格安スマホにしたいけど、どこの会社を選べば良いか分からない。そんな悩みを抱えていませんか?

現在格安スマホの会社は20社以上あり、プランや特徴も多種多様です。正直、月額料金はどの格安SIMも大差なく、サービスも似通ったものが多いので、他にはない大きな特徴がある格安SIMを選ぶのが賢明です。

今回は、数ある格安SIMから管理人がお薦めする会社を4社選んでランキング付けしました。各社の特徴も詳しくまとめてあります。

この記事を読む事で、おすすめの格安SIMの詳しい特徴を知る事ができ、あなたに最適なSIM会社を選択出来るようになります。

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

【第1位】LINEモバイル:データフリー&格安料金&どのキャリアからでも簡単乗り換え

LINEモバイルはLINE, Twitter, Instagram, Facebookが使い放題

驚くことに、LINEモバイルには「データフリー」と言うサービスがあります。対象サービスはSNS(MUSIC+でいえば、LINE・Twitter・Facebook・Instagram・LINE MUSIC)で、これらのサービスを使用する場合のデータ通信量が0です。

メジャーアプリが使い放題

このサービスの凄い所がもう1つあって、データ容量を使い切って通信制限がかかっている状態であっても、上記主要SNSは通常速度で使用出来る点です!これは嬉しいですよね。

現在この主要SNSに使っている通信量の平均が、全体の30%を占めると言うデータがあります。つまりデータフリー機能があることで、今まで使っていた通信量をかなり節約出来ます。そうするとデータ容量の小さいプランに下げることができる可能性も高いため、さらに月額料金が安くなります。

これは格安SIMの中でも他にない特徴なので、SNSを沢山使う方には是非おすすめしたいところです。

LINEモバイルはドコモ、au、ソフトバンク回線の3種類がある

自分の今使っている回線を変えたくない方もいますよね。LINEモバイルは大手3社(au,ドコモ,ソフトバンク)の回線をどれでも好きなものから選べます。

しかも基本料金は、どの回線を選んでも一緒なので、回線にこだわりのある方にも、とてもおすすめです。

ただ、この後にお話しますが、LINEモバイルで通信速度を重視するのであればソフトバンク回線がおすすめです。auやドコモのスマホでLINEモバイルのソフトバンク回線を使いたい場合は、SIMロック解除を忘れないようにしましょう。

LINEモバイルはソフトバンクの子会社のためソフトバンク回線が高速&安定

どの格安SIMの会社も大手3社(au,ドコモ,ソフトバンク)の回線を一部借りて使用しています。そのため、借りている回線の量より使用するユーザーの量が多くなってしまうと、速度が落ちてしまいます。

LINEモバイルは大手3社全ての回線を借りていますが、ソフトバンクの子会社と言う事もあり、ソフトバンク回線を借りている量が一番多いので、高速で常に安定した速度で使用する事が出来ます。

LINEモバイルの社長である嘉戸社長は以下のようにコメントしており、ソフトバンク回線に力を入れることを明言しています。

・格安SIMで通信速度を重視するユーザーはソフトバンク回線を選ぶことになる

・「格安スマホ最速」は、大手キャリア(KDDI)のサブブランドであるUQ mobileを除いた最速を目指す

ソフトバンク回線の提供を開始した時には「格安スマホ最速チャレンジキャンペーン」なども行っており、実際にソフトバンク回線に注力していることが分かります。

 

【第2位】UQモバイル:格安SIMの中ではダントツの通信速度

UQモバイルはauのサブブランドでau回線+自社回線のため通信速度が速い

あなたは知っていましたか?UQモバイルはauの子会社と思われがちですが実は違います。auはKDDIの子会社でUQもKDDIの子会社なんです。

UQモバイルはauの不足する通信網(格安SIM)を補うために設立されたサブブランドなのでauと横並びの会社です。

データ通信に関してはau回線を借りると同時に自社回線も持ってます。借りているau回線の容量が足りなくなっても、自社回線で補う事が出来るので常に安定した高速通信が可能です。

格安SIMの全会社のデータ通信速度を調べた結果、UQモバイルの高速データ通信は全社の中でも圧倒的1位の速度を出していますので、特に格安SIM初心者には、とてもおすすめです。

UQモバイルは節約モードを使えばデータ消費ゼロ(送受信最大300Kbps)

UQモバイルには節約モード機能があります。他の会社は契約したデータ通信量を使い切ると、自動的に低速モードに切り替わるんですが、UQモバイルの節約モードは好きな時にデータ消費量0の低速通信に切り替える事が出来るんです!

しかもUQモバイルの凄い所は低速と言っても最大300kbpsの通信速度が出る点です。大抵の低速通信は120~200kbpsくらいなのでUQモバイルは倍近いスピードが出ます。

実際にUQモバイルを使用したことがありますが、節約モードでほとんどストレス無く出来る事は(SNS関係、音楽ストリーミング、ネットショッピング、YouTubeを一番画質落として再生)などです。当然高速通信よりタイムラグは有りますが、ストレスと言うほどでは無かったです。

UQモバイルは2年目以降の月額料金が変わるため注意

UQモバイルには「イチキュッパ割」があります。この割引は契約から13か月間の基本料金を1,000円割引にすると言うものなので、単純に2年目以降は+1,000円になります。

契約時にサラッと説明される事が多いので間違えないように要注意です。

ただその分、他の格安SIMに比べて通信速度が速い点と安定しているため、月額料金とはトレードオフと言えます。

2年目以降は料金が変わると言っても大手キャリアに比べれば十分安いので、通信速度の速さを重視するのか、それとも料金の安さを重視するのかで決めると良いでしょう。

 

【第3位】Y!mobile(ワイモバイル):UQモバイルに負けず劣らず高速通信

Y!mobileはソフトバンクのサブブランドで自社回線のため通信速度が速い

ワイモバイルは格安SIMの会社ですが、他の格安SIM会社と違い、ソフトバンクのサブブランドなので、ソフトバンクと同等の条件で回線を使用できます。

またデータ通信用の独自回線も持っているので、常に高速で快適な通信速度で利用することが出来ます。

管理人はワイモバイルも使用していた事がありますが、時間帯を問わず通信速度にストレスを感じたことはありません。

ただし速度制限がかかった場合には、ネットショッピングや動画視聴は他のキャリアと同じくほとんど出来ないので、その辺りは少々UQモバイルに劣る部分と判断し、第3位にしました。

Y!mobileは全国に3,000以上の店舗があるためサポートを受けやすい

ほとんどの格安SIM会社は、コストを抑える為に実店舗を持たない会社がほとんどですが、ワイモバイルは全国に3,000店舗以上の実店舗があります。

出店体系も独立店舗、電気屋さんのスマホコーナー、デパートのテナントなど色々な所にあるので、契約や問い合わせ、また解約手続きをする際にもとても便利です。

大手キャリアでは実店舗があるのが基本なので、ネットのみの申し込みや手続きだけだと不安と言う人も多いでしょう。わからないことがあれば直接サポートを受けたいと言う場合はY!mobileがおすすめです。

Y!mobileは2年目以降の月額料金が変わるため注意

新規契約、他社からのりかえ、契約変更の場合【ワンキュッパ割】が適応され、加入翌月から12か月基本使用料が、自動的に1,000円割引になるので、それ以降は基本使用料が通常料金に戻るので注意が必要です。

料金体系としてはUQモバイルと似ています。どちらにもメリット・デメリットがあるため、好みに合わせて選択すると良いでしょう。

 

【第4位】BIGLOBEモバイル:他の格安SIMにはないエンタメフリー・オプションが特徴

BIGLOBEモバイルはYouTube、AbemaTV、U-NEXTなどのコンテンツを使い放題にできる

BIGLOBEモバイル最大の特徴は【エンタメ・フリーオプション】で音声通話SIMなら月額480円、データSIMは月額980円で動画(YouTube、AbemaTV、U-NEXTなど)、音楽・ラジオ配信(Google Play Music、Apple Music、AWA、LINE MUSICなど)、コミュニケーションアプリ(Facebook Messenger)これら全てのコンテンツを通信量を使用せずに使い放題になるオプションです。

私はYouTubeの使用頻度が非常に高いので、月額480円でこのサービスは本当に魅力的です。大抵の方は、動画や音楽などに大量の通信量を使用していると思うので、BIGLOBEモバイルを検討する時には是非合わせて【エンタメ・フリーオプション】も検討する事をおすすめします。

BIGLOBEモバイルはオプションでかけ放題と通話パックがある

通話に関するオプションが4種類あり、金額は2パターンに分かれます。月額830円(税別)のプランには【10分かけ放題】と【通話パック90】があります。

【10分かけ放題】は10分以内の国内通話であれば、何回かけても通話料がかかりません。【通話パック90】は1,620円分の国内通話(最大90分)が無料になるプランです。

月額600円(税別)のプランには【3分かけ放題】と【通話パック60】があります。【3分かけ放題】は3分以内の国内通話であれば、何回かけても通話料が無料で、【通話パック60】は1,080円分の国内通話(最大60分)が無料になるプランです。

4種類に細分化されているので、あなたに最適なプランを選ぶ事ができます。

 

まとめ

今回は【2019年版】格安スマホ/SIM会社おすすめランキングをご紹介させて頂きました。

【第1位】 LINEモバイル
【第2位】 UQモバイル
【第3位】 ワイモバイル
【第4位】 BIGLOBEモバイル

あなたの使い方に最適な会社、プランはありましたか?今回の記事を参考に、是非あなたに合った格安SIMを選んでみて下さい。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

最大16,720円割引キャンペーン中
 
 
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル