格安SIMへの乗り換えでiPhoneを使う場合に準備することは?

今やかなりの知名度になった格安SIMですが、SIMのみを購入した時に手持ちのiPhoneでどのような準備をすれば良いのか分からないという人は多いのではないでしょうか?

今回はiPhoneで格安SIMを使うためにやっておくこと、用意するものについてご紹介していきますので是非参考にしてみてください。

 
\ 3ヶ月間無料キャンペーン中! /

格安SIMへの乗り換え前にやっておくべきこと

LINEのバックアップと移行手続き準備

LINEのデータを引き継ぐには、引き継ぐ前のスマホでの事前準備が必要になります。アカウント情報が登録されているか確認しましょう。

「ホーム」タブ→歯車のマーク(設定)→「アカウント」で登録情報が確認できます。電話番号の登録は、MNPなどで番号が変わらない場合は特に変更は必要ありませんが、新しい番号になった場合は、新しい電話番号の登録が必要になります。

メールアドレスの登録はキャリアメールではなく、どの端末でも利用できるGmail等のメールアドレスが望ましいです。パスワードの登録もしっかりしておきましょう。もし、忘れてしまっても登録アドレスが分かれば再設定も可能です。

LINE内のデータで手動で移行しなければならないのは「トーク履歴」です。トークのバックアップは「ホーム」タブ→歯車のマーク(設定)→「トーク」→「トークのバックアップ」→「今すぐバックアップ」でトークのバックアップは完了です。

トークのバックアップをする際は、LINEを最新バージョンにアップデートしておきましょう。なお、異なるOS(Android→iPhone、iPhone→Android)間ではトーク履歴の復元と、コイン残高の移行は出来ないので注意してください。

引き継ぎの準備が出来たら、引き継ぎの作業をする直前で「ホーム」タブ→「設定(歯車)」→「アカウント引き継ぎ」に進み「アカウントを引き継ぐ」をONにしましょう。

次に新しいスマホでの設定です。新しいスマホで電話番号を入力するとSMSに認証番号が届くので、その番号を入力します。その後表示される情報が自分のもので合っているか確認して、合っていれば「はい、私のアカウントです」を選び次に進みます。

次に設定しておいたパスワードを入力してログインします。次に友達追加設定をし、最後にトーク履歴の引き継ぎです。

旧端末で最後にバックアップをした時点の内容が復元できます。iPhoneの場合は、この時に復元しないとトーク履歴は戻らなくなるので注意が必要です。

新しい端末で使えるようになってトーク履歴の復元も済んだら、トーク履歴の自動バックアップをオンにしておくことをおすすめします。突然の故障時でも、自動バックアップの設定をしておけば安心です。

LINEの引き継ぎについては、以下の記事で図解入りで詳しく解説しているので参考にして下さい。

キャリアメール以外のメールアドレスを取得する

なぜキャリアメール以外のメールアドレスが良いのかというと、キャリアメールはMNPなどで通信会社が変わった時に使えなくなってしまうからです。GmailやYahoo!メールを取得しておけば、機種変更も気にしないで出来るのでおすすめです。

また、iPhoneの場合はiCloudのメールアドレス(@icloud.com)がそのまま使えます。@の前の部分が乗り換え前後で変わらないため、iCloudメールをメインで使っている場合はこちらを使うのもアリです。

iCloudメールやフリーメールについては、以下の記事で詳しく解説しています。

SIMロック解除を行う(必要な場合)

SIMロックというのは、指定されたSIMカードしか認識せず、指定されたSIMカード以外のものは受け付けないようにロックが掛かった状態の事を言います。例えば、auで発売されたiPhoneはauのSIMカードしか受け付けないといった事です。

よく耳にする「SIMフリー」というのは、こういったロックの掛かっていない端末の事で、どのキャリアのSIMカードでも使えるということになります。

大手キャリアで購入したiPhoneはSIMロックが掛かっている場合があります。SIMロックを解除するには、各キャリアのユーザー専用WEBページからの手続きや、店頭へ行く手続き、電話での手続きもできます。

各キャリアとも、SIMロック解除の手続きには店頭だと3,000円(税抜)の手数料がかかります。WEBページでの手続きのみ無料で行う事ができます。

また2015年5月以降にはSIMロック解除が義務付けられているので、2015年5月以降に発売された端末は他キャリアのSIMカードが差し替え可能になっています。

格安SIMで使われている回線はドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線の3種類あり、3つのうちいくつ扱っているかは格安SIMによって異なります。

そのため、ドコモのスマホを使っている人がau回線しかない格安SIMに乗り換える時はSIMロック解除をしなければなりません。逆にドコモ回線がある格安SIMを選べば、SIMロック解除をせずともそのまま使えます。

格安SIMへの乗り換え手順

格安SIMへの乗り換えに必要なもの

  • MNP予約番号
  • 本人確認書類(免許証・保険証など)
  • クレジットカード(一部格安SIMは口座振替可能)
  • メールアドレス

MNP予約番号

MNP予約番号の取得方法はキャリアによって異なります。

ドコモの場合のMNP予約番号取得方法

ドコモの場合は「My docomo」からでも発行が可能です。My docomoにアクセス後「その他のお手続きはこちらから」をタップします。次に「携帯電話ポーダビリティ予約(MNP)」をタップします。

その後ページ最下部の「ドコモオンライン手続きトップへ」をタップして「解約お手続き」をタップします。ナンバーポータビリティのページでお手続き内容を確認の「携帯電話番号ポータビリティを予約する」にチェックを入れます。

受付確認メールの送信先で希望の箇所にチェックを入れます。「次へ」をタップし、内容を確認してから「手続きを完了する」をタップすればMNP予約番号の発行が完了します。

auの場合のMNP予約番号取得方法

auのMNP番号取得方法は、電話かauショップでの手続きになります。電話での手続きの場合は、0077-75470に発信するとガイダンスが流れるので、「3」→「2」を押します。

その後電話がオペレーターにつながるのでMNP予約番号を発行して欲しいと伝えます。注意事項や引き止め等を聞き同意するとMNP予約番号が発行されます。

ソフトバンク

ソフトバンクでは、auと同じく電話での手続きかソフトバンクショップでの手続きになります。「*5533(ソフトバンク回線専用)」または「0800-100-5533」に電話をかけます。ガイダンスが流れたら「2」→「1」→「#」を押します。

暗証番号を入力し、オペレーターにつながったらMNP予約番号を発行して欲しいと伝えます。注意事項を聞いて同意するとMNP予約番号が発行されます。

本人確認書類

本人確認書類は、一般的に運転免許証やマイナンバーカード、パスポート等の顔写真入の書類が必要になります。健康保険証を提示したいという場合は、健康保険証の他に住民票等の補助書類が必要になります。

クレジットカード

クレジットカードは格安SIMの契約で必要になります。ほとんどの格安SIMのプランはクレジットカード払いに限定されているため、クレジットカードは必須です。

ただ、中には口座振替で申し込みができる格安SIMも数社ですがありますので、どうしてもクレジットカードが用意できない場合はその中から選ぶと良いでしょう。

メールアドレス

メールアドレスは先程お話した通り、GmailやYahooMailなどのフリーメールアドレスを取得するか、iCloudメールを使いましょう。キャリアメールはMNPと同時に使えなくなってしまうため注意です。

まとめ

今回は格安SIMをiPhoneで使う為の準備について説明しました。

MNP予約番号は15日の有効期限がありますが、実質5日ほどしか無いので、取得したらすぐに格安SIMの申し込み手続きをするのがおすすめです。

事前にしっかり準備をして、スムーズに乗り換えができるようにしましょう!

 
 
\ 3ヶ月間無料キャンペーン中! /
 
LINEMO