LINE Payはキャッシュレス決済方法の中でも、LINEを利用していればすぐに使うことができるため、手軽に試すことができますが、本人確認をしていないとLINE Payの一部機能しか使えません。

その中には、LINE Payにチャージされている現金を引き出すサービスもありますから、LINE Payを利用するなら本人確認しておいた方がお得です。

本人確認自体は難しい手続きはないのですが、本人確認に時間がかかり、待機中になってしまうことがあります。本人確認に時間がかかってしまうということは、LINE Payのすべての機能が使えなくなってしまうのですから、困ってしまいますよね?

本記事では、LINE Payの本人確認について紹介します。本人確認方法はもちろんのこと、本人確認が完了せずに待機中となってしまう理由や対応方法を分かりやすく紹介します。

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

LINE Payの本人確認の種類

1.「スマホでかんたん本人確認」で身分証をアップロードする

LINE Payの本人確認方法は3種類あります。その中でも一番簡単な方法は「スマホで簡単本人確認」です。用意するものは身分証です。

身分証の種類は、運転免許証・在留カード・運転経歴証明書・特別永住者証明書・パスポート(日本政府発行)・マイナンバーカードです。残念ながら、保険証など写真がついていない身分証は使えません。

スマホでかんたん本人確認の手順

  1. 身分証の情報を登録します。
  2. 身分証の情報登録が終わったらスマホで自分の顔と身分証を一緒に撮影します。
  3. 顔の撮影パターンは前向きだけでなく、顔を横向ける、身分証を横に向けるなど何パターンか撮影します。

2.銀行口座を登録する

銀行口座を登録する方法を紹介します。銀行口座の登録に必要な情報は、保有している銀行口座の種類によって異なります。普通の銀行口座でしたら、口座番号や暗証番号はもちろんですが、それ以外は銀行ごとに異なります。ネットバンキング用の銀行口座でしたら、口座番号に加えてログインIDやログインパスワードなどが必要となります。

作業方法は銀行口座を登録した後に、各金融機関で用意された確認画面が表示されますので、必要な情報を登録します。暗証番号やログオンパスワード、通帳の残高などはLINE Payでは保存されず、銀行側で管理されますのでご安心ください。

3.郵送で本人確認用ハガキを送ってもらう

銀行口座の登録やスマホで簡単本人確認を行いたくない時は、郵送で本人確認ができます。顔写真の撮影が苦手な方はこちらの方法で本人確認を行えますが、郵送のため数日かかってしまうのが難点です。

作業方法は、途中まではスマホでかんたん本人確認と同じです。身分証の情報を登録し、身分証のみを写真撮影します。その後簡易書留ではがきが届くまで待ちます。はがきが届いたら、QRコードもしくは16桁の英数字を登録すれば本人確認完了です。

郵送は一番確実な方法ですが、手間と時間がかかります。スマホでかんたん本人確認や銀行口座登録ができなかったときに実施することをおすすめします。

LINE Payで本人確認が「待機中」から進まない原因

スマホでかんたん本人認証の場合は写真に問題がある

LINE Payで本人確認が「待機中」からすすまない原因を紹介します。まずは「スマホでかんたん本人確認」で本人確認をしたものの、数日経過しても待機中から進まない場合の原因から紹介します。

「スマホでかんたん本人確認」から本人確認できない原因は、主に撮影した写真に問題があることがほとんどですので、写真を取り直す事をおすすめします。

銀行口座登録の場合は口座情報等が間違っている

銀行口座で本人確認できない場合は、銀行の口座情報などが間違っている場合がほとんどです。暗証番号を間違えている、ログイン情報を間違えている、通帳の最終残高を間違えているなどがあります。

その中でも通帳の最終残高を登録する時は、銀行の最終残高ではなく、「通帳の最終残高」ですので、通帳を紛失してしまった場合は銀行に問い合わせる必要があります。

LINE Payの本人確認は3日~2週間程度かかることも

LINE Payの本人確認は、スマホでかんたん本人確認や銀行口座なら数分から数時間で完了する事が多いのですが、タイミングによっては3日から2週間程度かかる事があります。急いで本人確認をしなくても、一部の機能は使えますから、待つことをおすすめします。

LINE Payの本人認証が完了できない場合の解決方法

LINEの問い合わせフォームから連絡してみる

本人確認ができない時は、一度LINEの問い合わせフォームから連絡してみることをおすすめします。必要な情報を正しく登録している、写真も問題ないなら、本人確認に時間がかかっているだけの可能性があるからです。

通常なら3営業日程度で本人確認できますから、3日間経過しても本人確認が待機中でしたら、LINEの問い合わせフォームからメール相談可能です。

LINEの問い合わせ窓口

他の本人確認方法を試してみる

すぐに本人確認したい場合は、別の本人確認方法を実施します。「スマホでかんたん本人確認」で本人確認をしているのでしたら銀行口座を、銀行口座で本人確認をしているのでしたら「スマホでかんたん本人確認」を実施します。

「スマホでかんたん本人確認」と「銀行口座」の両方を試しても本人確認が進まない場合は、郵送での本人確認を行います。

LINE Payの本人確認を「スマホでかんたん本人確認」でする場合の注意点

入力した住所と身分証の住所は一致しているか

「スマホで簡単本人確認」の注意点を紹介します。本人確認で登録した情報と、写真撮影した身分証の情報が異なる場合は、本人確認が完了できません。

登録する時のケアレスミスもありますが、結婚して姓が変わった、引っ越しなどで住所が変わったなど、環境が変わったにもかかわらず身分証の情報が更新されていない場合も本人確認できません。住所や性別など、環境が変わった場合は、身分証の情報を更新してから本人確認する必要があります。

反射・ピンボケ・暗い・指で隠しているなど読み取れない部分はないか

写真に問題があるケースでは、ピンぼけしている(ピントが合わない)写真の一部が暗くなっていて見えない、ひかりが反射して見えなくなっている、障害物などに遮られている、身分証の写真と本人の写真があまりにもかけ離れて(男性の身分証にもかかわらず女性が写っている)いる場合があります。

読み取れない部分があれば、もう一度写真撮影を行い、写真のアップロードを行います。

身分証や自身の顔が写真にちゃんと収まっているか

写真に問題ない場合でも、身分証や自分の顔が枠内に収まっていない場合も、写真が読み取れない事があります。枠のギリギリに収める必要はありませんから、枠内に余裕で収まるように写真を撮影する必要があります。

まとめ

LINE Payで本人確認が待機中のままで、本人確認が完了しない理由や対処法を紹介しました。ポイントは3点です。

  • 本人確認には3~2程度時間がかかる場合があること
  • 正しい情報や写真を登録すること
  • 別の本人確認を試すこと

待機中のまま3日以上経過した場合は、情報が誤っている可能性があります。アップロードした写真や住所や銀行名などの情報が正しく登録されているかを確認し、正しい情報でも本人確認が進まない場合は別の本人確認をおすすめします。

本人確認が終われば、LINE Payのすべての機能が使えます。一部機能のみでも魅力的ですが、すべての機能が使えた方が便利なことは間違いないです。その中でも、ポイント配布キャンペーンはお得なキャンペーンですが、本人確認できなければポイントが受け取れない場合があります。

キャンペーンがはじまってからですと、本人確認に時間がかかることがありますから、あらかじめ本人確認しておくことで、LINEポイント付与などのキャンペーンを活用し、お得に節約しましょう。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

3ヶ月間 980円値引きキャンペーン中
 
 
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル