大手キャリアから格安SIMへ乗り換えする際、MNP(ナンバーポータビリティ)を利用して以前と同じ番号を使うという人が多いと思います。

同じ番号を引き継いだ方が自分自身の書類等で電話番号の変更手続きをしなくて済むし、友人・知人へ新しい番号をお知らせする手間も省けます。

では、逆に電話番号を引き継がないで格安SIMへ切り替える、2台目や子供用等新しく契約する場合等では電話番号を選べるのでしょうか?

皆が知っているようで知らない、格安SIMで新しい電話番号の取得する方法について解説します。

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

新しい電話番号で格安SIMに申し込む場合

090・080・070を選ぶことはできない

格安SIMの申し込み方法は店頭で申し込む場合、オンラインで申し込む場合の2種類があるというのは既にご存知ですよね。

店頭に置いているSIMカードには「黒SIM」と「白SIM」と呼ばれる2つがあります。

黒SIMは既にSIMカードに電話番号が書き込まれている、つまり電話番号が決まっているもの。

白SIMはSIMカードに電話番号が書き込まれていないもので、まだ電話番号が決まっていません。白SIMの場合は電話番号の下4桁が選べますが、それについては後述します。

管理人がソフトバンクで働いていた時点で黒SIMはほぼなくなっていたので、現在は白SIMが主流かと思います。もし黒SIMがある場合はこちらから選ばせて欲しいと言えば、お店によっては在庫から選ばせてくれることもあるかもしれません。

一方、オンラインでは電話番号を選ぶという手続きや項目は存在しないので、どんな番号が割り当てられるかはまったくの運です。

真ん中4桁、下四桁の番号を選ぶこともできない

電話番号は「090(もしくは080か070)-〇〇〇〇-〇〇〇〇」という数字の羅列なので、覚えやすい番号にしたいと連続する4桁の部分にこだわりたい人もいるでしょう。

語呂が良い、同じ数字が連続している、もしくは自分や家族の誕生日、記念日のように、思い入れがあって、覚えやすい日付等をあてはめた経験はありませんか。

格安SIMの店舗に運良く自分が希望している数字の羅列が含まれている電話番号があれば良いのですが、在庫である分しか確認してもらえないので、なければ諦めるしかありません。

ましてや希望する番号をエントリーするなんていう仕組みもありませんので、与えられた電話番号を一生懸命覚えるしかないのです。

大手キャリアなら下四桁のみ選ぶことができる

格安SIMでは全く選べない電話番号も、大手キャリアならば下4桁のみユーザーの方で選ぶことができます。

ソフトバンクのHPでは、契約時に店頭で申し出をすれば無料で下4桁が選べます。(オンラインの申し込みではサービス対象外)

ですが、連続する数字(1111、7777等)や、既に使用されている番号等は利用を制限される場合もありますので、候補を複数持っておくのが良いでしょう。

なお、ドコモにも同様のサービスがあるのですが、こちらは有料サービスとなっており、料金は300円です。

auは、新規契約の場合「YOU選番号サービス」の手数料として300円が発生し、電話番号変更の場合は「電話番号変更手数料」に含まれるため無料という扱いになっています。

下4桁だけでも好きな番号を使うことによってその番号への愛着が沸くでしょうから、こだわりが強い人はこのようなサービスもうまく活用してください。

乗り換え(MNP)の場合は電話番号はそのまま

大手キャリアで使用している電話番号を使いたいのであれば、MNPを利用すれば良いのですが、絶対できるというわけではありません。

1つめは名義の問題で、大手キャリア時代の名義と格安SIMに変更する際の名義は同じでなければいけません。

ですから、大手キャリア時代は親の名前で契約していたけど、格安SIMに移行する際に子供の名前にする…といった場合は契約者が違うので即座にMNPを受け付けてもらえません。

格安SIMに変える前に大手キャリア時代の名義を変えておけば手続きがグッと楽になりますので、まずは契約書や電話会社のサイト(マイページ等)で契約者の名前を確認して下さい。

MNPと聞くと「電話してMNPの予約番号を取得する」というのがメインの作業のように思われていますが、同じ名義かどうかを確認することも実は大事な作業なのです。

2つめは、未払い金の問題で、大手キャリアで契約している時に月額料金の未払いがあった場合信用に欠けるということで手続きができないこともあります。

確信犯でお金を払っていない人もいれば、口座変更したせいでうっかり払い忘れていた人等、未払いの理由は様々ですが、悪質とみなされた場合端末を一括購入しなければならない等制限も出てきますので要注意です。

格安SIMでどうしても電話番号を変えたい場合は解約して再契約

格安SIMでは電話番号を選べないということが分かりましたが、割り当てられた電話番号が気に入らない時は我慢するしかないのでしょうか?

実は、最低利用期間だけ契約してその後すぐ解約→契約し直すという方法を使えば、電話番号を変えることができるのです。

最低利用期間とは、大手キャリアでいうところの2年縛りをイメージすると分かりやすいのですが、この期間中に解約すると解約に伴う費用が発生するものです。

格安SIMの中には最低利用期間が4ヶ月だったり、6ヶ月だったり、大手キャリアと同じ2年というのもあったり色々あるのですが、最低利用期間なしというのもあるので、値段だけではなくこのような制度の面にも注目して会社を選ぶのも有効です。

特に最低利用期間がないものは、電話番号が気に入らなければ早期に解約→契約し直しができるので、気に入らない番号を長期間使い続ける必要がありません。

面倒臭いことと言えば何度も手続きをしなければいけない、自分の届出している情報を変更しなければならない等ですが、少なくとも使いたくもない電話番号を使い続けるストレスからは解放されますのでどちらを選ぶも契約者の自由です。

音声SIMでも最低利用期間がなくすぐに解約できる格安SIM

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)
データ容量回線
種類
デュアルタイプ
(音声+データ)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
500MBA1,310円700円
D1,400円700円
S1,750円790円
3GBA1,510円900円
D1,600円900円
S1,950円990円
6GBA2,190円1,580円
D2,280円1,580円
S2,630円1,670円
10GBA3,130円2,520円
D3,220円2,520円
S3,570円2,610円
20GBA4,590円3,980円
D4,680円3,980円
S5,030円4,070円
30GBA6,510円5,900円
D6,600円5,900円
S6,950円5,990円
回線種類:A=au回線 D=ドコモ回線 S=ソフトバンク回線

mineoは関西電力グループのオプテージが運営している格安SIMで、女優の葵わかなさんがCM出演していたことで認知度が高まった会社です。

最低利用期間なし、解約に伴う違約金もなしのため、新しい電話番号を取得したいならばmineoのユーザーは便利です。

勿論料金も大手キャリア時代に比べて半分以下になりますし、回線はドコモ・ソフトバンク・auの全てに対応しているのでネットワークの速度も問題ありません。

mineoで注目したいのは、パケットをシェアしあう相手が家族に限らず、mineoユーザーなら誰でもOKという点です。

見ず知らずの人ともパケットをシェアしあうことで、例えば被災地域に住んでいる人にパケットを渡すといった支援も可能になります。

 

イオンモバイル

イオンモバイル
コース音声SIMデータSIM
(SMSなし)
シェア音声
(最大5枚)
500MB1,130円--
1GB1,280円480円-
2GB1,380円780円-
4GB1,580円980円1,780円
6GB1,980円1,480円2,280円
8GB2,680円1,980円2,980円
12GB3,280円2,680円3,580円
20GB4,680円3,980円4,980円
30GB5,680円4,980円5,980円
40GB6,980円6,480円7,280円
50GB8,980円8,480円9,280円

最低利用期間(最低契約期間)なし、解約金もなしのイオンモバイルは、大手スーパーでおなじみのイオンが運営している格安SIMです。

イオンのお店で買い物した際、イオンモバイルのコーナーを見たことがあると思いますが、店頭またはオンラインで受付可能となります。

その価格帯は業界最安級と評価されており、24分割で購入した場合、月額500円~600円程度の支払いで済む端末も販売されています。

回線はドコモ回線とauの2種類選べますし、相談、トラブルが発生したら買い物ついでに店舗に行けるというのが魅力的ですね。

 

QTモバイル

【QTモバイル】(株式会社QTnet)
データ容量回線
種類
音声+データデータ(SMSあり)
1GBA~12ヶ月:890円
13ヶ月~:1,450円
~12ヶ月:700円
13ヶ月~:800円
D~12ヶ月:890円
13ヶ月~:1,450円
~12ヶ月:700円
13ヶ月~:800円
S~12ヶ月:1,140円
13ヶ月~:1,700円
~12ヶ月:700円
13ヶ月~:800円
3GBA~12ヶ月:990円
13ヶ月~:1,550円
~12ヶ月:800円
13ヶ月~:900円
D~12ヶ月:990円
13ヶ月~:1,550円
~12ヶ月:800円
13ヶ月~:900円
S~12ヶ月:1,240円
13ヶ月~:1,800円
~12ヶ月:800円
13ヶ月~:900円
6GBA~12ヶ月:990円
13ヶ月~:2,250円
~12ヶ月:800円
13ヶ月~:1,550円
D~12ヶ月:990円
13ヶ月~:2,250円
~12ヶ月:800円
13ヶ月~:1,550円
S~12ヶ月:1,240円
13ヶ月~:2,500円
~12ヶ月:800円
13ヶ月~:1,550円
10GBA~12ヶ月:2,690円
13ヶ月~:3,250円
~12ヶ月:2,400円
13ヶ月~:2,550円
D~12ヶ月:2,690円
13ヶ月~:3,250円
~12ヶ月:2,400円
13ヶ月~:2,550円
S~12ヶ月:2,940円
13ヶ月~:3,500円
~12ヶ月:2,400円
13ヶ月~:2,550円
20GBA~12ヶ月:4,690円
13ヶ月~:4,900円
~12ヶ月:4,000円
13ヶ月~:4,200円
D~12ヶ月:4,690円
13ヶ月~:4,900円
~12ヶ月:4,000円
13ヶ月~:4,200円
S~12ヶ月:4,890円
13ヶ月~:5,100円
~12ヶ月:4,000円
13ヶ月~:4,200円
30GBA~12ヶ月:6,690円
13ヶ月~:6,900円
~12ヶ月:6,000円
13ヶ月~:6,200円
D~12ヶ月:6,690円
13ヶ月~:6,900円
~12ヶ月:6,000円
13ヶ月~:6,200円
S~12ヶ月:6,890円
13ヶ月~:7,100円
~12ヶ月:6,000円
13ヶ月~:6,200円
回線種類:A=au回線 D=ドコモ回線 S=ソフトバンク回線

九州電力グループの通信会社「QTnet」が提供しているQTモバイルも、最低利用期間なし、契約解除料なしの格安SIMです。

おすすめプランは、ドコモ回線6GBプラン、au回線6GBプランともに月々990円で契約できるところです。(ソフトバンク回線は1,240円)

QTモバイルによると、6GBプランを契約すると音声通話なら300時間以上通話可能、動画は30時間以上視聴可能となります。

余ったパケットはそのまま繰り越せますので、余ってしまった月があっても無駄になることはありません。

QTモバイルもmineoと同じくドコモ、au、ソフトバンクの3回線があるので、手持ちのスマホをSIMロック解除なしで使えて簡単に乗り換えができます。

 

まとめ

格安SIMで好きな電話番号を手に入れる方法と、その裏技についてまとめてみましたが、いかがでしたか?

それほど難しい作業や手続きはありませんが、最低利用期間のように料金以外の格安SIMのサービスを知っておかないと損をするかもしれませんね。

格安SIMに切り替える時は月額料金がいくら安くなるのかを中心に考えがちですが、長く使う電話なのですから好きな番号で契約できるよう対策しましょう。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

最大16,720円割引キャンペーン中
 
 
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル