格安SIMに切り替えを検討している際、「切り替えたら通信速度が遅くなるのでは?」と心配する人が多いです。

月額料金が安くなるのは魅力的だけれども、安いということはサービスが悪くなってしまう、我慢をしなくてはならない、だから切り替えができなかったという方におすすめしたい格安SIMがあります。

「au系列の格安SIM」全国どこでも、早く繋がるこの格安SIMであれば、今の使い勝手と変わらずお得にスマホを利用することができます。

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

LINEモバイル

LINEモバイル

LINEモバイルの料金やサービスの特徴

LINEモバイルは、対象のSNSならばいくら利用してもデータ消費ゼロとなる「データフリー」機能が使える格安SIMです。

月額料金は最も安いプランだと毎月500円~で、連絡を常にLINEで済ませるという人にはうってつけです。

一番人気は「コミュケーションフリープラン」で、LINE, Twitter, Instagram, Facebookの主要SNSが使い放題です。TwitterやInstagramは意外とデータ消費量が多いので、これらをデータ消費ゼロで使えるのは大きなメリットです。

契約する時、回線は「ドコモ回線」「ソフトバンク回線」「au回線」の3つから選べますが、ソフトバンク回線orドコモ回線⇔au回線の回線変更はできません。

au回線を選ぶとauの4G LTEエリアで使えるうえに、通信可能周波数(4G)がBand1/3/11/18/26/28/41/42となり、ソフトバンク、ドコモよりも充実しています。

最初に回線を選んだ後は簡単に変更できないからこそ、契約の祭には注意を払っておきたいところですね。

 

UQ mobile

UQ mobile 【ALL CONNECT】

UQ mobileの料金やサービスの特徴

プラン名月額料金通話
プランS
(3GB)
1年目:1,980円
2年目:2,980円
1回5分の通話が
回数無制限
or
60分/月の無料通話
プランM
(9GB)
1年目:2,980円
2年目:3,980円
1回5分の通話が
回数無制限
or
120分/月の無料通話
プランL
(21GB)
1年目:4,980円
2年目:5,980円
1回5分の通話が
回数無制限
or
180分/月の無料通話
データ高速プラン
(3GB・225Mbps)
980円通話不可
データ無制限プラン
(容量無制限・500kbps)
1,980円通話不可

UQ mobileは、格安SIMのひとつで、UQ三姉妹等コミカルなCMが放送されているので名前を知っている人が多いのではないでしょうか。

もう1つ、UQ mobileは利用中のユーザーだけではなく第三者からの評価が高い格安SIMでもあり、「格安SIM満足度ランキング2019 総合満足度ランキング」で第1位、MMD研究所が調査した「2019年3月格安SIMサービスの満足度調査 総合満足度」で第1位を獲得しています。

家族をターゲットにしており、実際の料金プランも、1人で利用するよりも家族で利用した方がお得になるよう設定されています。

例えばUQ家族割を使ったプランでは、データ最大3GBで1,480円と、大手キャリアには存在しない破格の安さで利用できます。

安く使える、そして家族で使うとよりお得ということで、2台目、または子供用のスマホを安く手に入れたい人にも人気です。

人気なのは安さだけではなくその速さにもあって、格安SIM8社と通信速度を比較した調査では、UQ mobileが断トツに速かったです。

なぜ、そのように速いスピードを実現できているのか、それはUQ mobileがau 4G LTEが使える格安SIMだからです。

au 4G LTEは、地下街、地下鉄、屋内施設、大学のキャンパス等で使えるサービスで、光ファイバー並みのスピードでデータの送受信ができます。

UQ mobileのサービスを展開しているUQコミュニケーションズ株式会社はauと同じKDDIグループなので、auの回線を借りているから通信費にコストがかからないうえに、速度も速いといういいとこ取りができます。

 

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)

mineoの料金やサービスの特徴

データ容量回線
種類
デュアルタイプ
(音声+データ)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
500MBA1,310円700円
D1,400円700円
S1,750円790円
3GBA1,510円900円
D1,600円900円
S1,950円990円
6GBA2,190円1,580円
D2,280円1,580円
S2,630円1,670円
10GBA3,130円2,520円
D3,220円2,520円
S3,570円2,610円
20GBA4,590円3,980円
D4,680円3,980円
S5,030円4,070円
30GBA6,510円5,900円
D6,600円5,900円
S6,950円5,990円
回線種類:A=au回線 D=ドコモ回線 S=ソフトバンク回線

mineoも「ドコモ」「ソフトバンク」「au」の3つから回線が選べるので、大手キャリアと全く変わらないサービスエリアで利用できる格安SIMです。

以前、女優の葵わかなさんがCMに出演していたので、名前は聞いたことがあるという人もいるはずです。

mineoの運営会社は関西電力グループのオプテージで、長期利用特典の「ファン∞とく」という電子マネーギフトや王国コイン等を使用頻度に応じてもらえる独自サービスが人気です。

切り替える前にmineoを試してみたい!という人のために、月額300円からできるお試しプランもある等面白いコンテンツがたくさんあります。

格安SIMのお試しはどの会社でも実施しているサービスではないので、試験的に使えるこのプランは悩んだ時に是非活用して欲しいサービスです。

また、mineoはデータSIMだけではなく音声通話SIMも最低利用期間がないため、どのタイミングでも違約金なしで解約することができます。(ただしMNP転出をする場合は最低1年)

いきなり大手キャリアからメイン回線を乗り換えするのは不安だから、とりあえず一度試してみたい!という場合にもおすすめです。

 

BIGLOBEモバイル

【BIGLOBEモバイル】初期費用0円+値引き特典(~9/30)

BIGLOBEモバイルの料金やサービスの特徴

プラン
音声SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
タイプD
タイプA
タイプD
タイプA
タイプD
1GB1,400円--
3GB1,600円1,020円900円
6GB2,150円1,570円1,450円
12GB3,400円2,820円2,700円
20GB5,200円4,620円4,500円
30GB7,450円6,870円6,750円
タイプD=ドコモ回線 タイプA=au回線
エンタメフリー・オプション
音声SIM:490円/月 データSIM:980円/月

データ消費ゼロで使い放題のアプリ
YouTube、AbemaTV、U-NEXT、YouTube Kids
Google Play Music、YouTube Music、Apple Music、Spotify
AWA、Amazon Music、LINE MUSIC、radiko.jp、
らじる★らじる、dヒッツ、RecMusic、dマガジン
dブック、Facebook Messenger

BIGLOBEモバイルは、タイプDのドコモ回線、タイプAのau 4G LTE回線、どちらかを選んで契約する格安SIMです。

どちらを選んでも料金は同じなので、使用実態、使いたいエリアに応じて選べば大手キャリアと変わらない速度で利用できます。

通信速度が速いだけではなく、BIGLOBEモバイルには対象の動画や音楽を定額料金でデータ通信量の制限なく使えるエンタメフリー・オプションがあるので、YouTubeや今人気のAbemaTV、U-NEXTなどがデータ容量を気にせず使い放題にすることができます。

月額料金は他の格安SIMと同じくらいの水準ですが、BIGLOBEモバイルは常に色んなキャンペーンを実施しているので、キャンペーン情報にも注目したいです。

最近開催されたキャンペーンでは「月額料金合計6,000円割引」「初期費用0円」「エンタメフリー・オプション最大3ヶ月無料」といずれも魅力的な割引が紹介されていました。

キャンペーンをうまく活用すれば、大手キャリアに払っていた月額の半分以下で出費が抑えられる上に、YouTubeなどが使い放題になってより便利に使えるようになります。

 

楽天モバイル

楽天の料金やサービスの特徴

スーパーホーダイ(ドコモ回線)
10分かけ放題×回数無制限付き
最低
利用
期間
プランS
(2GB)
プランM
(6GB)
プランL
(14GB)
プランLL
(24GB)
3年1,480円2,480円4,480円5,480円
2年1,980円2,980円4,980円5,980円
1年2,480円3,480円5,480円6,480円
組み合わせプラン
プラン
通話SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
ドコモ回線
au回線
ドコモ回線
au回線
ドコモ回線
ベーシック
プラン
1,250円645円525円
3.1GB1,600円1,020円900円
5GB2,150円1,570円1,450円
10GB2,960円2,380円2,260円
20GB4,750円4,170円4,050円
30GB6,150円5,520円5,450円

楽天モバイルは、ドコモ回線かau回線を選択して利用できる格安SIMで、勿論使えるエリアはドコモ、auと同じなので、サービスエリアに問題はありません。

ただ、au回線を希望する場合はWebでの受付のみだったり、事務手数料が若干違う等取り扱いが違うので手続きの時は要確認です。

楽天スーパーポイントと連携しており、スマホやタブレットの購入に楽天ポイントが使える、月々の利用料金で楽天ポイントが貯まる等の特典があります。

楽天カードに入会して楽天モバイルを契約すると最大7,000ポイントがもらえるキャンペーンを実施していたり、月額料金は他社と同水準でも楽天をよく使うという人にはメリットが大きいです。

また、オプションが非常に充実しているのが楽天モバイルの特徴で、スマホ交換保証、あんしんリモートサポート、データ復旧サービス、端末買取サービス、これ以外にもたくさんのサービスがあります。

 

IIJmio(みおふぉん)

IIJmio(みおふぉん)

IIJmioの料金やサービスの特徴

プラン
音声SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
タイプD
タイプA
タイプD
タイプA
タイプD
ミニマム
3GB
SIM最大2枚
1,600円
→600円
1,040円900円900円
ライト
6GB
SIM最大2枚
2,220円
→1,220円
1,660円1,520円1,520円
ファイリー
12GB
SIM最大10枚
3,260円
→2,260円
2,700円2,560円2,560円
タイプD=ドコモ回線 タイプA=au回線

CMが放映されているのをあまり見かけないですが、IIJmio(みおふぉん)という格安SIMをご存知でしょうか?

IIJ(アイアイジェイ)グループが運営している格安SIMのサービスなのですが、ドコモのNTTドコモの「Xi®」(クロッシィ)エリア、FOMA®エリア、auの4G LTEエリアに対応しています。

利用する端末によって多少使えるエリアは異なるものの、名前を聞きなれない格安SIMだからといって、通信速度が悪いなんてことはありません。

名前を聞きなれない理由は、UQモバイルのように店舗を構えて販売をしていないからだと推測されます。

IIJmioは主に大手家電量販店の携帯電話コーナーで取り扱っているので、パンフレットがほしい、端末を触ってみたい等があればそちらを訪問しましょう。

公式HPでもIIJmioの特徴が詳しく説明されていますが、家電量販店だと店員さんに聞いてみたり、アドバイスがもらえたり、他社との比較が一気にできたり等メリットもあります。

 

まとめ

格安SIMの通信について説明しましたが、「格安SIMは安いからサービスが良くない」のではなく、「格安SIMは安いうえにサービスが良い」ことが分かっていただけましたか?

国内幅広いエリアをカバーしているauを選択することで通信速度も気にせず使えるうえに、料金も安くなるのであれば、格安SIMに乗り換えない理由がないと思いませんか。

節約で手っ取り早く効果があるのは固定費の削減ですから、携帯電話を格安SIMに切り替えることでスリムな家計を実現しましょう。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

最大16,720円割引キャンペーン中
 
 
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル