どこでもWi-Fiが使いたくてモバイルのWi-Fiルーター(ポケットWi-Fi、モバイルWi-Fi)を持ちたいと考えている人は多いと思います。

でも、モバイルWi-Fiは普通に契約したら3,000円~4,000円程度かかってしまいますので、負担も大きく敬遠している人も少なくないでしょう。

しかし、LINEモバイルなら月額500円からモバイルWi-Fiを使うことが出来てしまいます。しかも格安SIMの中でも通信速度は早い方ですので、WiMAXやその他のモバイルWi-Fiを普通に契約するよりもオススメの方法です。

今回は、LINEモバイルでモバイルWi-Fiを格安で使う方法について解説していきます!

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/

 

LINEモバイルでモバイルWi-Fiを持つのがオススメの理由

一般的なモバイルWi-Fiと比べて圧倒的に安い

LINEモバイルなら毎月500円からモバイルWi-Fiが使えてしまいます。

一般的なモバイルWi-Fiは5GBで3,000円程度ですので、同じ容量の5GBを選んだとしてもおよそ半額の1,640円で使えてしまいます。

LINE、Twitter、Facebook、InstgramなどのSNSが使い放題

スマホやモバイルWi-Fiは、契約しているデータ容量の上限を超えてしまうと通信速度の制限がかかってしまい、速度が大幅に遅くなってしまいます。

しかし、LINEモバイルの場合はSNSが使い放題となっていて、対象のSNSを使った場合にデータ通信量のカウントがされないという大きなメリットがあります。

1GBの場合はLINEのみ、3GB~10GBの場合はLINE、Twitter、Facebook、Instagramの4つが使い放題です。しかも、もし他のコンテンツを使いすぎて速度制限がかかってしまった後も、該当SNSに関しては速度制限の影響を受けることなく使い続けることができます。

TwitterやInstagramは画像や動画の多いコンテンツなので、何気なく使っているだけでもかなり通信量がかかってしまいます。通信量を気にせずにこれらのSNSが使えるのはもちろん、浮いた通信量をネット検索やゲーム、Youtubeなど他のコンテンツにまわすことができるのも嬉しいですね。

格安SIMの中でも通信速度が早い

現在、格安SIMを提供しているキャリアは20社ありますが、その中でもLINEモバイルの通信速度はかなり快適です。

回線が混み合うお昼の時間帯などは速度が落ちる可能性はありますが、これはLINEモバイルに限らず格安SIM全体に言えることです。お昼の時間帯でも他と比べると速度が出ますし、その他の時間帯はかなり早い方です。

以下は管理人が実際にLINEモバイルを購入して計測した通信速度です。WiMAXなどでも20~30Mbps出れば御の字と言ったところなので、それに比べればかなり早いことがわかります。

7時~8時

7~8時の通信速度

 

10時~11時

10~11時の通信速度

 

12時~13時

12~13時の通信速度

 

16時~17時

16~17時の通信速度

 

20時~21時

20~21時の通信速度

速度制限後の速度が比較的早い

先ほどもお話しましたが、データ容量を超えると通信速度の制限がかかってしまいます。一般的なモバイルWi-Fiの場合、速度制限後は128Kbpsという速度になってしまうため、ネット検索すらしんどくなるほど遅くなってしまいます。

LINEモバイルの場合、速度制限後の速度は200kbps。しかも実際の速度は300Kbps~500Kbps出ることもあり、動画や重たいゲーム以外のコンテンツであれば比較的快適に使えます。

3日間の通信速度制限がない

大手キャリアやほとんどの格安SIMは、3日間でデータ通信をたくさん使いすぎると、毎月のデータ容量の上限を超えた場合とは別に速度制限がかかってしまいます。3日間の上限はキャリアによって異なりますが、例えば1日で一気にこの上限を超えてしまうと、向こう2日間は速度制限がかかった状態になってしまいます。

LINEモバイルの場合は3日間の速度制限がありません。週末の休みに動画をたくさん観るなど、通信量の使い方に偏りがある場合でも安心して使うことができます。

契約期間がないのでいつでも解約できる

WiMAXなど通常のモバイルWi-Fiの場合、基本的に2年契約の自動更新となっており、2年ごとの更新月以外で解約すると違約金が9,500円(税抜)がかかってしまいます。

LINEモバイルの場合、データ通信SIM(上で紹介した料金表のもの)を選択すれば契約期間はナシ。つまり、いつ解約しても違約金を取られることはありません。極端な話、契約したその月に解約することもできてしまいます。

2年もあればあなたの環境も色々変わることでしょうし、それに伴ってモバイルWi-Fiが必要なくなる可能性もあります。そんな時、LINEモバイルならいつでも解約することができるので、気兼ねなくモバイルWi-Fiを使い始めることができます。

通信エリアがドコモと同じなので電波が入りやすい

せっかくモバイルWi-Fiを持っていたとしても、電波が入らなければ意味がありません。モバイルWi-Fiの中にはWiMAXなど使い放題のタイプがありますが、それだけで選ぶと痛い目にあいます。

管理人は過去にWiMAXを使っていたことがありましたが、非常にエリアが狭い上に、地下や高層にはめっぽう弱く、せっかく契約したのに思うように使えない場面が多く後悔しました。

LINEモバイルの場合はドコモの電波を使用しているため、通信エリアは非常に広く快適に使うことができます。

LINEモバイルでモバイルWi-Fiを使う方法

Wi-Fiルーターを手に入れる

まずはLINEモバイルのSIMカードを使用するモバイルWi-Fiの本体を購入しましょう!

新品のWi-Fiルーターを購入する

購入経路はAmazonでOKです。Amazon内で「モバイルルーター」で検索すれば、SIMフリーのモバイルWi-Fiルーターがたくさん見つかります。

その中でも、いくつかオススメのものを紹介します。

Huawei:E5577S

Huawei SIMフリーモバイルwi-fiルーター E5577S ホワイト

1万円以下で買えるWi-Fiルーターですが、電池持ちも良く、評価も高いルーターです。

Huaweiという会社はスマホではあまり聞いたことないかもしれませんが、モバイルWi-Fiルーターではかなり前から機種を販売しています。ちなみにソフトバンクのポケットWi-Fiも、Wi-Fi機種が販売開始された3Gの頃からずっとこの会社のものです。

NEC:Aterm MR05LN

NECプラットフォームズ モバイルルーター Aterm MR05LN

通信速度は本体性能によっても変わります。Aterm MR05LNは3つの周波数帯を束ねて通信を高速化する技術に対応しているため、先ほど紹介したHuaweiのルーターより受信最大速度が非常に早いです。

価格としては少し高めになってしまいますが、快適な速度と電池持ちを求めるのであればこちらをオススメします。

中古で安く購入する

ルーター本体にお金をかけないためのもう1つの方法は、中古で購入することです。

ヤフオクなどを見てみると、安いものだと即決で2,000円~3,000円のものもあります。以下はヤフオクで「モバイルルーター」で検索してみた結果です。

購入の際の注意点としては、ドコモのルーター、もしくはSIMフリーのルーターを購入すること。安さだけで選んだけど、実際にSIMカードを差し込んでみたら対応していなくて使えなかった…なんてことのないようにして下さい。

スマホ関係はあまり詳しくないし、どれを選んだら良いかわからないという方は、この方法はオススメしません。

使わなくなったスマホをルーター代わりにする

「どれだけ長い期間使うかわからないから、新しい端末を購入するのはちょっと気が引ける」「短期で使いたいから、ルーター本体にお金をかけたくない」という場合もあると思います。Wi-Fiルーターを購入するのがためらわれる場合は、過去に使っていたスマホをルーター代わりに使うのもアリです。

その場合はいくつか注意点があるので、LINEモバイルで契約を行う前に必ずチェックしておきましょう。

テザリングに対応していること

大前提として、スマホがテザリングに対応していることが必須です。デザリングに対応していない機種の場合は、せっかくLINEモバイルを契約しても、本体のみでしか通信ができません。

ドコモ端末、またはSIMフリー端末であること

LINEモバイルはドコモの電波を使用しているため、ドコモのスマホ端末であれば何もしなくてもそのまま使えます。

au、ソフトバンクの機種に関してですが、iPhoneの場合はシリーズによってはSIMロック解除をすれば使用可能、Androidに関しては動作確認は取れていないためSIMロック解除をしても必ず使える保証はありません。

その他の元々SIMフリーという端末であれば、問題なく使うことができます。

LINEモバイルのデータSIMに申し込む

Wi-Fiルーター本体を入手したら、あとはLINEモバイルの公式ホームページから申し込むだけです。

 

また、申し込みの際にいくつか気をつけて欲しい部分があるので、必ず以下をチェックして下さい!

申し込みの際の注意点

音声通話SIMではなくデータSIMを選択すること

LINEモバイルにはSIMの契約タイプが2つ、データ通信のみが使えるデータSIMと、データ通信に加えて音声通話ができる音声通話SIMがあります。

Wi-Fiルーターでは通話はできないので、音声通話SIMを選んでも意味がありませんし、価格もデータ通信SIMの方が安くなっているので、くれぐれも間違えないようにしましょう。

Wi-Fiルーター本体に対応したSIMサイズを選択すること

SIMカードには標準SIM、microSIM、nanoSIMという3種類のSIMカードのサイズがあります。どのSIMカードに対応しているかは、Wi-Fiルーター本体によってそれぞれ異なります。

あなたが手に入れたルーターがどれに対応しているのかを必ず事前にチェックし、LINEモバイルで契約する際には正しいものを選択するようにして下さい。

 

まとめ

LINEモバイルでモバイルWi-Fiを格安で使う方法についてお伝えしました。

毎月500円から使うことができて、方法によっては本体も3000円程度で手に入る。しかも電波も入りやすい上に、いつでも自由に解約可能。そう考えると、WiMAXなどのルーターを契約するよりも遥かに便利で経済的です。

あなたもぜひLINEモバイルで快適なWi-Fi環境を手に入れて下さいね。

LINEモバイルのメリットや評判まとめ、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。