SIMロック解除のタイミングは?

格安SIMに乗り換え(MNP)をする際、SIMロック解除が必要になる場合があります。SIMロックとは、大手キャリアで契約をしているスマホに必ずかかっている回線制限のことです。

SIMロックがかかっているスマホは初めに契約した大手キャリアの回線以外で回線を利用することができません。例えば、ドコモのスマホではソフトバンクの回線を利用することができません。

また、格安SIMに乗り換える場合でも同じ回線でなければ利用することができません。auからY!mobile(ソフトバンク回線)やドコモからUQモバイル(au回線)を利用することはできません。

しかし、これらの事例はSIMロック解除をすることで、契約回線同士が違う場合でも利用できるようにすることができます。

今回は、大手キャリアのSIMロック解除やNMPのタイミングや手順についてご紹介していきます。

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

格安SIMへの乗り換え前にSIMロック解除をするべきタイミングについて

ドコモ、au、ソフトバンクのSIMロック解除の条件

それぞれ、大手キャリアのSIMロック解除には条件が付いています。条件はほぼ同じですが、各社それぞれ微妙に異なります。

ドコモの場合

    契約者本人のみが解除可能
    購入から100日が経過すること(一括支払いは即日解除可能)
    契約元から制限を受けていないこと
    2015年5月以降に販売されたSIMロック解除が対象の端末であること

auの場合

    契約者本人のみ解除可能
    購入日から101日経過していること(一括支払いは即日解除可能)
    契約元から制限を受けていないこと
    2015年5月以降に販売されたSIMロック解除が対象の端末であること

ソフトバンクの場合

    契約者本人のみ解除可能
    購入日から101日が経過すること(一括支払いは即日解除可能)
    2015年5月以降に販売されたSIMロック解除が対象の端末であること

SIMロック解除の方法はショップ(有料)、ウェブ(無料)の2種類

SIMロック解除の方法は、ショップで行うかWebから行うかの2種類です。ただし、例外としてドコモでは電話でもSIMロック解除を行う場合があります。

ショップで行う場合は、別途手数料が3,000円かかります。しかし、それぞれのマイページや専用サイトから行う場合は無料で変更をすることができます。

変更をする際に必ず必要となるのが、IMEIと呼ばれるスマホに振り分けられた固定番号です。これを利用してSIMロック解除を行うため、確認方法を事前に調べておきましょう。

ドコモに限り電話でも解除ができますが、解除を行う場合には手数料が別途3,000円かかるため、注意が必要です。

SIMロック解除は乗り換え前にウェブで行うのがおすすめ

SIMロック解除のタイミングとして一番望ましいのは、乗り換えを行う前にWebで行うことです。Webから行う場合は、無料でSIMロック解除を行うことができるからです。

店舗での解除はスタッフさんがやってくれるため簡単ではありますが、ウェブ上での

乗り換え完了後にもSIMロック解除できるがショップのみなので注意

SIMロック解除は乗り換えが終わってからでもできますが、ショップでしかSIMロック解除を行うことができません。

また、料金の滞納などがあった場合にはSIMロック解除を受け付けてくれません。そのため、乗り換えをする前にSIMロック解除を行っておくのが望ましいです。

格安SIMへの乗り換え(MNP)の手順について解説

移転先の格安SIM公式サイトで動作確認済み端末を調べる

格安SIMに乗り換えを行う場合に必ず調べておかないといけないものは動作確認済みの端末であるかどうかです。

動作確認ができていない端末の場合は、SIMカードを入れてAPN設定をしても利用できないことが多々あります。

特に、最新機種のiPhoneなどを乗り換えで利用する場合は特に注意が必要です。最新機種のiPhoneでは、動作確認ができていないことも多々あります。

また、iPhone以外でも最新機種のスマホはAndroidでも動作確認が取れていない可能性が
あります。必ず動作確認済みの端末かどうかを事前に調べておいてください。

移転元キャリアでSIMロック解除を行う

SIMロック解除は、移転元のキャリアで行う必要があります。移転元でのSIMロック解除は、店頭かWebで行います。

SIMロック解除を店頭で行う場合は、追加で料金が発生します。どのキャリアであっても一律で3,000円程度発生します。

しかし、Webの場合は無料でSIMロック解除を行うことができます。しかし、Webで行う場合は、端末のIMEIが必要です。事前に端末のIMEI番号を調べておく必要があります。

また、乗り換え後のSIMロック解除はWebからすることができず、店頭のみの対応です。そのため、乗り換えを行う前にSIMカードの解除は必要です。

移転元キャリアでMNP予約番号を取得する

乗り換えを行う際に必ず行いたい手続きは、MNP予約番号の取得です。MNPは、電話番号をそのまま移転先の格安SIMでも利用することができる制度です。

移転元のキャリアでMNP予約番号を取得する場合は、転出手数料が発生します。手数料は一律3,000円(税抜)です。また、複数の端末を持っている人は1台あたりにこの手数料が発生します。

また、予約番号を利用して申し込む場合は発行後から2週間〜3週間程度の間に申し込む必要があります。もし、期間をすぎると予約番号が無効になるため注意が必要です。

予約番号を利用しての申し込みの場合、予約番号を取得した段階では移転元の契約は解約されません。しかし、申し込みをした段階で移転元の契約が解約されます。

移転先の格安SIM公式サイトから契約を申し込む

転移先の格安SIMには公式サイトからの申し込みが基本です。格安SIMが安くスマホ提供できる理由の一つに実店舗を構えないことが挙げられます。

しかし、申し込みを行う場合に実店舗での申し込みができないのは少々不便ではあります。事前にお問い合わせなどをしていただき、料金プランなどを調べておく必要があります。

申し込みを行う際には、時間を選ばないため24時間いつでも申し込みを行うことができます。通常店舗であれば数時間待たなければならない契約もネットからの申し込みでスムーズにできます。

また、格安SIMの公式サイトから契約をすることで、ポイントや特典を受け取ることができる場合がほとんどです。格安SIMの申し込みを行う際は公式サイトより申し込みを行うのが一番です。

SIMカードが届いたらMNP転入切替と端末の初期設定を行う

SIMカードはWeb申し込みの場合数日後に郵送で自宅に届きます。届いてからは端末に新規設定をする必要があります。

MNP転入切替は、格安SIMに乗り換えたときに「回線をこれから使いますよ」という許可を得るために必要です。

MNP転入切替は、マイページにある専用のサイトから行うか、電話で専用の切り替え窓口に連絡を行い切り替える必要があります。

乗り換え前のスマホを利用する場合は、スマホにAPN設定をする必要があります。APN設定は、「このスマホでこの会社の回線を利用します」という設定です。

これらの設定が完了することで乗り換えを行った格安SIMを乗り換え前のスマホを利用しすることが可能です。

まとめ

大手キャリアから乗り換えをする際には必ず行っておいた方が良い手続きを2種類ご紹介させていただきました。

SIMロック解除は、もともとSIMフリーである端末を利用している場合や、移転先と移転元が同一回線の場合は必要がありません。

MNP転入出も電話番号が変わってもいい人はそのまま新規で申し込みを行えばいいので必要がありません。

しかし、少しでも安くスマホを利用したい方や、電話番号をそのまま利用したい方はSIMロック解除とMNP転入出は行っておいた方が良い手続きです。皆さんもぜひ、利用してみてください。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

3ヶ月間 980円値引きキャンペーン中
 
 
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル