今やモバイル通信は4G(LTE)が主流ですが、電波が入るエリアは3Gとは異なり、3Gの方が対応エリアは広いです。特に地下、高層、山奥など電波が届きにくいところは周波数が低い3Gの方が入りやすいです。

格安SIMの中は4Gしか入らないものもあるため、旅行先などいざという時にスマホが使えないというケースも。しかし、LINEモバイルなら3Gエリアも対応しているため、安心してスマホを使うことができます。

今回はLINEモバイルの3G通信について解説していきます!

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイルの今月のキャンペーン情報

 

LINEモバイルはソフトバンクとドコモの4G&3G対応エリアと同じ

全国のエリアと高速データ通信

LINEモバイルにはソフトバンク回線とドコモ回線の2種類があります。

格安SIMというと「対応エリアが大手キャリアと違うんじゃないの?」と思うかも知れませんが、ドコモ回線は大手キャリアのドコモの対応エリアと、ソフトバンク回線はソフトバンクの対応エリアと同一です。

そのため、大手キャリアで使っていたところで電波が入っていれば、LINEモバイルに乗り換えた後も電波の入りを心配する必要はありません。

LINEモバイルの対応エリアをチェックする方法

電波が入るかどうか不安な場合は、事前に対応エリアをチェックしておくことをお勧めします。

LINEモバイルでソフトバンク回線を使いたい時はソフトバンクの、ドコモ回線を使いたい時はドコモのサービスエリアを以下のリンクから確認しましょう。

3Gしか入らないエリアの場合は自動的に4Gから切り替わる

大手キャリアの場合、4Gが入らず3Gのみ対応しているエリアに移動すると自動的に4Gから3Gに切り替わります。

同様に、LINEモバイルの場合も3Gのみのエリアの場合には自動的に4Gから3Gに切り替わるため、特別な設定は必要ありません。

【注意】LINEモバイルでは3G通信端末は使用できない

古いスマホだと3Gしか対応していない端末がありますが、LINEモバイルでは3G通信端末は利用不可です。

  • 4G&3G通信端末:4G, 3Gともに利用可能
  • 3G通信端末:利用不可

4G通信が主流の昨今、3G通信端末を使用しているという人は少ないとは思いますが、「3Gが使える=3G通信端末が使える」ではないので注意して下さい。

「いつでもヘルプ」でも質問してみましたが、3G通信端末は利用不可との回答がありました。LINEモバイル公式サイトのサポートページにも記載があります。

上記写真はLINEモバイルのサポート機能「いつでもヘルプ」を使って質問した時のものです。

自動返信で回答が返って来ているのですが、LINEモバイルはこんな感じで分からないことがあったら24時間即座に解決できるので便利です。10~19時の間であればオペレーター接続もできます。

まとめ

LINEモバイルの3G通信についてお話しました。

格安SIMの対応エリアは狭いと勘違いしている人も多いですが、実際には大手キャリアとまったく変わりません。

しかもLINEモバイルはドコモ回線とソフトバンク回線の2種類があるので、対応エリアもご自身の環境にあったものを選んでもらうことができるため安心です。

ちなみにLINEモバイルはソフトバンクの子会社のため、対応エリアに問題がない上で通信速度を重視するならソフトバンク回線がお勧めです。

もしあなたが「LINEモバイルは気になってるけど、いきなりメイン回線を切り替えるのは不安だな…」という場合は、一度LINEモバイルをお試ししてみるのはいかがでしょうか?

この方法なら、LINEモバイルは自分の環境でちゃんと電波が入るのかどうか、通信速度は快適なレベルなのかを確認できるため、本当に乗り換えをしても大丈夫かじっくり検討できます。

 

1月31日までに申込で3ヶ月×1,390円割引