格安SIMに乗り換えようと思ったときに考えることが多くて色々と悩みますよね。 中でも気になるのは月々に使えるデータの容量とデータ繰越ができるのかどうかです。

「せっかく格安SIMにして月々の料金が安くなるのに快適にネット回線を利用できない!」なんてことにならないように、各社のプランにおいて月々に使用できるデータ容量と繰越ができるのかどうかはしっかり確認しておきましょう。 

今回は、データ繰越に対応している主要な格安SIMをご紹介します。 

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

格安SIMのデータ繰越の条件

基本的に当月分を翌月末までデータ繰越、翌月は繰越分から消費

例えば、月5GBのプランを選択していて、当月に使ったデータ容量が3GBだった場合に、翌月は余った2GB+5GBで7GBまで使えるということになります。

データ容量は、基本的に繰り越した分から消費されていきます。ただし、データは翌月末までしか繰越ができないため、毎月残ったデータをずっとためていくことはできません。

なので数か月使ってみて、毎月データが余って繰越した分のデータが消えていっているという方は、プランを変更して月々のデータ容量を減らすことを検討してみて下さい。

また、格安simの中にはデータをプレゼントすることができるものもあります。余ったデータを家族だけでなく、友人にもプレゼントできるものもあるのでおすすめです。

データ容量の追加購入分の繰越は格安SIMによってバラつきがある

追加購入した分のデータ容量の繰越には格安SIMによってバラつきがあり、概ね1ヶ月から3ヶ月となっています。
 
また、データの消費順は格安SIMにおいてはまず繰越分が消費されます。次に各プランで契約しているデータ容量、最後に追加購入分のデータが消費されます。

つまり、追加購入分は最後にデータが消費されるため、繰越できる期間はある程度長い格安SIMがお得です。
 
ただ、繰越サービスがある格安SIMを選んでおけばデータの追加購入を迫られることは少なくなるので、1ヶ月以上あればある程度安心できると思います。
 
追加購入をした場合は購入した分のデータが期限がきて無くなってしまうことがないよう気を付けましょう。

また、格安SIMによっては追加購入したデータが残っている状態で再度追加購入をすると、全ての追加購入した分のデータ容量の期限が更新されて、結果的に期限を長くすることができるサービスを提供している格安SIMもあります。

LINEモバイル

LINEモバイル

LINEモバイルの特徴:4大SNSがデータ消費ゼロで使い放題

LINEモバイルには4大SNSであるLINE、Twitter、Facebook、Instagramのデータ消費がゼロにできるお得なプランがあります。
 
このプランはデータ消費がゼロになるだけでなく、データ容量を使い切っても(通信制限がかかっても)通信速度が落ちないというのが最大のメリットです。
 
他の格安SIMにもSNS利用時のデータ消費ゼロのサービスがありますが、「節約モード(送受信最大 300Kbps)時」などの条件がある場合が多いです。

また、SNS使用時にON/OFFを切り替える必要のある格安SIMもありますが、LINEモバイルの場合は対象SNSは常時データ消費がゼロで使用することができます。

さらに、テザリングで利用している端末もデータ消費ゼロになるのもメリットです。

SNSを使う機会は多いので、そのデータ消費量が無料となれば月々のデータ使用量を抑えられてとてもお得ですよね。

さらに、LINEモバイルにはデータの繰越サービスがあります。データが繰越できて、なおかつSNS使い放題なのでたくさんデータを使ってしまった月でもデータの追加購入を避けることができる場合が多いでしょう。

全ての機能がデータフリーではないですが、概ねよく使う機能はカバーされています。詳しくはLINEモバイルの公式HPなどで確認してみて下さい。

 

BIGLOBEモバイル

【BIGLOBEモバイル】初期費用0円+値引き特典(~9/30)

BIGLOBEモバイルの特徴:YouTube、AbemaTV、U-NEXTなどが使い放題

プラン
音声SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
タイプD
タイプA
タイプD
タイプA
タイプD
1GB1,400円--
3GB1,600円1,020円900円
6GB2,150円1,570円1,450円
12GB3,400円2,820円2,700円
20GB5,200円4,620円4,500円
30GB7,450円6,870円6,750円
タイプD=ドコモ回線 タイプA=au回線
エンタメフリー・オプション
音声SIM:490円/月 データSIM:980円/月

データ消費ゼロで使い放題のアプリ
YouTube、AbemaTV、U-NEXT、YouTube Kids
Google Play Music、YouTube Music、Apple Music、Spotify
AWA、Amazon Music、LINE MUSIC、radiko.jp、
らじる★らじる、dヒッツ、RecMusic、dマガジン
dブック、Facebook Messenger

BIGLOBEモバイルにはYouTube、AbemaTV、U-NEXTなどが使い放題の「エンタメ・フリーオプション」という魅力的なサービスがあります。

動画は非常に多くのデータ容量を使用するため、動画をよく視聴するという人はBIGLOBEモバイルがおすすめです。データSIM 3GB 900円+エンタメフリー980円=1,880円から使うことができますので、動画専用のサブ回線として使用するのもアリです。

対象となるサービスも徐々に追加されていっているので、自分がよく使っている動画配信サイトや音楽配信サイトなどが対象となっているか公式HPなどで確認しましょう。

 

UQモバイル

UQ mobile 【ALL CONNECT】

UQモバイルの特徴:格安SIMの中でトップクラスの通信速度

プラン名月額料金通話
プランS
(3GB)
1年目:1,980円
2年目:2,980円
1回5分の通話が
回数無制限
or
60分/月の無料通話
プランM
(9GB)
1年目:2,980円
2年目:3,980円
1回5分の通話が
回数無制限
or
120分/月の無料通話
プランL
(21GB)
1年目:4,980円
2年目:5,980円
1回5分の通話が
回数無制限
or
180分/月の無料通話
データ高速プラン
(3GB・225Mbps)
980円通話不可
データ無制限プラン
(容量無制限・500kbps)
1,980円通話不可

UQモバイルはauのサブブランドであり、自社回線も持っているという珍しい格安SIMで、業界の中でもトップクラスの通信速度を誇ります。

格安SIMの多くはネットワークが混雑する時間帯(お昼の12時から13時など)の通信速度が遅くなる傾向があります。

そんな中でもUQモバイルは500社ほどある格安SIMの中でとても速い通信速度を実現しています。

格安SIMの中では少し料金が高い部類のUQモバイルですが、どんなときでも通信環境を確保したいという方にはおすすめの格安SIMです。

 

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)

mineoの特徴:ドコモ、au、ソフトバンクの3回線から選べる

データ容量回線
種類
デュアルタイプ
(音声+データ)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
500MBA1,310円700円
D1,400円700円
S1,750円790円
3GBA1,510円900円
D1,600円900円
S1,950円990円
6GBA2,190円1,580円
D2,280円1,580円
S2,630円1,670円
10GBA3,130円2,520円
D3,220円2,520円
S3,570円2,610円
20GBA4,590円3,980円
D4,680円3,980円
S5,030円4,070円
30GBA6,510円5,900円
D6,600円5,900円
S6,950円5,990円
回線種類:A=au回線 D=ドコモ回線 S=ソフトバンク回線

格安SIMは基本的に3大キャリアから回線を借りて運営しています。mineo(マイネオ)はトリプルキャリアMVNOとも呼ばれており、ドコモ、au、ソフトバンクの回線の中から自分の使いたい回線を選ぶことができます。

大手3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)から乗り換えを検討している人は、現在使っているキャリアの回線を選んでおけば間違いはないでしょう。

注意点としては、各回線によって利用できる端末が違うため、現在使っているスマホ端末が選ぼうとしている回線で使えるかどうか調べる必要があります。

また、回線ごとに通信速度が異なるため、こちらも自分が選ぼうとしている回線の通信速度を確認しておくとよいでしょう。

 

IIJmio(みおふぉん)

IIJmio(みおふぉん)

IIJmioの特徴:格安SIMとしては老舗で信頼感がある

プラン
音声SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
タイプD
タイプA
タイプD
タイプA
タイプD
ミニマム
3GB
SIM最大2枚
1,600円
→600円
1,040円900円900円
ライト
6GB
SIM最大2枚
2,220円
→1,220円
1,660円1,520円1,520円
ファミリー
12GB
SIM最大10枚
3,260円
→2,260円
2,700円2,560円2,560円
タイプD=ドコモ回線 タイプA=au回線

IIJmio(みおふぉん)は日本のインターネット初期から接続サービスを提供している老舗の企業です。

他の格安SIM事業者に対して技術的な支援も行っているので技術力も高く信頼のおける格安SIM会社として定評があります。

また、IIJmio(みおふぉん)には音声通話がかけ放題のプランがあり、電話をよく利用して通話時間の長い人にはおすすめできます。

高い技術力を活かして通信速度が低速時でもWEBサイトを早く表示させる機能(バースト転送機能)や、世界42カ国以上で使えるSIMなどがあり、選択肢が多いのもIIJmio(みおふぉん)の特徴です。

 

まとめ

今回はデータ繰越に対応している格安SIMについて主要な格安SIMを比較してお伝えしました。

今回ご紹介したことを踏まえた上で、格安SIMを利用する際は自分に合ったプランや格安SIMを選択することをおすすめします。

ただ、データの繰越サービスはあるに越したことはないので、データ繰越のある格安SIMを選ぶと良いでしょう。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

最大16,720円割引キャンペーン中
 
 
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル