格安SIMの契約をするときには、これまでのiCloudのメールアドレスをそのまま使えるのか不安になりますよね。

今回は、iCloudのメールアドレスが格安SIMに乗り換えても使用できるのか説明します。格安SIMで使うメールアドレスに関する悩みを解消できるでしょう。

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

iCloudのメールアドレスについて

そもそもiCloudのメールアドレスとは何か分からない人がいるかもしれません。また、格安SIMで対応しているのか気になる人も多いでしょう。

そこで、iCloudのメールアドレスについて、格安SIMで使えるかどうかも含めて解説します。

iCloudメールはApple ID作成時にもれなく使用できるようになる

iCloudとは、iPhoneのデータをネット上に保存できるサービスのことです。保存されたデータはパソコンやiPadからアクセスすることができます。

このiCloudを利用するためにはApple IDが必要です。そして、Apple IDを作るとiCloudメールも利用できるようになります。

iCloudメールとは、iCloudのメールサービスのことです。メールアドレスのドメインは「icloud.com」で、「xxxxxx@icloud.com」のような形式です。

基本的に無料で利用できて、メールの容量はiCloudの保存領域を活用します。iPhoneを使っている人は、iCloudやiCloudメールを利用しているケースが多いです。

iCloudメールは格安SIMに乗り換えても使用できる

これまでメールサービスとしてiCloudメールを使っていたならば、格安SIMに乗り換えてもそのまま使えます。

そもそも、iCloudメールは携帯キャリアが提供しているサービスではありません。Appleによって運営されているサービスであり、格安SIMに乗り換えても、これまで使っていたApple IDを用いれば、すぐにiCloudメールを利用できます。

もちろん、iCloudもこれまで通り利用可能です。

格安SIMに乗り換える時はApple IDがキャリアメールアドレスになっていないか注意

Apple IDは、登録時にメールアドレスの入力が求められます。

ここで注意したいのが、ドコモ、au、ソフトバンクでiPhoneを買った人のほとんどはApple IDを@docomon.ne.jp、@ezweb.ne.jp、@softbank.ne.jpなどのキャリアメールで設定していることです。

キャリアメールアドレスで登録していると、格安SIMに乗り換えたときにキャリアメールのサービスを利用できなくなります。その結果、Appleからキャリアメールアドレスへ送られたメールを一切確認できなくなってしまいます。

一応、登録したメールアドレスが無効になっていても、Apple IDへのログインをすることはできます。しかし、パスワードを忘れたときに変更通知を受け取れなくなり非常に不便です。

そのため、格安SIMに乗り換えてからもiCloudメールやApple IDをそのまま使いたいという場合は、Apple IDを変更しておくことをおすすめします。

その時にApple IDに設定するメールアドレスは、この後にお話するフリーメールがおすすめです。

iCloud以外ならフリーメールがおすすめ

格安SIMへの乗り換えの際にはApple IDの変更などをする必要があって、面倒だと感じる人もいるでしょう。この場合は、別のフリーメールを利用するという選択肢があります。そこで、フリーメールにはどういったメリット・デメリットがあるのか説明しましょう。

フリーメールのメリット

フリーメールはその名の通り無料で利用できるのが大きなメリットです。どれだけ使ったとしても、料金は無料のまま変わりません。また、サービスによっては有料に変更して容量を増やせるものもあります。

簡単に取得できるのもメリットのひとつです。基本的に無料で使えるため、クレジットカードの情報を入力する必要はありません。氏名や住所、生年月日といった基本的な個人情報を入力するだけで取得できます。

また、身分証明書の提出を求められるようなことはなく、ネット上で数分で登録を終わらせて使い始めることが可能です。

フリーメールは、これからスマホや格安SIMの乗り換えを何度したとしても、ずっと使い続けることができます。ネット上でIDとパスワードを入力すれば使えるサービスです。

IDやパスワードを忘れずに覚えておけば、ネットにつなげる環境があればいつでもどこでも利用できます。複数の端末で同じフリーメールを使うことも可能です。

フリーメールのデメリット

フリーメールは誰でも簡単に入手して無料で利用できるため、キャリアメールよりも信頼性に劣る部分があります。たとえば、フリーメールでメールを送ったときに、相手側のメールサービスで迷惑メールに振り分けられてしまうことがあるのです。

フリーメールのサービスによっては、長期間ログインしていないとメールが削除されたり、アカウントが消されたりすることもあります。登録時には、放置した場合にどんな対処をされるのか確認しておきましょう。

フリーメールのサービスそのものがなくなってしまう可能性もあります。キャリアメールよりも将来性に不安な部分があるため、大手の企業が運営するフリーメールを利用したほうがよいでしょう。

格安SIMでの使用がおすすめな2つのフリーメール

これから格安SIMでフリーメールを使いたいときにおすすめのサービスを2つ紹介します。それぞれのサービスの特徴や魅力を説明しましょう。

Gmail

GmailはGoogleが提供しているメールサービスです。Googleという大企業が提供しているため、今後、メールサービスがなくなる心配は少ないでしょう。

無料で利用することができ、パソコンやスマホ、タブレットなど機器を問わずに利用できるのがメリットです。格安SIMに移行したとしても、移行作業は必要ありません。

Gmailはさまざまな機能が豊富に用意されているのもメリットです。たとえば、ウィルススキャン機能があり、仮にウイルスファイルが添付されたメールが送られても安心できます。自動翻訳の機能があり、外国語のメールが送られてきても日本語で読めます。

グーグルアカウントを1つ取得すると、最大で5件のメールアカウントを登録することが可能です。仕事とプライベート、趣味などでメールアカウントを使い分けることができます。

Gmailの通信はSSLにより暗号化されていて、不正アクセスの対策がしっかりと施されています。迷惑メールへの対策もあり、自動的に怪しいメールを迷惑メールフォルダに振り分けてくれます。

Gmailのアカウントがあると、ほかのGoogleのサービスが利用できる点もメリットです。たとえば、Google Driveというストレージサービスを利用すれば、パソコンやスマホのバックアップに役立ちます。

Yahoo!メール

フリーメールのなかでも老舗のサービスで多くの人が利用しているのがYahoo!メールです。無料で使うことができ、簡単に取得できます。インターフェイスは比較的シンプルであり、直観的に利用することが可能です。

迷惑フィルタが備わっており、怪しいメールは自動で振り分けられます。大手企業が運営していて、急にサービスが停止してしまう心配は少ないです。

ヤフーのプレミアム会員の人であれば、メールボックスの容量が無制限となります。プレミアム会員になれば、ヤフーオークションなどのサービスを利用するときにもメリットが大きいです。また、プレミアム会員だとメールに広告が表示されなくなります。

セーフティアドレスというサービスもあります。メインのアドレス以外にもサブアドレスを無料で作ることができるのです。家族や仕事、友だちなどでアドレスを分けて持つことができます。

あるいは、初めて利用するサイトに登録するときに不安な場合にも、セーフティアドレスがあると安心です。

まとめ

今回は、格安SIM乗り換えのときにiCloudメールが使えるのかについてご紹介してきました。格安SIMでも継続してiCloudメールを使い続けることは可能です。ただし、キャリアメールで登録していた場合は、IDを変更したほうがよいでしょう。

また、iCloudメール以外にも魅力的なフリーメールとして、GmailとYahoo!メールがあることもご紹介しました。これから格安SIMを利用するならば、フリーメールの利用も検討してみてくださいね。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

最大16,720円割引キャンペーン中
 
 
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル