2019年10月から始まったキャッシュレス消費者還元事業が始まり、キャッシュレス決済が可能な店舗が増えたこともあり、キャッシュレス決済の利用者が増えています。

その中でもLINE Payは、メッセージアプリとして日本で一番利用者数が多いLINEを使っていさえすればすぐに利用できるキャッシュレス決済ということで、利用者数が急増しています。

LINE Payは、誰でも簡単に使えて、便利に使える機能がたくさんあるのですが、その中でも、LINEの友達へお金を送金したり、LINEの友達からお金を受け取ることができることをご存知でしょうか。

そこで本記事では、LINE Pay内で友達にLINE Pay残高へ送金する方法と受け取り方法を紹介します。店舗の支払いでLINE Payを利用できるようになりましたら、次は友達同士でLINE Pay残高のやり取りを行い、さらにキャッシュレス決済を便利に利用していきましょう。

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

LINE Payについて

LINE Payとは?

LINE Payというのは、メッセージアプリで有名なLINE社が提供しているキャッシュレス決済サービスです。LINE Payの特徴は、LINEさえダウンロードしていれば、難しいことをせずにLINE Payの利用が可能なところです。

LINE Payにはたくさんの機能がついていますが、たくさんの機能が簡単に利用できるのも特徴の一つです。今回紹介する送金や送金の受取は、LINEの友だちにさえなっていれば、気軽に利用することができます。

また、もう1点大きな特徴として、LINE Payからの出金が、他のキャッシュレスサービスよりも簡単で時間が早いです。手数料220円ですぐにLINE Payの残高を現金化できます。

他のキャッシュレス決済サービスでは現金化に時間がかかる、手数料が高いなど、出金が使いづらいことが多いです。キャッシュレス決済に対応していないお店でどうしても現金の持ち合わせがない時などに有効活用できます。

LINE Payでの決済は手数料なし

LINE Payの大きな特徴として、決済に手数料が必要ないところです。クレジットカードの場合、店舗によってはカード手数料などがかかる場合がありますが、LINE Payの場合は決済を行っても手数料が一切かかりません。

LINE Payが使えるお店やサービスは多い

LINE Payは使えるお店が多いです。例えばコンビニエンスストアでしたら、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップなど大手コンビニは利用可能です。

ドラッグストアもLINE Payの利用が可能です。大手ドラッグストアではマツモトキヨシやウェルシアなど、色々なドラッグストアで利用可能です家電量販店では、ビックカメラやコジマでんき、ケーズデンキやジョーシンなどで利用可能です。

その他にも、ライフやサミット、ベイシアなどのスーパーマーケット、服屋やリサイクルショップ、一部のショッピングモールや百貨店でも利用可能です。

カフェや飲食店、居酒屋、雑貨店でも利用可能です。スターバックスや上島珈琲店といった全国チェーン展開しているカフェや、牛丼の松屋やリンガーハット、スシロー、居酒屋はワタミや白木屋、魚民や山内農場、金の蔵などで利用可能です。

雑貨屋については、レンタルビデオのツタヤ、本屋のジュンク堂、カメラのキタムラやLOFTなどで利用が可能です。

店舗以外にも、オンライン決済サービスの支払いや、請求書払いに使えます。オンライン決済サービスでは、ZOZOTOWN(服屋)やHMV ONLINE(CDショップ)、フリマアプリのラクマや出前サービスの出前館などで利用が可能です。

請求書払いとは、料金支払いについているバーコードをLINE Payで読み込み、そのままLINE Payの残高として支払うサービスです。すべての請求書払いに対応しているわけではありませんが、コンビニで支払う回数が多い人には非常におすすめできるサービスです。

LINE Payのもうひとつの特徴として、LINE Payカードというプラスチックのカードがあります。プラスチックカードを発行することで、JCBのクレジットカードと同じように使うことができますので、クレジットカードを持っていない方にとくにおすすめです。

【LINEモバイル】クレジット・デビットカード不要の支払い方法

マイカラー制度で最大2%のLINEポイント還元

LINE Payではポイントを貯めることができます。マイカラープログラムというポイント制度で、LINE Payのサービスの利用金額に応じてカラーが決まり、利用金額の最大2%のLINEポイントが還元されます。

マイカラーはホワイト、レッド、ブルー、グリーンの4種類あります。前月の1か月分の利用実績により毎カラーが変動します。その条件をまとめました。

マイカラー制度

    ホワイトカラー:支払金額が毎月9,999円以下で0.5%がLINE ポイントに還元
    レッドカラー :支払金額が10,000円~49,999円で0.8%がLINE ポイントに還元
    ブルーカラー :は支払金額が50,000円~99,999円で1%がLINE ポイントに還元
    グリーンカラー:は支払金額100,000円以上で2%がLINE ポイントに還元

買い物や支払いなどをLINE Payにまとめることができれば、グリーンカラーも難しくありません。

LINE Payの送金・受取方法

LINE Payの送金には本人確認が必要

LINE PayではLINE Payの残高をLINEの友達に送金することができますが、1つだけ条件があります。送金をするためには、LINE Payで本人確認をしておく必要があります。

本人確認には「スマホでかんたん本人確認」「銀行口座の登録」「郵送で本人確認用ハガキを送ってもらう」の3種類の方法があります。

スマホで簡単本人確認もしくは銀行口座の登録はスマホだけで完了することができますから、すぐに送金をしたい場合は、「スマホでかんたん本人確認」もしくは「銀行口座の登録」がおすすめですが、その中でもおすすめの方法は銀行口座の登録です。

実はLINE Payの残高を出金するためには、登録した銀行口座に出金するか、セブン銀行ATMで出金する方法の2種類あります。セブン銀行が近くにあれば良いのですが、セブン銀行が近くにない場合は、銀行口座に出金するしか方法がありません。

そのため、どうしてもスマホでかんたん本人確認や郵送で本人確認を行いたい人以外ならば、本人確認と銀行口座登録が一発で行える「銀行口座の登録」で本人確認を行いましょう。

LINE Payの残高を他人に送る方法

LINE Payの残高を他人に送る方法を紹介します。手順はいくつかありますが、画面を見ながら進めるので、迷うことは少ないです。

  1. LINEアプリのウォレットタブを開き、送金をタップします。
  2. 送金する相手(友達)を選択します。
  3. 送金金額を入力します。
  4. メッセージや写真、画像などを選択します。
  5. LINE Payのパスワードを入力します
  6. 相手に送金されます。送金した相手のLINEメッセージに「LINE Payから送金した」メッセージが表示されます。

LINEメッセージに送金したメッセージが表示されれば、自動的に相手のLINE Payに残高として登録されます。

LINE Payの残高を他人から貰う方法

LINE Payの残高を他人から貰うためには、相手に送金依頼を行う必要があります。相手に送金依頼を行う方法を紹介します。

  1. LINEで送金してほしい相手のLINEトークを開き、「+ボタン」をタップします。
  2. メニューが表示されるので、「送金」をタップします。
  3. 「送金・送付を依頼」(送金を依頼する)をタップします。
  4. 送金してほしい金額を入力し、次へをタップします。
  5. メッセージや写真、画像などを選択します。
  6. 送金依頼をタップします。

送金依頼を行ったあとに、相手がLINE Payを使って送金を行えば、自動的に自分のLINE Pay残高として登録されます。

LINE Payの送金・受取にかかる手数料

LINE Payの送金や受取にかかる手数料はありませんが、いくつか注意が必要です。1点目は、送金してもらったLINE Payの残高を決済や出金に使う場合は、本人確認が必須です。また、銀行口座などに出金したい場合は、220円の手数料がかかります。

1日に送金できるLINE Payの上限

1日に送金できるLINE Payは、1円から送金でき、上限は1日100,000円まで送金可能です。もしも100,000円以上の金額を送金したい場合は、当日は100,000円を送金し、翌日に改めて送金する必要があります。

LINE Payの送金はキャンセルできないため注意

LINE Payの送金は、一度行ってしまったらキャンセルができません。そのため、送る相手や金額が正しいかを確認してから送る必要があります。

どうしても返金が必要な場合は、相手から送金してもらうことで返金と同じようなことができます。送金は手間がかかるものの、手数料は無料ですから、どうしても返金が必要な時は相手にお願いする必要があります。

まとめ

LINE Payの友だちからの貰い方、送金・受取のポイントは3点あります。

  • 送金先、受け取り側両方でLINE Payの本人確認が必須
  • 送金、受取の手数料は無料ですが、出金には220円の手数料がかかる
  • 1日に送金できる限度額は100,000円

友だちへの出金が手数料無料でできることから、キャッシュレス決済も現金決済とほとんど変わらず利用することができます。また、LINE Payの決済でポイント還元できますから、普段の支払いをLINE Payメインで行い、お得に節約していきましょう。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

最大2ヶ月0円キャンペーン中
 
 
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル