LINEMO(ラインモ)ではSMSが送れない&届かない?

SMS(ショートメッセージサービス)は、電話番号宛にメッセージが送付できるサービスです。

LINEでメッセージすることも多くなりましたが、Webサービスの認証などではSMSを使う機会も非常に多いです。

LINEMOに乗り換えたあともSMSは利用できるのか、疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。

本記事では、LINEMOでSMSは使えるか、遅れない・届かないときにはどうすれば良いのかなど解説します。

ちなみにLINEMOでは
PayPayポイント プレゼントを実施中
  • スマホプラン:10,000円相当のポイント還元

LINEMOでは全てのプランでSMSが使える

結論、LINEMOでは全てのプランでSMSが使えます。

LINEMO公式サイトのよくある質問には、次のように記載されています。

Q:SMS(ショートメッセージサービス)は利用できますか?
A:LINEMOでご利用できるスマートフォンであれば、SMS(ショートメッセージサービス)および国際SMSがご利用できます。

参照:よくあるご質問(LINEMO公式サイト)

LINEMOの料金プランは以下の2つ。どちらもSMSに対応しています。

ミニプランスマホプラン
月額料金
990円
2,728円
データ容量
3GB
20GB
特典
・5分かけ放題が7ヶ月無料
・LINEギガフリー

格安SIMでSMSが使えないのはこんな場合

格安SIMでSMSが使えないのは、データ通信専用プランを選んだ場合です。

格安SIMでは、SMS付きプランやデータ通信専用プランが用意されている場合があります。

  • 音声通話付きプラン
    ⇒通話も通信も使えるプラン
  • SMS付きプラン
    ⇒「通話は使えないけど、SMSは使える」というプラン
  • データ通信専用プラン
    「通話もSMSも使えないけど、データ通信は使える」というプラン

▼たとえば格安SIMのIIJmioでは「SMS付き」や「データ通信専用」のプランがあります。

LINEMOは全て音声通話付きプランのため、問題なくSMSが使えます。

LINEMOは「+メッセージ」も利用できる

電話番号宛に、文字だけでなくスタンプや写真などを遅れる「+メッセージ」という新サービスもあります。

もともとは2018年に3キャリア限定でスタートしたサービスですが、2023年現在ではLINEMOでも利用できます。

現在「+メッセージ」を利用中の方は、LINEMOでも問題なく、サービスの利用を継続できます。

LINEMOでSMSが送れないときの原因と対策

LINEMOでSMSが送れない原因は以下が考えられます。対策を含め、詳しく見ていきましょう。

LINEMOでSMSが送れないときの原因
  • 文字数が超過している
  • 電話番号を間違えている
  • 端末の設定の問題
  • 電波が悪い
  • 受信側がSMS拒否設定をしている

文字数が超過している

SMSで遅れる文字数の上限は全角670文字までです。1度に送れる文字数の上限は決まっています。

文字数の超過が疑われる場合は、文字数を減らすか、2つに分割して送るかを検討しましょう。

▼試しにiPhoneで800文字ほどのメッセージを送信したところ以下のメッセージが届き、配信できませんでした。

電話番号を間違えている

宛先の電話番号に誤りがあると、誤送信になったり、送信自体ができなかったりします。

特に電話番号を手入力した場合や、登録して初めて送信する場合は、ミスの可能性も高いので再度番号を確認してみましょう。

端末の設定の問題

端末が以下の設定になっているとSMSは使えません。

  • 機内モードがオンになっている
  • モバイルデータ通信がオフになっている

iPhoneは、コントロールセンターを開くと設定が確認できます。

Androidは、クイック設定パネルから設定が確認できます。

電波状況が悪い

電波が悪く携帯電話回線が利用できていないために、SMSが送信できない可能性も考えられます。

スマホの電波状況を確認し、LINEMOの電波に接続できているか確認してみましょう。

受信側がSMS拒否設定をしている

受信側がSMSの受信拒否設定をしていると、SMSを送ることができません。

拒否設定にはすべてのSMSを拒否する、他事業者のSMSを拒否する、個別番号拒否などさまざまあります。

SMSでもある時を堺に迷惑メッセージが届くようになることもあるようです。その際、すべてのSMSを拒否に設定してそのまま忘れているパターンもあります。

相手が親しい人であれば、SMS拒否設定を見直してもらうようお願いしましょう。

LINEMOでSMSが届かないときの原因と対策

LINEMOでSMSが届かない原因は、以下が挙げられます。対策とともに見ていきましょう。

LINEMOでSMSが送れないときの原因
  • 文字数が超過している
  • 電話番号を間違えている
  • 端末の設定の問題
  • 電波が悪い
  • 受信側がSMS拒否設定をしている

SMSの受信拒否・フィルターの問題

SMSの受信拒否やフィルターが悪さをしている可能性が考えられます。

以下の手順でLINEMOのSMSの設定は確認できます。

  1. My Menuへログイン
  2. 右上の「メニュー」をタップ
  3. 「迷惑メール対策」をタップ

LINEMOのSMSの設定としては、次のものがあります。

LINEMOのSMSの設定
  • なりすましSMSの拒否
    ソフトバンクなどになりすましをするSMSの拒否設定
  • 電話番号メールの拒否・許可
    電話番号または英数字を登録して、電話番号メールの拒否または許可を設定
  • 海外電話番号メールの拒否
    海外事業者からの電話番号メールをすべて拒否する設定
  • URLリンク付きSMSの拒否
    URLリンクが付いたSMSを拒否
  • 迷惑SMSフィルター
    機械的に迷惑SMSと判断されたSMSを拒否

判断が難しいところもありますが、設定の問題で必要なSMSが届かなくなっていないか確認してみましょう。

電波を掴んでいない

LINEMOの電波を掴んでいないと、SMSは届きません。

スマホの上部の電波状況を確認し、電波が十分にあるか確認してみてください。

機内モードがオン/モバイル通信オフになっている

端末が以下の設定になっているとSMSは使えません。

  • 機内モードがオンになっている
  • モバイルデータ通信がオフになっている

端末の設定を再度確認してみましょう。

LINEMOのSMSのよくある質問

LINEMOのSMSの料金は?

SMSの送受信料は大手キャリアと特に変わりません。

SMSの受信料は無料です。

送信料は送信する文字数によって変わります。

送信文字数1回あたりの料金
全角1〜70文字
3.3円
全角71〜134文字
6.6円
全角135〜201文字
9.9円
全角202〜268文字
13.2円
全角269〜335文字
16.5円
全角336〜402文字
19.8円
全角403〜469文字
23.1円
全角470〜536文字
26.4円
全角537〜603文字
29.7円
全角604〜670文字
33円

LINEMOでSMSを送信・受信する方法は?

LINEMOでのSMSの使い方はキャリアと変わりません。

iPhone, Androidともにプリインストールされている「メッセージ」のアプリからSMSを送受信できます。

LINEMOは海外でもSMSを送受信できる?

LINEMOは海外でもSMSを送受信できます。日本国内にいる場合と同じ操作で送受信をが可能です。

受信は電波が入るエリア内であれば自動的に届きます。送信はあて策の電話番号を入力して送ることができます。

  • SMS受信:無料
  • SMS送信:100円/1メッセージ
    (最大140バイト 全角70文字相当※)

まとめ

LINEMOのSMSについて紹介しました。

LINEMOでもSMSが利用可能です。SMSが使えないときは、文字数超過、宛先の電話番号、端末の設定、電波状況などを確認してみてください。

LINEMOは1万円分のPayPayプレゼント

LINEMO10,000円
PayPayポイントプレゼントを実施中
スマホプランで10,000円相当プレゼント
  • スマホプランに乗り換えで10,000円分のPayPayポイント