格安SIMの支払い方法は基本的にクレジットカードです。しかし、口座振替で料金を支払いたいという方もいるかと思います。

そこで今回は、口座振替で申込みができる格安SIMを紹介します。これから格安SIMを選ぶ際の参考にしてください。

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

格安SIMの支払い方法を口座振替にするメリット・デメリット

口座振替のメリット

口座振替は銀行口座を持っていれば選択できるのがメリットです。クレジットカードは発行するために審査を受ける必要があるのですが、銀行口座は基本的に誰でも開設することができます。

また、口座振替は毎月銀行口座の残高から直接引き落とされていくため、家計の管理がしやすいのもメリットです。

最初に口座振替の手続きを済ませば、それ以降は特に手間がかかりません。支払い用紙を使う必要はなく、銀行口座の残高にさえ気をつけておけばOkです。

口座振替のデメリット

まず、口座振替に対応している格安SIMの会社はそれほど多くない点がデメリットです。格安SIMを選ぶ際の選択肢が少なくなってしまいます。

また、残高が不足していると引き落としされないため、月額料金を滞納することになります。残高不足にいつまでも気づかないと契約解除になるかもしれません。残高の管理をしなければいけない点は手間がかかりデメリットといえるでしょう。

口座振替に手数料がかかってしまうこともあります。これは会社ごとに異なっています。

口座振替に対応している格安SIM

支払い方法として口座振替を選択したいならば、それに対応している会社と契約しましょう。どこの格安SIMだと口座振替に対応しているのか紹介します。

LINEモバイル(LINE Payカードを使用して口座振替)

格安SIMを提供しているLINEモバイルでは、LINE Payカードを用意していて擬似的に口座振替による支払いが可能です。LINEモバイルで口座振替にする条件やサービスの特徴について紹介しましょう。

LINEモバイルの口座振替の条件

LINE Payカードとは、JCBに加盟しているコンビニやスーパーなどで利用できるカードのことです。プラスチックカードだけではなく、オンラインで使えるバーチャルカードも利用できます。事前にチャージして利用できる仕組みとなっていて、クレジットカードとは異なるものです。

プリペイド方式のカードで、こちらをLINEモバイルの支払いに利用することができます。LINE Payカードを銀行口座のように活用すれば、擬似的に口座振替をするのと同じことになるでしょう。チャージは銀行口座やATM、店頭などの方法があります。

ただし、クレジットカードによってチャージすることはできません。

LINEモバイルの特徴

LINEモバイルはとてもシンプルな格安SIMです。月額500円からのプランが用意されていてお得です。全部で3つのプランがあります。データフリーで各種SNSをデータ通信量の制限なしに利用できるプランがあるのが魅力です。

また、いつでも電話という通話アプリが用意されていて、こちらを使うと通話料は半額です。

データ通信量を家族や友だちにチェアする機能もあります。すでに所有しているiPhoneにSIMカードを挿入すればすぐに乗り換え可能です。データを移行する必要はなく、電話番号も現在のものをそのまま使えます。

 

楽天モバイル(端末セットは不可)

楽天モバイルは口座振替を用意しています。ただし、端末代金の支払いは口座振替にできません。楽天モバイルの口座振替の条件やサービスの特徴について紹介しましょう。

楽天モバイルの口座振替の条件

楽天モバイルでは事務手数料や月額基本料の支払いに口座振替を利用できます。指定できる銀行口座は契約者本人名義のものだけです。毎月の引き落としの際には100円(税別)の手数料が発生します。

また、口座振替のときには、楽天スーパーポイントによる支払いはできません。指定できる金融機関はネットバンクや大手銀行、地方銀行などたくさんあります。登録はネット上で簡単に済ませることができます。

楽天モバイルの特徴

楽天モバイルは人気の高い格安SIMサービスです。契約数が多く、たくさんの人が楽天モバイルを利用しています。

スーパー放題というプランがあり、通信容量を使い切った後でも最大1Mbpsの通信ができ、10分以内の国内通話かけ放題もついています。

また、楽天モバイルと契約すると楽天市場での買い物が最大でポイント5.5倍になります。プラス割を用意していて、2回線目からお得になるため、家族で一緒に加入すると節約できます。

 

UQモバイル(MNPのみ)

UQモバイルでは、MNPでのみ口座振替に対応しています。口座振替の詳しい条件やUQモバイルのサービスの特徴について説明します。

UQモバイルの口座振替の条件

UQモバイルでは、支払い方法としてクレジットカード払いと口座振替を用意しています。このうち、口座振替はNMPのみの対応です。

したがって、新規契約についてはクレジットカード払いしか選べません。新規契約で支払い方法を口座振替にしても、申込みが自動でキャンセルされてしまいます。

UQモバイルの特徴

UQモバイルでは格安スマホ・格安SIMのサービスを提供しています。SIMだけを買うこともでき、スマホセットも用意されています。5分だけかけ放題のプランがあるため、電話をよくする人は安心です。

キャンペーンを定期的に行っていてお得な機会がたくさんあります。家族割があるため、家族でUQモバイルに揃えると節約できます。

 

Y!mobile(ショップ申込のみ)

Y!mobileでは、ショップ申込のときにだけ口座振替が適用されます。そんなY!mobileの口座振替の詳しい条件や特徴について紹介します。

Y!mobileの口座振替の条件

ワイモバイルショップへ行けば、Y!mobileの口座振替の手続きができます。その際には本人名義のキャッシュカードと通帳、本人確認書類、金融機関のお届印を持参します。

手続きが完了するまでには1~2ヶ月かかるため注意しましょう。提携先の金融機関はたくさんあります。オンラインストアで契約した場合は、クレジットカードにしか対応していません。

Y!mobileの特徴

Y!mobileはソフトバンクのサブブランドとして提供されているサービスです。ソフトバンクの回線を利用できるため、安定した環境で快適に利用できるのがメリットです。

料金プランはスマホプランのS・M・Lの3つでシンプルです。どのプランであっても、10分以内の国内通話がかけ放題です。1つの回線で契約してデータ量を複数の端末に分けられるシェアプランもあります。

 

BIGLOBEモバイル(データSIMのみ)

BIGLOBEモバイルはデータSIMでのみ口座振替に対応しています。そこで、BIGLOBEモバイルの口座振替の条件とサービスの特徴を解説しましょう。

BIGLOBEの口座振替の条件

BIGLOBEモバイルでは、データSIMの契約でのみ口座振替ができます。データSIMとはデータのみを扱うことができるSIMカードのことであり、通話はできません。

そのため、スマホやタブレットの2台目として活用するのに向いています。また、口座振替の手続きは、電話で入会センターに申し込むか資料請求する場合でのみ受けつけています。

BIGLOBEの特徴

BIGLOBEモバイルでは、ドコモ回線とau回線のSIMから選ぶことができます。利用エリアや使える端末によって、適したほうを選べるのがメリットです。

どちらのタイプのSIMであっても料金プランは共通しています。今までの電話番号を引き継ぐことはできます。スマホとSIMのセットも提供されています。

 

mineo(口座振替の条件がかなり限定的)

mineoの契約は基本的にクレジットカードでの申込みのみとなっています。

ただし、eo光ネットを利用して、そちらで預金口座振替を選んでいる場合には、mineoの支払いにも口座振替を継続できます。eo光ネットとは、光ファイバーのサービスです。

 

まとめ

今回は格安SIMの料金を口座振替で支払うことについてご紹介してきました。口座振替は、クレジットカードがなくても支払うことができ、家計の管理がしやすいのがメリットです。

そんな口座振替に対応している格安SIMの会社はいくつか存在しています。口座振替で格安SIMと契約したい人は参考にしてください。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

最大16,720円割引キャンペーン中
 
 
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル