格安SIMっていろいろな種類がありすぎて、どれを選んだらいいか迷いますよね。

nuro mobile」は大手事業であるSONYが提供する格安SIMで、料金体系が非常にシンプルでわかりやすく、ハイエンドモデルであるXperiaを購入することができるなど、他の格安SIMにはないサービスや機能を多く備えています。

一方、「LINEモバイル」は格安SIMとしては比較的新しい部類に入りますが、TwitterやInstagramなどの人気SNSが使い放題な上に通信速度が速いため、現在人気を集めている格安SIMです。

2つとも優秀な格安SIMではあるのですが、どっちを選んだらいいかとなると難しいのではないでしょうか。

そこで今回は、LINEモバイルとnuroモバイルを月額料金、通信速度、サービス内容、特典、サポート等の観点から徹底比較していきます!

>> LINEモバイルと他社格安SIMの比較一覧はこちら

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイルの今月のキャンペーン情報

 

格安SIM「LINEモバイル」と「nuroモバイル」比較まとめ

まずはLINEモバイルとnuroモバイルの評価と特徴をまとめます。

LINEモバイルの料金/特徴まとめ

 

1.人気SNSが通信量カウントフリーで使い放題!
2.格安SIMの中では通信速度が速い部類
3.料金プランが豊富で安い
4.データ容量のプレゼントが可能
5.データ容量の繰り越しが可能
6.専用アプリ「いつでもでんわ」で通話料半額
7.電話かけ放題オプションあり(1回10分×回数無制限)
8.データSIMは最低利用期間なし
9.サポートが充実している
10.格安SIMで唯一LINE年齢認証ができる

 

LINEモバイルで特筆すべきは、人気SNSが通信量を気にせず使い放題だという点です。3つのプランのうち、一番人気の「コミュニケーションフリープラン」を選択すれば、俗に4大SNSと言われているLINE, Twitter, Instagram, Facebookが通信量カウントフリーで使えます。

通信速度に関しては、格安SIMの中ではかなり良好です。格安SIMと言うとソフトバンク、au、ドコモと比べてに大きく劣るイメージがありますが、時間帯によっては大手キャリアと遜色ないスピードが出ます。格安SIMの宿命として、平日のお昼など混雑する時間帯は速度が落ちますが、それでも他の格安SIMよりは早く、十分快適に使えるレベルです。

また、LINEモバイルには「いつでもヘルプ」という独自のサポートシステムがあるため、わからないことがあった場合にも気軽に問い合わせることができます。使い方も簡単で、LINEモバイルの公式アカウントを友達追加して、トーク機能を使って質問ができるので、普段友達などとトークをしているのと同じ要領で使うことができます。

SNSは意外と通信量が多いため、SNSの使用頻度が高い場合はもちろん、たまに使うというレベルでも、SNSでの通信量が浮いた分、データ容量のプランを下げられる可能性が高く、他の格安SIMよりも安く使うことができます。

 

 

nuroモバイルの料金/特徴まとめ

 

1.データ容量のプランが細かく選べる
2.1日に5時間、データ通信が使い放題というプランがある
3.午前1時~6時の間、データ通信が使い放題というプランがある
4.データ容量の前借りができる
5.データ容量のプレゼントが可能
6.データ容量の繰り越しが可能
7.専用アプリ「nuro電話」で通話料が半額になる
8.電話かけ放題オプションあり(1回10分×回数無制限)
9.バースト転送機能で低速時も割りと快適 (だたし手動低速切替なし)
10.データSIMは最低利用期間なし
11.Xperia XZ Premium専用のプレミアム帯域がある (2,000円/月のオプション)

 

nuroモバイルはデータ容量が2GB~10GBまで1GB刻みなため、利用環境に合わせて細かく選択することができ、無駄がありません。

また、1日に5時間データ通信が使い放題の「5時間/日」プラン、そして午前1時~6時までの間データ通信が使い放題の「深夜割」プランという、かなり特殊なプランがあるのも特徴です。

その他、nuroモバイルユーザー宛にデータ容量のプレゼントできたり、データ容量の繰り越しができたりと、データ容量の消費が無駄なくできるサービスが充実しています。

中でもデータ容量の前借りができるというサービスは他の格安SIMにはない機能で、当月のデータ容量を使い切ってしまった場合に、翌月のデータ容量から最大2GBまで前借りして高速通信のまま使うことができます。

そして、nuroモバイルでは格安SIMの中で唯一Xperia端末を購入することができ、Xperia XZ Premium購入者は専用のプレミアム帯域を使うことができます。プレミアム帯域オプションとして2,000円かかりますが、さすが専用帯域ということで通信速度が大手キャリアと遜色ないスピードが出るようになります。

プレミアム帯域以外の通信速度も比較的良好なため悪くない格安SIMですが、通信量の多い動画閲覧やアプリダウンロードなどは通信が遅くなることがあるため注意です。

 

 

【LINEモバイル vs nuroモバイル】月額料金の比較

先ほどのまとめでそれぞれの料金表をお見せしましたが、比較をしやすくするために1つの表でまとめて見てみましょう。

全部のプランを比較するとかなりの量になってしまうので、SIMは選ばれる率の高い音声通話SIM、そしてLINEモバイルは一番人気の「コミュニケーションフリープラン」、nuroモバイルはドコモ回線で比較します。

データ
容量
LINE
モバイル
nuro
モバイル
2GB
1,400円
3GB
1,690円 1,600円
4GB
1,800円
5GB
2,220円 2,000円
6GB
2,200円
7GB
2,880円 2,400円
8GB
2,600円
2GB
2,800円
10GB
3,220円 3,000円

 

nuroモバイルは2GBから10GBまで1GB刻みで選択でき、+1GBごとに+200円というかなり分かりやすく選びやすいプランになっています。どの容量においても、LINEモバイルよりnuroモバイルの方が安いことが分かりますね。

ただし、LINEモバイルは上記金額でLINE, Twitter, Instagram, Facebookが使い放題です。LINEモバイルではSNSの通信量がカウントされなくなる分、データ容量の小さいプランに変更できる可能性もあるため、一概に同GB数の料金を比較した時に安いnuroモバイルを選択した方が月額料金が安くなるとは言えません。

あなたのSNSの通信量がどれくらいなのかをしっかりチェックしてから選ぶことをオススメします。

nuroモバイルの「5時間/日」「深夜割」プラン

nuroモバイルには時間限定で高速データ通信が無制限で使い放題の「5時間/日」「深夜割」という2つのプランがあります。

5時間/日プランは1日に合計5時間まで高速データ通信が使い放題で、通信の接続は5分単位で計算。1分だけ使っても5分でカウントされます。5分単位で高速通信で使える時間を消費していき、5時間に達した時点で翌日0時まで低速通信に切り替わります。

深夜割プランは午前1時~6時まで高速データ通信が使い放題で、それ以外の時間帯は低速通信となります。

高速通信中の通信総量は無制限のため、3日間制限など使いすぎによる制限を受けることはありません。

低速通信時のスピードはどちらも200kbpsで、低速通信のスピードとしては一般的です。低速通信時には後述するバースト転送機能に対応しているため、テキストベースのウェブ閲覧やSNSくらいならそこそこ快適にこなせます。

普通のプランと料金を比較するとこんな感じ。

深夜割は6GBプランと同じ金額、5時間/日は10GBに+200円ということで、かなりコスパは高いです。

5時間と言うと短く感じるかもしれませんが、普通に仕事している人が1日にスマホをいじっている時間なんてそう長くありません。使用時間が長くなる休日は自宅のWi-Fiを使えばいいですし、選択肢としては大いにありです。ただし、平日でもスマホを使う時間が長いであろう学生にはあまり向かないかもしれません。

夜行性で深夜にガッツリ使いたいという人が深夜割がピッタリなのは言わずもがな。1日あたりのスマホの使用時間が短い場合や使用する時間が決まっている場合は、この2つのプランをオススメします。

【LINEモバイル vs nuroモバイル】通信速度の比較

LINEモバイル 全時間帯を通して速い
nuroモバイル コンテンツによっては快適

 

格安SIMは大手キャリアに比べると通信速度が大きく落ちると言われていますが、その中でもLINEモバイルの通信速度は速い部類で、時間帯によっては大手キャリアと遜色ないスピードが出ます。

回線が混み合う時間帯であるお昼12~13時や夕方18~19時は格安SIMの例に漏れず通信速度は少し落ちますが、それでも5Mbps前後のスピードが出ます。多くの格安SIMが1Mbps以下の中、5Mbps出ればかなり快適と言えます。

nuroモバイルの場合、通信速度は比較的良好で、非混雑時は10Mbps以上出る場合もあります。ただし、混雑時は1Mbpsを下回ることもあるため、お昼の時間帯に快適に使いたいと言う場合は避けたほうが良いです。

また、nuroモバイルの通信は少し特殊な挙動をするようで、データ量の大きい通信やアプリのダウンロードなどだと速度が制限されて時間がかかってしまいます。スピードテスト環境では速度が出ても、実際に使ってみると遅いということもあるため注意が必要です。

LINEモバイルの通信速度が気になるあなたは、実際に測定してみた内容を以下の記事にまとめていますので参考になさって下さい。

【LINEモバイル vs nuroモバイル】通信速度制限の比較

LINEモバイル 高速通信時の3日間制限:なし
低速通信時の3日間制限:なし
nuroモバイル 高速通信時の3日間制限:あり(詳細不明)
低速通信時の3日間制限:不明

 

ソフトバンクやauなどの大手キャリアを含め、多くのキャリアには3日間のデータ使用量が多すぎる場合に通信速度を制限する「3日間制限」がありますが、LINEモバイルには3日間制限は一切ありません。せっかくSNSが使い放題でも3日間制限があってはフル活用できませんので、これは嬉しいポイントです。

nuroモバイルは、高速通信時の3日間制限は存在すると公表していますが、何GB以上になった時に制限がかかるのかという詳細については触れられていません。

3日間制限についての詳細が公表されていない格安SIMは稀で、短期間での通信量が多い場合は不安に感じるかもしれません。

速度制限後は200kbpsになってしまいます。nuroモバイルが公表している高速通信時の下り最大速度が375Mbpsなので、1000分の1以下です。テキストベースの軽いウェブサイトを見るくらいであれば使えますが、それ以外はストレスを感じるレベルです。いつ通信制限がかかるか分からない状態で使わなければならないのはかなり痛いですね。

【LINEモバイル vs nuroモバイル】サービス内容の比較

LINEモバイル 人気SNSが使い放題!
(LINE, Twitter, Instagram, Facebook)
nuroモバイル バースト転送機能で低速通信時も割りと快適
LINEモバイルは4大SNSが使い放題

LINEモバイルは人気SNSが通信量カウントフリーで使い放題なのが最大のメリットです。

一番人気の「コミュニケーションフリープラン」であれば、LINE・Twitter・Instagram・Facebookの4つが使い放題となります。SNSって、意外と通信量がかさむんですよね。特にInstagramは写真と動画がメインのサービスなので、何気なく使っているうちに1GB,2GBと消費してしまっていることも多々あります。

これらのSNSがデータ通信量のカウントがされなくなるということは、今までSNSの使用にかかっていた通信量を他に回すことが可能なため、契約プランの1つ2つ下げて安く抑えることができるようになるということです。

また、データ容量を使い切って低速通信モードになっても対象SNSは影響を受けないため、LINEやTwitterが快適に使えれば、次月のデータ容量回復まで追加チャージせずに待つこともそれほどストレスにならないでしょう。

>>【参考記事】なぜスゴイ?LINEモバイルの人気SNSアプリ使い放題!

nuroモバイルはバースト転送機能に対応

nuroモバイルは、低速時に通信の初速だけ高速通信になる「バースト転送機能」に対応しています。

通信速度が速くなるのは、通信し始めの一瞬だけですが、テキストベースのWebサイトやSNSなどであれば割りと通信量が少ないため、割りと快適に使用することができます。

とは言え、高速通信時に比べれば読み込みに時間がかかることは代わりはないので、過度な期待は禁物です。

また、バースト転送に対応しているほとんどの格安SIMは手動で低速通信に切り替えることができ、高速通信のデータ容量を節約できるようになっているのですが、nuroモバイルは低速通信の手動切替に対応していません。せっかくバースト転送機能が使えても、高速通信/低速通信の切替ができないと活用できる場面が少ないため惜しいところです。

【LINEモバイル vs nuroモバイル】データ通信関連サービスの比較

LINEモバイル ・データ繰り越しに対応
・データ容量の追加チャージに対応
・LINEモバイルユーザー宛にデータ容量のプレゼントが可能
nuroモバイル ・データ繰越
・データ容量の追加チャージに対応
・nuroモバイルユーザー宛にデータ容量のプレゼントが可能
データ容量の前借りが可能

 

両社とも、当月のデータ残量を翌月に持ち越せる「データ繰り越し」、データ容量を使い切ってしまったときに追加購入ができる「追加チャージ」、同じキャリアのユーザー宛に自分のデータ容量をプレゼントできる「データプレゼント(ギフト)」に対応しています。

ただし、nuroモバイルのデータギフトはドコモ回線の場合はドコモ回線のユーザー宛、ソフトバンク回線の場合はソフトバンク回線のユーザー宛のみとなっています。ドコモ回線とソフトバンク回線のユーザー同士ではデータギフトは使えないため、注意が必要です。

さらに、nuroモバイルの場合はデータ容量の翌月分から前借りできる「データ前借り」という機能があります。

nuroモバイルの「データ前借り」

nuroモバイルでは、当月のデータ容量が足りなくなった時に、翌月のデータ容量分から前借りができる「データ前借り」に対応しています。この記事を書いている時点では、データ前借りが使えるのはnuroモバイルだけです。

他の格安SIMの場合、データ容量を使い切ったら翌月まで我慢するか追加チャージを行うかの2択ですが、nuroモバイルなら翌月のデータ容量分から毎月最大2GBまで前借りすることができます。10MB以上から1MB単位とかなり細かく前借りすることができるため、前借りし過ぎて無駄にするということもありません。

データ容量の消費具合は月によってけっこうまばらだったりするので、使用量が少ないときは自動で繰り越し、多いときは前借りを活用すれば無駄なくデータ容量を使い切ることができます。

追加チャージの料金

両社の追加チャージの料金は以下の通りです。

追加容量 LINE
モバイル
nuro
モバイル
100MB
400円
500MB
500円 600円
1GB
1,000円
3GB
3,000円

 

LINEモバイルの追加チャージ料金は標準的、nuroモバイルの料金は少し高めです。特に100MBはかなり割高なので、使うなら500MBを選択した方が良いです。

とは言え、追加チャージはかなり燃費が悪いため、データプレゼントを活用するか、もしくは毎月足りないようならプランを1つ上げるなどして、追加チャージは避けたいところです。

【LINEモバイル vs nuroモバイル】通話料金の割引の比較

LINEモバイル ・専用アプリ「いつでも電話」で通話料が半額になる
・10分×回数無制限の電話し放題あり (880円/月)
nuroモバイル ・専用アプリ「nuroモバイルでんわ」で通話料が半額になる
・10分×回数無制限の電話し放題あり (800円/月)

 

どの格安SIMも通常の通話料は20円/30秒ですが、どちらも専用アプリを使うことで半額の10円/30秒で通話することができます。

さらにオプションで「10分かけ放題」をつければ、10分×回数無制限の電話し放題を使うこともできます。仕事やプライベートで電話の機会が多いという場合も安心ですね。

>>【参考記事】LINEモバイルは通話料が高くなる?0円で抑える方法とは!

【LINEモバイル vs nuroモバイル】契約期間と違約金の比較

LINEモバイル データSIM:契約期間なし
音声通話SIM:13ヶ月
違約金:9,800円 (税抜)
nuroモバイル データSIM:契約期間なし
音声通話SIM:13ヶ月
違約金:(13ヶ月-利用月数)✕1,000円(税抜)

 

どちらもデータSIMには最低利用期間なし、音声通話SIMは13ヶ月ということで条件は一緒です。

LINEモバイルの違約金は13ヶ月以内は一律9,800円ですが、nuroモバイルの場合は(13ヶ月-利用月数)✕1,000円です。例えば契約した月に解約したら(13-1)×1,000=12,000円、12ヶ月目に解約したら(13-12)×1,000=1,000円となります。

格安SIMを使っていると、契約したタイミングでは通信速度が早くても、ユーザーが増えて速度がガタッと落ちてしまうということもあります。その時には他の格安SIMに乗り換えることも視野に入れる必要がありますが、nuroモバイルなら利用月数が長くなるほど違約金が少なくなるため、1年を待たずして乗り換えしやすいのがポイントです。

【LINEモバイル vs nuroモバイル】サポート内容の比較

LINEモバイル ・メールサポート
・チャットサポート
・電話サポート
・「いつでもヘルプ」が非常に便利
nuroモバイル ・電話サポート

 

nuroモバイルは電話サポートのみの対応なので、サポート面に関しては少し不安が残ります。LINEモバイルはメール、チャット、電話と充実しており、「いつでもヘルプ」という便利な機能が使えるため、サポート体制はかなり充実しています。

LINEモバイルの「いつでもヘルプ」

LINEモバイルでは、LINEモバイル公式アカウントからLINEのトークを使って年中無休で問い合わせることが可能です。オペレーターへの問い合わせ10時~19時、自動応答の場合は24時間対応です。

LINEは今や幅広い年代に使われており、普段から利用頻度が高いアプリなので、友達とLINEでトークするのと同じ要領で質問ができるのは手軽でありがたいです。

自動応答もかなり優秀で、質問を送ると回答に該当しそうなものを即座に返信してくれます。よくある公式サイトなどに掲載されているQ&Aって欲しい情報を自分から探さなければならないので面倒くさいですが、いつでもヘルプならAIが適切な回答を選んでくれるので非常に便利です。

>>【参考記事】非常に優秀!LINEモバイルのサポート体制

【LINEモバイル vs nuroモバイル】総合評価

 

LINEモバイルの方がSNS使い放題あり、通信速度も非常に良好、料金的にも安くサポートも充実しているということで、総合評価としてはかなり高いです。

nuroモバイルは通信面に少し難ありですが、月額料金が安いため、通信速度を気にしない場合は良いでしょう。また、スマホを使う時間が決まっている場合は「5時間/日」「深夜割」プランの選択もアリですね。

多くの場合においては、SNSが使い放題であるLINEモバイルを使ったほうが安く済む可能性が高いです。通信速度も快適なので、SNSの使用頻度がそれほど高くない場合でもオススメです。

あなたの使用環境に合わせて、最適な方を選んで下さい!

LINEモバイルのメリットや評判まとめ、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

11月6日までに申込で6ヶ月×900円割引