ドコモ/au/ソフトバンクの子会社が運営する格安SIM/スマホ

格安SIMにしたいけど、通信環境やアフターケアなど不安な事が多くて中々、一歩踏み出せない…そんな方が沢山いるのではないでしょうか。

実は大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)から子会社として、運営している格安SIM会社があるのはご存じでしょうか。

大手キャリアの直結の子会社であることで、通信環境も大手と変わらず使用できるなどのメリットがあります。

初めての格安SIMでも安心して使用する事が出来るので、今回紹介する格安SIMの特徴を理解し、是非あなたのキャリア選びの参考にしてください。

 
\当サイトおすすめ格安SIMはこちら/
【BIGLOBEモバイル】お得な特典実施中

ソフトバンク系列の会社が運営する格安SIM

Y!mobile:ソフトバンクの完全子会社

プラン名月額料金
1回線目
月額料金
2回線目~
プランS
(3GB)
1,980円
税込2,178円
900円
税込990円
プランM
(15GB)
2,980円
税込3,278円
1,900円
税込2,090円
プランR
(25GB)
3,980円
税込4,158円
2,700円
税込2,970円

Y!mobileはソフトバンクの完全子会社で、ソフトバンクのサブブランドという立ち位置になっています。通信速度や使用環境もソフトバンクと同等に使用する事が出来るので、格安SIMとは思えないくらいとても快適に使用できます。

【Y!mobile】通信速度の実測値を見る

Y!mobile 通信速度

1回線のみで利用する場合、格安SIMの中では料金が少々高め。しかし、2回線目以降は家族割で約1000円割引されて最安クラスになるため、家族など複数回線での利用がおすすめです。

その他、キャリアメール(@ymobile.ne.jp)が使える、キャリア決済が使える、LINE年齢認証ができる、ショップでのサポートが受けられるなど、大手キャリアとほぼ同様のサービスです。

通信もサービス内容も大手キャリアと変わりなく使いたいという場合は、Y!mobileがおすすめです。

au(KDDI)系列の会社が運営する格安SIM

UQモバイル:KDDIの完全子会社

プラン名月額料金節約モード/
速度制限時
くりこし
プランS
(3GB)
1,480円
税込1,628円
最大300kbps
くりこし
プランR
(15GB)
2,480円
税込2,728円
最大1Mbps
くりこし
プランL
(25GB)
3.480円
税込3,828円
最大1Mbps

UQモバイルはKDDIの完全子会社で、auのサブブランドとして展開しています。auと同じ電波を使用しているので、auと同等とまでは行きませんが、通信速度は他の格安SIMと比べると非常に快適です。

【UQモバイル】通信速度の実測値を見る

UQモバイル 通信速度

UQモバイルは家族割などは特にないため、1回線のみで使う場合におすすめです。複数回線契約であればY!mobileの方が安くつきます。

便利な機能として、UQモバイルには「節約モード」があります。手動オンオフを切り替える事によって、データ容量を消費しない低速通信に切り替える事ができる機能です。

節約モードはプランSだと下り最大300kbps、プランM&Lは下り最大1Mbpsです。格安SIMの低速通信は下り最大200kbpsが一般的なので、比較するとUQモバイルの節約モードは速いです。

また、実際にはプランSでも0.5~1Mbpsと理論値以上の速度が出ることもあり、通信の初速が高速になるバースト転送にも対応しているため、かなり快適に使えます。

ドコモ系列(NTT)の会社が運営する格安SIM

OCNモバイルONE:NTTコミュニケーションズ(NTTコム)が運営

OCNモバイルONE/OCN光
コース音声SIMデータSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
1GB
700円
税込770円
-
-
3GB
900円
税込990円
780円
税込858円
6GB
1,200円
税込1,320円
1,080円
税込1,180円
10GB
1,600円
税込1,760円
1,480円
税込1,628円

OCNモバイルONEは、NTTコミュニケーションズがサービスを提供している格安SIMです。ドコモのサブブランドというわけではありませんが、使用する回線はNTTがカバーしているdocomo系列の回線です。

通信速度はUQモバイルやY!mobileと比較しても遜色なく、月額料金は家族割なしでも2社より安いため、すべての方におすすめできる格安SIMです。

【OCNモバイルONE】通信速度の実測値を見る

OCNモバイルONE 通信速度

MUSICカウントフリーで音楽アプリ使い放題、節約モードあり、データ繰り越しあり、専用メールアドレスが使える、販売端末の種類が豊富など、サービスや機能もかなり充実しています。

また、OCNモバイルONEは通話し放題オプションが「10分かけ放題」「トップ3かけ放題」「完全かけ放題」の3種類と豊富です。

トップ3かけ放題は、当月の国内通話料金の金額の高い順に上から3つ分の連絡先との通話料が無料になるサービスです。いつも特定の相手と長電話をしてしまう、気付いたら10分を超えてしまっているなどが良くある方場合はこちらのオプションの方がおすすめです。

まとめ

今回はドコモ/au/ソフトバンクの子会社が運営する格安SIM/スマホについて紹介しました。

ソフトバンク系列の会社が運営する格安SIM
au(KDDI)系列の会社が運営する格安SIM
ドコモ系列(NTT)の会社が運営する格安SIM

Y!mobile、UQモバイル、OCNモバイルONEの3社を実際に利用した感想ですが、使用感の満足度、アフターサービスまで大手キャリアにも引けを取らないレベルで、満足度は非常に高いと言えます。

電波強度なども安定してますし、日中の混雑した時間帯も遅延が発生してストレスを感じる様な事はありません。3社のうちどれを選んでも間違いないです。

初めての格安SIMは何かと不安も多いですが、上記のキャリアから選択すれば不安なく利用する事が出来ます。後は料金プランやオプション関係、通信環境などを検討し、それぞれの使い方にあった会社を選んでみてください。

 
 
\ 3ヶ月間無料キャンペーン中! /