格安SIMは、大小合わせて100件以上の会社が提供しています。そのため、料金が安いのはもちろん、会社ごとに色々なサービスを提供しています。その中には、大手キャリアではお目にかかれないようなサービスもあります。

「格安SIMにして料金は下げたいけど、データ通信もたくさん使いたい」という贅沢なサービスを提供している格安SIMはないの?と考えた人はいませんか。

そういう方には、定額でデータ通信使い放題を提供している格安SIMがおすすめです。本記事では、定額でデータ通信が使い放題の格安SIM会社を紹介します。

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

格安SIMのデータ通信使い放題の種類

1.すべての通信が低速だが使い放題

格安SIMで提供している代表的な使い放題プランを紹介します。

1つ目の使い放題は、モバイルデータ通信が200kbps~1M(1000k)bpsで使い放題になるプランです。

通常の通信速度は、大手キャリアで30~50Mbps程度、格安SIMで10~30Mbps程度。その速度に比べたら数字上は遅いですが、体感的には数字ほどの遅さはありません。

低速の使い放題プランがおすすめの人は、主に「毎月の料金を気にしたくない人」や「データ容量を気にしたくない人」です。毎月速度制限がかかってしまう人もぜひ検討してほしいサービスです。

ちなみに多くの格安SIMでは、速度制限後の通信速度は200kbpsです。これを基準に比較してもらうと、おおよその使い勝手がイメージしやすいでしょう。

2.特定のアプリだけ高速通信で使い放題

もう1つ が「特定のアプリ」だけ高速通信で使い放題というプランです。例えば動画アプリやSNSだけが使い放題となるサービスを提供しています。このサービズの特徴は、特定のアプリだけ高速通信(通常通りの速度)で使い放題という点です。

この使い放題プランがおすすめの方は、特定アプリをたくさん利用している人です。あなたがスマートフォンをどんな用途で使っているかを振り返ってみて、特定アプリに該当するようでしたらこちらの使い放題プランがおすすめです。

低速だがデータ通信が定額で使い放題の格安SIM

ロケットモバイル:神プラン(200kbps)なら月額298円から使い放題

プラン
音声SIM
データSIM
D
A
D
A
S
神プラン
(200kbps)
948円1,068円298円398円398円
1GB1,250円1,380円590円700円790円
2GB1,300円-690円--
3GB1,400円1,470円840円840円-
5GB1,800円1,950円1,200円1,330円-
7GB2,400円2,560円1,850円 1,770円 -
20GB4,670円4,580円3,950円3,950円4,100円
D=ドコモ回線 A=au回線 S=ソフトバンク回線

低速でデータ通信が使い放題といえば、ロケットモバイルの神プランです。神プランの特徴は、データ通信のみとはいえ、298円でモバイルデータ通信ができるという、圧倒的な安さです。

200kbpsでできることは限られています。動画の視聴は低画質であっても少々厳しいです。画像も、高画質の写真などは開くのに時間がかかります。メールやLINE、テキストが中心のネットサーフィンなら200kbpsでもOKでしょう。

そのため、神プランは上級者向けで、人を選ぶ格安SIMです。使い方を間違えるとただ遅いだけの格安SIMになってしまいますから、低速で何ができるかを理解して使うことが求められます。

楽天モバイル:月額1,480円のスーパーホーダイなら最大1Mbpsで使い放題

Rakuten UN-LIMIT
エリア
楽天回線
パートナー回線
プラン料金2,980円→一年無料
データ通信制限なし5GB/月
国内通話Rakuten Link利用で0円
SMSRakuten Link利用で0円

楽天モバイルは、スーパーホーダイが使い放題です。低速のスピードは、先ほどお話したロケットモバイル、この後お話するmineo、UQモバイルよりも早い1Mbpsです。なお、楽天モバイルのスーパーホーダイにはデータSIMがないため、データ通信しかしないという場合も音声通話SIMを選ぶことになります。

スーパーホーダイで最も安いのは音声通話(SMSあり)、データ容量2GBのSプランです。通常料金は月額2,980円ですが、楽天会員になることで、初年1年間は半額の1,480円で利用できます。

1Mbpsも速度があれば、ほとんどストレスを感じず利用することができます。毎月データ容量を使いすぎて速度制限がかかってしまう、またはモバイルデータを追加購入しているという人にとっては非常におすすめできる格安SIMです。

mineo(マイネオ):パケット放題オプション(500kbps)をつければ最安1,050円/月から使い放題

mineo(マイネオ)
データ容量回線
種類
デュアルタイプ
(音声+データ)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
500MBA1,310円700円
D1,400円700円
S1,750円790円
3GBA1,510円900円
D1,600円900円
S1,950円990円
6GBA2,190円1,580円
D2,280円1,580円
S2,630円1,670円
10GBA3,130円2,520円
D3,220円2,520円
S3,570円2,610円
20GBA4,590円3,980円
D4,680円3,980円
S5,030円4,070円
30GBA6,510円5,900円
D6,600円5,900円
S6,950円5,990円
回線種類:A=au回線 D=ドコモ回線 S=ソフトバンク回線

mineoは2020年3月からパケット放題オプションが追加されました。速度は楽天モバイルのスーパーホーダイより遅いものの、最大500kbpsという速度は、スマホを普通に使う分には速度が遅くてストレスを感じることは少ないです。

音声通話SIMを契約する場合、データ通信量500Mのプラン1,310円(au回線)+パケット放題オプション350円の合計1,660円で契約できます。データ通信SIMを契約する場合は、500MBプラン700円(au回線、Docomo回線)+パケット放題オプション350円で合計1,050円です。

mineoは、スーパーホーダイと違って、1年目だけ安いというわけではなく、2年目以降も最安1,050円で利用できますから、料金面を考えると楽天モバイルよりもお得な格安SIMと言えます。

UQモバイル:スマホプランR(1Mbps)月額2,980円&データ無制限プラン(500kbps)月額1,980円

UQ mobile 【ALL CONNECT】
プラン名月額料金節約モード/
速度制限時
プランS
(3GB)
1,980円300kbps
プランR
(10GB)
2,980円1Mbps
データ高速プラン
(3GB・225Mbps)
980円(通話不可)200kbps
データ無制限プラン
(容量無制限・500kbps)
1,980円(通話不可)-
スマホプランR 1Mbps 月額2,980円

UQモバイルの音声通話SIMには「スマホプランS」「スマホプランR」の2種類がありますが、スマホプランSは節約モード時やデータ容量を使い切った後の低速通信の速度が最大300kbps、スマホプランRの場合は1Mbpsで使えます。

節約モードは自分の好きなタイミングで切り替えることができます。そのため、動画など通信量が多いコンテンツを使う時以外は節約モードにしておくなどすると、高速通信のデータ容量を温存しておくことができます。

データ無制限プラン 500kbps 月額1,980円

UQモバイルでもデータ無制限プランを提供しています。mineoと同じく最大500kbpsの速度で利用できます。UQモバイルはauのサブブランドとして運用しているお陰で、他の格安SIMよりも通信品質が安定しています。

データ無制限プランはデータSIMのため、スマホプランS/Rと違って音声通話ができない点に注意です。

mineoとUQモバイルの定額プランはどちらも500kbpsですが、mineoのほうがお昼どきや夕方など、ネットワークを大量に使う時間帯では、500kbpsの速度が出ない場合があります。それに対してUQモバイルは安定して500kbpsの速度が出る上、実測値で1Mbps前後出たという口コミも多くあります。

mineoと比べると料金的には300円しか変わりません。安さのmineoか、速度安定のUQモバイルか、ご自身の環境にあった方を選ぶと良いでしょう。

高速通信で特定のアプリが使い放題になる格安SIM

LINEモバイル:TwitterやInstagramなどの人気SNSが使い放題

LINEモバイル

 

