今は、子供でも携帯電話やスマートフォンを持っている時代です。学習塾や習い事など、夜まで行っている場所に行くのでしたら、必須といっても良い時代です。

携帯電話やスマホは、なにかあった時の連絡手段、GPS機能など、子供の安全を守るための機能が搭載されている一方で、夜中まで友達と連絡を取り合う、スマホでゲームばかりしてしまう、スマホから悪いことに巻き込まれるなど、心配な点もあります。

スマホや携帯電話のメリットを考えたら、子供にスマホをもたせたいけど、どうやって持たせるのが良いの?や、子供に持たせるのだから機能を絞り、できるだけ安い料金で利用してもらいたいと考える人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、子供におすすめの格安SIM、ドコモのキッズ携帯との比較や、子供に持たせるスマホの選び方を紹介していきます。

 

\当サイトおすすめ格安SIMはこちら/
LINEモバイル

 

ドコモのキッズ携帯を格安SIMで利用する場合の注意点

格安SIM側で動作確認はされていないため正常動作の保証はない

一般的には、ドコモで購入したスマートフォンやiPhoneは、ドコモ系の格安SIMで利用することができます。理由は、格安SIMは大手キャリアのネットワーク回線を間借りしているからです。

一方、Docomoで販売されているキッズ携帯は、通話機能の他に、さまざまな子供向けの機能が搭載されています。例えば防犯ブザーやGPS機能などです。そのため、通常のスマートフォンとは違い、格安SIM側では動作確認がされていません。

そのため、キッズ携帯を格安SIMで利用するのでしたら、正常動作の保証がないという前提で利用する必要があります。

大手キャリアと違って家族同士の通話でも無料にならない

キッズ携帯の機能の1つに、家族同士の通話が無料になるサービスが提供されているのですが、格安SIMでは家族同士の通話が無料になりません。キッズ携帯で通話をする場合は、格安SIMの通話料金がかかりますので注意してください。

キッズ携帯の居場所検索やセコムの駆けつけサービスなどは利用できない

GPS機能を使った居場所検索や、セコムの駆けつけサービスなども、ドコモサービスとなりますので、残念ながら格安SIMでは使えません。ドコモのキッズ携帯を格安SIMで利用するのでしたら、このような制約があることを理解した上で使わないとなりません。

格安SIMではキッズ携帯の端末本体は販売していない

ドコモのキッズ携帯は動作確認がされていないのと同様、キッズ携帯は格安SIM会社では販売していません。理由は通話機能の他に、子供を守るための機能が数多く搭載されているものの、格安SIMではほとんどの機能が利用できないからです。

「キッズ携帯」を利用するのでしたら、ドコモのキャリアで契約して利用することがおすすめです。

格安SIMで子供向けに携帯電話を契約する場合のおすすめの方法

自宅に余っているスマホを利用すれば端末購入の必要もなく安く済む

子供に携帯電話やスマホをもたせることを検討するのでしたら、「キッズ携帯」ではなく大人が利用しているスマートフォンを利用することがおすすめです。

子供向けに利用するのでしたら、電話やインターネットサーフィン、子ども用アプリが動作すれば良いのですから、ゲームなど最新の機能が搭載されている必要はありません。そのため、子供用には自宅に余っているスマホ、いわば型落ちスマホで充分なのです。

家族間でしか通話しないのであれば音声通話SIMではなくデータSIMでOK

もう1つ重要な点として、家族など一部の人としか通話しないのでしたら、電話番号がいりません。LINEやFacebook Messengerなどのアプリを使えば音声通話できます。

LINEなどのアプリが利用できない場所に連絡する必要があるのでしたら音声通話SIMが必須ですが、子供が電話番号に連絡するケースはあまりありませんから、データSIMで問題ありません。

「i-フィルター」などのフィルタリングアプリを使えば様々な利用制限がかけられる

ほとんどのドコモのキッズ携帯では、ネットサーフィンをするためのブラウザなどがありませんが、スマートフォンではインターネットはもちろんできます。また、アプリなども、基本的には好き放題ダウンロードができます。

とはいえ、子供は安全性などが分からないまま利用してしまいますから、危険な利用は避けたいです。そこで、「i-フィルター」などのフィルタリングアプリを利用することで、様々な利用制限をかけることができます。

i-フィルターでは、有害サイトのブロックや警告機能はもちろんのこと、近くにいなくてもスマートフォンの利用状況が確認できます。「i-フィルター」は日本PTA全国協議会が推薦している製品ですから、安心して使えます。

フィルタリングアプリを使う場合は制限できる機能が多いAndroidスマホがおすすめ

i-フィルターなどのフィルタリングアプリを使う場合は、iPhoneよりもAndroidスマホがおすすめです。Androidスマホをおすすめする理由は、iPhoneよりも多くの機能が制限できるからです。

一般的には、iPhoneよりもAndroidスマホのカスタマイズ性が高く、フィルタリングアプリも同様で、Androidスマホの方が機能豊富です。そのため、子供にスマホをもたせるのでしたら、Androidスマホがおすすめです。

加えてAndroidスマホの方が価格面では安いのですから、子供用のスマホならAndroidスマホがおすすめできます。

子供向けにスマホを契約するのにおすすめ!「i-フィルター」に加入できる格安SIM

【LINEモバイル】i-フィルターが無料、LINE使い放題で月額600円

LINEモバイル

 

子供向けにスマホ契約するのにおすすめの格安SIMを紹介します。はじめにLINEモバイルを紹介します。LINEモバイルは、LINE社が提供している格安SIMです。LINEモバイルは料金が安く、オプションサービスが充実しています。

その中でもフィルタリングサービス「i-フィルター」を無償で提供していますので、子供向けにおすすめできる格安SIMです。

LINEモバイルで利用可能なi-フィルターの機能は主に4つあります。1つ目の機能は有害なホームページのブロック機能です。誤って有害なホームページにアクセスしようとしても、フィルタリング機能でブロックできます。

次に、子供が利用するスマートフォンの利用時間を設定できます。管理者ページにアクセスし、利用時間を設定すると、「i-フィルター」がインストールされた携帯電話の利用が制限されます。

子供が利用するスマートフォンのアプリや検索履歴のチェック、利用者の居場所を確認する機能もあります。これらの機能がすべて無料で提供しています。

また、LINEモバイルなら、LINEアプリが高速通信で使い放題ですから、電話番号がなくても問題ありません。子供向けスマートフォンを利用するなら、LINEモバイルが一番おすすめです。

【BIGLOBEモバイル】月額900円、YouTubeなどが使い放題になるオプションもあり

【BIGLOBEモバイル】初期費用0円+値引き特典(~9/30)
プラン
音声SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
タイプD
タイプA
タイプD
タイプA
タイプD
1GB1,400円--
3GB1,600円1,020円900円
6GB2,150円1,570円1,450円
12GB3,400円2,820円2,700円
20GB5,200円4,620円4,500円
30GB7,450円6,870円6,750円
タイプD=ドコモ回線 タイプA=au回線
エンタメフリー・オプション
音声SIMの場合:490円/月 データSIMの場合:980円/月

データ消費ゼロで使い放題のアプリ
YouTubeAbemaTVU-NEXTYouTube Kids
Google Play MusicYouTube MusicApple MusicSpotify
AWAAmazon MusicLINE MUSICradiko.jp
らじる★らじるdヒッツRecMusicdマガジン
dブックFacebook Messenger

子供向けにおすすめできるもう1つの格安SIMが、BIGLOBEモバイルです。BIGLOBEモバイルでは「i-フィルター for Android」が月額200円で利用できます。

BIGLOBEモバイルの「i-フィルター for Android」の機能は、LINEモバイルの「i-フィルター」とほとんど一緒の機能が使えます。注意点としては、iPhoneには対応していませんので注意してください。

BIGLOBEモバイルの特徴は、エンタメフリー・オプションです。YouTubeやAbema TVといった動画サイト、Google Play MusicやYouTube Musicなどの音楽などが、いつでも高速通信で利用できます。

今や子供に大人気で、将来なりたい職業にYouTuberがランキングされるほどのYouTubeがどこでも高速通信で閲覧できるので、高速データ通信を使いすぎても問題ありません。YouTube好きな子供にスマートフォンをもたせるのでしたら、BIGLOBEモバイルもおすすめです。

まとめ

キッズ携帯の格安SIM利用と、子供向けにおすすめできるスマホについて紹介しました。子供に携帯電話をもたせる時のポイントは3点です。

  • ドコモのキッズ携帯は格安SIMでは動作保証外
  • 子供スマホをもたせるならAndroidスマホがおすすめ
  • 格安SIMのフィルタリングサービスを利用して有害ページをブロック

子供に持たせるスマホでも、「i-フィルター」などのフィルタリングサービスを活用することで、キッズ携帯と同じようなサービスが利用できます。

また、格安SIMサービスを利用することで、大手キャリアのキッズ携帯よりも安い価格で契約することができますから、子供にスマホを持たせたいけど、料金も節約したいのでしたら、フィルタリングサービスをうまく使って節約していきましょう。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

3ヶ月間 980円値引きキャンペーン中
 
 
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル