格安SIMでのSMSの使い方

格安SIMを契約する際に、SMSの使用方法や大手キャリアで利用する時との違いがあるのか気になる点だと思います。

今回はSMSの概要や、格安SIMでSMSは必要なのかについてご紹介します。格安SIMを契約する前で、SMSを利用するか迷っている方は是非参考にしてください。

 

\当サイトおすすめ格安SIMはこちら/
LINEモバイル

 

SMS(ショートメッセージサービス)の基礎知識

SMSは電話番号でメールができる機能

SMSという言葉をよく耳にすると思いますが、LINEなどのSNSアプリが普及しているためSMSがどのようなサービスなのか知らないという方もいると思います。

SMSとは「ショート・メッセージ・サービス」の略で、電話番号を使用してメールの送受信をすることができます。ショート・メッセージという名前の通り、短い文章を送る際に利用されるのがSMSの特徴です。

普通のメールとは違いSMSでは長文を送ることができないため、長文を送りたい場合はメールやLINEなどを使用してメッセージを送る必要があります。

以前までは送信可能な文字数が全角70文字以内でしたが、現在は機種によっては全角670文字までが送信可能です。格安SIMによって送信できる文字数が違うので、SMSを利用したい方は契約する前に送信可能な文字数調べることを忘れてはいけません。

SMSの良さは電話番号を知っていることで、メッセージを送受信できる点です。手間のかかる設定などが一切ないので、簡単に連絡を取ることができます。

最近ではLINEやFacebookなどでのアプリを利用して友人や家族と連絡を取っている方がほとんどだと思いますが、連絡相手がメールやLINEに不慣れな場合やガラケーを使用している際の連絡手段としてSMSが利用できると相手も助かります。

SMSは受信料無料、送信料は1通3円~

送信文字数1回あたりの料金(税抜)
全角1〜70文字
3円
全角71〜134文字
6円
全角135〜201文字
9円
全角202〜268文字
12円
全角269〜335文字
15円
全角336〜402文字
18円
全角403〜469文字
21円
全角470〜536文字
24円
全角537〜603文字
27円
全角604〜670文字
30円

SMSではメールの受信料は無料ですが、送信料は1通につき3円かかります。受信料は無料なので、電話番号で会員登録した際に届くメールについては受信料など気にする必要はありません。

送信は1通につき3円からで、文字数によって送信料が変わります。送る量が多すぎると料金が高くなるので注意が必要です。

SMSでは画像や動画の送受信はできない

メールを利用して画像や動画を友人や家族に送ることがあると思いますが、SMSでは画像や動画の送受信をすることはできません。

画像や動画を友人や家族に送りたい場合はSNSやメールアドレスを使用して相手に送るようにすると問題ありません。

格安SIMでのSMSの使い方について

音声通話SIM、もしくはSMS付きデータSIMでなければならない

格安SIMのSIMカードの種類は、「音声通話SIM」「SMS付きデータSIM」「データSIM」の3つがあります。

音声通話SIMは、電話番号を使用して通話することができるので、普段から電話番号を使用して通話をする方向けのSIMカードです。大手キャリアは基本的にこのタイプのSIMですね。

仕事などで電話番号を使う必要がある方は、格安SIMでは電話番号を使って通話できないと不安な方もいると思います。音声通話SIMで契約することで、電話番号を使って通話をすることが可能なので安心です。

データSIMはデータ通信のみが利用でき、電話番号を持って通話をすることはできません。その代わり、LINEなどのSNSアプリを利用するなど、電話番号が不要な方法なら通話をすることは可能です。

電話番号を使用しないからという理由でSMSを付けなかった場合、後からSMSが利用できないことについて後悔することがあるかもしれません。SMS付きデータSIMはデータSIMのできることに加えて、SMSも使用することができます。

SIMタイプは契約時に選択しますが、後からSMSを使いたくることもあるでしょう。格安SIMによっては契約後にSIMタイプを変更することが可能なので、少しでも後から使う可能性がある場合は、SIM変更に対応している格安SIMを選ぶことをおすすめします。

多くの格安SIMにおいて、SIM付きデータSIMはデータSIMよりも少し割高であり、両者の差は100円~200円程度です。また、格安SIMによってはSMS付きデータSIMというSIMタイプがなく、データSIMにオプションという形でSMS機能を付けるところもあります。

使い方は大手キャリアと変わらない!iPhone、Androidともに「メッセージ」アプリで送受信

格安SIMの使い方については、大手キャリアと変わりがありません。iPhoneとAndroid両方とも、「メッセージ」アプリを利用してメッセージの送受信を行うことができます。

SMSについては大手キャリアを契約している際に、1度は使用したことがあると思います。メールがどうしても苦手だという方は、SMSならメールに比べて操作が簡単なので使いやすいと感じることができるのではないでしょうか。

大手キャリアと使用方法が異なると慣れるまで時間がかかりますが、大手キャリアと同じ方法で使うことができるので安心です。

格安SIMでSMSは必要?使い道について解説

SMSは利用頻度が低いため、いざ格安SIMを契約しようとなると、SMSが必要かどうか悩む人も多いでしょう。

ここでは、格安SIMでSMSを使えることによってどういった点が便利になるのかを具体的にお伝えします。

電話番号しか知らない相手ともメールができる

知り合いの中には連絡先として、電話番号しか知らないという相手もいると思います。電話は相手の仕事時間などを考えると掛けづらいことがありますが、SMSならショートメッセージを送ることができるので相手に迷惑をかける心配もありません。

電話をかけるほどの要件ではないことを伝える際にも、すぐにメールを短文で送れるSMSは便利です。連絡相手がスマホではなくガラケーのみを使用していてSMS機能しか使えない場合も、SMSを格安SIMで利用していると連絡を取り合うことができます。

SNS、会員制サービスなどのSMS認証ができる

ショッピングサイトなどを利用する際に、SMS認証が必要な場面があります。その際にSMSが使用できると、SMS宛てに認証番号などが送られてログインなどをすることができます。

セキュリティを強化するためにサイトによって、2段階認証を設定できることがあります。2段階認証には電話番号が使用されるので、SMSが使用できると2段階認証も問題なく利用することが可能となります。

会員制サービスを使用しているとパスワードやIDを忘れてしまうことがありますが、電話番号を入力することによってSMSでパスワードやIDの変更作業を行うことができる場合もあります。

会員制サービスを使う上でメールアドレスだけでは不便なことがありますが、SMSが使えることで問題が起きた際もすぐに解決することができます。不正アクセスなどを防ぐにも、電話番号を登録していることでセキュリティを強くできるため安心です。

アプリや会員制サービスによってはSMS認証が必要なものもあり、SMSがないと利用できないということもあります。SMS機能があることによって、アプリや会員制サービスをどれでも問題なく利用することが可能になります。

まとめ:格安SIMでもSMSの使い方は簡単!

今回は格安SIMでのSMSの使用方法や、SMSの基礎知識についてご紹介しました。格安SIMでSMSを使用することは難しいというイメージを持っている方もいると思いますが、大手キャリアと同じように使い方は非常に簡単です。

これから格安SIMでSMSを使用したいと考えている方は、是非参考にしていただければ幸いです。

 

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル