格安SIMへ乗り換えしようとすると、ネックになるのが現在契約している携帯会社の違約金ではないでしょうか。

違約金が1万円近くする会社もあるので、その位の金額が発生するのならこのまま使用していようかなと考える人も多いものです。

格安スマホ会社の中でも違約金を負担してくれる会社があります。違約金を負担してくれて月々の費用が抑えられたら一石二鳥ですよね。

今回は格安SIMへ乗り換える時に負担してくれる会社2社に絞って伝えていきます。併せて料金についても詳しく説明するので、是非参考にして下さい。

※各キャリアのキャンペーンは時期によって変わることがありますので、公式サイトの内容も必ず併せてご確認下さい

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

UQモバイルなら他社から乗り換えで1万円キャッシュバック

UQモバイルの1万円キャッシュバックの条件

UQモバイルで最大1万円キャッシュバックされる条件として、必ず乗り換えしなくてはいけないわけではありません。他社からの乗り換えでなく、新規の契約の場合でも適用されます。

ただ、申し込むプランによってキャッシュバック金額が変わるため必ず1万円もらえるわけではなく、あくまでも「最大」1万円なので注意が必要です。

キャッシュバックがもらえる条件は以下の通りです。

  1. クレジットカードで申し込み
  2. 専用のWebフォームからお申込み
  3. プランL、プランM、プランSの申し込み
  4. ※プランLは10,000円キャッシュバック、プランMは9,000円キャッシュバック、プランSは8,000円キャッシュバックです。

1万円キャッシュバックだけでなく、Broad WiMAXに加入すれば+12.000円キャッシュバックされるキャンペーンも行われています。

UQモバイルはプランにかけ放題が含まれているのに安い

UQモバイルは、プランの中にかけ放題もしくは無料通話が組み込まれているのでお得です。5分以内の電話かけ放題がおしゃべりプランで無料通話がぴったりプランです。

どちらにするか自分で選択できますが、無料通話はプランによって通話時間に差があるので確認していきましょう。

  • プランS:5分かけ放題又は1ヵ月60分以内の通話が無料
  • プランM:5分かけ放題又は1ヵ月120分以内の通話が無料
  • プランL:5分かけ放題又は1ヵ月180分以内の通話が無料

UQモバイルはauのサブブランドで通信速度が速い

UQモバイルはKDDIの子会社が運営している会社かつ、もともとUQモバイルはWiMAXという自社回線も持っており、その両方を使えることから他の格安SIMと比べると通信速度が早く安定しています。

auの4GLTEを使用することができるので、auの人口カバー率も99%と高い数字を誇っています。通信速度が5年間実績1位に輝いているので、お客満足度も秀逸です。

UQモバイルは節約モード(300kbps)ならSNSのデータ消費がゼロ

UQモバイルはおしゃべりプラン・ぴったりプランご契約でターボOFF設定時の場合、SNSやFacabook・Twitterを使用してもデータ消費量を抑える事ができます。

SNSだけでなく、ネット検索や音楽もデータ消費量がゼロで利用できるので非常にお得です。

 

LINEモバイルならキャンペーン適用で1万円相当の割引

LINEモバイルで1万円相当の割引を受けるための条件

LINEモバイルに乗り換える時にはできるならお得に利用が出来た方がいいのではないでしょうか。

LINEモバイルはWEBで契約することでお得に契約ができ、1万円相当の割引を受ける事ができます。今回割引を受ける為の条件を詳しく説明していきます。

  1. 新規契約することでで初月900円割引され、2~4ヵ月目は1,390円割引になるため、合計5,070円の割引
  2. WEBで新規契約する時にキャンペーンコード【1906WA05】を入力し、利用開始後に契約者連携をすると5~9ヵ月目は1,000円ずつ割引になるため、合計5,000円割引(WEB申込限定)

※2番のキャッシュバックは「さらにお得!夏の乗り換え応援キャンペーン」によるものです。キャンペーン終了後は該当キャンペーンコードは使用できませんので注意して下さい。

LINEモバイルではキャンペーンのタイミングによっては5,000~10,000ポイント還元も

LINEモバイルではキャッシュバックだけでなく、ポイントに還元するキャンペーンも不定期に行っているので逐一チェックするのがお勧めです。

過去にはLINEポイント5.000ポイント分を還元するキャンペーンをやスマホ基本料が1年間0円になるキャンペーンが行っていました。

タイミングが合えば非常にお得に契約できるLINEモバイルですが、現在は1万円相当の割引だけでなく端末割引セールも頻繁に実施されていて、セール時であれば一万円以上安く端末を手に入れることができます。

LINEモバイルは料金プランがシンプルで安い

LINEモバイルは3つの料金プランにわかれていて、最大の特徴はドコモ・au・ソフトバンクの回線が使用できることです。

他社の格安スマホと違い、回線によって基本料金が変わることはありません。どのプランもLINEの通話・メールが無料で使用できます。

プランの中にタイプが3つあるのでプランを見る前に確認しておきましょう。

    データSIM:データ通信のみができるSIMカードで、SMSと電話通話機能はついていません。au回線を利用したい人はデータSIMは使用できないので注意が必要です。

    データSIM(SMS付き):データ通信とSMSができるSIMカードです。電話通話機能はついていないので、端末に音声通話アプリが入っていても利用できません。

    音声通話SIM:データ通信も音声通話もできるSIMカードで、SMS認証もできます。通常のスマホと機能は変わりませんので今までと同じように使用したい人は使いやすいです。

LINEモバイルはLINE, Twitter, Instagram, Facebookが高速通信でもデータ消費ゼロ

データ容量を使い切ってしまって通信が遅くなり、連絡が取りずらくなったなどの経験は誰でもあると思います。

LINEモバイルではデータの容量を使い切ってもLINE, Twitter, Instagram, Facebookに関しては速度が落ちることなく利用できます。

MUSICミュージック+プラスプランに関してはLINE MUSICも速度を落とさないで利用ができるので、容量を気にしないで快適に使うことができます。

LINEモバイルはソフトバンクの子会社のためソフトバンク回線の通信速度が高速・安定

2018年4月からLINEモバイルはソフトバンクの子会社になりました。混雑時でも1Mbps以上の速度が出るよう回線を増強していることから、他の格安SIMに比べると通信速度が高速かつ安定しています。

これからも通信速度はより安定・高速化すると考えられます。LINEモバイルを利用するならソフトバンク回線を選択することをお勧めします。

 

まとめ

今回は解約金を負担してくれる格安スマホについてお伝えしました。

解約金だけでなく、キャンペーンもお得に行われているのでチェックしながらどの格安スマホがお得に利用できるのか、調べることでより効率的かつ安い料金で使用できます。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

最大16,720円割引キャンペーン中
 
 
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル