スマートフォンが広まる中で、家族みんなで格安SIMを使いたい、という人や、スマホを仕事用と私用で二台持ちをしたい、などの様々な要望がでていますよね。

それに対して格安SIMのは複数枚の契約について特典や割引を提供することで答えていますが、そのサービスの種類が多くどれが良いか迷ってしまいます。

ここでは格安SIMの中でも複数枚持つことで特典を受けられる格安SIMを比較、紹介していきます。記事を読むことで自分の使い方にあった格安SIMをさがす手助けとなれば幸いです。

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

LINEモバイル

LINEモバイル

LINEモバイルは2枚目以降の登録手数料が最大無料

LINEモバイルでは、既に契約しているユーザーが二枚目以降を追加申し込みする場合、登録手数料が最大無料となる特典を実施しています。

一枚目を契約後、マイページの「追加申し込み」の項目から申し込みを行う事で、登録の際に必用な手数料(3000円・税抜)の割引を受けられるというサービスです。

割引額は申し込むSIMの種類によって異なり、以下の通りになります。

追加回線の登録事務手数料割引額
SIMタイプ 登録手数料
データ+
SMS+
音声通話
3000円
0円
データ+
SMS
3000円
500円
データ
3000円
1,000円

この特典を使う場合エントリーコードやほかの特典を使っての登録手数料割引は受けることができません。

LINEモバイルの特徴

LINEモバイルは、シンプルで分かりやすい料金形態ながら、データフリーやパケットシェアに対応する初心者から上級者まで幅広いユーザーが使いやすいSIMとなっています。

一番大きな特徴が、SNSなどを対象にしたデータフリーです。

これはSNSを使う場合のパケット消費量を0とする物で、LINEやTwitter、Instagramをよく使う方にとっては非常にうれしいサービスと言えるでしょう。

また家族や友人とパケットを分け合えるパケットシェアもありますし、追加料金は必用になりますがWi-Fiサービスや音楽サービス、フィルタリングサービスなどもそろえているので、大人は当然として学生や子供に持たせるスマホのために契約してもいいでしょう。

料金形態はデータフリーサービスの対象と通信料によって以下の3つに分かれます。

LINEフリ-

1Gのみ データフリーの対象はLINEのみ

コミュニケーションフリー

データ通信料は3Gから10Gまでの4つから選択可能 データフリーの対象はLINE、Instagram、Twitter、Facebookの4つ

MUSIC+

コミュニケーションフリープランの対象にLINEmusicを追加したプラン

LINEフリープランであれば500円から利用できるので、自分の使い方にあったプランを選びましょう。

 

BIGLOBEモバイル

【BIGLOBEモバイル】初期費用0円+値引き特典(~9/30)

BIGLOBEモバイルはデータ容量を共有できるシェアSIMがある

BIGLOBEモバイルはメインの契約とデータ容量などを共有できるシェアSIMのサービスを提供しています。

これはメインとなるSIMと同じ契約で複数枚のSIMカードを使うことができるというサービスで、家族で使う他にも、タブレットとスマホや仕事用と私用のスマホと言ったように二台持ち、三台持ちのユーザーにもお勧めできるサービスです。

注意点として、まず1枚事に発行手数料(1枚3000円・税抜き)とSIM準備手数料(394円・税抜き)が請求されます。
また、シェアSIMの月額の維持費用として以下が必要です。

  • 音声付SIM 900円/月
  • SMS付SIM 320円/月
  • データSIM 200円/月

ですが、新規にもう一枚契約するよりは安いので「普段あまりデータ通信を使わないタブレットに使いたい」や「ネット検索を殆どしない父に携帯を渡したい」という場合には活躍するでしょう。」

BIGLOBEモバイルの特徴

プラン
音声SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
タイプD
タイプA
タイプD
タイプA
タイプD
1GB1,400円--
3GB1,600円1,020円900円
6GB2,150円1,570円1,450円
12GB3,400円2,820円2,700円
20GB5,200円4,620円4,500円
30GB7,450円6,870円6,750円
タイプD=ドコモ回線 タイプA=au回線
エンタメフリー・オプション
音声SIM:490円/月 データSIM:980円/月

データ消費ゼロで使い放題のアプリ
YouTube、AbemaTV、U-NEXT、YouTube Kids
Google Play Music、YouTube Music、Apple Music、Spotify
AWA、Amazon Music、LINE MUSIC、radiko.jp、
らじる★らじる、dヒッツ、RecMusic、dマガジン
dブック、Facebook Messenger

BIGLOBEモバイルが一番力を入れているサービスが「エンタメフリー・オプション」です。

これは特定のサービスを利用した際の通信料を0と計算するサービスで他社でも取り扱っていますが、BIGLOBEモバイルの場合、有料(データ通信専用なら980円、音声通話対応なら480円)ですがかなり幅広いサービスを対象としてます。

例えば動画配信であれば、定番のYouTubeの他にAbemaTVやU-NEXTにも対応していますし、音楽配信もAWAやradiko.jpといった複数のサービスに対応しています。

そのほかにも電子書籍の配信サービスなどにも対応しているなど、同様のフリーオプションの中ではかなり力を入れていると言っても過言ではありません。

そのほかの特徴としては、母体がプロバイダー事業をやっているので、電話サポートと訪問サポートなどタイ人でのサービスにも力をいれている点があげられます。

料金形態は1Gから30Gまでの六段階で最高が月額7450円(音声通話付き、データ通信30Gプラン)、最安値が900円(データ通信専用、3Gプラン)となっています。

 

UQモバイル

UQ mobile 【ALL CONNECT】

UQモバイルは家族割で月額料金が安くなる

UQモバイルは家族割として二回線目以降の基本料金が500円引きとなります。ただし以下の条件があります。

  • 対象となるのはおしゃべりプランとぴったりプランのみ(1回線目、2回線目両方)
  • 来店、もしくは電話で申し込みをすること
  • 家族の証明として契約名義人が同一性、同一住所である事。もし住所や名義が異なる場合、家族と証明できる公的な書類を提出すること

このような条件があるので、二台目、三代目に使うSIMを契約するのではなく、家族でUQモバイルを使うという時に活躍する特典と言えます。

UQモバイルの特徴

プラン名月額料金通話
プランS
(3GB)
1年目:1,980円
2年目:2,980円
1回5分の通話が
回数無制限
or
60分/月の無料通話
プランM
(9GB)
1年目:2,980円
2年目:3,980円
1回5分の通話が
回数無制限
or
120分/月の無料通話
プランL
(21GB)
1年目:4,980円
2年目:5,980円
1回5分の通話が
回数無制限
or
180分/月の無料通話
データ高速プラン
(3GB・225Mbps)
980円通話不可
データ無制限プラン
(容量無制限・500kbps)
1,980円通話不可

UQモバイルはUQWiMAXの販売やKDDIの子会社という強みを生かして、日本全国の家電量販店やGEOなどでSIMを販売しています。なのでほかのSIMと比べてかなり購入がしやすいという特徴があります。

サービス内容はかなり大手キャリアに近く、二年縛りの割引プランなどを提供しています。

 

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)

mineoは複数回線契約で割引がある

mineoでは家族割と複数回線割引の二つがあります。

複数回線割は一人の人間が複数の契約をした場合、1回線につき50円引きとなるサービスです。家族割はmineoを利用する家族一人につき50円引きとなるサービスです。

割引回線は最大10回線となっていますから、大きな割引ではありませんが自動的に適用され条件も緩いので使いやすくお得なサービスと言えるでしょう。

mineoの特徴

データ容量回線
種類
デュアルタイプ
(音声+データ)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
500MBA1,310円700円
D1,400円700円
S1,750円790円
3GBA1,510円900円
D1,600円900円
S1,950円990円
6GBA2,190円1,580円
D2,280円1,580円
S2,630円1,670円
10GBA3,130円2,520円
D3,220円2,520円
S3,570円2,610円
20GBA4,590円3,980円
D4,680円3,980円
S5,030円4,070円
30GBA6,510円5,900円
D6,600円5,900円
S6,950円5,990円
回線種類:A=au回線 D=ドコモ回線 S=ソフトバンク回線

mineoは大きな特徴はありませんが、格安SIMの基本的なサービスはすべて抑えており非常に使いやすいSIMとなっています。

料金は通信容量500MBから30Gまで6段階で、最安値が700円となっています。

提携サービスとしてU-nextなどのエンタメ・ビジネス関連のサービスを利用できるほか、セット端末も充実しており初心者から格安SIMの乗り換えを考えているユーザーまで幅広いユーザーにおすすめできる会社と言えるでしょう。

 

IIJmio(みおふぉん)

IIJmio(みおふぉん)

IIJmioはファミリーシェアプランでデータ容量を共有して使える

IIJmioはファミリーシェアプランを提供しています。これは一つの契約に対して最大10枚のSIMを利用できるというプランです。

3枚目までは無料、4枚目以降は1枚に付き400円の追加料金、また発行の際に2000円の手数料はいりますが、複数の契約をするよりはかなり安く使うことができます。

料金設定は通信容量12Gでデータ通信専用プランが2560円、そこにSMSと音声通話を追加した場合は追加料金が必用になるという形です。

IIJmioの特徴

プラン
音声SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
タイプD
タイプA
タイプD
タイプA
タイプD
ミニマム
3GB
SIM最大2枚
1,600円
→600円
1,040円900円900円
ライト
6GB
SIM最大2枚
2,220円
→1,220円
1,660円1,520円1,520円
ファミリー
12GB
SIM最大10枚
3,260円
→2,260円
2,700円2,560円2,560円
タイプD=ドコモ回線 タイプA=au回線

格安SIm大手のIIJmioは格安SIMのサービスと言える物は大体揃っているので、どんな人にもお勧めできる会社です。

例えば通話で見ると通話割引サービスや定額サービスを提供していますし、通信で言えば持ち越しや低速通信切り替えといった基本的な物がそろいます。

そこに長期利用者に対する特典や定期的に行うキャンペーン、各種オプションサービスなど説明しきれないほどのサービスが揃っているので迷ったらまずIIJmioを見てみることをおすすめします。

 

まとめ

ここでは複数枚のSIMを契約してなおかつ特典がある格安SIMを紹介してきました。

格安SIMにはそれぞれ特徴がありますし、ユーザーの使い方や目的によってどの会社のどのサービスかは変わってきます。ですからよく吟味して自分の使い方1枚を選ぶことが大切です。

このページがその選択の手助けになれば幸いです。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

最大16,720円割引キャンペーン中
 
 
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル