皆さんは、Y!mobileを知っていますか?テレビCMなどでも特徴的な猫が出てくることで有名なY!mobileですが、実はソフトバンクが運営をする格安SIMです。

Y!mobileには、他の格安SIMにはない強みや特徴が様々あります。今回はそんなY!mobileを様々な視点からご紹介していきたいと思います。

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

大手キャリアからY!mobile(ワイモバイル)に乗り換えるメリット

最安1,480円!月額料金が大幅に安くなる

プラン名月額料金通話
プランS
(3GB)
~6ヶ月目:1,980円
7ヶ月目~:2,680円
1回10分の通話が
回数無制限で無料
プランM
(9GB)
~6ヶ月目:2,980円
7ヶ月目~:3,680円
1回10分の通話が
回数無制限で無料
プランR
(14GB)
~6ヶ月目:3,980円
7ヶ月目~:4,680円
1回10分の通話が
回数無制限で無料

Y!mobileのいいところは圧倒的な安さです。大手キャリアと比較したときに月々の利用料が半分以下になることも多いです。

Y!mobileは、通常月額料金2680円から利用することが可能です。そこから最大月額4680円と大手キャリアに比べて圧倒的に安く利用できます。

しかし、Y!mobileでは、新規契約から6か月間は1980円で利用することができます。さらに、そこからおうち割セットか家族割引サービスを利用することで、1480円からの利用が可能です。

大手キャリアでは、平均的に1万円前後の料金がかかることも多いため、Y!mobileの月額料金は圧倒的に安く感じられます。

10分かけ放題も基本プランに含まれる

Y!mobileの特徴として、すべてのプランに10分かけ放題が付いています。これは、Y!mobileの大きな特徴であると言えます。

格安SIMでは、10分かけ放題プランはオプションなどで800円程度毎月かかることがほとんどです。

しかし、Y!mobileでは基本プランとして組み込まれており、少しでも通話をすることが多い方や通話をする機会がある人にはぜひ利用してほしい格安SIMです。

データ容量を使い切っても最大1Mbpsで使える(スマホベーシックプランM/R)

Y!mobileでは、データ容量を使い切っても最大1Mbpsの回線速度を利用することができます。これは、2020年7月1日以降から適用されます。

3種類の料金プランのうち、スマホベーシックプランMプランとRプランが対象です。最大1Mbps利用できるのは大手キャリアではなかなかありません。

大手キャリアの場合データ容量を使い切った場合は128bpsまで速度が低下し、最低限のインターネット利用のみしかできません。

しかし、データ容量を使い切ってもある程度インターネット利用をすることができる新プランはおすすめなプランです。

2年縛りがなく解約金はいつでも0円

Y!mobileは、2年の縛り期間がありません。そのため、いつでも解約金なしで解約をすることが可能です。

大手キャリアでも、2年縛りがない場合や解約金が1000円程度しかかかりません。しかし、これは2019年10月以降に契約した方のみです。

2019年10月以前に大手キャリアを契約している方は、約1万円近い解約料金がかかります。Y!mobileでは、縛りがない分いつでも乗り換えを行うことができます。

ソフトバンクのスマホならY!mobileでそのまま使える

ソフトバンクのスマホを利用している場合、Y!mobileに乗り換えを行ったとしてもそのままスマホを利用することができます。

そもそも、Y!mobileはソフトバンクが運営しており、回線ももちろんソフトバンクのみの提供です。

キャリアのスマホにはSIMロックがされており、そのキャリアの回線のみしか利用できないように制限がされています。

しかし、ソフトバンクと同じ回線を利用しているY!mobileであればSIMロックがかかっていても関係なく利用することができます。

Y!mobile(ワイモバイル)の特徴について

ソフトバンクのサブブランドで他の格安SIMよりも通信速度が高速

Y!mobileは、ソフトバンクのサブブランドという位置づけです。そのため、回線速度は他の格安SIMと比べると高速かつ安定しています。

格安SIMの中でも1、2を争うくらいの回線速度を出しています。安定感も抜群で、大手キャリアにも引けを取らなく回線速度と安定感を誇ります。

通常、格安SIMは大手キャリアの回線を間借りして運営をするため、昼頃や夕方などの利用者が多い時間帯は回線の速度が著しく低下します。

しかし、Y!mobileではそのような遅延はほとんどなく運営がされており、料金以上の価値を感じることができるでしょう。

2回線目以降は家族割引サービスで毎月500円割引

先ほど少しお話した通り、Y!mobileは2回線目以降で家族割引が適用されます。1回線につき500円ずつ月額料金から割引がされる計算です。

例えば、家族4人なら最初の1回線目に割引はありませんが、2回線目以降で月額500円ずつの割引が発生するため、トータルで毎月1500円の割引が発生します。

個人一人で利用するだけでなく、家族全員で利用することでY!mobileはより安く利用することができるため、家族で利用スマホを利用したい方にとってもおすすめです。

大手キャリアと同じく全国にショップがあるためサポートも安心

格安SIMのデメリットは、実店舗が少ないことです。そのため、トラブルなどが発生した場合にはネット上のみでの問い合わせが基本です。

しかし、大手キャリアと同じく、Y!mobileには実店舗が全国のいたるところにあり、ショップ店員から直接サポートを受けることができます。

また、家電量販店などに実店舗が多く存在しており、困ったときに家電量販店に行けば、高確率で実店舗があり、窓口にて直接サポートを受け付けてくれます。

新規契約からトラブル対応まですべて窓口での対応が可能な格安SIMはY!mobile以外にはほとんどなく、占有性の高い状態です。

iPhoneシリーズをセット購入することができる

Y!mobileでは、iPhoneをシリーズを新規購入時にセットで購入することができます。購入可能機種が少ないものの、iPhoneをセット購入をできるのはY!mobileのメリットの一つです。

取り扱い機種は、iPhone7とiPhone6sですが、実質販売を行っているのはiPhone7です。容量は32GBと128GBから選ぶことができます。また、カラーも4色から選ぶことができ、ブラック、シルバー、ゴールド、ローズゴールドから選ぶことができます。

iPhoneの価格もかなり安くで販売されており、32GBでは一括27,360円(分割1,140円/24回)で購入することができます。128GBの場合でも、一括38,160円(分割1,590円/24回)で購入をすることができます。端末の料金負担も大きくなく購入しやすいというメリットもあります。

例えば、新規契約の場合、iPhone7の容量32GBを購入し、料金プランをスマホベーシックプランMにし、端末支払い24回払いとしたとき、月額4,268円で利用することができます。

スマホの機種代も含めた料金で5000円以内からiPhoneを持てるのは格安SIMの強みであり、Y!mobileの大きな魅力と言えます。

ドコモ、auのスマホもSIMロック解除すれば使える(動作確認済み端末要チェック)

Y!mobileでは、ソフトバンクの回線を利用しているため、ソフトバンクから乗り換えた場合はスムーズにそのままスマホを利用することができます。しかし、ソフトバンク以外の大手キャリアであるドコモやauのスマホもSIMロックを解除しておくことで利用することが可能です。

SIMロック解除をする場合は、実店舗の窓口で行うか自分自身でオンラインから行うことで解除することができます。窓口でする場合は手数料が別途3000円程度かかるため、解除をする場合はオンラインで行うのがおすすめです。

また、解約してからのSIMロック解除はキャリアによってできない場合があります。そのため、解約前に行っておく必要があります。ソフトバンク以外のスマホを利用する場合の注意点として、動作確認済みの端末であるかどうかの確認は必要です。事前にしっかりと確認をしておいてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。Y!mobileでスマホを利用するメリットを少しは知っていただくことができましたか?様々な格安SIM会社がある中でY!mobileは上位クラスの人気とサービスを誇ります。

大手キャリアにも引けを取らない回線速度と安定性、そして格安SIMとしての圧倒的な料金の安さを売りにした会社はY!mobileだけです。ぜひご利用してみてください。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

最大2ヶ月 0円キャンペーン中
 
 
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル