しても間違いなく快適に使えるレベルでしょう。

ダブルレンズで綺麗な写真が撮れるメインカメラ

メイン(背面)カメラにはダブルレンズ(デュアルレンズ)が採用されています。

レンズが2つあることによるメリットは、シングルレンズよりも綺麗な写真が撮れること、そしてズーム時に画質が劣化しないことです。ズーム写真はスマホカメラの弱点とも言える部分ですが、ダブルレンズであれば遠くの写真のアップも美しく撮ることができます。

指紋認証などの生体認証にも対応

HUAWEI nova lite 2は低価格スマホでありながら生体認証に対応しています。

iPhoneに指紋認証が追加されたことにより、一気にスマホのスタンダード機能になりましたね。この価格帯で生体認証に対応しているスマホは少ないため、大きな強みとなります。

背面に指紋認証センサーが装備されており、片手でロックを解除することができます。現状は指紋認証だけですが、今後は顔認証もアップデートにより追加される予定とのことです。

iPhone Xは顔認証のみ、それ以外のiPhoneは指紋認証のみと、両方に対応しているスマホは稀です。日本人はマスクの着用が多いですが、顔認証はそういった場合に不向きなため、iPhone Xは賛否両論ありますね。HUAWEI nova lite 2なら好きな方を選択して使えるため、そういった心配も不必要です。

高スペックなのに低価格

その他、CPUもオクタコア(8コア)で高性能、RAMも3GB、メモリーもmicroSDXCで256GBまで対応と隙の無いHUAWEI nova lite 2ですが、これだけの高スペックでありながら、なんと価格はわずか25,980円です。

高スペックスマホは6~9万円程度するものも多いですし、特に人気のiPhoneに関しては飛び抜けて端末価格は高いです。iPhone 8でも78,800円、iPhone Xに至っては112,800円と10万円を超えてしまいます。

AndoroidはiPhoneに劣るというイメージがあるかもしれませんが、最近のスマホは全体的に性能が高く、実際に使ってみると普段使いする分には遜色ありません。正直、iPhoneに至ってはオーバースペックだと管理人は思います。

めちゃめちゃ重たい3DゲームをやるならiPhone Xの性能は魅力的ですが、そこまでのスペックが必要な使い方をする人はそう多くありません。もはやiPhone Xは嗜好品レベルです、新しいもの好きやApple信者向けです。

ウェブ閲覧、SNSの利用、YouTubeなどの動画視聴、パスドラなどのソーシャルゲームをプレイする程度であれば、HUAWEI nova lite 2の性能であってもオーバースペックと言えるくらいです。

これだけの性能で2万円台というのが信じられませんが、低価格でなるべく高スペックなスマホを購入したい場合には間違いなくお勧めです。

HUAWEI nova lite 2の注意点!

コスパが高くメリットの多いHUAWEI nova lite 2ですが、もちろんすべての機能を網羅しているわけではありません。

LINEモバイルでHUAWEI nova lite 2を購入する際には、以下の点に注意して下さい。

★ 防水・防塵機能に対応していない
★ DSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)非対応
★ USB端子がUSB-typeCではなくmicroUSB
★ 重い3Dゲームには向かない

 

防水・防塵に対応していないのは人によっては気になる点かもしれませんが、それ以外の点に関しては事前に知っていれば大きな問題にはならないでしょう。

また、スペック上はnanoSIM×2ということでSIMの2枚挿しが可能となっていますが、1枚は海外の2G用のため、実際に使えるSIMは1枚と考えて下さい。2枚目のSIMカードを挿れる場所はmicroSDカードスロットも兼ねているため、ストレージの拡張に使うことになります。

LINEモバイルでHUAWEI nova lite 2を購入する方法は?

LINEモバイルで端末を購入するには、契約申込時に端末とセットでの購入を選択すればOKです。

支払い方法は一括、分割から選ぶことができ、分割24回払いであれば大手キャリアと同じように、2年間毎月の料金に含めるイメージで持つことができます。

申込時に「端末+SIMカード」を選択し、端末選択で「HUAWEI nova lite 2」を選択
↑申込時に「端末+SIMカード」を選択し、端末選択で「HUAWEI nova lite 2」を選択すればOK!

LINEモバイルでHUAWEI nova lite 2を購入した場合の料金は?

では、LINEモバイルでHUAWEI nova lite 2を購入した時の月額料金について見ていきましょう。

まず、LINEモバイルの料金プランとHUAWEI nova lite 2の端末価格は以下の通りです。

 

HUAWEI nova lite 2の端末価格
一括 分割
25,980円 1,120円×24回

 

LINEモバイルのメリットは、なんと言っても人気SNSが使い放題という点です。

LINEモバイルで一番人気のプランは、「コミュニケーションフリープラン」の3GBです。コミュニケーションフリーではLINE, Twitter, Instagram, Facebookが通信量カウントフリーで使い放題となります。

SNSの通信量は想像以上に多く、何気なく使っているだけでも1~2GB消費していることがよくあります。これらの通信量がカウントされなくなるだけでかなり通信量が浮き、他の格安SIMよりも小さいデータ容量プランを選択することができるため、結果的にどこよりも安く毎月の料金を抑えることが可能です。

音声通話SIM コミュニケーションフリー 分割支払いの月額料金
データ容量基本料金端末代金合計金額
3GB
1,690円
1,120円
×24回
2,810円/月
5GB
2,220円
3,340円/月
7GB
2,880円
4,000円/月
10GB
3,220円
4,340円/月

 

ソフトバンクやドコモなどの大手キャリアでは端末代金も含めて月7,000円~10,000円かかるところを、10GBを選んだとしても半額以下の4,340円で済んでしまいます。

実際にはSNS使い放題によってそこまでデータ容量が必要ないケースが多いため、3GBプランで利用している人が最多です。3GBであれば端末代金を含めても毎月2,810円という破格の料金でHUAWEI nova lite 2を使うことができてしまいます。

まとめ

HUAWEI nova lite 2のスペックや評価についてまとめました。

これだけ低価格で性能の高いスマホは中々ありません。3Dゲームなど重たいコンテンツを利用しない限り、これ以上ハイスペックなスマホは必要ありません。

確実にお値段以上の価値がある、LINEモバイルの取扱端末の中でもイチオシのスマホです!

その他の端末レビューや、LINEモバイルのスマホ端末でどれを買うべきかを知りたい場合は以下の記事をご覧ください。

>> LINEモバイルの販売端末レビュー一覧
>> LINEモバイルのスマホ端末はどれを買うべき?性能・価格まとめ

LINEモバイルへの乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

11月6日までに申込で6ヶ月×900円割引