一昔前、格安SIMに乗り換えた時の弱点と言われていたのが、電話を使った通話です。スマートフォンが普及し、個人間の通話はLINEなどでできるようになり、以前よりも電話の頻度はさがりましたが、お店や会場、公共機関などではまだまだ電話で通話する必要がありました。

電話で通話をたくさんしたいなら、格安SIMよりも大手キャリアの方が優れていると思っている方はいませんか?それは過去の話です。

本記事では、格安SIMでも話し放題10分がある会社を紹介します。また、合わせてそれ以外の特徴やサービスも紹介いたします。電話で通話もしたいけど、携帯料金を下げたい方、必見です。

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

10分間話し放題・かけ放題がある格安SIM

nuroモバイル:10分かけ放題 800円/月

 回線
種類
データデータ
+SMS
データ
+音声
お試し
プラン
(0.2GB)
A500円650円1,200円
D300円450円1,000円
S500円-1,200円
Sプラン
(2GB)
A780円930円1,480円
D700円850円1,400円
S980円-1,680円
Mプラン
(7GB)
A2,100円2,250円2,800円
D1,500円1,650円2,200円
S2,100円-2,800円
Lプラン
(13GB)
A2,980円3,130円3,680円
D2,700円2,850円3,400円
S2,980円-3,680円
回線種類:A=au回線 D=ドコモ回線 S=ソフトバンク回線

nuroモバイルは、ソニー(ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社)が運営する格安SIMです。10分かけ放題はオプションサービスとして提供しており、月額800円で利用できます。扱っている回線はdocomo、au、SoftBankが利用できます。

nuroモバイルは、料金体系が分かりやすいことが特徴です。というのも、昔のnuroモバイルは、他社ではあまりおめにかかれない料金プランもありましたが、今はシンプルになりました。

docomoの音声通話プランは3種類あり、データ通信量2GB(Sプラン)で1,400円、データ通信量7GB(Mプラン)ですと2,250円、データ通信量13GB(Lプラン)の場合は3,400円です。いずれかのプランを契約した後、10分かけ放題オプションを契約すれば利用できます。

nuroモバイルの最大の特徴はシンプルな料金プランですが、数年前まで色々な料金プランを提供していたため、もしかすると今後も料金プランが変更になるかもしれません。その点を除けば、バランスの取れた格安SIMです。

BIGLOBEモバイル:10分かけ放題 830円/月(3分かけ放題 600円/月もあり)

【BIGLOBEモバイル】初期費用0円+値引き特典(~9/30)
プラン
音声SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
タイプD
タイプA
タイプD
タイプA
タイプD
1GB1,400円--
3GB1,600円1,020円900円
6GB2,150円1,570円1,450円
12GB3,400円2,820円2,700円
20GB5,200円4,620円4,500円
30GB7,450円6,870円6,750円
タイプD=ドコモ回線 タイプA=au回線
エンタメフリー・オプション
音声SIMの場合:490円/月 データSIMの場合:980円/月

データ消費ゼロで使い放題のアプリ
YouTubeAbemaTVU-NEXTYouTube Kids
Google Play MusicYouTube MusicApple MusicSpotify
AWAAmazon MusicLINE MUSICradiko.jp
らじる★らじるdヒッツRecMusicdマガジン
dブックFacebook Messenger

BIGLOBEモバイルのかけ放題プランは10分かけ放題オプションと3分かけ放題オプションの2種類があります。10分かけ放題は800円、3分かけ放題なら600円で利用できます。回線はDocomo回線のみ扱っていますので、auやSoftBankのスマートフォンを持っている場合は、SIMロック解除が必要です。

BIGLOBEモバイルの最大のセールスポイントは、エンタメフリー・オプションです。エンタメフリー・オプションサービスを契約すると、YouTubeやU-NNEXTなどの動画サービスや、Apple MusicやYouTube music、sportifyなどの音楽サービスをはじめ、ラジオサービスや一部の電子書籍サービスを利用するときはいつでも高速通信です。

動画や音楽が大好きで、いつでもどこでも動画や音楽のそばにいる人なら、BIGLOBEモバイルが一番おすすめです。かけ放題サービスに加入するなら、あなたが1回の通話でどのくらいの時間話すかを確認してから契約することをおすすめします。

IIJmio(みおふぉん):通話定額オプション10分 830円/月(通話定額オプション3分 600円もあり)

IIJmio(みおふぉん)
プラン
音声SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
タイプD
タイプA
タイプD
タイプA
タイプD
ミニマム
3GB
SIM最大2枚
1,600円1,040円900円900円
ライト
6GB
SIM最大2枚
2,220円1,660円1,520円1,520円
ファミリー
12GB
SIM最大10枚
3,260円2,700円2,560円2,560円
タイプD=ドコモ回線 タイプA=au回線

IIJ(インターネットイニシアティブ)が提供している格安SIMです。IIJmioはIIJmio(みおふぉん)の定額サービスはBIGLOBEモバイルと同じく、通話定額オプション10分(10分かけ放題)830円と、通話定額オプション3分(3分かけ放題)600円プランがあります。利用できる回線はDocomoとauです。

IIJmio(みおふぉん)の特徴は、1つの契約で複数のSIMカードが利用できることです。ほぼすべての契約で複数SIMが利用できる格安SIMはIIJmio(みおふぉん)くらいしかありません。

また、ファミリーシェアプランなら、最大10枚のSIMカードが利用できます。「ファミリー」と記載している通り、家族全員で使うことを想定していますが、1人で10枚のSIMカードを使うこともできます。

その他サービスも他の格安SIMと比べて遜色ありませんので、SIMカードをたくさん利用したいならおすすめの格安SIMです。

イオンモバイル:イオンでんわ10分かけ放題 850円/月

イオンモバイル
コース音声SIMデータSIM
(SMSなし)
シェア音声
(最大5枚)
500MB1,130円--
1GB1,280円480円-
2GB1,380円780円-
4GB1,580円980円1,780円
6GB1,980円1,480円2,280円
8GB2,680円1,980円2,980円
12GB3,280円2,680円3,580円
20GB4,680円3,980円4,980円
30GB5,680円4,980円5,980円
40GB6,980円6,480円7,280円
50GB8,980円8,480円9,280円

イオンモバイルは、大手スーパーのイオンが提供している格安SIMです。10分かけ放題オプションのみ提供しており、料金は月額850円です。利用できる回線は、Docomoとauの2キャリアが利用できます。

イオンモバイルは、全国のイオンで契約できます。大手キャリアの場合は、キャリアのショップで契約するユーザーが多いですが、一般的な格安SIMは、インターネット契約がメインですが、イオンモバイルなら全国にある「イオン」にいけば格安SIMが契約できるのです。

何かトラブルや分からない事、不安なことがあれば、全国のイオンで相談できますし、料金もリーズナブルですから、格安SIMは魅力ですが、何かあったときに不安という方ならおすすめです。

mineo(マイネオ):mineoでんわ 10分かけ放題 850円/月

mineo(マイネオ)
データ容量回線
種類
デュアルタイプ
(音声+データ)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
500MBA1,310円700円
D1,400円700円
S1,750円790円
3GBA1,510円900円
D1,600円900円
S1,950円990円
6GBA2,190円1,580円
D2,280円1,580円
S2,630円1,670円
10GBA3,130円2,520円
D3,220円2,520円
S3,570円2,610円
20GBA4,590円3,980円
D4,680円3,980円
S5,030円4,070円
30GBA6,510円5,900円
D6,600円5,900円
S6,950円5,990円
回線種類:A=au回線 D=ドコモ回線 S=ソフトバンク回線

mineoはオプレージ(旧ケイ・オプティコム)が提供している格安SIMです。かけ放題は10分かけ放題のみで、料金はイオンモバイルと同じく月額850円で提供しています。mineoは、Docomo、au、SoftBankの3大キャリアが利用可能となっていますので、ほとんどの場合、今使っているスマートフォンがそのまま利用できます。

mineoの特徴は、多彩なサービスです。例えば「パケットギフト」というサービスは、あらかじめ家族と登録している場合、1カ月で使いきれなかったデータを家族で教諭できる機能があります。また「家族割」なら、家族登録している場合、1回線ごとに50円の割引があります。

また、ユーザー同士のつながりが強いのも特徴です。「パケットギフト」というサービスは、余っているデータを別ユーザーに送ることができます。また、フリータンクという機能は、mineo契約している人が全員利用できるサービスで、データが無くなったときに、一定量のデータをフリータンクからもらえるサービスです。

料金プランなどのサービスも他社と比べて劣る事はありませんので、多彩なサービスやユニークなサービスが良いと感じるなら、検討してみても良いかもしれません。

LINEモバイル:10分電話かけ放題 880円/月

LINEモバイル

 

LINEモバイルは、LINEモバイル株式会社が提供している格安SIMです。10分かけ放題を提供しており、月額880円です。LINEモバイルが利用できる回線は、nuroモバイル、mineoと同じく、Docomo、au、SoftBankのトリプルキャリアのスマートフォンが利用できます。

LINEモバイルの特徴は、どのプランを契約してもLINEが使い放題になる点です。さらにSNSフリー・オプションに加入すると、TwitterやFacebook、InstagramとLINEミュージックがデータ使い放題になります。

LINEはもちろんのこと、SNSというツールは、もはやコミュニケーションツールとして当たり前に利用される時代になっていますが、写真や動画など、データ量を大幅に消費するツールでもあります。キレイな写真をたくさん見ていて通信制限がかかってしまったら目も当てられません。

LINEモバイルならそんな心配無用ですし、料金なども業界最安クラスですから、どこの格安SIMを利用するか迷っているなら、一番おすすめできる格安SIMです。

時間&回数無制限の話し放題・かけ放題がある格安SIM

Y!mobile(ワイモバイル):スーパー誰とでも定額 1,000円/月

プラン名月額料金通話
プランS
(3GB)
~6ヶ月目:1,980円
7ヶ月目~:2,680円
1回10分の通話が
回数無制限で無料
プランM
(9GB)
~6ヶ月目:2,980円
7ヶ月目~:3,680円
1回10分の通話が
回数無制限で無料
プランR
(14GB)
~6ヶ月目:3,980円
7ヶ月目~:4,680円
1回10分の通話が
回数無制限で無料

Y!mobileはSoftBankのサブブランドとして提供している格安SIMです。そのため、利用できる回線はSoftBankのみです。サブブランドという強みを活かし、時間・回数無制限の「スーパー誰とでも定額」サービスを提供しています。

サブブランドの格安SIMは、他の格安SIMよりも料金的には少し高いですが、回線速度が安定していますので、SoftBankスマホを利用しているが、料金が高いと感じるのでしたら、乗り換える価値がある格安SIMです。

イオンモバイル:050かけ放題 1,500円/月

イオンモバイルには10分かけ放題オプションがありますが、050電話番号を使ったかけ放題サービスを提供しています。050から始まる電話番号はIP電話で、電話回線ではなく、インターネット回線を使って通話できます。IP電話は電話回線がなくても利用できるのが特徴です。

電話をたくさん使うけど、080や090などの携帯電話番号はいらない、050でも問題ないのでしたら、通話プランではなくデータ通信プランを申し込んだ上で、050かけ放題オプションを契約することで、通話プランと同じ位の料金で、通話し放題が利用できます。

050かけ放題プランは他の格安SIMでもおめにかかれないプランですので、050番号に抵抗ない方なら非常におすすめです。

UQモバイル:国内通話かけ放題 1,700円

UQ mobile 【ALL CONNECT】
プラン名月額料金節約モード/
速度制限時
プランS
(3GB)
1,980円300kbps
プランR
(10GB)
2,980円1Mbps
データ高速プラン
(3GB・225Mbps)
980円(通話不可)200kbps
データ無制限プラン
(容量無制限・500kbps)
1,980円(通話不可)-

UQモバイルはauのサブブランドの格安SIMです。利用できる回線はもちろんauのみです。UQモバイルでも国内通話かけ放題サービスを提供していて、料金は1,700円です。

UQモバイルがおすすめできるポイントはY!mobileと同じく、au契約ユーザーで、データ通信量などの利用頻度がそれほど高くなく、料金が高いと感じるのでしたら検討する価値がある格安SIMです。

まとめ

話し放題がある格安SIMをまとめました。話し放題のポイントは3点です。

  • 格安SIMのかけ放題は時間制限ありのかけ放題が主流
  • 時間制限なしのかけ放題はほぼ「サブブランド」格安SIMのみ
  • 話し放題以外のサービスが充実している格安SIMがおすすめ

格安SIMの話し放題サービスは、時間制限ありのサービスがほとんどです。時間制限なしの話し放題サービスを利用するなら、サブブランドかIP電話(050回線)しかありませんので、どうしても制限なしでないといけない場合を除き、時間制限ありのサービスを利用することをおすすめします。

そして、通話し放題サービスの料金やサービスのポイントは、話し放題以外のサービス、他のサービスが劣るなど、話し放題以外のサービスや料金があなたに合わないのでしたら、あなたの利用方法に合う格安SIMを契約した方が、最終的な満足度は高いはずです。

話し放題サービスとそれ以外の魅力的なサービスを組み合わせて、お得にかしこく節約しましょう。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

最大2ヶ月 0円キャンペーン中
 
 
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル