SoftbankからLINEモバイルにiPhoneそのままかんたんのりかえ!

LINEモバイルにのりかえると、大手キャリアよりも毎月の料金を格段に安くすることができる!

でも、ソフトバンクの携帯端末ってLINEモバイルでもそのまま使えるんだろうか・・・?安心して下さい!ソフトバンクのiPhoneであれば、SIMフリー化をすればそのまま使用することができます。

では具体的にどのように手続きをすればSiMフリー化することができるのか、そしてソフトバンクからののりかえ方法をお話ししていきます。

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/

 

ソフトバンクからLINEモバイルへののりかえはSIMロック解除が必要

SIMフリー、SIMロック解除とは?

基本的に、大手キャリアで購入した携帯端末は、それぞれのキャリアのSIMカードしか使うことができません。

これをSIMロックと言いますが、例えばソフトバンクで買ったiPhoneはソフトバンクのSIMカードのみで、docomoで買ったiPhoneはdocomoのSIMカードのみで動作します。

LINEモバイルはdocomoの電波を使用しているため、docomoのiPhoneであればLINEモバイルのSIMカードをそのまま使うことができますが、ソフトバンクやauの場合はSIMロックを解除しなければLINEモバイルでは動作しません。

このSIMロックを解除した状態がSIMフリーと言い、SIMフリー化すればソフトバンクの端末でもLINEモバイルで使えるようになります。

SIMフリーはソフトバンクのショップや公式会員サイトで行うことができるのですが、いくつか条件があるので確認しておきましょう。

ソフトバンク端末をSIMフリー化するための条件

ソフトバンクのSIMロック解除の条件は以下の通りです。

・2015年5月以降に発売されたスマホであること
・購入日より101日目以降であること
・故障や水漏れがないこと
・ネットワーク利用制限がかかってないこと(盗難品や端末代金未払いなど)

 

この条件を満たしていないとSIMフリー化をすることができません。

iPhoneの場合ですと、iPhone SE、iPhone 6s、iPhone 6s Plus以降のものが対応しています。

最新のiPhoneですと「購入日より101日目以降であること」が満たせない可能性がありますので注意して下さい。

ソフトバンク端末をSIMフリー化する方法

ソフトバンクの携帯端末をSIMフリー化するための方法は、以下の2通りです。

(1) ソフトバンクのショップで手続きする
(2) My Softbank(公式会員サイト)でオンライン手続きする

(1) ソフトバンクのショップで手続きする

ソフトバンクショップでの手続きの場合、スタッフがすべてやってくれますので簡単です。

必要な物は、

・SIMロック解除機能搭載機種
・運転免許証やパスポートなどの本人確認書類
・SIMロック解除手数料(3,000円/店頭でお支払い)

ということで、いつもショップで手続きをする時に持っていくものと同じですね。ただし、3つ目にもあるとおり3,000円の手数料が発生するので注意が必要です。

「手数料をかけたくない!」というのであれば、次にお話する「My Softbankででオンライン手続きする」をお勧めします。

(2) My Softbank(公式会員サイト)でオンライン手続きする

1.My Sofbankにアクセスして、SIMロック解除をする携帯電話番号を入力してログイン

MySoftbankのトップページ

2.SIMロック解除をする端末のIMEI(製造番号)を入力して「次へ」を選択
(IMEIは、iPhoneの場合は「設定」>「一般」>「情報」の画面で、Androidの場合は電話で「設定」>「端末情報」>「機器の状態」>「IMEI番号」で確認できます)

3.IMEIと機種名を確認し、「解除キーを発行する」を選択

4.iPhoneの場合はSIMロック解除完了、Androidの場合は解除キーが発行されるのでメモする

5.iPhoneの場合はLINEモバイルのSIMを入れれば使用可能、Androidの場合はLINEモバイルのSIMを入れた後に解除キーを入力する

これでSIMフリー化が完了です!

ソフトバンク端末をLINEモバイルで使用する際の注意点

基本的にSIMフリー化すればどのキャリアのSIMも使えるようになりますが、通信方式の違いが原因で、端末によっては使用できない場合もあるようです。

ちなみにLINEモバイルの公式サイトには、動作確認済み端末のページに以下のように記載されています。

動作確認済み端末

iPhone 6s以降のiPhoneであれば大丈夫なようですが、Androidの場合はキャリアや端末メーカーに問い合わせたほうが良さそうですね。

iPhone以外を使用している場合は注意しましょう!

LINEモバイルにのりかえるといくら安くなる?

LINEモバイルで最もスタンダートなプランは、LINE、Twitter、Facebook、Instagramの使い放題が含まれている「コミュニケーションフリープラン」です。

最もスタンダードな「コミュニケーションフリープラン」の料金表

こちらをソフトバンクの料金と比較してみましょう。

LINEモバイルとソフトバンクの料金比較

LINEモバイルとソフトバンクの料金比較

どのデータ容量でも5,000円以上は安くなります。

プラン選択の目安ですが、LINE、Twitter、Facebook、Instagramが使い放題になる分、データ容量がソフトバンクの時より少なくて済みますので、これまでこの4つのアプリの使用頻度が高かった場合は、今より小さい容量を選んでも大丈夫でしょう。

4つのアプリの使用頻度が低い場合は、現在と同じデータ容量を選択することをお勧めします。

ソフトバンクからLINEモバイルへのMNPする方法

LINEモバイルならたった4ステップでのりかえ!

1.MNP予約番号を取得する(目安:5分)
2.LINEモバイルで契約する(目安:10分)
3.APN設定(ネットワーク設定)をする(目安:3分)
4.MNP転入切り替えをする(目安:5分)

 
番号そのままでソフトバンクからLINEモバイルへのりかえは、上記のたった4ステップで完了してしまいます!

すべて電話とネットで完了できますし、難しい手続きや設定は一切ありません。

それでは流れを見ていきましょう。

MNP予約番号を取得する(所要時間目安:5分)

まずはソフトバンクの窓口に電話して、MNP予約番号を取得しましょう。
MNPとは携帯電話番号ポータビリティ(Mobile Number Portability)の略で、MNP予約番号は電話番号そのままで他社にのりかえる際に必要になるものです。

SoftBankの受付窓口:0800-100-5533
(受付時間:9時~20時)

予約番号の発行は無料で、予約番号を発行してもすぐに解約になるわけではないので安心して下さい。(発行時は無料ですが、LINEモバイルにのりかえが完了した時点でソフトバンク側に転出手数料3,000円が発生します)

また、PC・スマホサイトのMy Softbankから取得することも可能です。(受付時間:9時~21時30分)

MNP予約番号の有効期限は15日間ですが、LINEモバイルにMNPするためには有効期限が10日以上の予約番号が必要です。

予約番号を入手したら、早めに手続を進めましょう!

ちなみに15日の有効期限が過ぎた場合、予約番号は自動的に無くなりソフトバンクの電話番号は解約にはならずそのまま使うことができます。

LINEモバイルで契約を申し込む(所要時間目安:10分)

以下からLINEモバイルの公式ホームページを開いて下さい。

 

公式ページへアクセスすると、ページを開いてすぐのところに「申し込む」というボタンがあるのでクリックします。

LINEモバイルのトップページ

申し込み方法は画面の表示に従って進めて行くだけですので、非常に簡単です。
10分程度あれば申し込み完了できてしまいます。

ソフトバンクからLINEモバイルのMNP方法 まとめ

LINEモバイルに番号・端末そのままのりかえ!

ソフトバンクからLINEモバイルにMNPする方法についてお話しました。
SIMフリー化が必要ですが、それも含めて思ったより簡単だったのではないでしょうか?

注文してから手元に届くまでの日数ですが、お昼頃に頼んだ場合は最速2日で到着します。

受け取ったあとはAPN設定とMNP転入切り替えをするだけですが、こちらは両方合わせても10分程度で済んでしまいます。

APN設定と転入切り替えのやり方も非常に簡単で、SIMカードと同封されている説明書に丁寧に手順が書かれていますので、そちらを読めば一目瞭然です。

LINEモバイルの取扱説明書

あなたも電話番号とスマホをそのままでLINEモバイルにのりかえて、毎月の料金を安くしちゃいましょう!