【格安SIM】電話番号そのままでソフトバンク回線のある会社にMNP

現在はスマホの乗り換えをしても同じ電話番号を利用するというのが主流になっています。大手キャリアから格安SIMに乗り換えをする人は徐々に増えてきており、乗り換えをする機会が多くなっています。

格安SIMは大手キャリアの回線を間借りして運用しているサービスです。最近では、ソフトバンク回線を利用した格安SIMを運営する会社が増えてきています。

今回は、ソフトバンク回線を利用した格安SIMに電話番号をそのままで乗り換えをする方法やおすすめの会社をご紹介したいと思います。

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

ソフトバンク回線のある格安SIMに電話番号そのままで乗り換える際の注意点

電話番号は引き継げるがメールアドレスは引き継げない

格安SIMの注意点の一つにキャリアメールを引き継ぐことはできないという点があります。

大手キャリアでは、キャリアメールを独自に提供していますが、そのメールアドレスは格安SIMをに乗り換えた後は使用することができません。

そのため、格安SIMに乗り換えた後のメールはフリーメールを使うのが一般的です。フリーメールなら今後もしまた他の会社に乗り換えることがあっても同じメールアドレスがそのまま使えるためおすすめです。

乗り換え時にスマホ端末も変える場合はバックアップを行う

大手キャリアであればAndroid端末は独自の機械を利用してバックアップを行ってくれるところもあります。しかし、格安SIMではバックアップを行ってもらうことはできません。

そのため、乗り換えの際にスマホの機種変更をする場合はユーザー自身がバックアップを行う必要があります。

バックアップ方法は様々ですが、Andoridの場合はmicroSDカードやGoogleドライブを利用した方法が一般的です。iPhone同士のデータ移行についてはAppleが提供している独自のバックアップを利用します。iCloudを利用してインターネット上に保存するやり方や、iTunesを利用してPCに保存する方法です。

iCloudの場合は、無料で利用できる容量は5GBしかなく、すべてのデータをバックアップしたい場合は別途有料契約にて容量を大きくしなければならない可能性があります。

iTunesに関しても、PCを持っていない方は利用することができません。また、最新のMacOSではiTunesが非対応となっているため、事前にバックアップ方法を調べておく必要があります。

auやドコモから格安SIMのソフトバンク回線に乗り換える場合はSIMロック解除が必要

auやドコモなどの大手キャリアから格安SIMのソフトバンク回線へ乗り換える際に、同じスマホを利用したい場合はSIMロック解除を行う必要があります。

SIMロック解除を行う場合は、各キャリアの店頭か公式ホームページから行う必要があります。また、店頭で行う場合は手数料として別途3000円程度発生します。

また、分割購入の場合は端末購入から100日程度の間SIMロック解除ができません。購入後のSIMロック解除の条件をあらかじめ調べておくようにしてください。

ソフトバンク回線のある格安SIMに電話番号そのままで乗り換える方法

必要があればショップ、電話、ウェブで端末のSIMロック解除をする

ソフトバンク回線を利用して格安SIMに乗り換える場合、必要であれば、ショップや大手キャリアへ電話、Webの専用ページでSIMロック解除を行ってください。

先ほどもお話しましたが、SIMロック解除を行う場合の注意点として、ショップに行く場合は別途手数料が発生してきます。もし、手数料無しで手続きしたい場合はWebで行ってください。

また、電話でSIMロック解除の対応を行っているのはドコモのみです。そのため、auユーザーは電話でのSIMロック解除はできませんので注意が必要です。

移転元キャリアでMNP予約番号を取得する

電話番号を引き継いだまま利用する場合は、移転元の会社でMNP予約番号を取得する必要があります。MNP(ナンバーポータビリティ)は移転先でも電話番号を利用できるサービスです。

MNP予約番号を取得する場合は、店頭かキャリアマイページから申し込みをすることができます。しかし、MNP予約番号取得にはどの会社も手数料が発生します。

手数料については、30000円程度発生する場合がほとんどです。MNP転出後の最後の料金支払い日に手数料も一緒に引き落とされます。

契約予定の格安SIM公式サイトから申し込みをする

格安SIMの申し込みを行う場合は、契約したい格安SIMの公式サイトから行います。大手キャリアと違い、格安SIMでは実店舗がほとんど存在しません。そのため、大手キャリアと違いインターネットからの契約が必要です。

どうしてもショップで申し込みをしたいという場合は、数は少ないですが実店舗がある格安SIMを選択しましょう。

例えばY!mobileなら、実店舗を多く構えています。大手キャリアと同じく実店舗での契約を希望する方は会社規模の大きい格安SIMに契約するのがおすすめです。

SIMカード到着後にMNP転入切替手続きとAPN設定を行う

格安SIMから届いたSIMカードをスマホに挿入し、MNP転入切り替え手続きとAPN設定を行う必要があります。

MNP転入切り替えは、契約した格安SIMのマイページか電話で手続きを行う必要があります。どちらであっても基本的に転入手続きに手数料はかかりません。

また、マイページからの転入手続きがない場合は、転入期限日になると自動的に転入手続きがされます。

APN設定については、届いたSIMカードと一緒に説明書が同梱されている場合がほとんどですので、そちらを参考にしながら設定をしましょう。乗り換えが完了しても、APN設定が完了しないとインターネット接続ができないため注意して下さい。

電話番号そのままで乗り換え!ソフトバンク回線のある格安SIM

【LINEモバイル】ソフトバンクの子会社でSNSデータフリーに対応

LINEモバイル

 

LINEモバイルは、ソフトバンクの子会社である格安SIMです。LINEモバイルは、LINEなどのSNSがデータフリーで利用できる特徴を持っています。

LINEモバイルは、月額600円から利用することができます。音声通話SIMでも月額1100円から利用可能です。また、データフリーにしたいSNSに応じてオプションをつけることができます。

LINEのデータフリーはすべてのプランで適用され、プラス月額280円でTwitterとFacebookもデータフリーで利用できます。さらに、月額480円でInstagramやLINE MUSICもデータフリーで利用可能です。

若い世代の子はSNSの利用頻度が高いため、お子様のスマホデビューや学生のスマホにおすすめの格安SIMです。ソフトバンク回線は安定感があるという点もおすすめできるポイントです。

【Y!mobile】ソフトバンクのサブブランドで通信速度が高速

プラン名月額料金通話
プランS
(3GB)
~6ヶ月目:1,980円
7ヶ月目~:2,680円
1回10分の通話が
回数無制限で無料
プランM
(9GB)
~6ヶ月目:2,980円
7ヶ月目~:3,680円
1回10分の通話が
回数無制限で無料
プランR
(14GB)
~6ヶ月目:3,980円
7ヶ月目~:4,680円
1回10分の通話が
回数無制限で無料

Y!mobileは、ソフトバンクのサブブランドに当たる格安SIMです。運営もソフトバンクが行っており、格安SIM業界トップクラスの通信速度が特徴です。

大手キャリアに引けを取らない回線速度の通信速度は、格安SIM特有の回線の遅延をユーザーに感じさせることはありません。

料金については、音声通話SIMのみの契約ですが、月額2680円から利用することができます。また、新規契約か6か月間は1980円、光とのセットは500円の割り引きが適用されます。

さらに、10分間かけ放題が標準でついており、1000円追加すると24時間かけ放題プランを追加することができます。メイン回線として利用したい方も十分に利用できる格安SIMです。

【mineo(マイネオ)】ユーザー満足度が高い格安SIM

mineo(マイネオ)
データ容量回線
種類
デュアルタイプ
(音声+データ)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
500MBA1,310円700円
D1,400円700円
S1,750円790円
3GBA1,510円900円
D1,600円900円
S1,950円990円
6GBA2,190円1,580円
D2,280円1,580円
S2,630円1,670円
10GBA3,130円2,520円
D3,220円2,520円
S3,570円2,610円
20GBA4,590円3,980円
D4,680円3,980円
S5,030円4,070円
30GBA6,510円5,900円
D6,600円5,900円
S6,950円5,990円
回線種類:A=au回線 D=ドコモ回線 S=ソフトバンク回線

mineoは、関西電力グループが運営する格安SIMです。mineoの特徴は、顧客満足度No1であることです。MMD研究所の研究では、利用者の約82%が「満足」「やや満足」と回答しています。

mineoのソフトバンク回線は月額790円から利用することができます。また、通話音声SIMも月額1750円から利用することができます。

mineo同士なら余ったデータ通信を分け合うことができるなど、面白いシステムが様々あります。サービスの多様さも顧客満足度No1の理由の一つと考えられます。

【nuroモバイル】格安SIMが初めての方向けのお試しプランあり

 回線
種類
データデータ
+SMS
データ
+音声
お試し
プラン
(0.2GB)
A500円650円1,200円
D300円450円1,000円
S500円-1,200円
Sプラン
(2GB)
A780円930円1,480円
D700円850円1,400円
S980円-1,680円
Mプラン
(7GB)
A2,100円2,250円2,800円
D1,500円1,650円2,200円
S2,100円-2,800円
Lプラン
(13GB)
A2,980円3,130円3,680円
D2,700円2,850円3,400円
S2,980円-3,680円
回線種類:A=au回線 D=ドコモ回線 S=ソフトバンク回線

nuroモバイルは、SONY株式会社が運営する格安SIMです。nuroモバイルの特徴は、とにかく安くお試しできるということです。

お試しプランは、データSIMなら月額500円、音声通話SIMでも月額1200円からソフトバンク回線を利用できるプランです。

こちらは最低利用期間と解約金がありません。そのためユーザーのタイミングで解約を行うことができます。格安SIMを初めて利用したい方にとっておすすめの格安SIMです。

まとめ:電話番号そのままでソフトバンク回線のある格安SIMへの乗り換えは簡単!

いかがでしたか?電話番号をそのままでソフトバンク回線のある格安SIMに乗り換えるのは案外簡単です。

格安SIMなら大手キャリアに比べて圧倒的に安く利用することができます。また、回線速度も人気の高いソフトバンク回線にすることて安定した運用を行うことができます。

あなたもぜひ格安SIMでソフトバンク回線を利用してみてください。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

3ヶ月間 980円値引きキャンペーン中
 
 
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル