ソフトバンクのiPhone6は格安SIMの音声通話SIMで使える?

現在ソフトバンクのiPhone 6を使用している方の中には、そのまま格安SIMでもiPhone6を使用したいと考えている方もいると思います。

今回はソフトバンクのiPhone 6が使える格安SIMの特徴や、au回線、ドコモ回線の格安SIMに乗り換える場合の方法についてご紹介します。

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

ソフトバンクのiPhone 6を格安SIMで使う場合

iPhone 6はどのキャリアでもSIMロック解除ができない

大手キャリアから格安SIMに乗り換える際に、移転先と移転元の回線が異なる場合はSIMロック解除をする必要があります。しかしiPhone 6は、ソフトバンク・ドコモ・auどのキャリアでもSIMロック解除をすることができません。

iPhone 6がSIMロック解除ができないと聞いて、格安SIMで利用ができないのではと心配されている方もいると思います。SIMロック解除ができない場合でも、格安SIMでiPhone 6を利用する方法はあるため安心して下さい。

ソフトバンク回線のある格安SIMなら音声通話SIM・データSIM共に使える

ソフトバンクのiPhone 6を格安SIMに乗り換えて使用するには、ソフトバンク回線を利用している格安SIMで契約をすればOKです。この場合はSIMロック解除が不要なため、SIMロック解除ができないiPhone 6でも問題なく格安SIMで利用可能です。

ソフトバンク回線を利用している格安SIMなら、音声通話SIM・データSIMともに使用することができます。

事前に必ず格安SIMの公式サイトで動作確認済み端末をチェックしよう

格安SIMでは端末が利用可能か動作確認を行っており、その結果を各社の公式サイトにて検索ができるようになっています。ソフトバンク回線を利用している格安SIMでも動作確認されていない場合があるので、一度iPhone 6が動作確認済み端末か調べてみることをおすすめします。

au回線、ドコモ回線の格安SIMを使いたい場合

格安SIMで新たにiPhoneを購入する

iPhone 6はSIMロック解除ができないため、ソフトバンクのiPhone 6をau回線、ドコモ回線を利用している格安SIMで使用することはできません。

どうしてもau回線、ドコモ回線を利用している格安SIMを使用したい場合は、格安SIMで新たにiPhoneを購入する必要があります。

Apple StoreでSIMフリー版iPhoneを購入する

現在ソフトバンクのiPhone 6を使用していて、格安SIMで新たにiPhoneを購入もしたくない場合は、Apple StoreでSIMフリー版iPhoneを購入するという方法もあります。

SIMフリー版iPhoneなら最初からSIMロック解除がされているので、au回線、ドコモ回線を利用している格安SIMでも使用することができます。

ソフトバンクのiPhone 6が使える格安SIM

【LINEモバイル】Twitter、Instagramなどの人気SNSが使い放題

LINEモバイル

 

スマホを利用する際に、SNSを使用する頻度は非常に多いと思います。SNSを通して動画や画像を読み込むとデータ通信量を消費するため、SNSが原因で通信制限に引っかかってしまうこともあるのではないでしょうか。

LINEモバイルには対象の主要SNSを利用する際にデータ通信量を消費しない機能を持っている、データフリーというオプションを追加することが可能です。対象サービスには、LINE、Twitter、Facebook、Instgram、LINE MUSICがあります。

通信制限に引っかかった場合も、データフリー対象のサービスについては通信速度が落ちることはありません。LINEモバイルなら主要SNSをいつでも快適に利用することができるので、普段からSNSを頻繁に使用している方におすすめの格安SIMです。

データフリーを利用することで、データ通信量を節約することができます。データフリーの影響で節約できるデータ通信量は約30%なので、節約できたことによってデータ通信量を余裕を持って使用することが可能になります。

LINEのID検索が可能

LINEのID検索は遠くにいる友人や家族のLINEのIDが分かっているだけで、LINEの友達追加できる便利な機能で多くの人が利用しています。しかし基本的に格安SIMでは、LINEのID検索をことができません。

LINEのID検索を行うためにはLINEの年齢認証が必要ですが、格安SIMでは年齢認証ができないためID検索も行えません。LINEモバイルはLINEの年齢認証が行えるので、LINEのID検索もすることが可能です。

LINEは日本に住んでいるほとんどの人が利用している連絡手段なので、すべての機能を使用できると便利です。LINEモバイルならLINEも、大手キャリアと同じように満足に使用することができるというメリットがあります。

【mineo(マイネオ)】顧客総合満足度1位を獲得している優秀格安SIM

mineo(マイネオ)
データ容量回線
種類
デュアルタイプ
(音声+データ)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
500MBA1,310円700円
D1,400円700円
S1,750円790円
3GBA1,510円900円
D1,600円900円
S1,950円990円
6GBA2,190円1,580円
D2,280円1,580円
S2,630円1,670円
10GBA3,130円2,520円
D3,220円2,520円
S3,570円2,610円
20GBA4,590円3,980円
D4,680円3,980円
S5,030円4,070円
30GBA6,510円5,900円
D6,600円5,900円
S6,950円5,990円
回線種類:A=au回線 D=ドコモ回線 S=ソフトバンク回線

mineoはサポートの窓口が充実していることや、シンプルな料金設定などから顧客総合満足度1位を獲得しています。実際に利用している方からの評価が高いので、安心して契約をすることができます。

mineoには格安SIMを契約することに不安を持っている方向けに、「mineoプチ体験」というサービスを用意しています。「mineoプチ体験」は、データ通信量200MBを月額300円で体験することができます。

mineoが提供しているサービスやアプリを実際に利用して、自分に合っているか試すことができるのは魅力的です。契約解除料金が無料なので、体験してみて合わないと感じた場合は他の格安SIMを選ぶことができます。

【Y!mobile(ワイモバイル)】通信速度は格安SIM業界トップレベル

プラン名月額料金通話
プランS
(3GB)
~6ヶ月目:1,980円
7ヶ月目~:2,680円
1回10分の通話が
回数無制限で無料
プランM
(9GB)
~6ヶ月目:2,980円
7ヶ月目~:3,680円
1回10分の通話が
回数無制限で無料
プランR
(14GB)
~6ヶ月目:3,980円
7ヶ月目~:4,680円
1回10分の通話が
回数無制限で無料

格安SIMは基本的に大手キャリアから回線を借りて運営をしているので、大手キャリアに比べて通信速度が遅いです。格安SIMによってはインターネットが混雑する時間帯に、インターネットが繋がりにくいという会社もあります。

Y!mobileはソフトバンクの高品質の回線を利用しているので、他の格安SIMに比べて通信速度が早くて安定しています。通信速度が速いので読み込みもスムーズに行えるため、スマホをストレスなく使用することが可能です。

全国に4,000店舗以上のワイモバイルショップがある

格安SIMの特徴として、店舗を持たない会社が多いということがあります。店舗がない場合も電話やチャットで問い合わせをすることができますが、店舗で店員さんと直接相談したいと考える人も少なからずいるでしょう。

特にスマホに不慣れな方や、初めて格安SIMに乗り換える方は電話やチャットだけでは不安だと思います。Y!mobileは全国に4,000店舗以上のワイモバイルショップがあるため、直接店舗で店員さんと契約について話すことができます。

ワイモバイルショップは店舗によってはショッピングモール内にあるため、アクセスがしやすく、買い物ついでにも立ち寄ることが可能です。Y!mobileについて契約を検討している方は、一度ワイモバイルショップに行ってみることをおすすめします。

【nuroモバイル】データ容量の繰り越しだけでなく前借りも可能

 回線
種類
データデータ
+SMS
データ
+音声
お試し
プラン
(0.2GB)
A500円650円1,200円
D300円450円1,000円
S500円-1,200円
Sプラン
(2GB)
A780円930円1,480円
D700円850円1,400円
S980円-1,680円
Mプラン
(7GB)
A2,100円2,250円2,800円
D1,500円1,650円2,200円
S2,100円-2,800円
Lプラン
(13GB)
A2,980円3,130円3,680円
D2,700円2,850円3,400円
S2,980円-3,680円
回線種類:A=au回線 D=ドコモ回線 S=ソフトバンク回線

通信制限に引っかかってしまった場合は、通常だと追加料金を支払ってデータ通信量を増やす必要があります。追加料金を支払うと月額料金に加えて支払う料金が増えてしまうので、追加料金の支払いはできれば避けたいです。

nuroモバイルには、「データ前借り」というオプションがあります。「データ前借り」を利用することで通信制限に引っかかってしまいデータ通信量が足りない場合に、翌月分のデータ通信量を前借りすることが可能です。

前借りを利用すると、追加料金を支払う必要がなくなります。翌月にデータ通信量を使い過ぎないように注意をするだけで、追加料金を支払うことを避けられるので便利なオプションです。

まとめ:ソフトバンクのiPhone6は格安SIMの音声通話SIMで使える!

今回はソフトバンクのiPhone 6を格安SIMで使う際の注意点や、iPhone 6のSIMロック解除についてご紹介しました。ソフトバンクのiPhone 6につきまして、ソフトバンク回線のある格安SIMなら音声通話SIM・データSIMの両方で使用が可能です。

これからソフトバンクのiPhone 6を格安SIMで使用したいと考えている方は、是非参考にしていただければ幸いです。

 

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル