格安SIMに限らず、通話SIMであればSMS(ショートメッセージサービス:Short Message Service)機能は標準で利用できますが、格安SIMでデータ通信のみ契約する場合、SMSはオプションサービスで提供されていることが多く、SMSを利用するかどうかはあなた自身が選択する必要があります。

月額料金を安くするためにSMSオプションに入らずにデータ通信契約をするという方法もありますが、意外とないと不便な場面があるものです。

SMSサービスは文字メッセージのやりとりだけでなく、ゲームやアプリなどの「本人確認」で使われることがあり、SMSを本人確認に利用するアプリは年々増加しています。

本記事では、SMS機能の紹介と、SMSオプション付でおすすめの格安SIMを紹介いたします。

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

格安SIMのSMS送信料について

国内宛のSMS送信料は大手キャリアも格安SIMも変わらない

文字数(全角)送信料
1〜70文字
3円
71〜134文字
6円
135〜201文字
9円
202〜268文字
12円
269〜335文字
15円
336〜402文字
18円
403〜469文字
21円
470〜536文字
24円
537〜603文字
27円
604〜670文字
30円

SMSは電話番号を持っている相手にメッセージを送る機能ですが、データ通信は利用していません。SMSは電話回線を使ってメッセージのやりとりをしています。利用料金ですが、SMS受信には料金がかからず、SMSを送信するときに料金が発生します。

国内の電話番号にメッセージを送信する時は、大手キャリアも格安SIMでも料金は同じで、70文字までが1回あたり3円で、SMSでメッセージを送れる上限の670文字の場合は1回30円がかかります。一部のキャリアでは、同じキャリア同士でSMSをやり取りする場合のみ、無料で送れることもあります。

海外宛のSMS送信料は格安SIM会社によって異なる

海外の電話番号にメッセージを送信する場合は、格安SIMごとに利用料金が変わりますが、大抵の格安SIM会社では、文字数に応じて50円~1,000円の送信料がかかります。受信は国内と同じく無料です。その他、同じ会社でも、利用するプラン(回線)によって料金が異なる場合や、文字数に関わらず、一律の場合があります。

SMSオプション料金を含めた月額料金が安い格安SIMを紹介

ここからは、SMSサービス付きデータ通信プランで安くておすすめできる格安SIMを紹介します。

b-mobile:190SIM 月額320円からの従量制(SMSオプション料130円含む)

データ容量回線
種類
990 JUST FIT
(音声+データ)
190PadSIM
(データ+SMS)
190PadSIM
(データのみ)
100MB
まで
D-320円190円
S--
1GB
まで
D990円610円480円
S990円-
3GB
まで
D1,290円980円850円
S1,690円-
6GB
まで
D1,790円1,580円1,450円
S2,390円-
10GB
まで
D2,590円2,320円2,190円
S3,190円-
15GB
まで
D3,590円3,410円3,280円
S4,390円-
D=ドコモ回線 S=ソフトバンク回線

はじめに、SMS付きデータ通信量で一番安い格安SIM「b-mobile」を紹介します。b-mobileの190PadSIMというプランは、月額190円+SMSオプション130円の、合計320円から利用できます。

b-mobileの190PadSIMプランは、従量課金制で、データ容量が100MBまでは月額190円ですが、100MB以上利用する場合、利用するデータ容量に合わせて料金が変わります。具体的には100MB~1GBまでが480円、1GB~3GBまでが850円になってしまい、100MB以上使ってしまうと他の格安SIMの料金と変わりません。

b-mobileの190PadSIMプランを利用するなら、データ通信量をほとんど使わないが、いざという時だけ使うなど使い方が限定される場合におすすめです。

ロケットモバイル:神プラン(au回線) 月額398円

プラン
音声SIM
データSIM
D
A
D
A
S
神プラン
(200kbps)
948円1,068円298円398円398円
1GB1,250円1,380円590円700円790円
2GB1,300円-690円--
3GB1,400円1,470円840円840円-
5GB1,800円1,950円1,200円1,330円-
7GB2,400円2,560円1,850円 1,770円 -
20GB4,670円4,580円3,950円3,950円4,100円
D=ドコモ回線 A=au回線 S=ソフトバンク回線

ロケットモバイルは、低速通信(200kbps)が使い放題の「神プラン」があります。神プランの中でもau回線が利用できる神プラン(A)は、SMSオプションが無料で利用できますから、auで購入したスマホ、SIMフリースマホもしくはSIMロック解除したスマホでしたら、月額398円でSMS付きデータ通信プランが契約できます。

Docomo回線を利用した神プラン(D)やSoftBank回線を利用した神プラン(S)は、月額150円のオプションサービスを追加すればSMSサービスが利用できます。

神プランで問題となるのが低速通信です。200kbpsという速度は、速度制限がかかったときの速度と同等の速度です。200kbpsでできることとしては、LINEなどのメッセージのやりとりや通話機能、メールのやりとり、テキストサイト中心のネットサーフィンです。

逆にたくさんのデータ通信量を消費するYouTubeなどの動画サービスや、写真や画像が多いサイトはほとんど無理ですから、動画や画像が多いサイトは自宅のWi-Fiで見るなど、工夫が必要な格安SIMです。

LINEモバイル:ベーシックプラン 500MB 月額600円

LINEモバイル

 

2020年2月19日以降にLINEモバイルを契約するのでしたら、データSIMプランはすべてSMS付きになりましたので、500MBまで高速通信が使えるデータSIMでしたら、ベーシックプランが月額600円で利用できます。

ベーシックプランで1カ月の間に高速通信を500MB以上使ってしまうと、残りの期間は速度制限がかかります。LINEモバイルで速度制限がかかった場合、200kbpsの速度になります。200kbpsならロケットモバイルの神プランと同じスピードで利用できますので、高速通信も利用したいならLINEモバイルが一番おすすめです。

LINEモバイルをおすすめする一番のメリットは、SNSフリー・オプションです。LINEやFacebook、Twitter、Instagram、LINEミュージックなら、いつでも高速通信が利用できるサービスを提供しています。

5つのSNSの中でも、頻繁に利用するアプリがLINEでしたらオプション料金なしでLINEが使い放題となります。それ以外のサービスは、FacebookとTwitterを頻繁に利用するなら+280円、Facebook、Twitter、Instagram、LINEミュージックを利用するなら+480円のオプション料金で各SNSが使い放題です。

ただ、500MBのベーシックプランLINEのみ使い放題で、SNSフリーは月額980円の3GBプラン以上でしか利用できないので注意が必要です。b-mobileやロケットモバイルは少し癖があるプランですので、癖がないプランを選択したいのでしたらLINEモバイルのデータSIMを契約することがおすすめです。

イオンモバイル:1GB 月額620円(SMSオプション料140円含む)

イオンモバイル
コース音声SIMデータSIM
(SMSなし)
シェア音声
(最大5枚)
500MB1,130円--
1GB1,280円480円-
2GB1,380円780円-
4GB1,580円980円1,780円
6GB1,980円1,480円2,280円
8GB2,680円1,980円2,980円
12GB3,280円2,680円3,580円
20GB4,680円3,980円4,980円
30GB5,680円4,980円5,980円
40GB6,980円6,480円7,280円
50GB8,980円8,480円9,280円

イオンモバイルでSMSサービス付きデータ通信プランを利用する場合、Docomo回線のイオンモバイルを契約するのでしたら、月額480円+SMSオプション140円で利用できます。

イオンモバイルの一番の特徴は契約方法です。一般的な格安SIMの場合は、インターネットを通じて公式サイトから契約をすることが一般的です。なぜなら、一般的な格安SIMは実店舗を持たないからです。

それに対してイオンモバイルは、全国で展開されているスーパー「イオン」で契約できます。インターネット契約に不安がある、店員さんと一緒にプランを決めたいなど、店舗で契約したいならイオンモバイルが一番おすすめです。

mineo(マイネオ):シングルタイプ 500MB 月額700円

mineo(マイネオ)
データ容量回線
種類
デュアルタイプ
(音声+データ)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
500MBA1,310円700円
D1,400円700円
S1,750円790円
3GBA1,510円900円
D1,600円900円
S1,950円990円
6GBA2,190円1,580円
D2,280円1,580円
S2,630円1,670円
10GBA3,130円2,520円
D3,220円2,520円
S3,570円2,610円
20GBA4,590円3,980円
D4,680円3,980円
S5,030円4,070円
30GBA6,510円5,900円
D6,600円5,900円
S6,950円5,990円
回線種類:A=au回線 D=ドコモ回線 S=ソフトバンク回線

mineoはドコモ、au、ソフトバンク回線の3回線を扱っていますが、SMSサービス付きデータ通信プランを利用するのでしたら、おすすめはau回線を利用するAプランです。Aプランは、SMSオプション無料でSMSが利用できます。Aプランなら、シングルタイプ(データ通信のみ)の500MBが、月額700円で提供しています。

mineoは、500Kbpsでデータ通信使い放題のパケット放題というオプションが月額350円で利用できます。500Kbpsという通信速度は決して早くはありませんが、200kbpsでは利用できなかった動画サイトや画像も、高速通信よりは時間はかかるものの、利用はできます。

パケット放題を利用しない場合、速度制限時は200Kbpsまで速度が低下してしまいますので、LINEモバイルよりも料金的に高くなってしまいますので、mineoを利用するならパケット放題がおすすめです。

IIJmio(みおふぉん):ミニマムスタートプラン 3GB 月額900円

IIJmio(みおふぉん)
プラン
音声SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
タイプD
タイプA
タイプD
タイプA
タイプD
ミニマム
3GB
SIM最大2枚
1,600円1,040円900円900円
ライト
6GB
SIM最大2枚
2,220円1,660円1,520円1,520円
ファミリー
12GB
SIM最大10枚
3,260円2,700円2,560円2,560円
タイプD=ドコモ回線 タイプA=au回線

IIJmioでSMSサービス付きデータ通信プランを一番安く利用するなら、Aプラン(au回線)のミニマムスタートプランになります。高速通信が3GBまで使えて月額900円が一番安いプランです。

IIJmioの特徴は、1契約で複数のSIMカードが利用できるシェアプランに対応していることです。ミニマムスタートプランの場合は2枚まで持つことができ、2枚のSIMカードでデータ量が分け合えます。例えばスマホとタブレットを持っているなど、複数の端末を保有している場合におすすめできます。

UQモバイル:データ高速プラン 3GB 月額980円

UQ mobile 【ALL CONNECT】
プラン名月額料金節約モード/
速度制限時
プランS
(3GB)
1,980円300kbps
プランR
(10GB)
2,980円1Mbps
データ高速プラン
(3GB・225Mbps)
980円(通話不可)200kbps
データ無制限プラン
(容量無制限・500kbps)
1,980円(通話不可)-

UQモバイルは、オプションサービスなしでSMSが利用できます。一番安いプランはデータ高速プラン 3GBで、月額980円でSMSサービス付きデータ通信プランが利用できます。

UQモバイルの特徴は、通信速度が安定していることです。auのサブブランドとして運用しているため、他の格安SIMよりもau回線を優先的に利用できるため、ほぼ大手キャリアと同じくらい、回線速度が安定しています。

格安SIMの弱点でもある速度低下を防ぎたいのでしたら、一番おすすめできる格安SIMです。

まとめ

格安SIMのSMSサービスについてまとめました。SMSサービスを利用する上で、ポイントとなることが3点あります。

  • 国内ユーザーへのSMS送信料は大手キャリアも格安SIMも同じ料金
  • SMSサービスはオプションサービスで提供している会社と無料で提供している会社がある
  • 格安SIMを選ぶなら、SMS以外のサービスを比較することをおすすめ

SMSサービス自体は、料金の差は多少ありますが、サービス自体は大手キャリアも格安SIM会社もほとんど変わらず、文字を送るサービスですから、格安SIMを選ぶポイントは、それ以外のサービスや利用料金で比較する必要があります。

ぜひ自分にあった格安SIMを見つけていただき、満足度を下げずに節約していきましょう。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

3ヶ月間 980円値引きキャンペーン中
 
 
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル