毎月、YouTubeを観過ぎてしまったり、Facebook、LINEなどで動画視聴などを沢山してしまい、月末前にデータ容量が足りなくなってしまう事はありませんか?

今回は指定アプリ、コンテンツを使用する際に高速通信でデータ消費フリーにできる格安SIMと、低速通信に手動で切り替えてデータ容量を消費しないようにできる格安SIMを紹介します。

この記事を読むことで、今ままで使い過ぎていた部分をピンポイントで改善したり、全体的にデータ容量を節約することの出来る格安SIMの特徴がわかる様になります。

是非あなたの格安SIM選びの参考にしてください。

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

格安SIMの使い放題の種類

対象のアプリがデータ消費ゼロかつ高速通信で使えるタイプ

対応しているところは少ないですが、特定のアプリを使用する場合に限り、高速通信かつデータ容量を消費しないという格安SIMがいくつかあります。

あなたの普段よく使用するアプリが、データ容量を使用しないで高速通信が可能なら、データ使用量を格段に抑える事ができるので、今よりもギガ数の少ないプランを検討する事もできますね。

低速通信モードに切り替えることでデータ消費をゼロにするタイプ

通常は契約したデータ容量を使い切ると、自動的に低速通信に切り替わるのが普通ですが、まだデータ容量が残っている状態でも、自由に低速モードに切り替えられる格安SIMがあります。

例えば、低速通信でもある程度支障なく使えるLINEのやり取りや、音楽のストリーミング再生等を低速モードに切り替えておけば、動画視聴など高速通信が必要な時の為にデータ容量を残しておけます。

また、低速通信モードに切り替えられる格安SIMの多くは、「バースト転送」と呼ばれる機能に対応しています。

バースト機能とは、通信の初速だけ高速通信になるというものです。バースト転送に対応している場合、メールやLINEのやり取りなどの通信の少ないものや、Webページでも画像などが少ない軽いページの閲覧であれば、そこそこ快適に使うことができます。

低速通信モードに切り替えてる時はデータ容量を消費しないため、実質的に使い放題です。手動で低速通信モードと高速通信モードを切り替える必要があるので、その作業が苦にならない方にはオススメです。

高速通信で使い放題がある+SMSが使える格安SIM

LINEモバイル

LINEモバイル

 

LINEモバイルは各種SNSコンテンツ(MUSIC+でいえば、LINE・Twitter・Facebook・Instagram・LINE MUSIC)が全て高速通信かつデータ容量フリー。つまり使い放題で使用することができます。

例えば、TwitterやFacebookでの動画視聴、Instagramの画僧閲覧、LINEの動画や画像のアップロード、LINEのTV通話など各種SNSでは意外と知らない内にデータ容量を使っている事が多いです。

これら全てをデータフリーの高速通信で使用できて、データ容量を使い切ってしまって、低速モードになっている場合であっても、各種SNSは切り替え設定なども必要無く、常に高速通信で使用できます。

またLINEモバイルのデータフリーの特徴は、テザリングで使用している端末の通信も含めデータ容量フリーで使用できます。

LINEモバイルに契約しているスマホからテザリングでPCを、ネットワーク接続してPCからTwitterやFacebookを見る場合であってもデータ容量フリーで使用できます。

LINEモバイルはデータSIMのみの契約の場合でもSMS(ショートメッセージサービス)が使用できるプランが、1GB月額620円から用意されてます。

各種SNSコンテンツのデータ使用量の平均は、月全体の30%を占めるとLINEモバイルの調査した統計で出ています。SNSコンテンツをよく利用する方であればそれ以上と考えられるため、LINEモバイルのデータフリーは特にオススメです。

 

BIGLOBEモバイル

【BIGLOBEモバイル】初期費用0円+値引き特典(~9/30)
プラン
音声SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
タイプD
タイプA
タイプD
タイプA
タイプD
1GB1,400円--
3GB1,600円1,020円900円
6GB2,150円1,570円1,450円
12GB3,400円2,820円2,700円
20GB5,200円4,620円4,500円
30GB7,450円6,870円6,750円
タイプD=ドコモ回線 タイプA=au回線
エンタメフリー・オプション
音声SIM:490円/月 データSIM:980円/月

データ消費ゼロで使い放題のアプリ
YouTube、AbemaTV、U-NEXT、YouTube Kids
Google Play Music、YouTube Music、Apple Music、Spotify
AWA、Amazon Music、LINE MUSIC、radiko.jp、
らじる★らじる、dヒッツ、RecMusic、dマガジン
dブック、Facebook Messenger

BIGLOBEモバイルはエンタメフリー・オプションがあり、3GB以上のプランをご利用の場合に申し込みができます。

オプション料金はデータSIMなら月額980円、音声SIMなら月額480円の追加オプション利用料で使用する事が可能です。

上記料金表に対応コンテンツを記載していますが、これだけのコンテンツがデータ容量を使用しないで高速通信で使用できる事を考えると、オプションの月額利用料は破格と言えます。

ただし、エンタメフリーのサービス対象外となるケースがありますので以下の事には注意してください。

エンタメフリー機能は手動でオンオフを切り替える事ができるので「オフ」に設定している場合はデータ通信量を消費してしまいます。

他に公式アプリ以外での利用、動画配信サービスや音楽・ラジオ配信サービスでの動画・音声の再生以外の操作に伴う通信、複数台端末・複数アプリでの、エンタメフリー対象サービスの同時利用、VPN(Virtual Private Network)プロキシサーバを介した通信、エンタメフリー対象サービスからの外部リンクへの接続。

これらに該当する使用方法だとエンタメフリーのサービス対象外になってしまいますので注意が必要です。

BIGLOBEモバイルはデータSIMのみの契約でもSMS(ショートメッセージサービス)が使用でき、エンタメフリー・オプションが使用できる3GB以上のプランだと月額1,020円から使うことができます。

エンタメフリーのオプション料金を含めても月額2,000円なので、動画視聴や音楽再生などの使用頻度の多い方には、とてもオススメなプランです。2台目やタブレットでYouTube鑑賞専用にして使うというのもありですね。

 

低速モードに手動で切り替えられる+SMSが使える格安SIM

UQモバイル

UQ mobile 【ALL CONNECT】
プラン名月額料金通話
プランS
(3GB)
1年目:1,980円
2年目:2,980円
1回5分の通話が
回数無制限
or
60分/月の無料通話
プランM
(9GB)
1年目:2,980円
2年目:3,980円
1回5分の通話が
回数無制限
or
120分/月の無料通話
プランL
(21GB)
1年目:4,980円
2年目:5,980円
1回5分の通話が
回数無制限
or
180分/月の無料通話
データ高速プラン
(3GB・225Mbps)
980円通話不可
データ無制限プラン
(容量無制限・500kbps)
1,980円通話不可

UQモバイルは手動で高速通信モードと低速通信モードを切り替える事ができるので、低速通信モードにした場合はデータ容量を使用せずに使う事ができます。

UQモバイルの特徴は低速通信モードであっても、おしゃべりプラン、ぴったりプランの場合は最大300kbps、その他のプランの場合だと最大200kbpsとなっていて低速通信の中では比較的早い速度で使用できます。

この速度だと動画を視聴するには、やはりストレスを感じてしまいます(観れないレベルでは無い)が、SNS(Facebook、LINEなど)や普段の検索では多少遅くは感じるが問題なく使用できます。

管理人が使用した経験では、低速通信モードでのアマゾンや楽天市場等でのネットショッピングは商品画像などの読み込みも多いため、多少ストレスを感じました。

UQモバイルはデータSIMにもSMS(ショートメッセージサービス)が標準搭載されているので、どのプランで契約してもSMS機能は付いてくるので安心して契約できますね。

また、UQモバイルは先程お話したバースト転送に対応しているため、低速通信モードでも比較的快適に使うことができます。

 

IIJmio

IIJmio(みおふぉん)
プラン
音声SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
タイプD
タイプA
タイプD
タイプA
タイプD
ミニマム
3GB
SIM最大2枚
1,600円
→600円
1,040円900円900円
ライト
6GB
SIM最大2枚
2,220円
→1,220円
1,660円1,520円1,520円
ファミリー
12GB
SIM最大10枚
3,260円
→2,260円
2,700円2,560円2,560円
タイプD=ドコモ回線 タイプA=au回線

IIJmio(みおふぉん)は手動で高速通信モードと低速通信モードを切り替える事ができます。そして、IIJmioもバースト転送に対応した格安SIMです。

低速通信モードでも最大200kbpsの通信速度が出るので、普段の検索やSNS関係であれば問題なく使用する事が可能です。

動画やネットショッピングでは、ストレスを感じる事が多いので、高速と低速を上手く使い分けていく事で非常にお得に使用できます。

データ通信SIMでSMS(ショートメッセージサービス)機能付きのプランだと最低3GBからで、au網が月額900円~、ドコモ網が月額1040円~、からありますのでそれぞれの使用状況に合わせて最適なプランを選んでみてください。

 

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)
データ容量回線
種類
デュアルタイプ
(音声+データ)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
500MBA1,310円700円
D1,400円700円
S1,750円790円
3GBA1,510円900円
D1,600円900円
S1,950円990円
6GBA2,190円1,580円
D2,280円1,580円
S2,630円1,670円
10GBA3,130円2,520円
D3,220円2,520円
S3,570円2,610円
20GBA4,590円3,980円
D4,680円3,980円
S5,030円4,070円
30GBA6,510円5,900円
D6,600円5,900円
S6,950円5,990円
回線種類:A=au回線 D=ドコモ回線 S=ソフトバンク回線

マイネオは「mineoアプリ」から高速通信と低速通信を手動で切り替える事が可能です。マイネオもバースト転送に対応しています。

低速通信時の最大速度は200kbbsなので、通常の検索や各種SNS関係であれば低速モードでも問題なく使用できます。

データ通信SIMのみのシングルタイプであれば、回線をau回線で選ぶ事で自動的にSMS(ショートメッセージサービス)機能が付いてきます。

500MB月額700円からとかなり低価格のものもありますので、使い方にあったプランを選びやすいのも特徴です。

 

まとめ

今回はSMSが使えてアプリがデータ消費フリーで使い放題の格安SIMについて紹介しました。

高速通信で使い放題がある+SMSが使える格安SIM

  • LINEモバイル
  • BIGLOBEモバイル
低速モードに手動で切り替えられる+SMSが使える格安SIM

  • UQモバイル
  • Jmio
  • mineo

高速通信で指定されたコンテンツのみデータ容量フリーで使い放題のキャリアと、低速通信に手動で切り替える事が可能で低速時に、データ容量を消費しないキャリアを紹介しました。

頻繁に使うコンテンツが決まっている方であれば指定コンテンツフリー、その他の方は低速に切り替えれられる格安SIMをそれぞれ選んでみてはいかがでしょうか?

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

最大16,720円割引キャンペーン中
 
 
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル