Y!mobileという格安SIMをご存じでしょうか。テレビやネットCMなどがたくさん流れていることもあり、Y!mobileという言葉自体は聞いたことがある人も多いでしょう。

Y!mobileという言葉は聞いたことがあるけど、どんなサービスを展開しているか知らないという方や、Y!mobileは料金が安い代わりに品質が悪いのでは?と思う人はいませんか。そんな方には本記事をぜひ参考にしてください。

Y!mobileは、格安SIMの中でも非常にバランスがよく、これから格安SIMを検討したいと考えている方に非常におすすめです。Y!mobileのメリットや他の格安SIMとの違い、Y!mobileが格安SIMを検討している人におすすめできる理由を紹介します。

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

Y!mobile(ワイモバイル)と格安SIMの違いについて

格安SIMとは大手キャリアの回線を借りて運営しているMVNOである

Y!mobileと格安SIMの違いを紹介する前に、それぞれの特徴を紹介します。まずは格安SIMの特徴を紹介します。格安SIM会社の特徴は、自社で回線を持っておらず、大手キャリアの回線を借りして運営しています。

このような運営方法は、MVNOと言われることがあります。MVNOの意味とは、Mobile Virtual Network Operator の頭文字で、仮想移動体通信事業者という意味です。日本国内のMVNOは、Docomo 、au 、SoftBankのいずれかの大手キャリアの回線を利用しています。

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドで自社回線をもつMNOである

一方、Y!mobileは、ソフトバンクのサブブランドとして運用しています。Y!mobileはソフトバンク回線しか利用できませんが、その理由はソフトバンクの子会社だからです。

さらに、Y!mobileは元々イーモバイルという会社名で自社回線を持って運営していましたが、現在もその回線を利用しています。そのためY!mobileは自社回線を利用して運営している、いわばMNOの扱いなのです。

ちなみに、MNOは Mobile Network Operator の略で、移動体通信事業者という意味です。MNOの会社は自社回線を持っているので、MVNOから仮想(Virtual) が外れています。

ワイモバイルはMVNOではないが格安SIMに含まれることが多い

ワイモバイルと格安SIMの違いは自社回線を持っているかどうかの違いですが、一般的にはワイモバイルは格安SIMに含まれて紹介されることも多いです。

というのも、一般的な紹介記事では、MNO とMVNO で分けることは少なく、大手キャリアとそれ以外で分けることが多いからです。Docomo 、au 、SoftBank の3大キャリアを大手キャリアとし、それ以外の料金が安い会社はすべて格安SIMという分け方です。

Y!mobile(ワイモバイル)が他の格安SIMと違う点について

Y!mobileは自社回線運営のため通信速度が速い

Y!mobileは、SoftBankの子会社であることや、自社回線でを利用して会社を運営しているという点が他の格安SIMと違う点です。自社回線で運用しているため、Y!mobileは他の格安SIMと比べて通信速度が圧倒的に速く、お昼などでも速度が落ちづらいのが特徴です。

MVNOの項目で紹介しましたが、一般的な格安SIMは電話回線を大手キャリアから間借りして運用しています。回線を間借りするデメリットは、回線が混み合う時間帯は速度低下があることです。

電話回線は有限ですから、電話回線が混雑した場合には、自社でサービス契約しているユーザーを優先的に使わせようとします。そのため、一般的に電話回線の利用頻度が高くなりがちなお昼や夕方では、大手キャリアのユーザーが電話回線を優先的に利用します。

その結果、格安SIMが利用できる回線は少なくなります。回線は少なくなりますが、利用者数は増えるので、格安SIMユーザーの回線速度が遅くなります。その点、Y!mobileは自社回線ですから、他の格安SIMとは異なり混み合う時間帯も安定した通信速度で利用することができます。

通信速度を気にするなら、Y!mobileなら安心です。

基本プランに10分かけ放題が含まれる

プラン名月額料金通話
プランS
(3GB)
~6ヶ月目:1,980円
7ヶ月目~:2,680円
1回10分の通話が
回数無制限で無料
プランM
(9GB)
~6ヶ月目:2,980円
7ヶ月目~:3,680円
1回10分の通話が
回数無制限で無料
プランR
(14GB)
~6ヶ月目:3,980円
7ヶ月目~:4,680円
1回10分の通話が
回数無制限で無料

次に、通話サービスも他の格安SIMと比べて優遇されています。Y!mobile以外のほとんどの格安SIMでは、通話のかけ放題プランはオプションサービス、つまり別料金で提供されることがほとんどですが、Y!mobileは、基本プランを契約するだけでも10分かけ放題が含まれます。

Y!mobileが基本サービスで10分かけ放題が含まれる理由は、やはり自社回線だからです。自社回線で運用していて、他の格安SIM会社よりも自由なサービスを提供できますから、大手キャリアしか提供できないようなサービスも提供できるのです。

スマホベーシックプランM/Rは通信制限後も最大1Mbpsで使える(7月1日以降)

データ通信を使い切った後の速度もY!mobileなら速度が速いです。2020年7月以降にはなりますが、データ通信料を使い切り、いわゆる通信制限がかかったとしても、最大1Mbpsという速度で通信できます。

1Mbpsという速度は、通話やネットサーフィンはもちろん、YouTube などの動画サービスであっても、普通に見る限りは速度が遅くなったとは感じない程度の通信速度です。つまりは、実質的にデータ通信料が使い放題と言っても過言ではありません。

この特典が利用できるプランは、スマホベーシックプランのMとRです。これまでこのプランに契約していた人も、2020年7月以降に契約する方も対象です。スマホベーシックプランSでは利用できませんので注意してください。

2台目以降が毎月500円割引になる「家族割引サービス」がある

Y!mobileは、家族で複数回線を持っている場合、2回線目以降の契約で家族割引サービスで1回線あたり500円割引されます。割引は最大9回線まで適用され、同一契約者でも対象となります。

例えば、スマホベーシックプランMを3回線契約している場合は、1回線目は3,680円ですが、2回線目と3回線目の料金は、それぞれ3,180円となります。非常にお得なサービスですので、ぜひ活用しましょう。

Softbank光/Sofitbank Airと併用すると毎月500円割引になる「おうち割光セット」がある

家などで利用するインターネット回線がSoftBank光やSoftBank Air の場合は、おうち割光セットが適用される場合があります。この割引が適用される場合は、1回線で500円割引されます。

注意点は、家族割引サービスと併用はできず、どちらか片方のみが適用されることです。さすがに両方のいいとこどりはできないので、注意してください。

Y!mobileは全国に実店舗(専門ショップ)があるためサポートも安心

Y!mobileは、全国各地に実店舗を展開しています。他の格安SIM会社では、申込みはインターネットからの申込みが中心ですが、Y!mobileでしたら実際の店舗に足を運んで、店員さんと相談しながら契約できます。

初めて格安SIMを利用する人にとっては、使い勝手やサポートなどが不安になりがちですから、実店舗はありがたい存在です。大手キャリアなら専門ショップがたくさんありますが、格安SIMはサポートが弱い会社が多いですから、サポートを気にする方ならおすすめです。

まとめ

Y!mobileについてまとめました。Y!mobileのポイントは3つです。

  • Y!mobileは他の格安SIMと比べて通信速度が安定
  • Y!mobileは基本プランに10分かけ放題つき
  • Y!mobileなら実店舗で契約可能

Y!mobileの特徴を一言で表すと、SoftBank のサブブランドで提供していることから、いわば、大手キャリアと格安SIMのいいとこ取りをしているような格安SIMです。通信サービスは大手キャリア並のサービスを提供しつつ、料金は格安SIM並のサービスをしています。

料金は下げたいけど利用環境が悪くなるのが嫌な方なら、ぜひY!mobileを検討することをおすすめします。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

3ヶ月間 980円値引きキャンペーン中
 
 
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル