スマホの料金が圧倒的になる格安SIMの利用者が年々増えています。

しかし、格安SIMの大きなデメリットの1つに「LINEの年齢認証ができない」というものがあります。

LINEの年齢認証ができないと何が困るのかと言うと、「ID検索」「電話番号検索」の2つが使えなくなります。

大手キャリアなら年齢認証は簡単にできますし、格安SIMでもLINE自体は問題なく使えるので、年齢認証ができないというのは格安SIMに変えた後に気づくという人が多いです。

ID検索と電話番号検索は普段から多様する機能ではないとは言え、やはりないと困る場面が出てくるのも事実です。

そんな格安SIMのLINE年齢認証ですが、実はある方法を使えば突破することができます。

今回は格安SIMでLINEの年齢認証を行う方法、回避策、代替案などについてまとめて行きます!

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイルの今月のキャンペーン情報

 

LINEの年齢認証はなぜ存在する?

そもそもなぜ年齢認証をする必要があるのか疑問に思う人もいると思いますので、サクッと説明しておきます。

LINEでは、利用規約で見知らぬ異性との出会いを目的とする利用を禁止していますが、非公認の掲示板などの誰でも利用することができるウェブサイトやアプリにLINEのIDを公開し合って、見知らぬ人とLINEで友だちになるケースがあります。このような利用は、思わぬトラブルに発展する可能性もあります。

そこで、青少年のLINEユーザーの皆さんをトラブルから未然に守るため、KDDI・NTTドコモ・ソフトバンクモバイルと協力し、18歳未満の方はLINEのID設定およびID検索を利用することができないよう部分的な機能制限を実施します。

上記はLINEの公式ブログに記載されている文章です。要するに、18歳未満の子がネット上でトラブルに巻き込まれないようにするための措置ということですね。

格安SIMで年齢認証を行うための準備

「格安SIMでも契約時に年齢を入力してるじゃん」と思うかもしれませんが、基本的に格安SIMはLINEと連携を行っていませんので、格安SIM側に年齢情報があってもLINEにその情報を送る手段がありません。

それ故、格安SIM自体では年齢認証ができないのです。

しかし逆に考えれば、格安SIM以外のところからなら年齢認証は突破できるということでもあります。

というわけで格安SIMでもLINE年齢認証を行う方法は以下の3通り。

1.大手キャリア契約時のサポートアカウントを利用する

これは意外と知られていない方法で、やり方としてもホワイトです。

LINE年齢認証に必要なのは以下の2つ。

・大手キャリアのSIMカード
・そのキャリアのサポートアカウント

LINEの年齢認証は、契約中か解約済みかは関係なくスマホに挿入されているSIMカードがどこのキャリアのものかで手続きが変わります。

例えばドコモのSIMカードでLINE年齢認証の手続きをしようとすると、自動的にドコモのサポートアカウントのログインを求めるページに遷移します。

ここでログインすることができれば、年齢認証は突破できるわけです。

しかし、SIMカードは解約後も手元に残っても、キャリアのサポートアカウントは解約後は使えなくなってしまうと思いがちですよね。

実は大手キャリアのアカウントは解約した後も使用することができます。

利用方法や使える期間はキャリアによって違いますので、それぞれ解説していきます。まずは大手キャリアのサポートアカウントを使える状態にしましょう。

>> ドコモの場合
>> auの場合
>> ソフトバンクの場合

LINE年齢認証の手順は後述します。

ドコモの場合

解約日から200日以内ならネット上でdアカウントの継続利用手続きを行うことができます。もし200日を過ぎてしまっている場合はドコモショップでの手続きが必要になります。

dアカウントのIDはドコモのキャリアメールアドレス (XXXXX@docomo.ne.jp)に設定している人が多いですが、解約前に手動で別のメールアドレスに変えておくことをお勧めします。

もう解約済みでIDが使えないという場合は以下に変わっている可能性がありますので試してみて下さい。

手続きはスマホ、PCどちらからでも可能です。

dアカウントからログインを行うと継続利用手続きの画面に切り替わるので、メールアドレスを入力して次へ進みます。

入力したメールアドレス宛にワンタイムキーが届くので、そちらを入力して「手続きを完了する」をクリックすれば完了です。

auの場合

auの場合は特に手続きをしなくてもau IDの利用が可能です。ただし、利用できるのは解約してから6ヶ月以内です。

また、au IDを電話番号のままにしていた場合はIDが自動的に変わるため、解約前に手動で変更しておくことをオススメします。

既に解約済みでIDが電話番号のままだったという場合は、電話番号に解約日を追加することで利用できます。

ソフトバンクの場合

ソフトバンクの場合は特に手続きをしなくてもMy Softbankの利用が可能です。ただし、解約から3ヶ月経過後は利用ができなくなるので注意して下さい。

2.他人に大手キャリアのSIMカードを借りる

1番の方法が使えない場合、友達などに契約中の大手キャリアのSIMカードを借りるという方法もあります。

キャリアはドコモ、au、ソフトバンクどれでも大丈夫です。一時的に自分のスマホのSIMカードと挿し替えて、友達に年齢認証→ログインの手順を行ってもらいましょう。

LINEの年齢認証は一度完了してしまえば、LINEアプリを消去しない限りずっと有効です。

他の人の情報で年齢認証を完了しても、自分のLINEの情報に何か影響があるということは特にありませんし、LINEアカウントが停止されるということもありません。

ただ、人によっては自分の情報で認証してないことに後ろめたさを感じるかもしれませんので、この方法を使うかどうかはあなた次第で。

3.LINEモバイルを利用する

この方法が一番手っ取り早いです。

LINEモバイルはLINE社が提供する格安SIMのため、唯一格安SIMの中でもLINEの年齢認証を行うことができます。

実際にLINEで年齢認証の手続きを進めてみると分かるのですが、選択肢に「LINEモバイルをご契約の方」という項目があります。

こちらを選択して手続きを進めれば、大手キャリアと同様に年齢認証を完了させることが可能です。

LINE年齢認証の手順

LINEアプリを起動して以下の手順を行って下さい。

まとめ

格安SIMでLINEの年齢認証を行う方法について解説しました。

大手キャリア解約後も年齢認証ができるというのは意外と知らなかったのではないでしょうか?

友だち追加をする方法はID検索と電話番号検索以外にもいろいろありますが、使えるようにしておくと何かと便利です。

今回お話した方法の中でも、LINEモバイルは料金が安い上に通信速度も格安SIMの中では速い方、そしてLINE, Twitter, Instagra, Facebookの4大SNSが使い放題ということが使い勝手が良いのでお勧めです。

もしあなたが「LINEモバイルは気になってるけど、いきなりメイン回線を切り替えるのは不安だな…」という場合は、一度LINEモバイルをお試ししてみるのはいかがでしょうか?

この方法なら、LINEモバイルは自分の環境でちゃんと電波が入るのかどうか、通信速度は快適なレベルなのかを確認できるため、本当に乗り換えをしても大丈夫かじっくり検討できます。

 

1月31日までに申込で3ヶ月×1,390円割引