2018年頃からはじまった、総務省主導の「携帯料金見直し」で契約年数の縛りがなくなったり、契約解約時の違約金が非常に安くなった結果、大手キャリアから格安SIMに乗り換えるユーザーが増えています。もちろん大手キャリアで一番ユーザー数が多いドコモ回線でも例外ではなく、乗り換えユーザーが増加中です。

しかし、格安SIMに興味を持ったとしても、やはりまだまだ格安SIMの認知度は低いため、二の足を踏んでいる人もたくさんいます。

例えば、「ドコモから格安SIMに乗り換えることはできるの?」「今使っているスマホは格安SIMなどに乗り換えることができるの?」など、格安SIMを使ったことがないと不安がたくさんあると思います。

そこで本記事では、キャリアはドコモを利用していて、端末は日本で一番売れているiPhoneを利用しているユーザーが格安SIMに乗り換える方法を案内します。合わせて、おすすめの格安SIM会社も紹介いたします。

 

\当サイトおすすめ格安SIMはこちら/
LINEモバイル

 

ドコモで購入したiPhoneを格安SIMで使うためには

格安SIMでドコモ回線を提供している会社を選ぶ

大手キャリアと格安SIMの違いを説明すると、大手キャリアの特徴は、自社内でネットワーク回線を保有していることです。それに対して格安SIMは自社の回線を持っていないため、大手キャリアのネットワークを借りて運用しています。

ドコモ回線を提供している格安SIM会社は非常に多く、ドコモで購入したスマートフォンなら、ほとんどの会社でで乗り換えできます。iPhoneも例外ではなく、ほとんどの会社で乗り換えできると思って間違いありません。

ドコモ回線以外を選択したい場合はSIMロック解除をする

格安SIM会社の多くがドコモ回線を扱っていますが、一部の会社はドコモ回線を扱っておりません。例えばUQモバイルはauのセカンドキャリア、Y!MobileはSoftBankのセカンドキャリアですからドコモ回線が扱えません。

ドコモ回線を扱っていない格安SIMに乗り換えるときには、ドコモを解約する前に手持ちのiPhoneの「SIMロック解除」を行う必要があります。SIMロックとは、ドコモならドコモ回線だけ利用できるよう、キャリア側が端末にロックをかけている状態のことです。このロックを解除することで利用できるようになります。

ドコモで提供しているiPhoneでSIMロック解除可能なiPhoneは、iPhone 6s (Plus)シリーズ以降のモデルです。iPhone 6 以前のiPhoneをお持ちの場合、残念ながらSIMロック解除できませんので注意してください。

iPhone 6s 以降のiPhoneをSIMロック解除するには、3種類の方法があります。1つ目の方法が、インターネットから手続きする方法です。この方法は手数料が無料ですが、ドコモ契約中でないとSIMロック解除ができませんん。

2つ目の方法が電話窓口で解除する方法、3つ目がドコモショップで解除する方法です。これらは手数料3,000円がかかりますが、ドコモ契約を持っていなくてもSIMロック解除です。例えば、知り合いからドコモのスマホを譲り受けた場合や、中古でDocomo系スマホを購入した場合は、電話かショップでSIMロックを解除します。

格安SIMに乗り換える前に各公式サイトで動作確認済み端末をチェックする

ドコモ系の回線、もしくはSIMロック解除してSIMフリー化したiPhoneでしたら大抵の格安SIMが利用できるのですが、利用を検討している格安SIMで動作確認が行われているかどうかは念のためチェックしておきましょう。

動作確認済み端末は、格安SIM会社のホームページで公開されています。動作確認済端末でなくてもSIMカードをiPhoneに挿したら利用できるケースがあるのは事実なのですが、動作確認が取れていないスマホを利用するのはいわば博打です。余計なトラブルを避けるため、事前に動作確認済み端末を確認することをおすすめします。

ドコモ回線がある格安SIM

LINEモバイル:TwitterやInstagramなどのSNSが使い放題

LINEモバイル

 

ドコモ回線で利用していたiPhoneを利用して、格安SIMへ乗り換える際におすすめしたい会社を紹介します。はじめにおすすめしたい会社は「LINEモバイル」です。

LINEモバイルは、メッセージアプリで有名なLINE社が提供する格安SIMです。LINEモバイルのサービスや料金はもちろんのこと、LINEモバイル独自のオプションサービスが特徴です。

その独自サービスとは、「SNSフリーオプション」です。LINEモバイルで契約した場合、メッセージアプリのLINEは、いつでも高速通信で使い放題です。併せて、InstagramやTwitter、Facebook、LINE MUSICなども、オプション契約することで高速通信で使い放題になります。

もしドコモ回線でSNSを頻繁に利用していた場合、LINEモバイルは非常におすすめできる格安SIM会社です。

BIGLOBEモバイル:YouTubeなどの人気アプリが使い放題

【BIGLOBEモバイル】初期費用0円+値引き特典(~9/30)
プラン
音声SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
タイプD
タイプA
タイプD
タイプA
タイプD
1GB1,400円--
3GB1,600円1,020円900円
6GB2,150円1,570円1,450円
12GB3,400円2,820円2,700円
20GB5,200円4,620円4,500円
30GB7,450円6,870円6,750円
タイプD=ドコモ回線 タイプA=au回線
エンタメフリー・オプション
音声SIMの場合:490円/月 データSIMの場合:980円/月

データ消費ゼロで使い放題のアプリ
YouTubeAbemaTVU-NEXTYouTube Kids
Google Play MusicYouTube MusicApple MusicSpotify
AWAAmazon MusicLINE MUSICradiko.jp
らじる★らじるdヒッツRecMusicdマガジン
dブックFacebook Messenger

次におすすめしたい格安SIMは、BIGLOBEモバイルです。BIGLOBEモバイルの料金プランは、一般的な格安SIM会社と同水準の価格ですが、BIGLOBEモバイルにも、他社にはないサービスを提供しています。

BIGLOBEモバイルで展開しているサービスは、「エンタメフリー」というオプションサービスです。エンタメフリーサービスとは、動画や音楽、電子書籍などのエンタメサービスを利用している間は、いつでも高速通信が使えるサービスです。

エンタメサービスの一例として、YouTubeやU-NEXT、AbemaTVなどの動画サービスがあります。音楽サービスは、Apple MusicやSpotify、Google Play Music、radikoなどが対象です。動画や音楽は、モバイルデータ通信をたくさん使ってしまうため、日頃エンタメ系のアプリやサービスを利用しているならおすすめできる格安SIMです。

mineo(マイネオ):iPhone XS&MAXやiPhone XRがセット購入可能

mineo(マイネオ)
データ容量回線
種類
デュアルタイプ
(音声+データ)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
500MBA1,310円700円
D1,400円700円
S1,750円790円
3GBA1,510円900円
D1,600円900円
S1,950円990円
6GBA2,190円1,580円
D2,280円1,580円
S2,630円1,670円
10GBA3,130円2,520円
D3,220円2,520円
S3,570円2,610円
20GBA4,590円3,980円
D4,680円3,980円
S5,030円4,070円
30GBA6,510円5,900円
D6,600円5,900円
S6,950円5,990円
回線種類:A=au回線 D=ドコモ回線 S=ソフトバンク回線

ドコモから乗り換えた直後は手持ちのiPhoneを利用すると思いますが、何年か利用していると、例えばバッテリーの持ちが悪くなった、動きが悪くなったなど故障しがちです。故障してしまうと、修理するか新しい製品を購入することになりますが、iPhoneは修理代金が高いこともあり、機種変更を検討する人も多いです。

格安SIM会社ではスマホも販売しているのですが、ほとんどがAndroidスマホのため、iPhoneを扱っている会社は多くありません。取り扱いがあったとしても、シリーズが古いiPhoneしかない場合もあります。しかしながら、mineoはiPhone XSやiPhone XS Max、iPhone XR などの比較的新しいiPhoneを販売しています。

mineoの料金やサービスは、他の格安SIM会社と比べても遜色ありませんから、機種変更もiPhoneにしたいというあなたにおすすめの格安SIMです。

IIJmio(みおふぉん):格安SIM業界では老舗の安心感

IIJmio(みおふぉん)
プラン
音声SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
タイプD
タイプA
タイプD
タイプA
タイプD
ミニマム
3GB
SIM最大2枚
1,600円1,040円900円900円
ライト
6GB
SIM最大2枚
2,220円1,660円1,520円1,520円
ファミリー
12GB
SIM最大10枚
3,260円2,700円2,560円2,560円
タイプD=ドコモ回線 タイプA=au回線