次は、特定のアプリ(サービス)を利用する時に使い放題となる格安SIMを紹介します。まずはSNSアプリが使い放題のLINEモバイルです。

SNSアプリ使い放題はオプションサービスとして提供されています。何もオプションをつけない場合は、LINEのみ使い放題です。LINEなら、文字やスタンプなどのメッセージはもちろんのこと、LINE通話も使い放題です。LINEを利用している人同士なら電話がいらないレベルです。

LINE以外のSNSを使い放題にするには、データフリーオプションが必要です。データフリーオプションには2種類あり、SNSデータフリーはLINE、Twitter、Facebookが対象で、SNS音楽データフリーはLINE、Twitter、Facebook、Instagram, LINE MUSICが対象となります。

LINEモバイルのデータ量は500MB、3GB、6GB、12GBの4種類から選べます。一番人気は3GBのSNSデータフリーオプション付きのプランです。

データフリーのもう1つの大きなメリットは、月間データ容量を使い切って速度制限になった後も、データフリー対象アプリは高速通信のまま使えるという点です。

ここまでご紹介してきた格安SIMは使い放題と言っても200kbps~1Mbpsで、その速度は高速通信時の1/100~1/1000程度です。高速通信で使えた方が便利なのは当たり前なので、SNSを多様する場合には非常におすすめです。

BIGLOBEモバイル:YouTubeやAbemaTVなどの人気映像系アプリが使い放題

【BIGLOBEモバイル】初期費用0円+値引き特典(~9/30)
プラン
音声SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
タイプD
タイプA
タイプD
タイプA
タイプD
1GB1,400円--
3GB1,600円1,020円900円
6GB2,150円1,570円1,450円
12GB3,400円2,820円2,700円
20GB5,200円4,620円4,500円
30GB7,450円6,870円6,750円
タイプD=ドコモ回線 タイプA=au回線
エンタメフリー・オプション
音声SIMの場合:490円/月 データSIMの場合:980円/月

データ消費ゼロで使い放題のアプリ
YouTubeAbemaTVU-NEXTYouTube Kids
Google Play MusicYouTube MusicApple MusicSpotify
AWAAmazon MusicLINE MUSICradiko.jp
らじる★らじるdヒッツRecMusicdマガジン
dブックFacebook Messenger

BIGLOBEモバイルは、スマホで動画や音楽サービスを頻繁に利用する方におすすめする格安SIMです。エンタメフリー・オプションサービスに追加で加入することで、動画、音楽、ラジオや電子ブックのデータ通信量が使い放題です。

動画サービスであればYouTubeやAbemaTVなど、音楽サービスだとGoogle Play MusicやApple Music、Spotifyなどが対象です。特に動画は、大量のデータ量を消費しますから、YouTubeやAbemaTVなどをモバイルデータ通信で頻繁に利用する人におすすめです。

BIGLOBEモバイルのデータ通信量は、1GB、3GB、6GB、12GB、20GB、30GBと豊富ですが、1GBを選んでしまうとエンタメフリー・オプションに加入できません。エンタメフリー・オプションを利用するのでしたら3GB以上で契約しましょう。

BIGLOBEモバイルのエンタメフリーも、LINEモバイルと同じく速度制限も対象アプリは高速通信のまま使えます。

まとめ

定額・低速でデータ通信が使い放題でおすすめの格安SIMをまとめました。ポイントは3点あります。

  • スマートフォンでどんなサービスを利用するか
  • 利用するサービスに最適なオプションが存在するか
  • 1カ月の平均データ通信量とオプションプランを比較してどちらが安いか

格安SIMの使い放題プランは、データ通信速度が遅いか、一部のサービスしかつかえず、ほとんどの会社で「オプション契約」が必要です。そのため、利用するサービスによっては、オプションをつけても効果が実感できず、値段だけが上がってしまうのです。

まずは、あなたがデータ通信で利用するアプリが、どの位のデータ通信を利用しているかを把握することが重要です。その中で、オプションサービスをつけた方がお得になるのか、それともデータ通信量を増やした方が安いかで検討することをおすすめします。

せっかく格安SIMを利用するのですから、よりよいサービスを使いこなして、賢く節約していきましょう。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

3ヶ月間 980円値引きキャンペーン中
 
 
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル