LINEはメッセージや電話が無料で行え、非常に便利なアプリとして人気を集めています。そのLINEには沢山の思い出やデータがあるので、格安SIMに乗り換える時に引継ぎは必須だと思います。

今回は、乗り換える前のLINEの引継ぎの概要や、LINEのID検索が可能な格安SIMについてご紹介します。LINEの引継ぎは非常に重要な事なので、是非参考しにていただければと思います。

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

スマホ端末をそのまま使って格安SIMに乗り換える場合

LINEを含めアプリは引き継ぎなしでそのまま使える

現在大手キャリアで契約されている方が、格安SIMに乗り換える時に心配なのがアプリを継続して使えるかということだと思います。アプリは格安SIMに乗り換えても、そのまま使えるので安心してください。

引き継ぎなど面倒だと考えられている方もいると思いますが、端末を替えない方は引き継ぎの必用もありません。端末を替えられる方は、アプリに入っているデータを移行すれば乗り換えた後も利用可能です。

ただしキャリアメールが使えなくなるため登録メールアドレスに注意

キャリアメールとは、au・ドコモ・ソフトバンクが独自のドメインでメールサービスを提供しているものです。インターネット上の住所と呼ばれ、「@docomo.co.jp」「@ezweb.ne.jp」「@softbank.jp」がキャリアメールです。

キャリアメールを格安SIMに乗り換えても継続して利用したい方も多いと思いますが、格安SIMに乗り換えるとキャリアメールは使えなくなります。キャリアメールの代わりに、ヤフーメールやgmailなどのフリーメールを使ってメールを行わなくてはいけません。

友人や家族とキャリアメールで連絡取り合っている方は、キャリアメールが使えなくなる前にキャリアメールが使えなくなることを知らせておかなくてはいけません。急に連絡が帰ってこない時に、友人や家族を心配させないように気を付けましょう。

LINEモバイルとY!mobile以外は年齢認証ができないためID検索ができなくなる

LINEの便利な機能の1つに、「ID検索」があります。ID検索は、IDを入力するだけでLINEで友達を探すことができます。格安SIMに変えてからLINEのID検索ができなくて、「なんでID検索ができないのか」理由が分からない方も沢山います。

格安SIMに変えてからID検索ができない理由は、年齢認証が行われていないためです。例外としてLINEモバイルとY!mobileは年齢認証が行えますが、他の格安SIMでは年齢認証が行えないのでLINEのID検索ができないのです。

格安SIMで端末セットを購入して乗り換える場合

乗り換える前にLINE引き継ぎの準備をしよう

LINEには沢山の友達やグループがあるので、情報を消したくない方がほとんどだ思います。新しくアカウントを作成するのは簡単ですが、LINEの引継ぎは新規アカウント作成と異なり複雑なので注意が必要です。

引継ぎが上手くいかないと、今までのLINEのデータを失ってしまう可能性もあります。LINEのデータを引き継ぐためにも、格安SIMに乗り換える前に引継ぎの準備をしっかりとすることが重要です。

LINEの登録メールアドレスとパスワードを確認・設定する

格安SIMに乗り換える前に、LINEに登録してあるメールアドレスとパスワードを「設定情報」から必ず確認をします。電話番号やメールアドレスは、最新のものに更新する必要もあります。

パスワードは忘れてしまう場合も多いので、メモに記載しておくと良いです。

トーク履歴をバックアップする

LINEのアカウント引継ぎができても、トーク履歴はアカウントの引継ぎだけでは履歴を残すことができません。アカウントの引継ぎをすれば、トーク履歴も引き継がれると思っている方は気を付けましょう。

ではトーク履歴はどうすれば残すことができるのかと言うと、バックアップを取ると残すことが可能です。GoogleドライブやiCloudに、LINEのトーク履歴をバックアップしておくと一括でトーク履歴を移し替えることができるので安心してください。

新しいスマホで引き継ぎが完了すると古いスマホはLINEにアクセスできなくなるため準備は確実に

一度新しいスマホで引継ぎが完了した場合、古いスマホはLINEにアクセスできなくなるので準備を正確に行うことが大切です。準備が正しく行われていないと、これまでのLINEのデータが引き継がれなくてなります。

少し手間がかかりますが、LINEには重要なデータが沢山入っていると思うので確実に準備を行うと後から後悔しません。

年齢認証、ID検索ができる格安SIM

LINEモバイル:LINE, Twitter, Instagram, Facebookが使い放題

LINEモバイル

 

LINEモバイルには、「データフリー」というサービスがあり、LINE・Twitter・Instagram・Facebookをデータ通信量に関係なく使い放題できます。対象サービスを利用する際に、データ通信量を消費しないため使い放題ということになります。

万が一データ通信量を使い切ってしまった場合でも、データフリーの対象サービスの通信速度が落ちることはありません。

通信制限に引っかかってしまうと、画像の読み込みが遅れたり動画を再生できないことがあります。連絡を取る際にも、通信制限に引っかかってしまっている時には、連絡を取るのも遅くなるので連絡相手にも迷惑をかけてしまいます。

LINEモバイルのデータフリーなら、常にSNSを快適に利用できるので今までのストレスを無くすことが可能です。またデータフリーを利用することで、データ通信量を30%も節約できると言われています。

SIMロック解除不要でそのままスマホを利用できる

LINEモバイルは、au・ドコモ・ソフトバンクの3回線を利用しています。そのため現在利用されているスマホをそのままLINEモバイルに乗り換えることができるので、SIMロック解除や電話番号を変更するといった手間を省くことが可能です。

また選べる端末を多いので、端末に関してこだわりがある方にもおすすめできます。初めて格安SIMを利用することを検討されている方には、LINEモバイルは非常に使いやすいと思います。

Y!mobile:ソフトバンクのサブブランドで通信速度が速い

プラン名月額料金通話
プランS
(3GB)
~6ヶ月目:1,980円
7ヶ月目~:2,680円
1回10分の通話が
回数無制限で無料
プランM
(9GB)
~6ヶ月目:2,980円
7ヶ月目~:3,680円
1回10分の通話が
回数無制限で無料
プランR
(14GB)
~6ヶ月目:3,980円
7ヶ月目~:4,680円
1回10分の通話が
回数無制限で無料

Y!mobileと他社の格安SIMには、大きな違いがあります。それは他社の格安SIMは自社の回線を利用していないのに対して、Y!mobileは自社の回線を利用しているということです。

格安SIMは基本的にau・ドコモ・ソフトバンクといった大手キャリアから回線を借りてサービスを提供しています。しかしY!mobileに関しては、ソフトバンクの自社回線を使っているので通信速度が安定しています。

格安SIMは、「通信速度が遅い」とイメージを持たれている方もいると思いますが、Y!mobileは大手キャリアと同じように快適にスマホを利用できるのです。

全国に4,000店舗以上の取扱店舗がある

格安SIMは店舗を持たない会社が多く、何か相談したい時にはメールや電話での相談のみでの対応をしている会社がほとんどです。Y!mobileは他社と異なり、全国に店舗を構えているため直接相談をすることができます。

ショッピングモールの中にも店舗があるので、家族での買い物ついでにも立ち寄ることが可能です。Y!mobileについて少しでも興味がある方は、お近くの店舗に行って相談してみるのもおすすめです。

まとめ

今回は、乗り換え後はキャリアメールが利用できないことや、LINEモバイルとY!mobileの特徴についてご紹介しました。これから格安SIMへの乗り換えを検討されている方は、この記事を参考にLINEの引継ぎをおこなってください。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

最大2ヶ月 0円キャンペーン中
 
 
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル