1度見始めると、ついつい続けて見てしまうYouTubeは、大人も子供も関係なくハマってしまうコンテンツですよね。

ですが、データ量が気になるからと「外では長時間視聴しないようにしている」「自宅でWi-Fiに繋いでから見る」と制限のある中で使っている方もいます。

実は格安SIMには、YouTubeが使い放題になるというお得なサービスがあります。格安SIMに切り替えて月額料金も安くなる上に、YouTubeをいくら見てもデータ量に影響なしです。

どの格安SIMを選べば、そのようなお得な使い方ができるのでしょうか?気になる格安SIMのサービスについてまとめてみました。

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

YouTubeなどが使い放題になる格安SIMのカウントフリー機能

格安SIMのカウントフリー機能の概要

格安SIMで目にする「カウントフリー」とは、特定のアプリやコンテンツを利用する際に発生するデータ通信量をゼロとする仕組みを言います。

例えばLINEなんかでメッセージを送る際、私達は通信量などはあまり気にせずやりとりをしていますが、カウントフリーがあればいくらメッセージを送っても実質無料、送り放題というわけです。

通信量の契約はGB単位でプランが設定されていますが、1GBでどれくらいLINEのコンテンツが利用できるのかというと、「トーク送信約50万回」「音声通話約2,000分」「ビデオ通話約200分」「画像送信約500回」が目安です。

トークによる通信量の消費は微々たるものですが、データ消費の激しい通話を多用すると、一気に契約のデータ量が消費されてしまうことが分かりますね。

一般的な電話は発信する側が料金を支払い、受信する側は無料となりますが、LINEの通話はお互いが通信を必要とするため双方に負担が発生します。

先ほどカウントフリーがあればメッセージを送り放題と説明しましたが、それだけではなく、通話もし放題ということです。

よって、カウントフリーをうまく使いこなすことによって通信量を節約することができる、契約のプランのGBを下げることができると一石二鳥でお得になるのです。

カウントフリーになるアプリは格安SIMによって違う

カウントフリー対象になるアプリは格安SIMで共通して決まっているわけではないので、会社ごとの特色を見極める必要があります。

また、契約するプランによってカウントフリー対象になるアプリが変わってくることもあるので、契約内容にも注意したいところです。

主要な格安SIMにおけるカウントフリー対象アプリを下記にまとめましたので、是非参考にしてみてください。

LINEモバイルのカウントフリー対象アプリ

    LINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSIC(LINE MUSICはMUSIC+を契約していることが必須)

BIGLOBEモバイルのカウントフリー対象アプリ

    YouTube、AbemaTV、U-NEXT、Facebook Messenger、Google Play Music、Apple Music、Spotify、dブック、dヒッツマガジン等

OCNモバイルONEのカウントフリー対象アプリ

    ひかりTVミュージック、LINE MUSIC、amazon music、AWA、Google Play Music、Spotify等

SNS系のアプリがカウントフリーになる格安SIMと、音楽・動画系のアプリがカウントフリーになる格安SIMの2種類に大別されます。

ちなみにDMMモバイルも「SNSフリー」というオプションをつけることでTwitterやFacebookなどが使い放題になりますが、オプションなので別途250円かかる点、そしてSNSフリーをつけると回線速度が大幅に落ちるため今回は比較の対象外としています。

ですから、SNSを頻繁に利用する人はLINEモバイルやDMMモバイルを、通勤・通学途中に音楽を聴くという人はBIGLOBEモバイルやOCNモバイルONEを選べば良いという検討を付けることができます。

よく使うアプリがカウントフリーになると、通信量をより低いプランで契約することができるので、月額料金の節約に繋がります。

また、通信量のプランは変えないで契約を続けると、余ったパケット分を翌月に繰り越すことも可能になりますし、今まで利用できなかった他のアプリを使える等新たな楽しみが生まれるかもしれません。

カウントフリーになるアプリは日々増えていきますので、今はカウントフリー対象外でも今後カウントフリーに含まれる可能性もゼロではありません。

同じような月額料金の格安SIMはたくさんありますが、カウントフリーができる格安SIMは限られるので、よく使うアプリの系統を踏まえ、どの格安SIMを選ぶかを決めてみてください。

YouTubeなど映像系コンテンツがカウントフリーの格安SIM

BIGLOBEモバイル

【BIGLOBEモバイル】初期費用0円+値引き特典(~9/30)
プラン
音声SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
タイプD
タイプA
タイプD
タイプA
タイプD
1GB1,400円--
3GB1,600円1,020円900円
6GB2,150円1,570円1,450円
12GB3,400円2,820円2,700円
20GB5,200円4,620円4,500円
30GB7,450円6,870円6,750円
タイプD=ドコモ回線 タイプA=au回線
エンタメフリー・オプション
音声SIMの場合:490円/月 データSIMの場合:980円/月

データ消費ゼロで使い放題のアプリ
YouTubeAbemaTVU-NEXTYouTube Kids
Google Play MusicYouTube MusicApple MusicSpotify
AWAAmazon MusicLINE MUSICradiko.jp
らじる★らじるdヒッツRecMusicdマガジン
dブックFacebook Messenger

映像系のアプリやコンテンツをお得に楽しみたいのであれば、「エンタメフリー・オプション」サービスがあるBIGLOBEモバイルがおすすめです。

「エンタメフリー・オプション」に加入すると、YouTubeやAbemaTVといった有名な映像系コンテンツを、いつでも、好きなだけ楽しむことができるからです。

暇があればついつい見てしまうYouTubeも視聴だけならデータ使用量はゼロのまま、配信やアップロード等はカウントフリーの対象外になるものの大手キャリアよりお得になることは明らかです。

おまけにBIGLOBEのキャンペーン期間中に「エンタメフリー・オプション」に加入すると、契約直後の数ヶ月間を0円で利用することもできます。

キャンペーンは予告なく終わることもありますので、得するキャンペーンの時期や内容を確認の上、ここぞというタイミングでぜひとも加入しておきたい格安SIMの1つです。

 

TwitterやInstagramなどSNSがカウントフリーの格安SIM

LINEモバイル

LINEモバイル

 

人気アプリLINEの関連会社であるLINEモバイルは、LINEのトーク送受信、通話等の一部機能に関して通信量をゼロにしてくれる格安SIMです。

LINEは友人同士の会話だけではなく、ビジネスの場でのコミュニケーションツールであったり、イベントの出席、割り勘の計算等日常のあらゆる場面で役に立っています。

LINEをよく使う人がLINEモバイルに切り替えると、通信量を気にしなくて良いだけではなく、仮に通信量が上限に達して速度制限になっても、対象のサービスは引き続き高速通信できるのが魅力です。

とはいえ、LINE特有の操作に関して通信量はかからないものの、LINEに掲載されているリンクからニュース等の別のサイトに遷移したような場合は、通信量が発生します。

LINEを経由したサービス全てがカウントフリーになるわけでもありませんし、LINE Pay等の機能も使っていただけるのは有り難いですが、カウントフリーとは無関係です。

LINEだけではなく、それ以外のSNSの利用に関しても基本的な操作についてはカウントフリーになるLINEモバイル、こちらはオンラインでも店舗でも切り替え受付が可能になっています。

 

まとめ

以上、カウントフリーについてまとめてみました。データフリーという呼び方をしている格安SIMもありますが、内容はほぼ同じです。

格安SIMの月額料金は大手キャリアの半分以下くらいまで節約できるので、ちょっとでも安いプランを見ると「これに決めた!」と思うかもしれません。

ですが、見比べるべきは月額料金だけではなく、切り替えを検討している格安SIMの特徴です。パンフレットに「カウントフリー」「データフリー」等の文字が含まれていないか是非チェックしてくださいね。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

最大16,720円割引キャンペーン中
 
 
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル