電話番号宛にメールを送ることができるSMS(ショートメッセージサービス)。結論から言うと、格安SIMの場合は使える場合と使えない場合があります。

SMSを利用する機会は以前に比べるとかなり減りましたが、やはり使えないと困るという場面もあります。SMSが必要かどうか、そして必要ならどうすれば使えるのかは事前に知っておくべきでしょう。

今回は、LINEモバイルでSMSを使うための方法について解説していきます!

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイルの今月のキャンペーン情報

 

LINEモバイルでSMSを送信&受信するためには

SMSを利用するには「SMS付き」のSIMを選ぶ必要がある

上記表はLINEモバイルのプラン一覧です。

この中でSMSを利用することができないのは、月々500円のLINEフリープランのデータSIMのみ。その他のSIM・プランではすべてSMSを利用することができます。

LINEフリープランのデータSIMを選ぶ場合にのみSMSが必要かどうかを考えることになるわけですが、SMSなしが500円/月、SMSありが620円/月ということで、SMS機能の有無による差額はわずか120円。

よほどのことがない限りはSMSありを選んでおくことをお勧めします。その理由は次項でお話します。

最初にSMSなしを選ぶと途中でSMSありに変更できない

LINEモバイルでは「LINEフリー→コミュニケーションフリー」のようにプランを変更したり、データ容量を変更したりすることは契約後いつでも可能です。

しかし、「コミュニケーションフリーのデータSIM→コミュニケーションフリーの音声通話SIM」のように、SIMの種類を変更することはできません。

LINEフリーの「SMSなしデータSIM(500円/月)」と「SMSありデータSIM(620円/月)」もSIMの種類は別という扱いのため、LINEモバイルを契約した後に「やっぱりSMSを使いたい!」となっても使えるようにすることはできないのです。

どうしてもSMSなしからSMSありに変更したい場合、一度その回線を解約してから契約をし直す必要があります。データSIMなのでいつ解約しても解約金はかかりませんが、再契約時に登録事務手数料+SIMカード発行手数料が発生してしまいます。

一応、元の回線を解約する前に「追加申込」をすることで登録事務手数料の割引を受けることができますが、SMSありデータSIMの契約で登録事務手数料500円+SIMカード発行手数料400円が発生するので注意して下さい。

LINEモバイルで+メッセージ(プラスメッセージ)は使えない

ドコモ、au、ソフトバンクの三大キャリアでは、2018年にSMSの進化版である「+メッセージ」の提供を開始しました。

SMSの場合は他社宛は最大全角70文字まで、写真や動画の送信は不可でしたが、+メッセージの場合は最大全角2,730文字まで、写真や動画の送信が可能な他に、グループメッセージや音声メッセージなどが利用できます。

さらに+メッセージは送受信方法がパケット通信のため、データ定額が当たり前の昨今、SMSのように別途料金が発生することがありません。

このようにSMSの相当な進化版ではありますが、進化版と言っているだけでSMSと+メッセージはまったくの別物であり、LINEモバイルに限らず格安SIMでは利用することができません。

大手キャリアの公式発表の中に「MVNO (仮想移動通信事業者) などへの提供についても、導入希望に応じて検討を進めていきます。」という一文もあるため、今後の対応を期待しましょう。

LINEモバイルでSMSを送信・受信する方法と料金

LINEモバイルのSMSの送信料・受信料

SMSの送受信料は大手キャリアと特に変わりません。

SMSの受信料は無料です。

送信料は送信する文字数によって変わります。

送信文字数1回あたりの料金(税抜)
全角1〜70文字
3円
全角71〜134文字
6円
全角135〜201文字
9円
全角202〜268文字
12円
全角269〜335文字
15円
全角336〜402文字
18円
全角403〜469文字
21円
全角470〜536文字
24円
全角537〜603文字
27円
全角604〜670文字
30円

厳密には70文字までは1通分、134文字までは2通分、それ以降は67文字毎に1通分で通数分×3円の料金が発生するという仕様のようです。そのため、端末によっては分割して受信されることもあります。

また、70文字を超えて送信できるかどうかは回線や利用している端末によって異なり、以下のケース以外は70文字までしか送信できません。

70文字を超えて送れるケース

    LINEモバイルのドコモ回線→ドコモ、LINEモバイルのドコモ回線
    LINEモバイルのソフトバンク回線かつiPhone→ソフトバンク、LINEモバイルのソフトバンク回線

基本的に他社宛は70文字までと考えて下さい。SMSで長文を送ることは稀かと思いますが参考までに。

LINEモバイルでSMSを送信・受信する方法

SMSが使えるSIMを契約していれば、LINEモバイルでのSMSの利用方法は大手キャリアと特に変わりません。

iPhone, Androidともにプリインストールされている「メッセージ」のアプリからSMSを送受信することができます。(Androidの場合は機種によってアイコンが違う可能性があります)

LINEモバイルでSMSが送れない・届かない場合の原因と対策

LINEフリープランのSMSなしデータSIM(500円/月)を契約している

先述の通りSMSは送信できませんので、必要であれば再契約をしましょう。

送信可能な最大文字数を超過している

先述の通り、SMSで1度に送れる文字数は上限が決まっています。文字数を減らすか、どうしてもそのまま送りたい場合は分割して送信しましょう。

画像を添付している

SMSでは画像を送信することができません。画像を削除して送信しましょう。

受信側がSMSを利用できない

LINEフリープランのSMSなしデータSIMのようなSMSが使えないSIMカードでも、基本的に電話番号は存在しています。ただし、電話番号があってもSMSに対応していなければ受信はできません。

また、一部タブレットなど端末によってはSMSが利用できないものもあります。受信側がSMSを利用できない場合は、こちらではどうしようもありません。

受信側がSMS拒否設定をしている

受信側がSMSの受信拒否設定をしていると、SMSを送ることができません。

拒否設定にはすべてのSMSを拒否する、他事業者のSMSを拒否する、個別番号拒否などさまざまあります。

メールアドレス宛の迷惑メールと同じように、SMSでもある時を堺に迷惑メッセージが届くようになることもあるようです。その際、すべてのSMSを拒否に設定してそのまま忘れているパターンもあります。

相手が親しい人であれば、SMS拒否設定を見直してもらうようお願いしましょう。個別番号拒否の場合は諦めて下さい。

電話番号を間違えている

初歩的なミスではありますが、割とありがちなパターンです。特に電話帳からの呼び出しではなく直接入力だと起こりやすいので、送信できなかった場合は電話番号が合っているか一度確認して下さい。

LINEモバイルでSMSが必要なケースと不要なケース

SMS有無の差額は120円/月のため付けておくことをお勧めしますとお話しましたが、SMSを付けていてもまったく使わないという場合もあります。SMSを付けるべき人とそうでない人を考えてみましょう。

SMSが必要なケース

  • メイン回線として利用する場合
  • SMS認証のあるサービスを利用する場合

メイン回線としてLINEモバイルを利用する場合はSMSありにしておくことをお勧めします。

理由としてはさまざまなサービスの登録時、ログイン時、アカウントが乗っ取られた時、パスワードを忘れた時などにSMSを利用することがあるからです。

複数アカウント作成防止のために、SNSやモバイルアプリ、その他サービスで登録時にSMSで認証コードが送られ、そのコードを入力しないと登録が完了できなかったり。

不正アクセス防止のために、ログイン時にSMSでワンタイムパスワードが送られたり。SMS認証はけっこう増えてきています。

その他、アカウントを乗っ取られた時の本人認証やパスワードを忘れた時の再設定にSMSを使うサービスも増えています。多くの人が使っているサービスの例で言うとGmailがありますね。

今となってはSMSの用途はメッセージのやり取りよりも本人であることの証明に使うことが多いため、安全のためにも使えるようにしておくのが無難です。

SMSが不要なケース

  • サブ回線として利用する場合
  • LINEしか使わない場合

2台持ちでサブ回線として使う場合、SMS認証が必要なサービスで複数アカウントを作りたいということでもなければSMSは必要ないでしょう。

また、LINEフリープランはその名の通りLINEが使い放題な上、本来はLINE登録時に必須な電話番号もLINEモバイルの場合は必要ないため、LINE専用で使うという場合はSMSは不要です。

まとめ

LINEモバイルでSMSを使うための方法について解説しました。

LINEモバイルでSMSが必要かどうか考えるのはLINEフリープランのデータSIMの場合のみです。その他のSIM・プランではすべてSMSが使えます。

SMSの使い方は大手キャリアの時とまったく同じです。LINEフリープランのデータSIMでSMSが必要かどうか迷った場合は、メイン回線かサブ回線かが一番わかりやすい判断基準になるでしょう。

契約後にSMSなし→SMSありに変更したい場合は一度解約して再契約という手順を踏まなければならないので、迷ったらSMSありにしておくことをお勧めします。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

 
 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル