LINEモバイルのサービスが始まってから1年以上が経ちました!

LINEモバイルは他の格安SIMにはない「通信量カウントフリーでSNS使い放題」があったり、他の格安SIMよりも通信速度が良好だったりと、いろいろなメリットによってユーザー数を伸ばし続けています。

そんなLINEモバイルですが、年に数回、現在のプラン比率などのデータを公表しています。みんながどのプランを選んでるかを見てみれば、あなたのプラン選びの参考にもなるかもしれません。

今回は、LINEモバイルの様々なデータについて見ていきましょう!

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

まずは基本のLINEモバイルのプラン

データを見る前に、LINEモバイルにはどんなプランがあるかを見ておきましょう。プランは「LINEフリー」「コミュニケーションフリー」「MUSIC+」の3通りです。

LINEモバイルのプランは非常にシンプルで、オプションサービスを選択しなければ毎月の料金はこれだけです。大手キャリアみたいに、基本料とかデータ定額料とかspモードとか細々してないので、専門的な知識がなくてもプラン選びに困りません。

LINEモバイルのプラン構成割合

(引用:https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2017/1861)

みんながどのプランを選択しているか、プラン構成の割合です。

LINEフリープランが39%もいるのは驚きですね。毎月500円から使えるということで、家族向けに人気が高そうです。

ウチの母親もそうですが、基本スマホではネットしないし、連絡は家族や友だちともすべてLINEで完結、たまにアプリのゲームをする時は自宅のWi-Fiを使うと言った感じで、年齢層が高い方はスマホを最低限しか使わないという人が多いです。

家族で2回線目以降は新規契約手数料が最大3000円割引になるし、データSIMならいつでも解約や乗り換えOKなので、気軽に契約できるというのもポイントです。

 

カウントフリーデータ量が30%というのもなかなかですね。TwitterとかInstagramとか、そんなに通信量かかんないでしょ?って感覚でついついたくさん使ってしまいますけど、改めて自分のデータ使用量を見てみると意外とSNSのせいでデータ容量が食われているってパターンが結構あります。

特に、「インスタ映え」が2017年の流行語大賞にも選ばれたInstagramは完全に写真と動画に特化したコンテンツなので、軽~い気持ちで使いまくると痛い目を見ます。

LINEモバイルならどれだけ使ってもデータ容量を圧迫することもないし、カウントフリー対象のSNSは通信速度制限の対象外なので、仮に速度制限がかかってしまった後もサクサク使い続けることができます。

LINEモバイルの年代別選択プラン

(引用:https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2017/1861)

年代別選択プランの割合です。

おおよそイメージ通りだと思いますが、やはり若い層ほどTwitterやInstagramが使い放題のコミュニケーションフリー/MUSIC+を選択していますね。

15歳以下はまだ年齢的にも若いので、お子さんが使いすぎないようにとりあえずLINEフリーでという感じでしょうか?年齢層が高くなるほど、先ほどもお話したようにスマホの利用頻度は低いがとりあえず携帯を持っておきたいという層が増えるようですね。

展開されているプランはシンプルですが、どの年齢層にも受けるような内容と選択肢が用意されているので、幅広い年代に支持されるのも頷けます。自分に中学~高校生くらいの子どもがいたら、迷わず大手キャリアを蹴ってLINEモバイルで契約しますね。

LINEモバイルの音声通話比率

(引用:https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2017/1681)

ちょっと古めのデータですが、音声通話SIMの比率です。

格安SIMは料金が安い分、通信速度が大手キャリアに劣るというデメリットがありますので、まず最初にいつでも解約できるデータSIMで様子を見てから乗り換えるという人が多かったのではないでしょうか。

LINEモバイルは他の格安SIMと比べて通信速度が早いのですが、このデータから乗り換えても使用に耐えうると感じてメイン端末にする人が増えていることがわかります。

LINEモバイルのユーザー満足度

(引用:https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2017/1681)

ユーザーの満足度です。

ユーザー満足度93%(「とても満足」31%、「満足」48%、「やや満足」14%)ということで、かなり高い数字です。調査人数は9,204名ということでけっこうな人数なので、信憑性はありそうです。

(引用:https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2017/1681)

どの点に満足をしているかの割合です。

やはり料金の安さやプランのシンプルさが決め手に一番の決め手になっているようですね。その他にもSNSのカウントフリー機能や通信速度の速さ/安定性も、他の格安SIMにない強みということで大きな要因となっています。

まとめ

LINEモバイルの様々なデータ統計についてお話しました。

LINEモバイルのユーザー数は公式発表されていませんが、LINEモバイルの公式LINEアカウントの連携人数から察するに400万人以上はいるのではないかと思われます。

大手キャリアで1台につき1万円近くかかっていた毎月のスマホ代が1000円~2000円程度で済むようになって、サービス内容にも問題ないとなれば、今後もまだまだ伸びしろはありそうです。

管理人も乗り換えたことにまったく後悔はしておりません。元携帯ショップ店員ということでスマホ選びに関してはかなり厳しいですが、家族や友だちにも自信をもってオススメできるキャリアです!

プラン選びに困っているというあなたは、こちらの記事を参考にして下さいね。
LINEモバイルのプランの選び方!データ量はどれがお得?

 

 
 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル