スマホの月額料金が安くなると、他の支払いに使用できて助かります。ネットの利用環境と格安SIMをセットにすると割引が適用されることもあるので、現在スマホの月額代金で悩んでいる人には朗報です。

今回は、光回線と格安SIMのセット割の概要や、セット割引の際の注意点についてご紹介します。これから格安SIMの購入を検討されている方は、格安SIM選びとプロバイダの契約の参考にしてください。

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

auひかりと格安SIMのセット割について

まず格安SIMを利用するメリットとは

格安SIMを購入する前に、そのメリットをしっかりと知る必要があると思います。いくつかメリットはありますが、大きく3つのメリットについてお伝えします。

1,月額料金の安さ

格安SIMという名前から分かると思いますが、格安SIMの月額料金は非常に安いです。大手キャリアで契約する月額料金が約8,000円程かかりますが、格安SIMだとプランや会社によって異なりますが平均して約2,000円から3,000円の月額料金で済みます。

スマホはずっと使用するものなので、少しでも支払額を減らすことが可能なら減らしたいと思うはずです。大手キャリアから格安SIMに乗り換えて節約すると、旅行や趣味などお金を有効に利用できます。

2年縛りの契約がない

大手キャリアで契約すると、2年縛りなどがあるので途中で解約したくても解約金が発生してしまいます。格安SIMは契約縛りがないものや、縛りがあっても1年のみというものがほとんどです。

縛りが無い場合は、格安SIMを利用してみて自分に合わなかった際にすぐに契約を解除できます。万が一のことを考えた際に、契約の縛りがないということは非常に助かります。

3,自分に合ったプランを選べる

格安SIMの種類は非常に多く、それぞれに特徴があります。自分に一番合ったプランを選べたり、家族や恋人同士で契約するとお得な格安SIMもあります。お子様にスマホを持たせたい方も増えていますが、お子様向けのプランもあるので便利です。

auひかりでセット割が適用される格安SIMはない

現在auで契約をされている方は、解約後もauひかりでスマホを利用したいと考えているのではないでしょうか?格安SIMの中には、引き続きauひかりが利用できるものがありますが、セット割引は適用されなくなってしまいます。

特定の光回線とセットで割引になる格安SIMはある

格安SIMはその名の通り月額料金が大手キャリアよりも安いのが特徴ですが、月額料金をさらに安くする方法があります。光回線とセットで利用することで、格安SIMの月額料金を安くできるのです。

格安SIMの月額料金を少しでも安くすると、節約が可能となり趣味などに浮いたお金を使用できます。格安SIMを契約する際には、自宅で使用するプロバイダと割引のことも考えると良いです。

光回線とのセット割引がある格安SIM

BIGLOBEモバイル:ビッグローブ光もしくはフレッツ光とセットで割引

【BIGLOBEモバイル】初期費用0円+値引き特典(~9/30)
プラン
音声SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
タイプD
タイプA
タイプD
タイプA
タイプD
1GB1,400円--
3GB1,600円1,020円900円
6GB2,150円1,570円1,450円
12GB3,400円2,820円2,700円
20GB5,200円4,620円4,500円
30GB7,450円6,870円6,750円
タイプD=ドコモ回線 タイプA=au回線
エンタメフリー・オプション
音声SIMの場合:490円/月 データSIMの場合:980円/月

データ消費ゼロで使い放題のアプリ
YouTubeAbemaTVU-NEXTYouTube Kids
Google Play MusicYouTube MusicApple MusicSpotify
AWAAmazon MusicLINE MUSICradiko.jp
らじる★らじるdヒッツRecMusicdマガジン
dブックFacebook Messenger

BIGLOBEモバイルの6GB以上のタイプDを契約して、ビッグローブ光もしくはフレッツ光を利用すると割引が適用されます。ビッグローブ光だと、毎月300円の割引が適用されます。フレッツ光だと、毎月100円の割引が適用されます。

ビッグローブ光とフレッツ光の両方は、割引される期間が永年なのでセットで利用している期間ずっと割引されます。ビッグローブ光では年間3,600円、フレッツ光では年間1,200円の割引が使用可能です。

mineo(マイネオ):eo光とセットで割引

mineo(マイネオ)
データ容量回線
種類
デュアルタイプ
(音声+データ)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
500MBA1,310円700円
D1,400円700円
S1,750円790円
3GBA1,510円900円
D1,600円900円
S1,950円990円
6GBA2,190円1,580円
D2,280円1,580円
S2,630円1,670円
10GBA3,130円2,520円
D3,220円2,520円
S3,570円2,610円
20GBA4,590円3,980円
D4,680円3,980円
S5,030円4,070円
30GBA6,510円5,900円
D6,600円5,900円
S6,950円5,990円
回線種類:A=au回線 D=ドコモ回線 S=ソフトバンク回線

現在はmineoとeo光のセット割引はありませんが、過去にはセット割引がありました。eo光を契約されている方が、新しくmineoの音声通話プランを契約すると900円月額料金から割引されるというものでした。

本来格安SIMはクレジットカード支払いのみの場合が多いので、クレジットカードをお持ちでない方は利用できないことが多いです。eo光とmineoをセットで利用する際のメリットは、eo光とmineoの支払いを一緒に行えることです。

eo光は口座振替で支払いができるので、mineoの月額料金も口座振替で支払うことが可能です。クレジットカードを持っていなくて、格安SIMが契約できない方はこの方法で契約することができます。

IIJmio(アイアイジェイミオ):IIJmioひかりとセットで割引

IIJmio(みおふぉん)
プラン
音声SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
タイプD
タイプA
タイプD
タイプA
タイプD
ミニマム
3GB
SIM最大2枚
1,600円1,040円900円900円
ライト
6GB
SIM最大2枚
2,220円1,660円1,520円1,520円
ファミリー
12GB
SIM最大10枚
3,260円2,700円2,560円2,560円
タイプD=ドコモ回線 タイプA=au回線

IIJmioとIIJmioひかりのセット割引もあり、mio割と呼ばれています。毎月600円割引され、期間はなくずっと600円割引され続けます。mio割の申し込みは不要で、適用される場合は自動的に日割りで割り引きされるので、申し込みの手間が省けます。

Y!mobile:ソフトバンク光もしくはSoftbank Airとセットで割引

プラン名月額料金通話
プランS
(3GB)
~6ヶ月目:1,980円
7ヶ月目~:2,680円
1回10分の通話が
回数無制限で無料
プランM
(9GB)
~6ヶ月目:2,980円
7ヶ月目~:3,680円
1回10分の通話が
回数無制限で無料
プランR
(14GB)
~6ヶ月目:3,980円
7ヶ月目~:4,680円
1回10分の通話が
回数無制限で無料

Y!mobileは、Softbank 光もしくはSoftbank Airとセットで利用すると月額料金が割引されます。プランによって割引される金額は異なりますが、セット割引を利用すると節約に繋がります。

スマホプランS・データプランL・スマホベーシックプランなどは、一人当たり毎月500円割引されます。スマホプランM/Rは、一人当たり毎月700円割引されます。スマホプランLだと、一人当たり毎月1,000円割引されます。

プランによって割引額が異なるので、しっかりとチェックする必要があります。

OCNモバイルONE:OCN光サービスとセットで割引

OCNモバイルONE/OCN光
コース音声SIMデータSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
1GB/月1,180円--
3GB/月1,800円1,220円1,100円
6GB/月2,150円1,570円1,450円
10GB/月3,000円2,420円2,300円
20GB/月4,850円4,270円4,150円
30GB/月6,750円6,170円6,050円

OCNモバイルONEとOCN光サービスとセットで利用すると、月額料金が毎月200円(税込みで220円)割引になります。最大5契約まで可能なので、家族5人がOCNモバイルONEを利用していると1,000円(税込み1,100円)割引になります。

家族で格安SIMの利用を検討されている方には、料金が大幅に安くなるので非常に魅了的だと思います。5契約を年間で考えると、12,000円(税込み13,200円)も割引されます。

格安SIM+光回線のセット割引を適用する際に気をつける点

格安SIMと光回線のセット割は、月額料金を安くできるので便利ですが注意点もあります。注意をすることなく利用すると、セット割が適用されないこともあるので注意をしなくてはいけません。

光回線を契約するとIDが発行され、格安SIMとのセット割の際にIDを要求されることがあります。IDは使用する機会があまりないので、忘れてしまう方が多いのでメモを取るなど工夫が必要です。

また、光回線を契約する際に初期費用が必要な場合が多いですが、初期費用が無料になるキャンペーンなどもあるのでチェックすると良いです。少しでもお得に契約するために、キャンペーンなどの情報を手に入れることをおすすめします。

セット割引が適用される条件を事前にチェックする

格安SIMと光回線のセット割には、割引が提供されるための条件があります。この条件を満たさないとセット割が利用できないので、契約する前に条件を必ずチェックしなくてはいけません。

条件として多いのは、住居がマンションなのか戸建てなのかということです。マンションなら利用できるが、戸建てでは利用できない(逆の場合もあり)など条件があります。このような条件をチェックしておくと後から困りません。

セット割引の適用に手続きが必要な場合があるため注意

格安SIMと光回線のセット割が自動的に適用されるものもありますが、中には自分で申し込みをしなくてはいけないものも多いです。申し込みをしない状態だと、割引されないので申し込みが必要なのかをチェックしましょう。

まとめ

今回は光回線とセット割引のある格安SIMや、格安SIMのメリットについてご紹介しました。家族で格安SIMを契約されている方や、これから家族で契約を考えられている方は光回線とのセット割で得できるので今回の記事を参考にしていただければ幸いです。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

3ヶ月間 980円値引きキャンペーン中
 
 
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル