格安スマホに切り替える際の注意点は?

テレビCMやインターネットのCMなどでも、格安スマホのCMが増えてきたことで、急速に認知度が高まっている格安スマホですが、料金の安さや格安スマホならではのサービスを武器に急速に利用者を増やしています。

大手キャリアから格安スマホに乗り換えたいと思っても実際にどのような手順で乗り換えて良いか分からず、乗り換えに躊躇している人もおおい

本記事は、大手キャリアから格安スマホに切り換えたいが、乗り換えるときの注意点や乗り換え方が分からず、格安スマホへの切り換えに躊躇している人向けです。

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

大手キャリアから格安スマホに切り換え(乗り換え)する際の注意点

乗り換えの際に大手キャリアと格安スマホで発生する費用は?

これまで大手キャリアで利用していた電話番号を格安SIMで利用する場合は、MNP転出手数料がかかります。MNPとはモバイルナンバーポータビリティの略です。

乗り換え前の大手キャリアでMNP番号を発行してもらい、乗り換え先の格安SIMで手続きすることで、電話番号をそのまま利用できます。MNP手数料は大手キャリアによって異なります。Docomoとauは2,000円、SoftBankは3,000円です。

次に、違約金が発生する場合があります。2020年10月以前に契約した場合、大手キャリアの契約で、2年縛りなどの〇年縛りで契約することがあります。〇年縛りは、基本料金を安くする代わりに、更新月以外で解約すると、契約解除のための解除料金(違約金)が発生します。

契約途中で解約する場合の違約金は、大手キャリア共通で9,500円です。もしも違約金を払いたくない場合は、更新月で解約する必要があります。

最後に、端末代金を分割支払いで支払っている場合は、端末代金の残価を支払う必要があります。注意点は、残価を一括で払う必要があることと、キャリア契約中の割引は適用されない点です。端末を分割で購入し、残価が残っている場合は思わぬ出費がかさむ場合があるので注意が必要です。

乗り換え先の格安スマホで発生する費用は、事務手数料です。事務手数料は会社によっても異なりますが、3,000円程度かかることが多いです。ただし、乗り換え先の格安スマホ会社でキャンペーンを行うこともありますし、スターターパックのようなものを購入することで無料になるなど、手数料が安くなる場合があります。

乗り換え後も手持ちのスマホをそのまま使うにはSIMロック解除が必要な場合も

大手キャリアで利用しているスマホを、乗り換え先の格安SIMでもそのまま利用する場合は、格安SIMで扱っている回線が対応しているか確認する必要があります。一般的に格安SIMは、電話回線を大手キャリアから間借りしています。

もし乗り換え前に利用していた大手キャリアの回線を扱っていない場合は、乗り換え前にSIMロック解除をしておく必要があります。

SIMロック解除は、インターネットから行う方法、電話で行う方法、キャリアのショップで行う方法があります。SIMロック解除にも手数料がかかりますが、インターネットからSIMロック解除の手続きを行う場合は無料です。

連絡先やLINEなどのデータのバックアップを取っておく

大手キャリアから格安スマホに乗り換えるときは、乗り換えるタイミングで新しいスマートフォンを利用する場合はもちろん、手持ちのスマホを利用する場合でも連絡先やLINEなどのデータのバックアップを取っておくことをおすすめします。

例えば、SIMカードを入れ替えしたときに正しく接続することができず、電源が入らなくなったなど、これまで利用していた端末が故障する可能性があるからです。また、スマートフォンなどは、定期的にバックアップを取ることで、万が一の可能性に備えることもできます。

キャリアメールは使えなくなるため別でフリーメール等を用意する必要がある

大手キャリアから格安スマホに移行すると、キャリアで発行されていたメールアドレスが使えなくなります。今後も格安スマホを利用するのでしたら、GmailやYahooメール、hotmailなど、無料で発行可能なフリーメールを利用することをおすすめします。

フリーメールとはいえ、利用者が多く、スマートフォンでもキャリアメールと同じように利用できます。また、今後別の格安スマホに乗り換える場合も、メールアドレスを変更する手間がはぶけます。

MNP予約番号は有効期限に余裕を持って切り換えをしないと審査落ちの原因になる場合も

MNP予約番号は、有効期限があります。有効期限は、取得日を含めて15日間です。MNP予約番号の有効期限内に格安SIMに移行できないと、発行されたMNP予約番号が無効になります。

別のMNP予約番号を発行することは可能ですが、格安SIMに乗り換えるなら、余裕を持って手続きをする必要があります。格安スマホの中には、有効期限○○日以上のMNP予約番号が必要という会社もありますし、有効期限が短いと、移行の審査中に落とされる可能性もあります。

そのため、別の格安スマホに乗り換えることが決まったら、手続きする日にMNP予約番号を取得し、乗り換え先の格安スマホで手続きできるのが理想です。

大手キャリアから格安スマホに切り換え(乗り換え)する手順

必要な場合は動作確認済み端末のチェックとSIMロック解除を行う

大手キャリアから格安スマホに切り替え(乗り換え)するための具体的な手順を紹介します。まずは今利用しているスマートフォンが乗り換え先の格安スマホ会社で利用できるか確認します。確認ポイントは2つあります。

1つ目は、該当機種が新しい格安スマホ会社に対応しているかです。Android OS やiOSといった、スマートフォン用のOSが古い場合、動作保証外になるケースがあります。もう1つが回線です。回線が対応していない場合はSIMロック解除が必須です。

移転元の大手キャリアでMNP予約番号を取得する

動作保証が取れていて、回線が対応している(もしくはSIMロック解除)スマートフォンが準備できたら、次は大手キャリアでMNP予約番号を取得します。MNP予約番号の取得方法は3つの方法があります。電話で発行する方法、キャリアショップで発行する方法、そしてオンラインで発行する方法の3点です。

おすすめの方法はオンラインです。電話やキャリアショップで発行する際、「なぜMNPするのか」や「MNPするのを考え直してくれないか」などを店員さんに質問される場合があります。オンラインでしたら、手続きを進めるだけでMNP発行されますから、煩わしさがありません。

格安スマホの公式サイトから申し込みをする

MNP予約番号が発行されたら、いよいよ乗り換え先の格安スマホで申し込みを行います。格安スマホの場合、一部の会社を除いて、ほとんどが公式サイトから申し込みをします。申し込みに必要なものは、格安スマホ会社によって異なります。

電話番号を引き継ぐならばMNP予約番号は必須です。そのほかには、本人確認書類やクレジットカード(銀行口座)、連絡先(メールアドレス)などが必要になることが多いです。詳細はそれぞれの格安スマホ会社で確認してください。

SIMカード到着後にAPN設定とMNP転入切換手続きを行う

格安スマホの公式サイトから申し込みを行い、審査に通ればいよいよ契約です。審査に通ったあとに、格安スマホ会社からSIMカードが送られますので、格安スマホに申し込みをしたあと、実際に利用できるのは数日後になります。

SIMカードが届いたら、AndroidスマホでしたらAPN設定(iPhoneなどのiOSでしたらプロファイルのインストール)を行い、最後にMNP転入切り替え手続きを行えば、はれて乗り換えた格安スマホが利用できるようになります。

おすすめの格安スマホを紹介

【LINEモバイル】SIMロック解除不要&LINEやTwitter使い放題がある

大手キャリアから格安スマホに乗り換えるのにおすすめの会社はLINEモバイルです。LINEモバイルの特徴は2点あります。1つ目は、料金が安いことです。格安スマホは大手キャリアよりも料金が安いですが、LINEモバイルは格安スマホ業界の中でも月額料金が安いです。

もう1つがSNSフリー・オプションです。格安スマホでは、大手キャリアに比べて、契約するデータ容量が少ないことが多いです。大手キャリアと同じような感覚でデータ容量を使用してしまうと、すぐに通信制限がかかってしまいます。

格安スマホでもデータ容量が大容量プランは存在するのですが、LINEやTwitter、InstagramなどのSNSを頻繁に利用するのでしたら、データ容量を大容量プランで契約する必要はありません。SNSフリー・オプションを契約すれば、SNSならどれだけ使っても高速通信で使い放題です。

まとめ:格安スマホに切り替える際の注意点をしっかり知っておこう

格安スマホに切り替える際の注意点を紹介しました。この記事のポイントは3点あります。

  • 大手キャリア解約するタイミングによっては高額の費用が発生する場合がある
  • 乗り換え先の格安スマホ会社で利用可能なスマートフォンを準備する
  • MNPするなら余裕をもって契約する

この中でも、大手キャリア解約時の費用については、わざわざ格安スマホで月額料金を安くするのですから、なるべく料金を抑えたいところです。そこで、解約する時の費用と乗り換えた時の乗り換えた後の月額料金を比較することをおすすめします。

格安スマホの月額料金は大手キャリアの半額以下ですから、多少の違約金を払ったとしても、数カ月もすれば格安スマホの方がお得になることが多いです。乗り換えを検討するときは、いつ乗り換えたらお得になるかを計算し、お得に節約していきましょう。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

最大2ヶ月 0円キャンペーン中
 
 
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル