あなたはキャリア決済を利用していますか?ネットショップで買い物する時や、ゲームの課金などで大変便利なキャリア決済ですが、格安SIMではキャリア決済が出来ないです。

格安SIMにしたいけど、キャリア決済出来なくなるから大手を利用してる、なんて方も多いのでは無いでしょうか?

ですがちょっと待って下さい、キャリア決済が出来る大手スマホを使用したまま、今よりも月々の料金を抑える方法があります。

今回はキャリア決済が出来る大手のスマホは残したいけど、月額を抑えたい方に読んで欲しい内容となっています。この記事を読めば、今より利用料を抑えた賢いスマホ活用術を学べるので、是非最後までお付き合い下さい。

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

格安SIMでキャリア決済を使用するためには

格安SIMはキャリア決済に対応していない

キャリア決済とはそもそも、「ドコモ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い」の3種類しか無く、それぞれのキャリアが独自に提供している決済サービスです。

毎月の利用料と共にショッピングで利用した料金なども、まとめて決済してくれるのでとても便利ですね。

格安SIMに変更してしまうと、当然これらのサービスは利用出来ないので、支払い方法としてはクレジット、デビットカード、コンビニ支払い、Google playカードなどで、支払う事になります。

慣れてしまえば、クレジット支払い等でも全然問題は無いのですが、今ままでキャリア決済していた方だと、少々抵抗もあると思いますし、やはりキャリア決済と比べると面倒くさい部分もあります。

それが嫌で大手キャリアを使用している方は、次からの項目をしっかり読んでみてください。

キャリア決済の利点を活かしつつ、今よりも料金を抑える方法があるんです、今の使い方だと月々の料金で損をしている可能性がありますので、以下の内容を読んであなたの使用方法を見直すきっかけにしてください。

大手キャリアと格安SIMの2台持ちで使用する

大手キャリアのスマホはキャリア決済に必要なので残しておく、そしてもう一台格安SIMを契約する。

この方法であればキャリア決済出来る状態を維持したまま今の料金よりも抑える事が可能なので、詳しい方法を紹介します。

「大手キャリア最低料金+格安SIMのデータSIM」なら大手キャリア1台持ちより安い

料金を抑えるベストな方法としては、2台の役割をハッキリさせてリスクを分散させていく事が重要になってきます。

まず大手キャリアのスマホですが、こちらはキャリア決済用と通話専用として残しておきましょう。なのでプランとしては、通話をあまりしない方やLINE通話などのSNS通話をメインで使用している方は、最低料金のプランで十分でしょう。

通常の通話をそれなりに使用する方は、使用頻度に応じてかけ放題などのオプションを付けても良いと思います。どちらの場合であっても、データ通信のプランは最低料金のプランで設定してください。

次に格安SIMの方ですが、こちらは通話機能の無いデータSIM専用のプランで契約します。通話SIMを契約してしまうと、月額が上がってしまい2台持ちのメリットが低くなってしまうので、必ずデータSIM専用プランで通常の通話は大手のスマホで済ませましょう。

この方法で契約すると、現在と同じ程度の使用容量を確保しても、今より価格を抑える事が出来るはずです。

この後の項目から、データSIMを契約する場合のオススメ格安SIMキャリアを、2社紹介しますのでキャリア選びの参考にしてください。

データSIMを使用するのにおすすめな使い放題がある格安SIM

LINEモバイル

LINEモバイル

 

LINEモバイルには、大きく分けて3種類のプランがあります。

「コミュニケーションフリー」「LINEフリー」「Music+」の3つです、LINEフリーはLINEアプリ内の機能をデータフリーで使用する事が出来ますが、データ容量が1GBのプランのみなので今回は残りの2つから紹介します。

「コミュニケーションフリー」はLINE、Twitter、Facebook、Instagram、の4つのコミュニケーション系アプリを使用する場合のデータ消費がゼロで使えるプランです。タイムラインの視聴は勿論、動画の投稿やアプリ内音声通話、メッセージのやり取りなどもデータ消費を0で使用する事が出来ます。

また、この機能はデータ容量を使い切って通信制限が掛かっている状態でも有効なので、通信制限状態でもこれらのアプリは通常通りに使用する事が出来ます。コミュニケーション系アプリをフリーで使えてさらに10GB使えるプランにしたとしても、月額2,640円(税別)はとてもお得ですね。

現在コミュニケーション系アプリ、特にLINEはスマホユーザーのほとんどが使用しているアプリとなっています。LINEで動画や画像などのやり取りをする事も多く、知らないうちに意外とデータ容量を消費してるんですよね。

LINEモバイルの「コミュニケーションフリー」は特にオススメなので是非検討してみてください。

次に「Music+」ですが、先ほどの「コミュニケーションフリー」に加えてLINE Musicもデータフリーで使えるプランになります。

内容は「音楽・音声の視聴」「歌詞・文章の閲覧」「音楽の保存」「楽曲の検索」がデータフリーで使用できます。(ミュージックビデオはデータフリー対象外です)

LINE Musicを沢山使う方はこちらのプランにして、月々のギガ数を調整してみても良いかもしれませんね。

LINEモバイルのデータSIMプランは、とても魅力的なので2台持ちのデータSIM用としては、相性が良くオススメです。

 

BIGLOBEモバイル

【BIGLOBEモバイル】初期費用0円+値引き特典(~9/30)
プラン
音声SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
タイプD
タイプA
タイプD
タイプA
タイプD
1GB1,400円--
3GB1,600円1,020円900円
6GB2,150円1,570円1,450円
12GB3,400円2,820円2,700円
20GB5,200円4,620円4,500円
30GB7,450円6,870円6,750円
タイプD=ドコモ回線 タイプA=au回線
エンタメフリー・オプション
音声SIMの場合:490円/月 データSIMの場合:980円/月

データ消費ゼロで使い放題のアプリ
YouTubeAbemaTVU-NEXTYouTube Kids
Google Play MusicYouTube MusicApple MusicSpotify
AWAAmazon MusicLINE MUSICradiko.jp
らじる★らじるdヒッツRecMusicdマガジン
dブックFacebook Messenger

BIGLOBEモバイルはデータSIM+SMSのプランがあり、データ容量も少ないプランから大容量のプランまで、幅広く用意されていて価格も低めなのでオススメの格安SIMキャリアです。

BIGLOBEモバイルの最大の特徴は「エンタメフリー・オプション」です。データSIMの場合は月額980円でオプションに加入することで、YouTubeやU-NEXTなどの動画系コンテンツ、Apple Musicなどの音楽系コンテンツ、その他にもradiko.jpなど、本来ならデータ使用量がかさむコンテンツがデータ消費ゼロで使い放題になります。

例えばSMSなしのデータSIM 3GBなら900円+980円=1,880円/月でYouTubeなどが使い放題。コスパ的には相当良いですね。2台目として持つには大変おすすめの格安SIMです。

 

まとめ

今回は「格安SIMでキャリア決済するためには2台持ちがおすすめ!」について紹介しました。

今回の記事を読んで「安いのは分かったけど、2台持ちは面倒くさい」と思う方も中にはいるかと思います。管理人も現在2台持ちでスマホを使用してますが、通話用とデータ用で分けて使うのが最初は面倒くさく感じましたが、慣れて来ると実は良い事ばかりです。

料金が安くなるのは勿論ですが、2台に写真等のデータを分けて保存出来るので容量の節約が出来たり、通話用とデータ通信用で分けてあるので、1台で全てをこなす場合よりも若干ですが、それぞれのバッテリーの消費が少なくて済みます。特に通話用はそんなに多様しないので、かなり長時間充電しなくても使用できますね。

慣れるまではちょっと大変ですが、良い事尽くしの2台持ち!この記事を読んで良いなと思った方は是非一度挑戦してみてくださいね。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

最大16,720円割引キャンペーン中
 
 
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル