2019年10月に実施されたスマホ料金の改正のおかげで、別のキャリアや格安SIMへ乗り換えが容易になりました。このことをきっかけに、「格安SIMが気になる」、「格安SIM乗り換えたい」と考えたことはありませんか?

そんなあなたに、大手キャリアのソフトバンクから格安SIMに乗り換える方法を紹介します。併せて、「ソフトバンクから格安SIMに乗り換えたらどの位安くなるの?」や、「手続きはすぐできるの?注意する点は?」などの疑問を解消していきます!

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

ソフトバンクから格安SIMに乗り換える前に

ソフトバンクから格安SIMにMNPするといくら安くなるのか?

ソフトバンクから格安SIMにMNPすると、実際のところいくら安くなるかご存知ですか?分かりやすいよう、音声通話あり、データ容量3GBという、一般ユーザーが契約しやすいプランを想定し、格安SIMのうちの1つであるLINEモバイルとソフトバンクとの比較をしました。

ソフトバンクは、データ容量5GB(ミニモンスター)+通話というプランです。

ソフトバンクモバイルのプラン

    基本プラン(音声)980円
    ミニモンスター(5GB)6,500円
    1年おトク割 -1,000円
    合計 6,480円

一方、格安SIM(LINEモバイル)は、データ容量6GB+通話プランで比較します。

LINEモバイルのプラン

    音声通話SIM(6GB) 2,200円

料金だけで比較すると、なんと4,000円以上も安くなります。格安SIMがいかに安いかがわかっていただけたのではないでしょうか。

ソフトバンクの解約に際してかかる手数料を確認しておこう

ソフトバンクを解約する際に、手数料がかかることがあります。手数料の種類は大きくわけて2つあります。それぞれの条件を紹介します。

1つめの手数料はMNP転出手数料です。ソフトバンクで利用していた電話番号を、格安SIMで引き続き利用する場合は、MNP転出手数料3,000円を支払います。電話番号を引き継がない場合はMNP転出手数料がかかりませんが、今まで利用していた電話番号は失効します。

もう1つは契約解除料(違約金)です。2019年9月12日以前にソフトバンクで新規契約を行った場合(旧プラン)で、新規契約から2年経過していないと違約金として10,000円かかります。

ただし、旧プランで契約した場合でも、2019年9月13日以降の新プランへの乗り換えは違約金なしで乗り換えることができます。新プランは、契約期間も契約解除料もありませんから、乗り換えを検討するのでしたら、新プランに乗り換えることをおすすめします。

最後にスマホの本体代金についての注意点があります。iPhoneやスマホ端末を分割で購入し、分割払いがまだ終わっていない場合は、分割払いの残り分を一括で支払う必要があります。また割引が適用されないため、不安な場合はソフトバンクに確認して、スマホの本体代金を確認しましょう。

ソフトバンクから格安SIMに乗り換えるための手順

【必要な場合のみ】スマホのSIMロック解除を行う

乗り換え先の格安SIM会社でソフトバンク系の回線を提供がないものの、今まで使っていたソフトバンクのスマホを利用したい場合は、SIMロック解除を行う必要があります。

SIMロック解除方法には2種類あります。1番目の方法は、My SoftBankから解除する方法です。こちらの方法は、ソフトバンク回線を契約しているときのみ可能で、料金がかかりません。

ウェブ上(My Softbank)でSIMロック解除する手順

  1. インターネットでMy SoftBankにログオンする
  2. SIMロック解除対象機種の手続きをクリック(スマホの場合はタップ)
  3. IMEI番号を入力する
  4. 「解除手続きをする」をクリック(スマホの場合はタップ)
  5. (Androidスマホのみ)解除コードをメモし、SIMロック解除方法をクリック(タップ)する
  6. 他会社のSIMを挿したときにメモした解除コードを入力する

もう1つは、ソフトバンクのショップで解除してもらう方法です。しかしながら、ショップで解除する場合は手数料として3,000円かかりますから、ソフトバンクから乗り換えすることが決まっている場合は、My SoftBankから無料でSIMロック解除することをおすすめします。

【手順1】ソフトバンクのショップor電話窓口でMNP予約番号を発行する

SIMロック解除が終わりましたら、次はMNPの予約番号発行です。ソフトバンクで利用した電話番号を引き継ぐ場合、必ず手続きをしなければなりません。MNP予約番号は、ソフトバンクのショップか電話窓口で発行します。

ソフトバンクのショップでMNP予約番号を発行する場合、免許証などの身分証明書が求められますので、忘れないように注意してください。また、代理人にて手続きもできますが、委任状などが求められますので、詳細はソフトバンクにご確認ください。

電話窓口でMNP予約番号を発行する手順

  1. ソフトバンク携帯電話なら「*5533」、一般電話の場合は「0800-100-5533」に掛ける
  2. ガイダンスが流れるので「1」を選択する
  3. オペレーターにつながったら、MNP予約番号を発行することを伝え、指示に従う

MNP予約番号の有効期限は15日間です。有効期限をすぎると無効になるのはもちろんのこと、移転先の格安SIM会社によっては、有効期限○○日未満の場合は契約できない場合がありますので、MNP予約番号は格安SIMに申し込む直前に取得します。

【手順2】必要なものを準備して格安SIMの公式サイトから申し込む

移転先の格安SIMの契約に必要なものを準備します。格安SIM契約で必要なものは、基本的に以下の通りです。

  • 身分証明書(免許証や保険証等)
  • クレジットカード
  • MNP予約番号(乗り換えの場合のみ)

詳細は移転先の格安SIMのホームページなどで確認して下さい。必要なものが準備できたら、格安SIMを申し込みます。多くの格安SIM会社ではショップなどを用意していませんので、公式サイトから申し込むのが一般的です。

【手順3】SIMカードが届いたらAPN設定とMNP転入切り替えを行う

公式サイトから申し込みを行って契約がすべて終わったら、SIMカードが届くまで待ちます。SIMカードが届いたら、APN設定とMNP転入切り替えを行います。

APN設定を行うには、先にSIMカードをスマホに挿します。その後にAPN設定を行いますが、iPhoneとAndroidスマホで方法が異なります。

Androidスマホは、設定アプリからAPNを設定します。アクセスポイントという項目から設定します。

iPhoneの場合は、プロファイルをインストールします。プロファイルは、格安SIM各社で用意しています。ブラウザ(Safari)で格安SIMのホームページを開き、プロファイルをダウンロードします。

APN設定の詳細な方法は以下の記事を参考にして下さい。

 

MNPを行う場合は、MNP転入切り替え手続きを行います。格安SIMによって手続き方法が異なりますが、一般的には電話、もしくは格安SIM会社のホームページやマイページなどの専用サイトから手続きを行います。

MNP転入切り替え手続きを行い、数分から数時間、夜中に手続きをした場合は翌日にはソフトバンク回線が利用できなくなり、移行先のSIMカードが利用できます。

ソフトバンクからの乗り換えにおすすめの格安SIM

LINEモバイル:SIMロック解除不要で乗り換え可能でSNS使い放題

LINEモバイル

 

ソフトバンクから格安SIMに乗り換える場合のおすすめSIMを紹介します。一番はじめにおすすめする格安SIM会社はLINEモバイルです。

LINEモバイルに乗り換えるメリットを2つ紹介します。1つ目のメリットは、ソフトバンク回線を扱っているため、SIMロック解除しなくても乗り換えられる点です。ソフトバンクを解約する際、ついうっかりSIMロック解除を忘れても乗り換えできますのでおすすめです。

もう1つのおすすめは、SNS使い放題オプションです。まず、LINEはどのプランで契約しても、モバイルデータ通信量を気にせず使えます。LINE以外のTwitterやInstagram、Facebookなどは、SNSフリーオプションをつけることで、モバイルデータを気にすることなく利用できます。

SNSを頻繁に使う方には非常におすすめできる格安SIMです。

BIGLOBEモバイル:ソフトバンク回線はないがエンタメフリーが便利

【BIGLOBEモバイル】初期費用0円+値引き特典(~9/30)
プラン
音声SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
タイプD
タイプA
タイプD
タイプA
タイプD
1GB1,400円--
3GB1,600円1,020円900円
6GB2,150円1,570円1,450円
12GB3,400円2,820円2,700円
20GB5,200円4,620円4,500円
30GB7,450円6,870円6,750円
タイプD=ドコモ回線 タイプA=au回線
エンタメフリー・オプション
音声SIMの場合:490円/月 データSIMの場合:980円/月

データ消費ゼロで使い放題のアプリ
YouTubeAbemaTVU-NEXTYouTube Kids
Google Play MusicYouTube MusicApple MusicSpotify
AWAAmazon MusicLINE MUSICradiko.jp
らじる★らじるdヒッツRecMusicdマガジン
dブックFacebook Messenger

次におすすめしたい格安SIMは、BIGLOBEモバイルです。BIGLOBEモバイルのメリットは、YouTubeやApple Musicなどのエンタメサービスを、データ通信量の制限なく利用できます。

残念ながら、LINEモバイルとは異なりソフトバンク回線は取り扱っていないため、ソフトバンクを解約する前にSIMロック解除必須ですが、動画や音楽などエンタメ系を頻繁に利用する方には非常におすすめできる格安SIMです。

Y!mobile:ソフトバンクのサブブランドで通信速度が快適

プラン名月額料金通話
プランS
(3GB)
1年目:1,980円
2年目:2,980円
1回10分の通話が
回数無制限で無料
プランM
(9GB)
1年目:2,980円
2年目:3,980円
1回10分の通話が
回数無制限で無料
プランL
(21GB)
1年目:4,980円
2年目:5,980円
1回10分の通話が
回数無制限で無料

最後はY!mobileです。Y!mobileは、ソフトバンクのサブブランドという位置づけで、格安SIMのカテゴリですが、LINEモバイルやBIGLOBEモバイルよりも通信速度が快適です。

格安SIMの特徴として、お昼どきや夕方など、たくさんの人がデータ通信を利用する時間帯では速度が遅くなります。しかしサブブランドの通信速度は、キャリアよりは少し劣るものの、他の格安SIMよりは安定していてストレスを感じることがありません。

快適に利用できる分、LINEモバイルやBIGLOBEモバイルなど他の格安SIMよりも月額料金が少し高いですが、格安SIMには変えたいものの通信速度を安定させたいという場合はおすすめです。

まとめ

ソフトバンクから格安SIMに乗り換える方法をまとめました。乗り換えのポイントは2点です。

  • 格安SIMなら通信料金を大幅に下げることができる
  • 電話番号を引き継ぐならMNP予約番号が必要

格安SIMに乗り換えると、大手キャリアの手厚いサポートがほとんどなくなりますが、格安SIM会社のホームページで確認できますし、GoogleやYahooなどの検索サイトで調べれば、大抵の情報は確認できますから、自分で調べて解決することをおすすめします。

格安SIMの最大のメリットは、なんといっても料金が非常に安くなることですから、スマホの通信量が高いと感じているのでしたら、格安SIMにのりかえて、お得に通信料金を節約していきましょう。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

最大2ヶ月0円キャンペーン中
 
 
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル