格安SIMで二台持ち!auと一緒に使うならどの会社がおすすめ?

現在auでスマホを契約している方の中には、格安SIMでも契約をしてスマホを2台持ちたいという方も多いのではないでしょうか。

今回はau回線を利用しているおすすめの格安SIMの特徴や、スマホを2台持つことで生まれるメリットについてご紹介します。

 

\当サイトおすすめ格安SIMはこちら/
LINEモバイル

 

スマホの二台持ちのメリットについて解説

仕事とプライベートでスマホを分けることができる

スマホを仕事でも使用することは多いと思いますが、その際にスマホが1台のみの場合はスマホが多くの情報でいっぱいになってしまいます。プライベートと仕事用でスマホを分けることで、スマホの情報がスッキリして使い勝手も良くなります。

スマホが1つの場合は、仕事中でも自分の好きなアプリなどをついつい開いてしまいます。SNSで投稿を良くするという方は、仕事中もSNSが気になってしまうという方が沢山いると思います。

仕事に集中したいという方は、スマホを仕事用とプライベート用で分けると良いです。

バッテリー消費を抑えることができる

スマホを1台だけ使用していると、すぐにバッテリーがなくなってしまいます。外出中にバッテリーがなくなってしまうと充電可能な場所を探さなくてはいけなく、連絡も取れなくなってしまうので不便です。

モバイルバッテリーがある場合は充電しながらスマホを使用することもできますが、充電をしながらスマホを使用すると電池の寿命が縮まりスマホ自体にも悪影響が出てしまいます。台スマホを持っていることで、充電しながらスマホを使うこともなくすことが可能です。

スマホを2台持っていると上手くアプリなどを使いこなすことができるので、バッテリーの消費を抑えることができることもスマホの2台持ちのメリットです。

小さなお子さま用のスマホとして利用するのも便利

小さなお子さまがいる方は、お子さま用のスマホとして利用することも非常に便利でおすすめです。子供は親がスマホを触っていると気になって、スマホを使いたがることがあります。

スマホが1台しかないと、子供にスマホを渡すと自分がスマホを利用したくても使えなくなってしまいます。子どもは一度物を気に入るとなかなか手放さないので、長時間スマホを使うことができなくなってしまう可能性があります。

また、大事なスマホを子供が床に落としてしまうと大変なことになるので、お子さま用にスマホを用意すると便利です。

格安SIMが二台持ちにおすすめな理由について解説

大手キャリアに比べて月額料金が安い

格安SIMが大手キャリアと比べて良い点として、月額料金が安いということです。格安SIMという名前のとおり格安SIMの月額料金は非常に安く、大手キャリアから乗り換えると半額以上の節約ができます。

節約できたお金を趣味や旅行などに使えるので、スマホ料金が安くなると私生活にも良い影響が出ます。

使わなくなったスマホが手元にあれば端末代金もゼロ

格安SIMに乗り換える際にスマホを替える必要はなく、手元にある端末をそのまま使用することが可能です。乗り換え前と乗り換え先の回線が異なる場合は、SIMロック解除をする必要があるので注意しましょう。

使い放題対応の格安SIMならメイン回線のデータ使用量も抑えられる

格安SIMには対象のSNSや、動画アプリをデータ通信量を消費することなく利用できる使い放題のオプションを提供している会社もあります。使い放題対応の格安SIMを使用することで、メイン回線のデータ通信量の消費を抑えることができます。

スマホを1台だけ利用している場合に通信制限に引っかかってしまうと、追加料金を支払う必要があります。使い放題対応の格安SIMとの2台持ちにすることで、データ通信量がなくなり追加料金を支払うことを防ぐことも可能です。

【おすすめ格安SIM1】UQモバイル

サブ回線でも通信速度を重視するなら最もおすすめ

プラン名月額料金節約モード/
速度制限時
プランS
(3GB)
1,980円300kbps
プランR
(10GB)
2,980円1Mbps
データ高速プラン
(3GB・225Mbps)
980円(通話不可)200kbps
データ無制限プラン
(容量無制限・500kbps)
1,980円(通話不可)-

UQモバイルは格安SIMの中で1番通信速度が速く、スマホを利用する際に通信速度について不便を感じることはありません。格安SIMを契約する前に気になることが通信速度についてだと思いますが、UQモバイルなら通信速度が速く安定しているので安心できます。

通信速度が遅い格安SIMでは、スマホを使用する人が多い時間帯にインターネットに繋がりにくくなります。通信速度が遅いことによって、スマホを快適に使うことができないので通信速度が速い方が便利です。

格安SIMを選ぶ時に通信速度を重視したい方は、UQモバイルが特におすすめです。

スマホプランRなら速度制限後も最大1Mbspで使える

UQモバイルの「スマホプランR」は月額2,480円から契約できるプランで、データ通信量は10GBを使用することが可能です。データ通信量を使い切った場合も、最大1Mbspの通信速度でスマホを利用することができます。

1Mbspの通信速度によってできることは、サイトの閲覧・LINEの送受信・地図アプリの使用・動画の再生などです。他社だと通信制限に引っかかった場合は、通信速度が非常に遅いためできることが少ないですがUQモバイルは容量がなくなってもスマホで色々なことができます。

データ無制限プランは低速通信だが使い放題のためサブ回線に最適

UQモバイルにはデータ無制限プランがあり、月額1,980円を支払うことで500kbpsの通信速度でスマホを利用することができます。通常のプランの場合、通信速度は速いですが通信制限に引っかかってしまう恐れがあります。

データ無制限プランは、月額料金が高速プランよりも大幅に安く特定のアプリは問題なく利用することも可能です。サブ回線としてスマホを使う場合はデータ通信が使い放題のため、UQモバイルのデータ無制限プランがピッタリです。

【おすすめ格安SIM2】LINEモバイル

トリプルキャリア回線対応でどの大手キャリアのスマホも使える

LINEモバイル

 

大手キャリアから格安SIMに乗り換える際に、乗り換え前と乗り換え先の回線が異なる場合はSIMロック解除をしなくてはいけません。LINEモバイルは、au、ドコモ、ソフトバンクの3回線に対応しているのでSIMロック解除をすることなく乗り換えが可能です。

大手キャリアで利用していたスマホをそのまま使うことができるので、乗り換えが非常に簡単に行えることがLINEモバイルのメリットです。

LINE、Twitter、Instagramなどの人気SNSが使い放題

LINEモバイルには、データフリーという使い放題オプションサービスがあります。データフリーを利用することで、対象サービスをデータ通信量を消費することなく使うことができます。

データフリー対象のサービスには、LINE、Twitter、Facebook、Instgram、LINE MUSIC、AWA、Spotifyの7個があります。以前まではSNSだけが対象サービスでしたが、現在は音楽アプリもデータフリーの対象サービスに含まれています。

SNSと音楽はスマホを利用する上で頻繁に使用するアプリなので、そのアプリをデータ通信量を消費することなく利用できるということは魅力的なことです。SNSや音楽が原因で通信制限に引っかかっている方は、データフリーを利用することで改善することが可能です。

データフリー対象サービスについては、データ通信制限に引っかかった場合も通信速度が落ちることなくそのままの通信速度で使用可能です。

LINEのID検索ができる

LINEのID検索は遠くにいる友人や家族のLINEのIDが分かっているだけで、LINEの友達追加できる非常に便利な機能です。ほとんどの格安SIMではLINEの年齢認証を行うことができないため、LINEのID検索を使うことができません。

LINEは日本に住んでいる多くの方が連絡手段として利用しているSNSアプリで、ID検索を使用する機会も沢山あると思います。LINEを大手キャリアと同じように利用できることが、LINEモバイルの大きなメリットでもあります。

まとめ:auと二台持ちするなら格安SIMがお得で便利!

今回はスマホを2台持ちする際に格安SIMがおすすめの理由や、auと一緒に使用する際におすすめの格安SIMのサービス内容についてご紹介しました。auと格安SIMを2台持ちをすることによって、月額料金が安くできて端末があればそのままスマホを使えるので非常に便利です。

現在auでスマホを契約していてスマホを2台持ちたいと考えている方は、是非参考にしていただければ幸いです。

 

 

\当サイトおすすめ格安SIMはこちら/
LINEモバイル