2019年10月以降、キャッシュレス消費者還元事業という国の政策が始まり、キャッスレス決済が注目されています。その中でも LINE Payは、LINEを利用していればすぐに使えるというお手軽さから人気のキャッシュレス決済です。

そんなLINE Payですが、実は店舗の支払い以外でも利用できることをご存じでしょうか。

本記事では、店舗支払い以外で利用できる方法のなかでも、iPhoneやiPadなどのアプリをダウンロードするためのアプリ「アップルストア(App Store)」で LINE Pay を利用する方法を紹介します。

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

LINE PayをApp StoreやiTunes Storeで使うためには

支払い方法にLINE Payカードを設定する

LINE PayをApp StoreやiTunes Storeで利用するためには、LINE Payのアプリから「LINE Pay カード」の設定をする必要があります。

App StoreやiTunes Storeで支払いをするには、「クレジットカード(デビットカード)決済」、「キャリア決済(キャリアの通信料の支払いと一緒に決済)」、「Apple IDの残高(iTunesカードなどで登録)」のいずれかで支払います。

そのため、LINE Payでは支払いができませんが、LINE Payカードがクレジットカードと同等の使い方ができるので、LINE PayカードをApple IDのクレジットカード払いに利用することで登録ができます。

LINE Payカードについてすこし説明すると、LINE Pay カードは、LINEが発行しているJCBのプリペイド型カードです。通常のJCBのクレジットカードと異なる点は、LINE Payにチャージした残高がないと利用ができないこと、分割払いなどはできず、一括払いのみ対応している点です。

LINE Payカードにはバーチャルカードとプラスチックカードの2種類がある

LINE Payカードには、「バーチャルカード」と「プラスチックカード」の2種類があります。「バーチャルカード」は実際にはカードが発行されず、スマホ上で確認することができるカードです。

バーチャルカードはすぐに利用できるものの、「バーチャルカード」は、プラスチックのカードしか対応していない店舗では使えません。

「プラスチックカード」は本物のカードが発行されます。「プラスチックカード」でしたら、JCBのクレジットカードが使えるお店でしたら、クレジットカードと同じように利用できます。

LINE Payカードのメリットとデメリット

LINE Payカードのメリットとデメリットを紹介します。LINE Payカードのメリットは、誰でも持つことができる点にあります。クレジットカードは18歳以上でないと作れないのですが、LINE Payカードは18歳未満でも持つことができます。

LINE Payカードで銀行口座を登録しておけば、オートチャージができます。オートチャージは、LINE Payの残高が〇〇円以下になったら、登録した銀行口座から自動的にチャージできる機能です。この機能があるので、LINE Payカードは、ほぼ「クレジットカード」と同じように使えます。

LINE Payカードは、不正行為に対しての補償があります。例えばLINE Payカードを紛失してしまい、紛失手続きをする間にLINE Payカードを使われてしまった場合など、損害額が最大10万円まで保証してくれます。

ただ、LINE Payカードは、補償額が最大10万円と、普通のクレジットカードに比べると非常に少ないことがデメリットです。そのため、LINE Payカードのチャージ額は10万円以内にしておくことをおすすめします。

LINE PayカードをApp StoreやiTunes Storeで使う手順

LINE Payカードの申し込み方法

LINE Payカードの申込方法を紹介します。LINE Payカードは「バーチャルカード」と「プラスチックカード」の2種類がありますので、1つずつ紹介します。

バーチャルカードの発行方法

  1. スマホでLINEを立ち上げ、ウォレットタブを開き、LINE Pay残高の右側にある「+」をタップする
  2. LINE Payの「バーチャルカードをすぐに発行!」をタップする
  3. 「バーチャルカードを発行」をタップする
  4. LINE Payパスワードを入力する

バーチャルカードの登録はこれだけです。LINE Payの残高の下に、クレジットカードの番号の下4桁が表示されます。クレジットカード番号の下4桁をタップすると、クレジットカード番号など、カード情報が確認できます。

プラスチックカードの発行方法

  1. スマホでLINEを立ち上げ、ウォレットタブを開き、LINE Pay残高の右側にある「+」をタップする
  2. バーチャルカードを保有していない場合はLINE Payの「バーチャルカードをすぐに発行!」をタップし、「バーチャルカードを申し込む」をタップする(※バーチャルカードを保有している場合はLINE Payのクレジットカード番号をタップし、画面下の「プラスチックカード」をタップする)
  3. LINE Payカード(プラスチック)のカードデザインを選び、「次へ」をタップする
  4. 名前を漢字で入力し、「次へ」をタップする
  5. 郵便番号を入力し、「次へ」をタップする
  6. 住所を入力し、「申込確定」をタップする
  7. LINE Payのパスワードを入力する
  8. カードが届くのを待つ(通常は1~2週間程度)
  9. カードが届いたら、スマホでLINEを立ち上げ、ウォレットタブを開き、LINE Pay残高の右側にある「+」をタップする
  10. LINE Payのクレジットカード番号をタップし、画面下の「プラスチックカード」をタップする
  11. プラスチックカードの裏側に印字されている「お客様番号」の下3桁を入力し、「確認」をタップする
  12. プラスチックカードのデザイン画面がアプリに反映されたことを確認する

プラスチックカードを申し込む時に注意する点は、プラスチックカードの申し込み中は、オンラインでカード利用が停止されますので、LINE Payカードをすぐに使いたい場合は、プラスチックカードの登録を早く登録する必要があります。

LINE PayカードをApple IDの支払い方法に設定する

LINE Payカードができたら、いよいよアップルストア(App Store)で登録するためには、LINE Payカードを Apple IDに登録する必要があります。

LINE PayカードをApple IDに登録する方法

  • iPhone(iPadやiPod Touch)の設定アプリをタップする
  • 設定の一番上にあるApple IDをタップする
  • 「支払いと配送先」をタップする
  • Apple IDのパスワードを入力する
  • 「お支払い方法を追加」をタップする
  • LINE Payカードの情報を登録する(※Apple IDにLINE Payカードを登録するには、カード番号(12桁)と有効期限、CVVが必要)

Apple IDで支払いをするにあたった注意点としては、Apple IDに残高がある場合は、LINE Payカード残高よりもApple ID残高が先に利用します。

もう1点は、Apple IDで支払いをしても、すぐにはLINE Payカードの残高には反映されず、アップルストア(App Store)からLINE Payカードへの請求タイミングよって、最長1~2週間程度かかります。

LINE Payの残高をチャージする

LINE Payカードは、LINE Payの残高を使って支払いをします。LINE Payに残高をチャージする方法を紹介します。

LINE Payに残高をチャージする方法はいくつかありますが、銀行口座からチャージする、セブン銀行ATM(セブンイレブンなど)でチャージする、Famiポート(ファミリーマート)でチャージする、レジでチャージする(ローソンなど)方法があります。

銀行口座からチャージするためには、事前にLINE Payに銀行口座を登録しておく必要があります。銀行口座の登録には、銀行ごとに必要な情報が異なります。例えば銀行の口座番号や暗証番号、オンライン銀行のIDや預金通帳などです。

セブン銀行ATMやFamiポート、レジチャージはその場でチャージできますので、ライフスタイルや利便性などで判断することをおすすめします。

まとめ

LINE Payをアップルストア(App Store)で使う方法をまとめました。ポイントは3点あります。

  • アップルストア(App Store)で利用するには LINE Payカードが必要
  • Apple IDをLINE Payカードに登録する
  • LINE PayカードはLINE Pay残高がないと利用できない

LINE Payカードは先にチャージしておくプリペイド型のシステムですが、JCBのクレジットカードと同じように使えますし、LINE Payと同じように、利用金額に応じてLINEポイントがたまります。

LINE ポイントを貯めるとLINE Payの支払いに使えますし、キャッシュレス消費者還元事業もありますから、アップルストア(App Store)LINE PayやLINE Payカードを使うだけでお得に節約しましょう。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

最大2ヶ月0円キャンペーン中
 
 
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル