iPhoneで格安SIMに乗り換える際のデータ移行方法

格安SIMは月額料金が安いので、大手キャリアから乗り換えを考えている方が多いです。乗り換えの際に心配になることが、スマホにあるデータが消えてしまうのではないかということだと思います。

今回はiPhoneで格安SIMに乗り換える際のデータ移行の手順や、データ移行ができないものについてご紹介します。

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

現在のiPhoneそのままで格安SIMに乗り換える際のデータ移行

iPhone本体のデータはそのままのためデータ移行不要!

大手キャリアから格安SIMに乗り換える際に、現在使用しているiPhoneをそのまま格安SIMで使用したいと考えている人もいると思います。その場合はデータ移行不要なため、格安SIMへの乗り換えが非常に簡単に行えます。

乗り換えの際にSIMカードを切り替えますが、スマホにある写真やアプリは本体に残るのでデータ移行する必要がありません。

iPhoneからiPhoneに機種変更して格安SIMに乗り換える際のデータ移行

「iTunes」を使ってデータ移行

iTunesを利用したバックアップの場合は、設定情報やデータをすべてバックアップすることができます。アプリのデータなどが消えることを防ぐことができて、アプリを再度インストールする必要もありません。

iCloudの場合はバックアップの無料プランが5GBまでのため、5GB以上のデータをバックアップすると有料になってしまいます。そのためお手元にパソコンを持っている方は、iCloudよりもiTunesを利用してデータ移行をすることをおすすめします。

現在使用しているiPhoneでiTunesを利用して、データのバックアップを行う方法

  1. パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続します。
  2. 「バックアップ」をクリックして、「今すぐバックアップ」を選択するとバックアップが開始されます。
  3. バックアップが完了するまで待ちます。
  4. 機種変更したiPhoneをパソコンと接続して、「バックアップを復元」をクリックするとデータ移行ができます。

「iCloud」を使ってデータ移行

iCloudを利用してデータ移行する場合は、スマホのみで操作ができるので非常に簡単にデータ移行ができます。iCloudを使用してデータ移行をする際に必要なものがApple IDとパスワードの2つなので、データ移行をする前に事前に確認しておくとスムーズに操作できます。

iCloudを利用してデータ移行する際にはWi-Fi接続が必要なので、外出中ではなく自宅でWi-Fiがある環境で行いましょう。

現在使用しているiPhoneでiCloudを利用して、データのバックアップを行う方法

  1. 「設定」から「iCloud」を選択して、「バックアップ」をタップします。
  2. 「iCloudをバックアップ」をオフからオンに切り替えて、「今すぐバックアップを作成」をタップします。
  3. バックアップが完了するまで待ちます。

機種変更したiPhoneでiCloudを利用して、データのバックアップから復元を行う方法

  1. iCloudのサインイン画面でApple IDとパスワードを入力してサインインします。
  2. 「バックアップを選択」という画面で復元希望のバックアップを選択します。
  3. 復元が完了するまで待ち、「続ける」をタップしてパスワードを再度入力します。
  4. Siriなどの各種設定を行い、ダウンロードが完了されるまで待ちます。

iOS12.4以降はiPhone同士で直接データ移行も可能

iOS12.4以降はiPhone同士でデータ移行をすることが可能なので、簡単にデータ移行をすることができます。

データ移行をする間に、乗り換え前と乗り換え後のiPhoneのiOSが12.4以上かチェックする必要があります。乗り換え先のiPhoneを初期化にして、アプリなどを引き継ぐ準備をします。LINEやSuicaなどは、引き継ぎ作業が必要なので注意しなくてはいけません。

iPhone同士で直接データ移行を行う方法

  1. 乗り換え前のiPhoneをBluetoothとWi-Fiに接続して、乗り換え後のiPhoneも近くに置きます。
  2. 乗り換え前のiPhoneに「新しいiPhoneを設定するのにApple ID”○○”を使用します。」と表示されるので「続ける」をタップします。
  3. 乗り換え後のiPhoneに表示されている水色の模様を、乗り換え前のiPhoneのカメラで読み取りを行います。
  4. 乗り換え後のiPhoneに記載されている「iPhoneから転送」を選択するとデータ移行が行われます。

上記の方法で移行できないもの

上記のiTunesやiCloudを利用してデータ移行をする際にデータ移行できないものは、電話番号・キャリアメール・キャリアのポイント・キャリア決済などです。

iPhoneからAndroid、AndroidからiPhoneで格安SIMに乗り換える際のデータ移行

「JSバックアップ」を使ってデータ移行

JSバックアップで移行できるデータは、画像・動画・カレンダー・連絡先の4つのデータです。20GBまでは無料で利用できますが、20GB以上になると課金をする必要があります。

「JSバックアップ」でデータ移行を行う方法(iPhoneからAndroidの場合)

  1. iPhoneとAndroid両方にて「JSバックアップ」をインストールします。
  2. iPhoneでアプリを開いて「かんたんデータ移行」をタップします。
  3. 「データを取り出す」という箇所を選択して、「無料プラン」をタップします。
  4. パスワードを設定して、「データ取り出しスタート」を選びバックアップを始めます。
  5. バックアップが完了した際にQRコードが表示されるので、Androidも「JSバックアップ」を開いて「かんたんデータ移行」をタップします。
  6. 「データを取り込む」を選び、カメラが起動するとQRコードを読み込みます。
  7. パスワードを入力して、「データ取り込みスタート」をタップして、取り込みが完了するまで待ちます。

「Yahoo!かんたんバックアップ」を使ってデータ移行

Yahoo!かんたんバックアップで移行できるデータは、画像・動画・連絡先の3つのデータです。「JSバックアップ」の場合はカレンダーもデータ移行できますが、Yahoo!かんたんバックアップの場合はカレンダーは移行できません。

「Yahoo!かんたんバックアップ」でデータ移行を行う方法(iPhoneからAndroidの場合)

  1. iPhoneとAndroid両方にて「Yahoo!かんたんバックアップ」をインストールします。
  2. iPhoneでYahoo!かんたんバックアップのアプリを開きます。
  3. バックアップ希望のデータを選択して、「かんたんバックアップSTART」をタップします。
  4. バックアップが完了するまで待ちます。
  5. バックアップが完了した後に、「閉じる」をタップします。
  6. AndroidでYahoo!かんたんバックアップのアプリを開きます。
  7. 「復元」をタップして、復元希望のデータを選択します。
  8. 「復元開始」をタップして、復元が完了するまで待ちます。

上記の方法で移行できないもの

上記のJSバックアップやYahoo!かんたんバックアップを利用してデータ移行をする際に、データ移行できないものはアプリ・音楽・電話番号・キャリアメール・キャリア決済などです。

アプリをバックアップしたい方は、JSバックアップやYahoo!かんたんバックアップ以外の方法でデータ移行をする必要があります。キャリアで使用していたキャリアメールやキャリア決済は、iCloudなどでデータ移行する際と同じくデータ移行することができません。

まとめ:格安SIMへの乗り換えでもiPhoneのデータ移行は難しくない!

今回はアプリを利用してデータ移行する方法や、iTunesやiCloudを利用してデータ移行する際の注意点についてご紹介しました。格安SIMへの乗り換え時のデータ移行が難しくなく、データ移行はシンプルで簡単に行うことができます。

これからiPhoneで格安SIMに乗り換える際にデータ移行をする必要がある方は、是非参考にしていただければ幸いです。