LINEモバイルのドコモの回線を借りて使用しているため、ドコモからLINEモバイルに乗り換えした場合、ドコモで元々使っていたiPhoneやAndroidスマホはLINEモバイルのSIMカードに差し替えるだけでそのまま使うことができます。

しかし、ソフトバンクとauの場合はそうは行きません。では、ドコモのスマホでないとLINEモバイルで使うことはできないのでしょうか?

今回は、ソフトバンクとauのスマホを使ってLINEモバイルを格安で使う方法についてお話していきます!

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/

 

ソフトバンクとauのiPhoneはLINEモバイルでも使える!

ソフトバンクとauのスマホでも、iPhoneの場合はLINEモバイルでそのまま使用することができます。

ただし、LINEモバイルで使用するためには少し条件があります。

(1) 動作確認が取れているシリーズであること
(2) SIMロック解除がされていること

(1) 動作確認が取れているシリーズであること

iPhone SE、iPhone6s、iPhone6s Plus以降のものが対応しています。それ以前のもの(iPhone6、iPhone5s、iPhone5cなど)は使用できませんので注意して下さい。

LINEモバイルの公式サイトにも動作確認済み端末の一覧が記載されていますので、念のためこちらも事前にチェックしておきましょう。動作確認済み端末は以下の手順で確認できます。

LINEモバイル公式サイト→上部メニューの「端末」をクリック→上部メニューの「動作確認済み端末一覧」をクリック

(2) SIMロック解除がされていること

ソフトバンクとauのiPhoneをLINEモバイルで使用する場合は、SIMロック解除をして端末をSIMフリー化する必要があります。

大手キャリアで購入した端末はSIMロックというものがかかっていて、そのキャリアのSIMカードしか使えないようになっています。例えば、ソフトバンクで買ったiPhoneはソフトバンクのSIMカードしか使えません。

SIMロック解除を行うためには、ソフトバンク、auともに「購入日より101日目以降であること」という条件があります。最新のiPhoneですとこちらを満たせない可能性があるため注意が必要です。

SIMロック解除はキャリアショップや公式会員サイトで簡単に行うことができます。次項でその方法を解説していきますね。

ソフトバンクとauのiPhoneをSIMロック解除する方法

ソフトバンクのiPhoneをSIMフリー化する手順

ソフトバンクのiPhoneをSIMフリー化するための方法は、以下の2通りです。

(1) ソフトバンクのショップで手続きする
(2) My Softbank(公式会員サイト)でオンライン手続きする
(1) ソフトバンクのショップで手続きする

ソフトバンクショップでの手続きの場合、スタッフがすべてやってくれますので簡単です。

必要な物は、

・SIMロック解除機能搭載機種
・運転免許証やパスポートなどの本人確認書類
・SIMロック解除手数料(3,000円/店頭でお支払い)

ということで、いつもショップで手続きをする時に持っていくものと同じですね。ただし、3つ目にもあるとおり3,000円の手数料が発生するので注意が必要です。

「手数料をかけたくない!」というのであれば、次にお話する「My Softbankででオンライン手続きする」をお勧めします。

(2) My Softbank(公式会員サイト)でオンライン手続きする

1.My Sofbankにアクセスして、SIMロック解除をする携帯電話番号を入力してログイン

MySoftbankのトップページ

2.SIMロック解除をする端末のIMEI(製造番号)を入力して「次へ」を選択
(IMEIは、iPhoneの場合は「設定」>「一般」>「情報」の画面で、Androidの場合は電話で「設定」>「端末情報」>「機器の状態」>「IMEI番号」で確認できます)

3.IMEIと機種名を確認し、「解除キーを発行する」を選択

4.iPhoneの場合はSIMロック解除完了、Androidの場合は解除キーが発行されるのでメモする

5.iPhoneの場合はLINEモバイルのSIMを入れれば使用可能、Androidの場合はLINEモバイルのSIMを入れた後に解除キーを入力する

これでSIMフリー化が完了です!

auのiPhoneをSIMフリー化する手順

auの携帯端末をSIMフリー化するための方法は、以下の2通りです。

(1) auのショップで手続きする
(2) auのホームページでオンライン手続きする
(1) auのショップで手続きする

auショップでの手続きの場合、スタッフがすべてやってくれますので簡単です。

必要な物は、

・SIMロック解除機能搭載機種
・運転免許証やパスポートなどの本人確認書類
・SIMロック解除手数料(3,000円/店頭でお支払い)

ということで、いつもショップで手続きをする時に持っていくものと同じですね。ただし、3つ目にもあるとおり3,000円の手数料が発生するので注意が必要です。

「手数料をかけたくない!」というのであれば、次にお話する「My Softbankででオンライン手続きする」をお勧めします。

(2) auのホームページでオンライン手続きする

1.auの「SIMロック解除の可否判定」ページにアクセスします。

2.「SIMロック解除可否の確認」にてIMEI (半角数字15桁) もしくはMEID (半角数字14桁)を入力し、「判定」を選択します。(IMEIは、iPhoneの場合は「設定」>「一般」>「情報」の画面で、Androidの場合は電話で「設定」>「端末情報」>「機器の状態」>「IMEI番号」で確認できます)

3.「SIMロック解除のお申し込みは、こちらからお手続きを行ってください。」のこちらを選択します。(「SIMロック解除ができない端末です。」という結果がでた場合はSIMロック解除はできません)

4.暗証番号を入力し「次へ」を選択します。

5.SIMロック解除する端末にチェックをし「次へ」を選択します。

6.「解除の理由」を選択し、選択内容を確認したら「この内容で申し込む」ボタンを選択し、完了画面が表示されたら終了です。

これでSIMフリー化が完了しました!

ソフトバンクとauのAndoridは動作確認対象外

ドコモのスマホはiPhoneでもAndroidでも、2015年以降くらいの端末はLINEモバイル側で動作が確認されており、乗り換えした際にそのまま使うことができます。

しかし、ソフトバンクとauのAndroidスマホは、通信方式の違いから使用できない可能性があり、LINEモバイルでも動作確認がされていません。SIMロック解除してSIMフリー化してあっても使えない可能性があります。

どのAndoroid端末も100%使用できないというわけではありませんが、乗り換えしたのに使えないとなると大変です。どうしてもソフトバンクとauのAndroidをそのままLINEモバイルでも使いたいということであれば、事前に該当キャリアや端末メーカーに問い合わせて確認しましょう。

SIMロック解除してからLINEモバイルに乗り換えて、使えたらラッキーくらいに思っておいたほうが無難です。使えなかった時の場合を考えて、予め新しい端末をすぐに変える準備をしておくと良いですね。

ソフトバンクとauのAndoridを使っている場合の代替案

SIMフリー版iPhoneを購入する

iPhoneには最初からSIMフリーとなっているものが存在しており、最近はそのSIMフリー版を簡単に手に入れることができるようになっています。

SIMフリー版のiPhoneを使用しておけば、今後もし他のキャリアに乗り換えするとなっても使えないという心配がありません。格安SIMのキャリアは現在30を超え、これからも増えていく可能性が高いですので、この機会に汎用性の高いSIMフリーiPhoneを購入するのがオススメです。

SIMフリー版iPhoneを手に入れるための方法はいくつかありますが、お勧めの方法は以下の3つです。

1.Appleストアで購入する
2.Appleオンラインストアで購入する
3.Apple製品取扱店で購入する
【方法1】Appleストアで購入する

まだまだ店舗数は少ないですが、全国主要都市にAppleストアが存在します。ここはApple製品のみを販売している店舗で、iPhoneやiPad、それ以外にもMacBookやApple Watchなどを取り扱っています。

 

Apple Store一覧
宮城県
仙台一番町(仙台市)
東京都
渋谷店(渋谷区)
表参道店(渋谷区)
銀座店(中央区)
愛知県
名古屋栄店(名古屋市)
大阪府
心斎橋店(大阪市)
福岡県
福岡天神店(福岡市)

Appleストアで購入するメリットは、どんな相談も丁寧に聞いてくれること。大手キャリアと違って販売している端末がSIMフリー版なので、SIMフリーに関することでも親切に答えてくれます。

また、正規店からの購入ということで購入後のトラブルも丁寧にしてくれるため、スマホにあまり詳しくないという場合も安心して購入することができます。

そしてもう1つのメリットは、大手キャリアと同じく端末を分割で購入できること。しかも分割の回数もかなり細かく選択でき、回数によっては金利0%で購入できます。

 

Apple Store 分割金利一覧
0%
6、10、12回
3%
18、20回
5%
24、30、36、48、60回

(上記金利は今後変更になる可能性もあります)

一括でiPhoneを購入すると5~10万円くらいはしますので、分割で購入できるのはありがたいですね。

以上のことから、SIMフリー版iPhoneを購入するのであればこの方法が一番確実です。

【方法2】Appleオンラインストアで購入する

Appleストアは店舗数が少ないため、利用できる人が少ないのが欠点です。

もしあなたのお近くにAppleストアがない場合は、Appleのオンラインストアで購入すると良いでしょう。購入したいiPhoneが決まっている場合も、買いに行く手間が省けるのでオススメです。

在庫に余裕があるシリーズなら注文してから1~2日、最新シリーズでも3~5日で手元に届きます。もちろん、Appleストアと同じく分割購入も可能です。

Appleオンラインストア

【方法3】Apple製品取扱店で購入する

どうしても店舗で購入したい、でも近くにAppleストアがないという場合は、Apple製品取扱店で購入することをオススメします。

Apple製品取扱店はビックカメラやヨドバシカメラなど、全国各地の家電量販店内に設けられているApple公認ショップです。

こちらのスタッフさんもApple製品に関する知識を持った方々ですので、安心してSIMフリー版iPhoneが買えると思います。

どの家電量販店にApple製品取扱店が入っているかはAppleの公式サイトから確認することができますので、事前に検索しておきましょう。

Apple製品取扱店を探す

LINEモバイルの契約時に端末を併せて購入する

LINEモバイルではSIMカード単体の契約だけでなく、端末の購入も同時にできるようになっています。

また、端末代金の分割支払いにも対応しているため、大手キャリアの時と同じように毎月の料金に端末代を含めるイメージで持つことができます。最も安い端末は月々440円、その他にも月々1000円以下の端末がたくさんありますし、ちょっとお金をかけてもいいと言う場合は高性能スマホもありますので、けっこう選択肢は多いです。

また、LINEモバイルで販売されている端末はすべてSIMフリーなため、今後もし他社へ乗り換えすることがあっても安心です。

まとめ

ソフトバンクとauのスマホをLINEモバイルで使う方法について解説しました。

スマホで一番人気のiPhoneですが、乗り換えする際にも汎用性が高くて使い勝手がいいですね。その他のスマホも悪いわけではありませんが、今後は乗り換えがもっと気軽なものになっていくことが予想されますので、SIMフリー端末を購入するほうが無難だと思います。キャリアで購入するとしても、iPhoneならSIMロック解除してそのまま使えるのでお勧めです。

現在、既にiPhoneを使っている人はSIMロック解除をすればLINEモバイルでもそのまま使えるのでラッキーですね。端末代がかからなければ、1000円~3000円程度でLINEモバイルを利用することができます。

あなたもSIMフリー端末をうまく活用して、LINEモバイルを格安で使いましょう!

LINEモバイルのメリットや評判まとめ、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

11月6日までに申込で6ヶ月×900円割引