LINEモバイルで新しく購入する端末には、1年間の無料メーカー保証がついています。ただし、こちらはユーザーの過失がない場合の故障のみが対象です。

そのため、落下破損や水濡れ故障の修理に対する保証をつけたい場合は、別途2年間の端末保証に加入する必要があります。

LINEモバイルには2つの端末保証があり、500円/月の「持込端末保証」は、なんとLINEモバイル以外で買ったスマホ以外でも保証の対象となり、割引価格で修理を受けることが可能です。

今回は、そんな2つの端末保証の詳細と、本当に端末保証は付けたほうがいいのか?について解説していきます!

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイルの今月のキャンペーン情報

 

LINEモバイルの2つの端末保証オプション

LINEモバイルには「端末保証」「端末端末保証」の2つがあります。

まず大前提として、この2つの端末保証への加入は契約時のみです。これからお話する内容をよく読んで、加入するかどうかをしっかり検討して下さいね。

「端末保証」と「持込端末保証」のサービス内容と保証範囲

 端末保証持込端末保証
対象端末LINEモバイルで
購入した端末
LINEモバイル以外
で購入した持込端末
加入可能
タイミング
契約時のみ契約時のみ
月額料金450円/月 (初月無料)500円/月 (初月無料)
端末交換
修理代金
1回目:5,000円
2回目:8,000円
1回目:4,000円
2回目:8,000円
保証範囲故障、水濡れ、破損故障、水濡れ、破損
保証期間3年間2年間
利用回数年2回まで年2回まで
保証上限額なし50,000円
超過分は自己負担
お届け期間約2日約2週間
対応内容端末交換修理もしくは交換
貸出端末
(代替機)
貸出なし希望者のみあり
注意点在庫切れや生産終了などの場合、
別機種になる可能性あり
交換対応の場合、LINEモバイルが
指定する端末に交換になる

「端末保証」と「持込端末保証」の違い

端末保証 月額450円(税抜)
LINEモバイルで購入した端末が対象
保証期間は3年間
修理ではなく交換
交換品お届けは約2日間
持込端末保証 月額500円(税抜)
LINEモバイル以外で購入した持込端末が対象
保証期間は2年間
修理と交換どちらになるかは診断次第
修理完了品のお届けは約2週間
修理中は代替機貸出あり

LINEモバイルで端末を購入した場合に付けられる「端末保証」は、修理ではなく端末交換での対応です。保証期間が3年のため、長く安心して使うことができます。

LINEモバイル以外で購入した持込端末に付けられる「持込端末保証」は、端末保証受付センターでの診断結果次第で修理か交換かが決まります。交換対応の場合、利用中の機種と同一機種とは限らないので注意が必要です。

2つの保証オプションの保証範囲

保証の範囲は以下の通りです。

・故障 (電源が入らない、操作を受け付けないなど)
・破損 (落下などによる外装やディスプレイ破損)
・水濡れ

 

あくまでも故障による場合の保証ですので、紛失した場合はサービス対象外です。注意して下さい。

保証オプションに加入しない場合は?

端末保証、もしくは持込端末保証オプションに加入しない場合は、端末購入時に無料で付いている1年間のメーカー保証です。

メーカー保証の保証範囲はユーザーによる過失がない自然故障の場合のみですので、破損や水濡れなどによる故障は対象外です。

電源が入らなくなった、操作を受け付けなくなったなどの故障の場合でも、メーカー側でユーザーの過失があると判断された場合は有償修理になる可能性があります。

保証対象外の修理の場合は、もちろん修理費は全額自己負担です。

メーカー修理の金額は公表されていないことが多く、修理に出してみるまでわかりません。機種にもよりますが、30,000円~50,000円の修理代金がかかることもあります。

これだけの修理費がかかるのであれば、もう新しい端末を購入してしまった方がいいですよね。

メーカー保証は本当に最低限の範囲しか対象になりませんので、心配な場合はLINEモバイルの端末保証に加入しておいた方が無難です。

保証オプションに加入するとお得になるのか?

結局のところ、端末保証と持込端末保証に加入するとお得なのか損なのか?ここが重要なところ。ということで、実際に利用した時の金額を計算してみました。

計算は端末保証のみで行っていますが、持込端末保証の場合も差額が毎月50円ということで、料金累計はほぼ変わりません。ということで、「持込端末保証」に加入したほうが良いかどうかは「端末保証」の場合と同じと考えて下さい。

端末保証料金累計と1回利用した場合の金額

 保証料金累計保証料金累計
+1回利用
6ヶ月2,700円7,700円
12ヶ月5,400円10,400円
18ヶ月8,100円13,100円
24ヶ月10,800円15,800円
30ヶ月13,500円18,500円
36ヶ月16,200円21,200円

端末代金が2万円を超える機種

36ヶ月加入して1回修理すると21,200円ですので、3年間で1回修理しただけでペイできます。早い段階で壊れるとかなりの痛手ですので、端末代金が2万円を超える機種の場合は端末保証に加入した方が良いです。

端末保証は途中解除もできるため、壊れなければ使い続けるけど、もし壊れたら新しい機種に変えてもいいなという時期が来たら、36ヶ月経過を待たずにオプションを外せばOKです。

端末代金が1~2万円の機種

2年以内に壊れるのであれば入っておいたほうが良いです。30ヶ月では1回利用で18,500円ということで、機種代金を上回るようになってくるため、保証オプションは解除して、壊れたら機種変更した方がお得になってきます。

端末代金が1万円を切る機種

6ヶ月加入して1回修理すると7,700円ということで、かなり早い段階で新しい端末を購入するのと金額がほぼ変わりません。12ヶ月を超えると1回修理で10,400円ということで1万円を超えてしまうため、1万円を切る機種の場合は端末保証は付けないほうが良い可能性が高いですね。

保証を2回以上利用する場合は?

保証を2回以上利用する場合、端末代金が1万円を切るようなスマホでも加入をしておいた方が良いです。「壊れたら機種変更するかな」というタイミングで保証オプション解除をしましょう。

まとめ

LINEモバイルの2つの端末保証について解説しました。

端末保証はもしものことがあった時のためのものですので、故障が0回の場合のことは考慮していません。壊さずに使えるかどうかは、これまでのあなたの利用状況を振り返ればわかることだと思います。

サービス内容を理解した上で壊さずに使える自信があるのであれば加入は必要ありません。加入できるタイミングは契約時のみですので、端末代金が1万円を超える機種で少しでも心配があるのであれば加入しておくことをお勧めします。

LINEモバイルへの乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。