LINEモバイルに乗り換えて、遂に手元にSIMカードが手元に届いた!やっとこれでLINEモバイルが使えるようになる~!と思うかもしれませんが・・・

LINEモバイルに乗り換えした後は、ただSIMカードを挿入しただけでは電波は入りません。

でも安心して下さい。APN設定はめちゃめちゃ簡単で、5分あれば完了させることができます。

今回は、APN設定をキャプチャ画像付き解説していきます!

LINEモバイルへの乗り換え手順の全解説はこちら

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/

 

LINEモバイルのAPN設定とは?

APNとはAccess Point Nameの略で、「アクセスポイント名」という意味です。

要するに、モバイル端末からネットワークに接続する際に設定が必要なものです。

ソフトバンク、au、docomoなどの大手キャリアは購入時にこのAPN設定が既にされている状態ですが、大手キャリアの端末をLINEモバイルを含めた格安SIMでそのまま使う場合には、必ず自身で手動設定をする必要があります。

APN設定を完了しない限り、SIMカードを挿入してもインターネットを使用することができません。

LINEモバイルでスマホ端末を一緒に買った場合は?

LINEモバイルでスマホを併せて購入した場合は、最初からAPN設定が完了しています。

ですので、特に設定をしなくてもすぐに使い始めることができます。

LINEモバイルのAPN設定方法

それではさっそくAPN設定をしましょう!

iPhoneとAndoroidスマホでは設定方法が異なるので、それぞれの方法を解説していきます。

iPhone(iOS)の場合のAPN設定

iPhoneの場合の設定は非常に簡単で、APN構成プロファイルというものをインストールするだけで完了します。

以下の画像は、LINEモバイルを契約した際にSIMカードと一緒に届く説明書の「APN設定」のページです。

上記画像の通り、Wi-Fiでインターネット接続した状態でQRコードを読み取るか、iPhoneのSafari等でhttps://mobile.line.me/apn/line.mobileconfigにアクセスしてAPN構成プロファイルをインストールします。

QRコードを読み込むかリンクにアクセスしたら、「インストール」をタップ。

「警告」と表示されますが、そのまま進めて大丈夫です。右上の「インストール」をタップし、さらにその後も「インストール」をタップ。(この時、パスコードロックを設定している場合はパスコードを要求される場合があります)

右上の「完了」をタップしたら設定完了です。

Androidの場合のAPN設定

Andoridスマホの場合は以下の設定を手動でしなければいけませんが、これからお伝えする通りにやってもらえれば5分とかからず完了します!

まずは「設定」を開きます。

設定画面の上部にある『無線とネットワーク』の項目の中から「もっと見る」をタップし、「モバイルネットワーク」を選択。

「アクセスポイント名」を選択し、右上の「+」をタップ。

以下の項目を入力します。(下記項目以外は入力不要です)

名前:LINEモバイル
APN:line.me
ユーザー名:line@line
パスワード:line
認証タイプ:PAPまたはCHAP

 

右上の「︙」から「保存」を選択し、APN一覧から「LINEモバイル」をタップします。保存するだけでは通信ができないので、最後に一覧から「LINEモバイル」を選択するのを忘れないでください。これで設定が完了です!

まとめ

LINEモバイルのAPN設定方法について解説しました。

いかがでしたでしょうか?やってみると意外と簡単でしたよね。

新しい番号でLINEモバイルを契約して大手キャリアの端末を使う場合はこれで完了ですが、乗り換え(MNP)で契約した場合にはMNP転入切替という手続きをしなければなりません。

こちらも5分程度で終わる簡単な手続きで、LINEモバイルのマイページから行うことができます。

忘れないように手続きを行って下さいね!