IIJmioは、格安SIMの中でも老舗と言える会社です。世間が格安SIMという言葉を知らない時代から運営しているるため、安心感があります。

IIJmioの特徴のひとつは、「ファミリーシェアプラン」という1つの契約で複数のSIMカードが利用できるプランです。他の格安SIM会社では、1つの契約でSIMカード1枚ということが多いのですが、IIJmioが提供する「ファミリーシェアプラン」なら、最大10枚のSIMカードが利用できます。

10枚のSIMカードを利用するにあたり、IIJmioでは、データ容量20GBとデータ容量30GBのオプションサービスが選択できます。ファミリーシェアプランのデータ通信量は12GBですから、オプションサービスと組み合わせることで、最大62GBのモバイルデータ通信が利用できます。

楽天モバイル:スーパーホーダイはデータ容量を使い切っても最大1Mbpsで通信可能

Rakuten UN-LIMIT
エリア
楽天回線
パートナー回線
プラン料金2,980円→一年無料
データ通信制限なし5GB/月
国内通話Rakuten Link利用で0円
SMSRakuten Link利用で0円

楽天モバイルは第4のキャリア(MNO)として今後は展開されますが、2020年3月現在は格安SIM事業も存在します。格安SIMとしての楽天モバイルのサービス内容は、。他とは一味違うサービスプランです。その名も「スーパーホーダイ」というプランで、楽天モバイルを利用するならスーパーホーダイがおすすめです。

「スーパーホーダイ」の特徴は、データ容量を使い切ったときの通信速度です。一般的な格安SIMの場合、データ容量を使い切ると、128kbpsや200kbps程度に速度が落ちますが、楽天モバイルなら、なんと最大1Mbpsで通信ができます。もはや低速回線とは言えない速度です。

毎月データ通信を大量に使ってしまい、頻繁にモバイルデータを購入するあなたに非常におすすめできる格安SIMです。

イオンモバイル:データ容量の選択肢が豊富

イオンモバイル
コース音声SIMデータSIM
(SMSなし)
シェア音声
(最大5枚)
500MB1,130円--
1GB1,280円480円-
2GB1,380円780円-
4GB1,580円980円1,780円
6GB1,980円1,480円2,280円
8GB2,680円1,980円2,980円
12GB3,280円2,680円3,580円
20GB4,680円3,980円4,980円
30GB5,680円4,980円5,980円
40GB6,980円6,480円7,280円
50GB8,980円8,480円9,280円

イオンモバイルは、あの「イオン」グループが提供している格安SIMです。全国の「イオン」に実店舗があります。一般的に、格安SIMは実店舗をほとんどもたず、契約するには、インターネット経由で契約することがほとんどですが、イオンモバイルは、イオンに行けば契約できますから、安心感があります。

イオンモバイルの特徴は、データ容量の選択肢が豊富なところです。500MB、1GB、2GB、4GBなど一般的な格安SIMで扱っている容量から、最大50GBまで選べます。50GBを選ぶ人は限られると思いますが、自分がどの位のデータ容量を使うかで決められるのでおすすめです。

まとめ

ドコモ回線でiPhoneが使える会社を探す上で、3つ重要なポイントをまとめました。

  • ドコモのiPhoneは、ドコモ回線を扱っている格安SIM会社で使える
  • auやSoftBank回線を利用するならSIMロック解除が必要
  • 格安SIMは、金額だけでなくサービス面で選ぶことがポイント

格安SIMは、料金面だけで検討してしまうと、どこの会社もそれなりに安い料金で提供していますから、会社ごとの違いはサービスの違いです。どの格安SIMが、どんなサービスを提供しているのかを調べて、自分にあった格安SIMを選択することが求められます。

LINEモバイルやBIGLOBEモバイル、楽天モバイルは分かりやすいサービスを打ち出していますが、それ以外の格安SIM会社も、他社との差別化を図るべく、色々なサービスを提供しています。

ぜひ自分に合った格安SIMを探して、無理せずお得に節約していきましょう。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

3ヶ月間 980円値引きキャンペーン中
 
 
 
 
\当サイトおすすめ格安SIMはこちら/
LINEモバイル