LINEモバイルでMoto E5の取り扱いが開始されました!

この機種はモトローラーのエントリーモデル「eシリーズ」で、日本で取り扱いがされるのは初です。モトローラの機種はあまり日本では馴染みがないと思いますが、実際のところはどうなのでしょうか?

今回は、そんなMoto E5のスペック・評価とLINEモバイルでの入手方法について解説していきます!

>> LINEモバイルの販売端末レビュー一覧はこちら

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

Moto E5のスペック一覧

まずはMoto E5のスペックを比べて見てみましょう。簡潔に言うと、Moto E5はエントリーモデルのスマホで、低価格でディスプレイサイズが大きいスマホを求める人向けです。

Moto E5スペック
外観
発売日2018年6月8日
SIMロックSIMフリー
サイズ154.4×72.2×8.9(mm)
重量
約173g
ディスプレイ5.7インチ IPS液晶
解像度1440×720 HD+
OSAndroid 8.0
CPUQualcomm Snapdragon 425
1.4GHz×4(クアッドコア)
GPUAdreno 308
ROM16GB
RAM2GB
外部メモリmicroSD(最大128GB)
バッテリー4,000mAh
メインカメラ1300万画素
インカメラ500万画素
防水/防塵
生体認証指紋認証
おサイフケータイ
テザリング
Bluetooth4.2
DSDS
SIMスロットnanoSIM×2+microSD
充電端子microUSB
カラーフラッシュグレー
サンライトゴールド
価格(税抜)一括:18,800円
分割:820円×24

ディスプレイ

分かりやすいように、スマホで一番人気のiPhoneシリーズと比較してみました。

Moto E5のディスプレイは5.7インチですが、スマホの中でもディスプレイが大きいと言われているiPhone 8 Plusの5.5インチよりも上ということで、かなり大きいことがわかってもらえると思います。

また、最近流行りの縦長ディスプレイになっているため、インターネット検索やSNSなどのコンテンツで一度に表示できる量が多く便利です。

解像度は1440×720のHD+ということで、主流のフルHDに比べると劣りますが、端末価格を考えれば妥当と言えます。

本体サイズ

Moto E5のディスプレイは先ほどもお話した通りiPhone 8 Plusより大きいですが、Moto E5の方が上下の額縁が狭くなっているため縦は短くなっており、さらにディスプレイが縦長のため横幅も狭くなっています。

厚さはiPhoneシリーズよりも1mmほど厚いですが、横幅がコンパクトなこと、そして側面が滑らかな曲線になっているため、むしろ手にフィットして持ちやすいです。

縦長のため、女性など手の小さい方だと片手操作で画面上部を動かすのは難しい可能性がありますが、画面縮小機能を使用すると片手でも快適に動かせるため、操作面で困ることはないでしょう。

バッテリー容量

バッテリー容量は4,000mAhということでかなり多い方です。

連続通話時間や連続待受時間が公開されていないが少し気になりますが、スペック的に電力消費は少ない可能性が高いので、電池持ちは期待できそうです。

また、付属品の高速充電器を使用することで、約15分で最長4時間の駆動が可能という高速充電に対応しています。寝る前にうっかり充電を忘れてしまって、朝起きたら電池残量がヤバイ…という場合にも安心です。

処理能力

CPUはクアッドコア、RAMは2GBということで、処理性能は控えめです。

最近のスマホはCPUはオクタコア(8コア)、RAMは4GB以上というものが多いので、比較するとどうしても劣ってはしまいますが、端末代金が2万円以下というエントリーモデルのため、価格に見合った性能と言えます。

カメラ性能

メイン(背面)カメラは1300万画素、フロント(前面)カメラは500万画素ということで、カメラ性能は控えめです。

そもそもこの価格帯のスマホにカメラ性能を求める人は少ないと思いますので、そう考えれば十分な性能と言えるのではないでしょうか。

ストレージ容量(ROM, 外部メモリ)

内部ストレージは16GBということでかなり少なめです。

アプリを入れるだけで本体の容量がなくなってしまい、写真や音楽などを保存する余裕がなくなる可能性があるため、microSDカードでストレージ増設することをお勧めします。

64GBなら2000円程度、対応最大サイズの128GBなら4000円程度で購入することができます。

[amazonjs asin=”B06XZ47ZX6″ locale=”JP” title=”microSDXC 64GB SanDisk Ultra UHS-1 CLASS10 SDアダプタ付き 並行輸入品”]

その他の特徴

DSDS対応 nanoSIM×2+microSDのトリプルスロット

Moto E5はnanoSIMを2枚同時に挿入することができ、DSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)に対応しています。

さらに専用のmicroSDカードスロットが存在するため、DSDSを使用しながらSDカードを利用することができます。

スマホによっては2枚目のnanoSIMとmicroSDが兼用スロットになっているものもあるため、その場合はどちらか一方を諦めるしかありませんが、Moto E5はトリプルスロットのそういった心配はありません。

未対応機能、デメリットなどの注意点

・防水/防塵
・おサイフケータイ

 

国産スマホにはほぼ標準でついている防水/防塵、おサイフケータイに対応していません。

この価格帯のスマホであれば、この2つの機能に対応していないのは仕方のない部分ではあります。

どうしてもという場合は、他のスマホを選択することをお勧めします。

Moto E5で未対応の機能

LINEモバイルでスマホ端末を購入する方法は?

LINEモバイルで端末を購入するには、SIMカードの契約時に併せて希望のスマホを選択すればOKです。大手キャリアと同じように分割支払いを選ぶことも可能なので、毎月の料金に含めるイメージで持つことができます。

LINEモバイルで購入した場合の月額料金は?

では、LINEモバイルでMoto E5を購入した時の月額料金について見ていきましょう。

まず、LINEモバイルの料金プランとMoto E5の端末価格は以下の通りです。

 

端末価格
 一括分割
Moto E5
18,800円
820円×24回

 

LINEモバイルのメリットは、なんと言っても人気SNSが使い放題という点です。

LINEモバイルで一番人気のプランは、「コミュニケーションフリープラン」の3GBです。コミュニケーションフリーではLINE, Twitter, Instagram, Facebookが通信量カウントフリーで使い放題となります。

SNSの通信量は想像以上に多く、何気なく使っているだけでも1~2GB消費していることがよくあります。これらの通信量がカウントされなくなるだけでかなり通信量が浮き、他の格安SIMよりも小さいデータ容量プランを選択することができるため、結果的にどこよりも安く毎月の料金を抑えることが可能です。

音声通話SIM コミュニケーションフリー 分割支払いの月額料金
データ容量基本料金端末代金合計金額
3GB
1,690円
820円
×24回
2,510円/月
5GB
2,220円
3,040円/月
7GB
2,880円
3,700円/月
10GB
3,220円
4,040円/月

 

ソフトバンクやドコモなどの大手キャリアでは端末代金も含めて月7,000円~10,000円かかるところを、Moto E5なら10GBを選んだとしても4,040円で済んでしまいます。

一番人気の3GBプランならわずか2,510円/月、これまでの料金の3分の1~4分の1程度まで安くすることができます。

まとめ

Moto E5のスペックについてお伝えしました。今回のお話をまとめると、Moto E5の特徴はこんな感じです。

Moto E5の特徴

・2万円以下という圧倒的な端末代金の安さ
・5.7インチ、縦長の大画面ディスプレイ
・トリプルスロットでDSDS&microSDが同時利用可能
 

3Dゲームなど動作の重たいアプリを使用する場合は向きませんが、普通に通話やLINE、TwitterなどのSNSを使うだけであれば十分な性能です。

とにかく安くディスプレイの大きいスマホを手に入れたいという人にはお勧めです。

最近のスマホは重たいゲームをやらない人にとってはオーバースペックなくらいなので、ご自身の使用環境を考えて選択して下さいね!

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

 
 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル