格安SIMは種類が非常に多いので、どの格安SIMの通信速度が速いのかが分かりにくいと思います。

今回は格安SIMの通信速度が速い8社のランキングと、それぞれの特徴についてご紹介します。通信速度が速い格安SIMを探されている方は、是非参考にしていただければと思います。

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

格安SIMのスピードランキング

格安SIMの通信速度は、携帯電話やインターネットに関する市場調査を行っているMMD研究所のデータをもとにします。

引用元:MMD研究所

※通信速度のデータは2020年2月のものです

Y!mobile(ワイモバイル):20.1~63Mbps

プラン名月額料金通話
プランS
(3GB)
~6ヶ月目:1,980円
7ヶ月目~:2,680円
1回10分の通話が
回数無制限で無料
プランM
(9GB)
~6ヶ月目:2,980円
7ヶ月目~:3,680円
1回10分の通話が
回数無制限で無料
プランR
(14GB)
~6ヶ月目:3,980円
7ヶ月目~:4,680円
1回10分の通話が
回数無制限で無料

格安SIMは大手キャリアから回線を借りて運営していますが、Y!mobileはソフトバンクの自社回線を利用しているため通信速度が他社に比べて速いです。快適にスマホを利用できて、通信速度が安定しているのがY!mobileの特徴の1つです。

全国にワイモバイルショップが4,000店舗ある

格安SIMのほとんどが実店舗を持っていませんが、Y!mobileは全国に4,000店舗以上の実店舗を持っています。実店舗がない格安SIMで問い合わせる場合、電話やメールでの対応となります。スマホに不慣れな方にとって、電話やメールだけでは理解できないことも多くあります。

Y!mobileでは直接店舗に行って店員さんに相談できるので、スマホに不慣れな方でも安心して利用できます。現在どの格安SIMにしようか迷っている方も、一度店舗で特徴や料金のことを聞けます。

UQモバイル:23.5~62Mbps

UQ mobile 【ALL CONNECT】
プラン名月額料金節約モード/
速度制限時
プランS
(3GB)
1,980円300kbps
プランR
(10GB)
2,980円1Mbps
データ高速プラン
(3GB・225Mbps)
980円(通話不可)200kbps
データ無制限プラン
(容量無制限・500kbps)
1,980円(通話不可)-

UQモバイルは格安SIMの中でも通信速度が速いことで有名で、実際にインターネットが繋がりにくい時間帯でも問題なく繋がります。

UQモバイルはauのサブブランドのため、Y!mobileと同様にスピードが速い格安SIMです。

スマホ初心者でも安心して使える

UQモバイルには電話やリモート操作で何でも解決してくれる「UQあんしんサポート」というサービスがあり、月額350円で利用することができます。サポートの例として、APN設定・TwitterやFacebookの登録方法・BluetoothやWi-Fiの接続方法・電話帳以降設定などがあります。

スマホを初めて使う方は利用方法が分からなくて、スマホを満足に利用できないことがあります。UQあんしんサポートを利用することで、難しい操作もスムーズに行えます。

また、UQモバイルはネット申込時にキャッシュバック金額が大きいのが特徴です。時期によってキャッシュバック額は変わるため、公式サイトを要チェックです。

イオンモバイル:14.1~47.7Mbps

イオンモバイル
コース音声SIMデータSIM
(SMSなし)
シェア音声
(最大5枚)
500MB1,130円--
1GB1,280円480円-
2GB1,380円780円-
4GB1,580円980円1,780円
6GB1,980円1,480円2,280円
8GB2,680円1,980円2,980円
12GB3,280円2,680円3,580円
20GB4,680円3,980円4,980円
30GB5,680円4,980円5,980円
40GB6,980円6,480円7,280円
50GB8,980円8,480円9,280円

イオンモバイルは全国にあるイオン店舗や、一部地域ではゲオでも申し込みができます。格安SIMは実店舗を持つ会社が少ないので、店舗で申し込みができるというのは大きなメリットです。イオンモバイルも通信速度が速く、プランも豊富で人気があります。

30種類の料金プランがある

イオンモバイルには、月額480円(データ1GBプラン)から月額9,280円(シェア音声50GBプラン)まで全30種類の料金プランがあります。通信回線もドコモ回線、またはau回線から選ぶことが可能となっています。

スマホを使う状況によってプランを選ぶことができるので、現在の使用状況を参考にあなたに合ったプランで契約することが可能です。

OCNモバイルONE:13.1~43.7Mbps

OCNモバイルONE/OCN光
コース音声SIMデータSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
1GB/月1,180円--
3GB/月1,800円1,220円1,100円
6GB/月2,150円1,570円1,450円
10GB/月3,000円2,420円2,300円
20GB/月4,850円4,270円4,150円
30GB/月6,750円6,170円6,050円

OCNモバイルONEは、購入可能な端末のラインナップの多さやセット端末が安いのが大きな特徴です。

データ通信量を気にすることなく音楽を楽しめる

MUSICカウントフリー(無料)というオプションがあり、対象サービス利用時にデータ通信量を消費することなく音楽を聴くことができます。対象サービスは、amazon music,ANiUTA,AWA,dヒッツ, Google Play Music,LINE MUSIC, Spotify, ひかりTVミュージックなどがあります。

音楽はほとんどの方が毎日聴いていると思いますが、その中でも思う存分音楽を聴きたい方におすすめの格安SIMです。

mineo(マイネオ)のタイプD(ドコモ回線):1.3~40.1Mbps

mineo(マイネオ)
データ容量回線
種類
デュアルタイプ
(音声+データ)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
500MBA1,310円700円
D1,400円700円
S1,750円790円
3GBA1,510円900円
D1,600円900円
S1,950円990円
6GBA2,190円1,580円
D2,280円1,580円
S2,630円1,670円
10GBA3,130円2,520円
D3,220円2,520円
S3,570円2,610円
20GBA4,590円3,980円
D4,680円3,980円
S5,030円4,070円
30GBA6,510円5,900円
D6,600円5,900円
S6,950円5,990円
回線種類:A=au回線 D=ドコモ回線 S=ソフトバンク回線

mineoは大手キャリア3回線に対応していますが、ドコモ回線のタイプDの通信速度が他のプランよりも速いです。

今使っているスマホをそのまま使える

mineoの特徴として、ドコモ・au・ソフトバンクの3回線を利用していることが挙げれます。大手キャリアから格安SIMに乗り換える場合に、ドコモからauの回線を利用している格安SIMに乗り換える際はSIMロック解除をする必要があります。

mineoならSIMロック解除なしで、現在使っているスマホをそのまま利用することが可能です。また、mineoで使用可能な端末は500種類以上あるので好みの端末を選ぶことができます。

BIGLOBEモバイルのタイプA(au回線):0.8~28.6Mbps

【BIGLOBEモバイル】初期費用0円+値引き特典(~9/30)
プラン
音声SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
タイプD
タイプA
タイプD
タイプA
タイプD
1GB1,400円--
3GB1,600円1,020円900円
6GB2,150円1,570円1,450円
12GB3,400円2,820円2,700円
20GB5,200円4,620円4,500円
30GB7,450円6,870円6,750円
タイプD=ドコモ回線 タイプA=au回線
エンタメフリー・オプション
音声SIMの場合:490円/月 データSIMの場合:980円/月

データ消費ゼロで使い放題のアプリ
YouTubeAbemaTVU-NEXTYouTube Kids
Google Play MusicYouTube MusicApple MusicSpotify
AWAAmazon MusicLINE MUSICradiko.jp
らじる★らじるdヒッツRecMusicdマガジン
dブックFacebook Messenger

BIGLOBEモバイルではドコモ回線かau回線が選べますが、au回線のタイプAの方が通信速度が優れています。また、BIGLOBEモバイルにはGポイントというものもあり、毎月の支払いでポイントを貯めることもできます。

YouTubeなどの動画や音楽を楽しみ放題

BIGLOBEモバイルには、エンタメフリー・オプションというサービスがあります。エンタメフリー・オプションは、定額料金を支払うことで対象サービスをデータ通信量を消費することなく楽しむことができます。

エンタメフリー・オプションの対象サービスには、YouTube,AbemaTV,U-NEXT,Apple Music,Spotifyなどがあります。対象サービスは動画や音楽だけでなく、ラジオや電子書籍も含まれています。対象サービスは、ユーザーの要望によってが増えているのでこれからさらに期待が高まります。

最近ではテレビ離れで、YouTubeなどを視聴する人が増えています。動画を長時間楽しんでいると、データ通信量がすぐになくなってしまいます。現在動画や音楽が原因で通信制限に引っかかっている人には、エンタメフリー・オプションがあるBIGLOBEモバイルがおすすめです。

IIJmio(みおふぉん)のタイプD(ドコモ回線):0.6~13.6Mbps

IIJmio(みおふぉん)
プラン
音声SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
タイプD
タイプA
タイプD
タイプA
タイプD
ミニマム
3GB
SIM最大2枚
1,600円1,040円900円900円
ライト
6GB
SIM最大2枚
2,220円1,660円1,520円1,520円
ファミリー
12GB
SIM最大10枚
3,260円2,700円2,560円2,560円
タイプD=ドコモ回線 タイプA=au回線

IIJmioは格安SIM業界の中でも老舗で、新機種が出るとすぐに動作確認を行って結果を公表しています。ユーザーからの信頼度が高いIIJmioは、ドコモ回線のタイプDの方がau回線タイプAよりも通信速度が速いです。

大容量オプションが安くて便利

IIJmioには、大容量オプションという追加サービスがあります。20GBを月額3,100円、30GBを月額5,000円で追加可能です。1つの契約で複数のSIMでシェア可能なので、家族で利用する際にも非常に便利なオプションです。

IIJmioの大容量オプション(20GB)は他の格安SIMと比べて約1,000円安いのでお得です。またオプションの取り外しが自由なので、月によって沢山データ通信量を使いそうな時だけ追加することもできます。

LINEモバイルのタイプD(ドコモ回線):1.2Mbps~8.2Mbps

LINEモバイル

 

LINEモバイルもmineoと同じように、ドコモ・ソフトバンク・auの3回線に対応しています。LINEモバイルでは3回線の通信速度は大きく変わりませんが、ドコモ回線を利用したタイプDの通信速度が比較的速いです。

LINEなどのSNSが使い放題

LINEモバイルには、データフリーという機能があります。データフリーは、対象サービスを利用する際にデータ通信量を消費しない機能を持っています。対象サービスには、LINE, Facebook, Instagram, LINE MUSIC, Twitterなどがあります。

通信制限に引っかかった場合にも、データフリー対象のサービスの通信速度が落ちることはありません。SNSをいつでも快適に利用可能なので、日頃からSNSを良く利用している方におすすめです。

LINEのID検索ができる

格安SIMでは通常LINEの年齢認証が行えませんが、LINEモバイルはLINEの年齢認証を行うことができます。LINEにはID検索という機能があり、IDを取得すると友達や家族をLINEの友達に追加することができます。便利な機能ですが、LINEの年齢認証ができないとID検索も行えません。

まとめ

今回は格安SIMの通信速度が速い8社の通信速度や、サービス内容についてご紹介しました。通信速度が速い格安SIMを購入希望の方は、格安SIMを購入する際の参考にしてください。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

3ヶ月間 980円値引きキャンペーン中
 
 
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル