格安SIMって、種類が多すぎてどれを選んだらいいか難しいですよね。そんな数ある格安SIMの中からオススメしたいのが「UQ mobile」と「LINEモバイル」の2つです。

UQ mobile」は格安SIMの中でも少し特殊な存在で、大手キャリアauでお馴染みのKDDIグループのサブブランド。そのため他の格安SIMよりも通信速度が安定していて、格安SIMの弱点である混雑時の通信速度も良好です。

LINEモバイル」は2016年にサービスを開始した格安SIMで、TwitterやInstagram, FacebookなどのSNSが使い放題という他の格安SIMにはないサービスを提供し、人気を集めています。

どちらも優秀な格安SIMですが、当然ですが使うのはどちらか一方・・・結局どっちがいいの!?

ということで今回は、LINEモバイルとUQモバイルを月額料金、通信速度、サービス内容、特典、サポート等の観点から徹底比較していきます!

>> LINEモバイルと他社格安SIMの比較一覧はこちら

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイルの今月のキャンペーン情報

 

格安SIM「LINEモバイル」と「UQ mobile」比較まとめ

まずはLINEモバイルとUQモバイルの評価と特徴をまとめて、その後に料金やサービス内容などを個別に細かく比較していきます!

LINEモバイルの料金/特徴まとめ

 

1.人気SNSが通信量カウントフリーで使い放題!
2.格安SIMの中では通信速度が速い部類
3.料金プランがシンプルで安い
4.データ容量のプレゼントが可能
5.データ容量の繰り越しが可能
6.専用アプリ「いつでもでんわ」で通話料半額
7.電話かけ放題オプションあり(1回10分×回数無制限)
8.データSIMは最低利用期間なし
9.サポートが充実している
10.格安SIMで唯一LINE年齢認証ができる

 

LINEモバイルのメリットは、何と言ってもLINE, Twitter, Instagram, Facebookの4大SNSが通信量カウントフリーで使い放題な点です。SNSの使い放題を提供しているところは他にも2社ほどあるにはありますが、通信速度的に快適に使えるのは断然LINEモバイルです。

通信速度は格安SIMの中では速い部類で、お昼の時間帯は格安SIMの宿命として速度が落ちますが、それでも全時間帯を通りして他の格安SIMよりも速いため、快適に使うことができます。

データ繰り越しやLINEモバイルユーザー同士でデータ容量をプレゼントし合えたり、電話かけ放題オプションがあったり、サポートが充実していたりと、サービス内容としてはバランスが良く隙がありません。

SNSは思ったよりも通信量がかかるためカウントフリーの恩恵はかなり大きく、通信量が浮いた分、他の格安SIMよりもGB数の少ないプランを選ぶことができる可能性が高いです。そのため、SNSをがっつり使う場合はもちろん、並の使用量の場合でもオススメできます。

 

 

UQ mobileの料金/特徴まとめ

 

1.KDDIグループのサブブランド
2.自社では「WiMAX2+」という通信回線を所持
3.通信速度が安定していて混雑時も速い
4.データ容量無制限の低速通信プランがある
5.家族割で2回線目以降が500円/台割引される
6.データ容量の繰り越しが可能
7.音声通話SIMには60~180分/月の無料通話あり
8.電話かけ放題あり(1回5分×回数無制限)
9.バースト転送機能で低速時も割りと快適
10.実店舗での契約が可能

 

UQモバイルが他の格安SIMと異なるのは、大手キャリアのサブブランドであるという点です。加えて自社では「WiMAX2+」という回線を持っており、公表はされていませんがauからのレンタル回線だけでなくWiMAX回線も利用しているため速度が出るのではないかと言われています。

そのため格安SIMの最大のデメリットである「混雑時に通信速度が大幅に落ちる」という点において有利で、他の格安SIMが混雑時に1Mbps程度しか出ない中、10Mbsp以上の速度を安定して出しています。

その他、家族割で2回線目以降が安くなったり、プランによって電話かけ放題や無料通話があったりと、大手キャリアに近いようなサービス内容となっているため、立ち位置としては大手キャリアと格安SIMの中間であると言えるでしょう。

ただし、おしゃべりプラン&ぴったりプランは2年契約の自動更新、そして14ヶ月目以降は料金が高くなったり、26ヶ月目以降はデータ容量が半分になるなど、大手キャリアにありがちなデメリットまで似ているため、利用の際には注意が必要です。

通話関連の割引サービスがないデータ+音声通話プランの場合は高速通信で3GBか、500kbpsで容量無制限の2択のみ、高速通信で大容量プランが良い場合はおしゃべりプラン&ぴったりプランのプランM(6GB)かプランL(14GB)を選ぶ必要があります。

こんな感じで容量の選択肢が少なくクセが強いプランになっていますが、家族割で2回線目以降が-500円/台割引になるため、家族で複数回線使うという場合にはオススメです。

 

 

【LINEモバイル vs UQ mobile】月額料金の比較

先ほどのまとめでそれぞれの料金表をお見せしましたが、比較をしやすくするために1つの表でまとめて見てみましょう。

全部のプランを比較するとかなりの量になってしまうので、両社とも選ばれる率の高い音声通話SIM、LINEモバイルは一番人気の「コミュニケーションフリープラン」、UQモバイルは通話ありの全プランを記載します。

データ
容量
LINE
モバイル
UQ
mobile
2GB
1~13ヶ月目
1,980円
14ヶ月目~
2,480円
3GB
1,690円 1,680円
5GB
2,220円
6GB
1~13ヶ月目
2,980円
14ヶ月目~
3,980円
7GB
2,880円
10GB
3,220円
14GB
1~13ヶ月目
4,980円
14ヶ月目~
5,980円
容量
無制限
2,680円
(500kbps)

通常、格安SIMで通話し放題がある会社はオプションという形で提供しているのですが、UQモバイルの場合はおしゃべりプラン&ぴったりプランという形で、最初からプランに組み込まれている状態になっています。

上記の表のようにおしゃべり&ぴったりプランとそうでないプランを混合してみると、UQモバイルはデータ容量の選択肢は多いのですが、通話をあまりしない人にとってはおしゃべり&ぴったりプランを選ぶと割高になってしまうし、容量無制限で使いたい時は通話し放題は使えないといった感じで、プランの融通が効きづらいのが難点です。

おしゃべり&ぴったりプラン以外だと高速通信(225Mbps)で3GB、もしくは低速通信(500kbps)で容量無制限の2択というのもかなり極端です。一応、容量が足りなくなった時には追加チャージができますが、200円/100MBとかなり割高なので、普通のデータ+音声通話プランで高速通信かつ大容量というのは現実的ではありません。

家族割引で複数回線持つ場合、2回回線目以降は-500円/台の割引を受けられますが、14ヶ月目以降は料金が500~1000円上がってしまうので、家族割を差し引いたとしても決して安いとは言えません。

というわけで、とにかく料金を安くしたいというのであればLINEモバイルに軍配があがります。

 

【LINEモバイル vs UQ mobile】通信速度の比較

LINEモバイル 全時間帯を通して速いが、混雑時は速度が下がる
UQ mobile 全時間帯を通して速く、混雑時も安定

 

LINEモバイルは格安SIMの中でも通信速度が非常に早く、一番速い時だと20Mbps以上出ることもあり、大手キャリアと比較しても遜色ないスピードです。

12~13時の時間帯は5Mbpsと大きく落ち込みますが、お昼時など回線が混み合う時間帯に遅くなるのはLINEモバイルに限らず、すべての格安SIMに共通することです。他の格安SIMは1Mpbs以下に落ちるものも多いため、5Mbpsはかなり速い部類です。

UQモバイルはKDDIのサブブランドであること、そして自社回線「WiMAX2+」を併せて使用している可能性が高く、自社回線を持たない他の格安SIMでは実現できない通信速度の安定性を誇っています。

一番回線が混雑する平日の昼12~13時の時間でも10Mbps前後の速度が出て、それ以外の時間帯も10~20Mbps程度の速度が出ることが多いです。

回線が混み合う時間帯にどうしても爆速で通信がしたいというのであればUQモバイルですが、5Mbpsでも十分な速度と言えますので、回線速度にめちゃめちゃこだわるということでなければLINEモバイルがオススメです。

LINEモバイルの通信速度が気になるあなたは、実際に測定してみた内容を以下の記事にまとめていますので参考になさって下さい。

【LINEモバイル vs UQ mobile】通信速度制限の比較

LINEモバイル 高速通信時の3日間制限:なし
低速通信時の3日間制限:なし
UQ mobile 高速通信時の3日間制限:合計6GB以上使用で200kbps or 300kbpsに
低速通信時の3日間制限:不明

 

LINEモバイルは高速通信時、低速通信時ともに3日間の通信速度制限はありません。SNSが使い放題なのに3日間制限があっては使い勝手が悪いので、制限を気にせず使えるのは非常に嬉しいところです。

UQモバイルはデータ通信量が3日間で合計6GBを超えた場合は200kbps(おしゃべり&ぴったりプランの場合は300kbps)になってしまいます。高速通信時の最大通信速度が225Mbpsなので、およそ1000分の1です。

auも同じく3日で6GBの制限がありますので、auのサブブランドであるUQモバイルではこの制限が撤廃されることは今後も難しいでしょう。とは言え、3日間で6GBを使用するのは逆にかなり大変なので、余程のヘビーな使い方をしない限り制限は気にせずに使えると考えて良いと思います。

【LINEモバイル vs UQ mobile】サービス内容の比較

LINEモバイル 人気SNSが使い放題!
(LINE, Twitter, Instagram, Facebook)
UQ mobile バースト転送機能で低速通信時も割りと快適
LINEモバイルは4大SNSが使い放題

LINEモバイルは人気SNSが通信量カウントフリーで使い放題なのが最大のメリットです。

一番人気の「コミュニケーションフリープラン」であれば、LINE・Twitter・Instagram・Facebookの4つが使い放題となります。SNSって、意外と通信量がかさむんですよね。特にInstagramは写真と動画がメインのサービスなので、何気なく使っているうちに1GB,2GBと消費してしまっていることも多々あります。

これらのSNSがデータ通信量のカウントがされなくなるということは、今までSNSの使用にかかっていた通信量を他に回すことが可能なため、契約プランの1つ2つ下げて安く抑えることができるようになるということです。

また、データ容量を使い切って低速通信モードになっても対象SNSは影響を受けないため、LINEやTwitterが快適に使えれば、次月のデータ容量回復まで追加チャージせずに待つこともそれほどストレスにならないでしょう。

>>【参考記事】なぜスゴイ?LINEモバイルの人気SNSアプリ使い放題!

UQモバイルはバースト転送機能に対応

UQモバイルは、低速時に通信の初速だけ高速通信になる「バースト転送機能」に対応しています。

通信速度が速くなるのは、通信し始めの一瞬だけですが、テキストベースのWebサイトやSNSなどであれば割りと通信量が少ないため、割りと快適に使用することができます。

とは言え、高速通信時に比べれば読み込みに時間がかかることは代わりはないので、過度な期待は禁物です。

【LINEモバイル vs UQ mobile】データ通信関連サービスの比較

LINEモバイル ・データ繰り越しに対応
・データ容量の追加チャージに対応
・LINEモバイルユーザー宛にデータ容量のプレゼントが可能
UQ mobile ・データ容量の追加チャージに対応
・データシェアプランがある(子回線はデータSIMのみ)

両社とも、データ繰り越しとデータ容量を使い切ってしまった場合の追加チャージに対応しています。

LINEモバイルの「データプレゼント」

LINEモバイルのデータプレゼントは、LINEモバイルユーザー宛に自分の当月のデータ残量をプレゼントできる機能です。データプレゼントの相手は家族である必要はないので、LINEモバイルユーーザーであれば友達でも構いません。

500MB、1000MB、1,500MB、2,000MB、2,500MBから選んで送ることができますが、プレゼントできるのは当月の契約データ容量分だけで、前月からの繰り越し分や他者からもらった分については渡すことができません。

家族や友達との間で、余った時はプレゼント、足りない時は譲ってもらうなどして有効活用したいところです。

 

追加チャージの料金

両社の追加チャージの料金は以下の通りです。

追加容量 LINE
モバイル
UQ
mobile
100MB
200円
500MB
500円 500円
1GB
1,000円
3GB
3,000円

 

追加チャージに関しては、500MBあたりの料金は一緒です。UQモバイルの100MBは割高なので、余程の事がなければ500MBが選んだ方がお得です。

LINEモバイルは契約プランが3GB, 5GB, 7GB, 10GBと細かく刻めるので、もし毎月のようにデータ容量が足りなくなるのであれば、プランを1つ上げた方が安く済みます。

例えば3GBは1,690円、5GBは2,220円で差額は530円なので、プランを1つ上げた場合は500MBあたり132円。これを追加チャージで2GB追加したら2,000円になってしまうので、自分のデータ使用量をしっかり把握して追加チャージのないように使いたいところです。

UQモバイルの場合はデータ容量の契約を細かく刻む事ができないので、追加チャージに頼る機会は多くなるかもしれません。

【LINEモバイル vs UQ mobile】通話料金の割引の比較

LINEモバイル ・専用アプリ「いつでも電話」で通話料が半額になる
・10分×回数無制限の電話し放題あり (880円/月)
UQ mobile ・「おしゃべりプラン」は5分×回数無制限の電話し放題
・「ぴったりプラン」は2年間最大60分/月の無料通話付

 

LINEモバイルの電話し放題はオプション

LINEモバイルの場合、通常時は通話料20円/30秒ですが、無料の専用アプリ「いつでも電話」を使用することで半額の10円/30秒になります。

また、10回×回数無制限の電話し放題オプション(880円/月)がありますが、こちらは音声通話SIMであればどのプランにもつけることができる上、必要なくなった時には通話し放題オプションだけ解除することもできるため、自由度が高く便利です。

>>【参考記事】LINEモバイルは通話料が高くなる?0円で抑える方法とは!

UQモバイルの電話し放題はプランに含まれる

UQモバイルの場合、電話し放題はオプションサービスではなく、おしゃべりプランの場合は5分×回数無制限、ぴったりプランの場合は2年間最大60分/月の無料通話ということでプランに含まれている状態です。

2年間も使っていれば、契約した当初は電話を頻繁に使っていたけど、最近は通話する機会が減ったから必要なくなったというように状況が変わることも往々にしてあります。

その場合でも、例えばおしゃべりプランからデータ高速+音声通話プランに変更はできませんし、逆に途中でやっぱり通話し放題をつけたくなったといってデータ高速+音声プランからおしゃべりプランにすることもできません。

UQモバイルのプランはかなり慎重に選ばなければいけませんね。

【LINEモバイル vs UQ mobile】最低利用期間と違約金の比較

LINEモバイル データSIM:契約期間なし
音声通話SIM:13ヶ月
違約金:9,800円 (税抜)
UQ mobile データ高速or無制限:契約期間なし
データ高速or無制限+音声通話プラン:12ヶ月
おしゃべり&ぴったりプラン:2年契約&自動更新
違約金:9,500円 (税抜)

 

LINEモバイルは音声通話SIMのみ最低利用期間が13ヶ月となっており、13ヶ月以内の解約は9,800円の契約解除料が発生します。

UQモバイルの場合、データ高速or無制限+音声通話プランはLINEモバイルとほぼおなじで12ヶ月ですが、おしゃべり&ぴったりプランは2年契約の自動更新となっています。

多くの格安SIMは1年ないし2年使ったらその後はいつでも違約金なしで解約できる状態になりますが、UQモバイルは格安SIM業界の中でも珍しく、大手キャリアと同じ自動更新です。

ソフトバンクに勤めていた時も、2年毎の更新月のタイミングを忘れていて解約や乗り換えの際に違約金が発生してしまうというパターンをたくさん見てきましたが、最初は大丈夫だと思っていても2年も経つとうっかり忘れてしまうものです。

特にUQモバイルは14ヶ月目以降は料金が500~1000円/月上がる、そして26ヶ月目以降はデータ容量が半分+ぴったりプランの場合は無料通話時間も半分になるという、長期間利用はデメリットしかないので、2年のタイミングで他の安いところに乗り換えた方が賢明です。

UQモバイルを契約する時はここが一番ネックになるので、もし契約する時は更新月をスマホのカレンダーに入れるなどして必ず忘れることがないようにしましょう。

【LINEモバイル vs UQ mobile】サポート内容の比較

LINEモバイル ・メールサポート
・チャットサポート
・電話サポート
・「いつでもヘルプ」が非常に便利
UQ mobile ・メールサポート
・チャットサポート
・電話サポート

 

どちらもメール・チャット・電話サポートと一通り揃っているため、困ったことがあった時もお好みの問い合わせ方法ですぐに解決することができます。また、LINEモバイルは「いつでもヘルプ」という方法が使えるため、スマホでサクッと

UQモバイルの場合は専売ショップや家電量販店などの取り扱い店舗がありますが、基本的に販売のみしか受け付けていないため、店舗でのサポートは期待しないようにしましょう。

LINEモバイルの「いつでもヘルプ」

LINEモバイルでは、LINEモバイル公式アカウントからLINEのトークを使って年中無休で問い合わせることが可能です。オペレーターへの問い合わせ10時~19時、自動応答の場合は24時間対応です。

LINEは今や幅広い年代に使われており、普段から利用頻度が高いアプリなので、友達とLINEでトークするのと同じ要領で質問ができるのは手軽でありがたいです。

自動応答もかなり優秀で、質問を送ると回答に該当しそうなものを即座に返信してくれます。よくある公式サイトなどに掲載されているQ&Aって欲しい情報を自分から探さなければならないので面倒くさいですが、いつでもヘルプならAIが適切な回答を選んでくれるので楽チンです。

>>【参考記事】非常に優秀!LINEモバイルのサポート体制

【LINEモバイル vs UQ mobile】総合評価

LINEモバイルは料金も安くオプションの自由も効く、4大SNS使い放題で3日制限なしでサービスも良し、通信速度も混雑時は落ちるにしても及第点、契約期間は音声SIMのみ12ヶ月で格安SIMの中では標準的、サポートは充実しているということで総合評価はかなり高いです。

UQモバイルはプラン選択に難があったり14ヶ月目以降で料金の変化がある、サービス内容やサポートは標準、契約期間は大手キャリアと同等の縛りがある、ただし通信速度の安定性は格安SIMの中でも上位という感じです。

とにかく通信速度にこだわるのであればUQモバイルですが、それ以外の場合は断然LINEモバイルをオススメします。

あなたの使用環境に合わせて、最適な方を選んで下さいね!

LINEモバイルのメリットや評判まとめ、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。