Softbank、au、docomoの大手三大キャリアは、LINEの年齢認証(年齢確認)に対応しています。

しかし、格安SIMはこの年齢認証に対応していないため、LINEを使用する上で不便な点がたくさんあります。

LINEモバイルも格安SIMだし、同じように年齢認証に対応していないんじゃ・・・と思ったかもしれませんが、LINEモバイルではLINE年齢認証に対応しているため、大手キャリアとまったく同じようにLINEを使用することができます!さすがLINEの提供するサービス。

せっかくのりかえて料金が安くなっても、これまで使えていた機能が使えなくなるのは非常にストレスになります。

年齢認証は地味な項目ですが、LINEはスマホユーザーであれば使っていない人はいないくらいのアプリですので、これに対応しているかどうかは結構大きいです。

とは言え、年齢認証は最初に設定してしまったら後は気にすることはないし、なんとなく流れで済ませてしまっているケースが多いので、年齢認証をすることで具体的に何ができるようになっているかってあまりご存知ないと思います。

そこで今回は、LINEの年齢認証をしないとどんな不便が生じるのか、そしてLINEモバイルでのLINE年齢認証のやり方をお伝えします!

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

LINE年齢認証をすることで何ができるようになる?

LINEモバイルはLINE年齢認証機能・ID検索に対応

LINE年齢認証を完了させると、以下のことが出来るようになります。

  • LINE ID検索
  • 電話番号検索
  • LINE IDによる友だち追加

つまり年齢認証を行わないと、LINE IDの交換はふるふる、QRコードなど直接会ってしかできないということです。

自分から他のユーザーを検索をすることもできませんし、他のユーザーが自分を検索することもできません。

ID検索が使えないと地味に不便なので、使えるに越したことはありません。

また、年齢認証を完了させた後に手動でLINE IDによる友だち追加をオフにすることもできるため、普段は勝手に検索されないようにして必要な時のみオンにするという使い方もできます。

そもそもなぜ年齢認証という機能があるのかというと、インターネット掲示板やSNSで18歳未満のユーザーに怪しい誘いをかけるという事件が多発したからです。

そこでこういった事件を未然に防ぐために、18歳未満や年齢認証が済んでいないユーザーはLINE IDや番号による検索ができなるということなんですね。

ですので、逆に18歳未満のお子さんにスマホを持たせる場合には、年齢認証はできない方が安全です。

また、契約が親御さん名義だと、実際に使っているのが18歳未満お子さんでも年齢認証ができてしまうんじゃ?と思うかもしれませんが、LINEモバイルでは年齢認証の際にマイページから利用コードを取得する必要があります。

マイページのログイン情報を親御さんが管理していれば、お子さんが勝手に年齢認証を行ってしまう心配もありません。

LINEモバイルなら電話番号なしでもLINEアカウントが作成できる!

LINEアカウントを新規作成するためには、通常は電話番号もしくはFacebookアカウントが必要ですが、LINEモバイルなら電話番号がなくてもLINEアカウントを作ることができます。

つまり、電話番号が付いていないデータ通信のみのプランでもLINEアカウントを作成することができるということです。

LINEアプリ使い放題を謳っているので、むしろ使えなきゃ困りますが^^;

データ通信SIMは最安1GB,500円から使えるので、500円である程度インターネットも使えてLINEが使い放題と考えるとコスパはめちゃめちゃ良いですね。

自分は音声通話SIMの3GB(1,690円/月)とデータ通信SIMの1GB(500円/月)の2つを契約して、プライベート用と仕事用で使い分けています。

2つ使っても月2,190円なので、大手キャリアで1台10,000円かかっていた時と比べたら約8,000円も安く使えています。

LINEモバイルでLINE年齢認証をする方法

まずはLINEモバイルのマイページにログイン。PC、モバイルどちらからでも確認可能ですが、ここではPC版で解説します。

ログインすると、ポップアップで利用コードが表示されます。こちらがLINEアカウント新規作成時に必要になるコードです。

利用コードポップアップ

「次回から表示しない」を選択してしまっているなどポップアップが表示されない場合は、トップページの左メニューをクリック、下の方にスクロールすると利用コードが表示されます。

利用コード

契約情報→利用コード

続いてスマホでLINEアプリを起動して、設定を開きます。

LINE設定

「年齢認証」を選択。

LINE年齢認証

「確認」を選択。

LINE年齢認証確認

先ほどの利用コードを入力して「次へ進む」を選択。

LINE年齢認証利用コード

年齢認証が完了すると、「ID検索可」に表示が変わります。

まとめ

LINEモバイルのLINE年齢認証についてお話しました。

せっかく格安SIMにのりかえて毎月の料金が安くなっても、できないことが増えて不便になってしまうのはいただけません。

LINEモバイルなら、年齢認証以外にもLINEやTwitter、Facebookの通信量カウントフリーなど、他の格安SIMでは得ることができないメリットが多々あります。

LINE年齢認証は地味な項目ではありますが、使えないと意外と面倒です。LINEは最も使うアプリだからこそ、大手キャリアを使っていた時と同じ要領で使えるのLINEモバイルは非常におすすめです。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

 
 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル