現代ではスマホで利用する連絡手段はメールではなく、LINEなどのSNSを使用することが多くなっています。しかし、いろんなサイトへの会員登録や利用登録をするときにはメールアドレスを登録する必要が多くあります。そんなときにみなさんどんなメールアドレスを利用しますか?

メールアドレスには大きく3種類あり、無料で取得するフリーメールやプロバイダ(キャリア)から提供されるメール、自分自身でサーバーと契約する独自ドメインなど様々です。スマホで使用する場合に多いのは、フリーメールかキャリアメールが大半だと思います。

今回は、格安SIMでキャリアメールが利用できる会社をご紹介します。

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

大手キャリアから格安SIMに乗り換えた場合にメールアドレスはどうなる?

大手キャリアのキャリアメールは使えなくなる

大手キャリアである、docomo、au、ソフトバンクではそれぞれメールアドレスを提供してもらうことができます。

しかし、大手キャリアでは、他社に乗り換えた場合キャリアメールは利用することができなくなります。これは、大手キャリアから大手キャリアに切り替えても、格安SIMに切り替えても同じです。

さらには、格安SIMの場合は各社が提供しているメールを利用できるかどうかは格安SIMの会社によって異なります。

もし、大手キャリアから格安SIMに乗り換えを行った場合に、キャリアメールで登録しているサイトなどでは、予め変更手続きなどが必要になる場合があります。

基本的にはGmailやYahoo!メールなどのフリーメールを使用する

フリーメールは、GmailやYahoo!メール、iCloudなど様々なフリーメールが存在します。フリーメールは自由に無料で獲得することができるメールアドレスのことを指します。

さらに、スマートフォンだけでなくパソコンなどでも取得をすることができます。フリーメールの便利な部分はGmailやYahoo!メールなどのフリーメールは様々な設定方法でメールを確認できます。

メールアプリやメールソフトに設定を行い利用する場合や、SafariやGoogle ChromなどのWebブラウザ上メールを利用する方法などがあります。

フリーメールの場合は、POP(端末内にメールを保存する方法)やIMAP(Webサーバーにメールを保存する方法)などメールアプリに設定する方法は様々です。

また、複数の端末で利用するかどうかなどによっても設定方法を決める方がいいこともあります。利用時には設定方法も確認をするようにしてください。

独自メールアドレスを提供している格安SIMも一部あり

独自のメールアドレスを提供している格安SIMの特徴は、運営会社が大手の会社やプロバイダなどの回線提供を行っている会社が多いです。

それぞれ、独自のメールアドレスでは、セキュリティの高いところやメールサーバーの容量が大きいところなど様々あります。

メールを利用する上でそれぞれユーザにとって優先したい事項は異なります。格安SIMでメールを利用する時は事前に調べて契約することが必要です。

メールアドレスが付与される格安スマホ/SIM

BIGLOBEモバイル:@***.biglobe.ne.jpのメールアドレスが無料で使える

【BIGLOBEモバイル】初期費用0円+値引き特典(~9/30)
プラン
音声SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
タイプD
タイプA
タイプD
タイプA
タイプD
1GB1,400円--
3GB1,600円1,020円900円
6GB2,150円1,570円1,450円
12GB3,400円2,820円2,700円
20GB5,200円4,620円4,500円
30GB7,450円6,870円6,750円
タイプD=ドコモ回線 タイプA=au回線
エンタメフリー・オプション
音声SIMの場合:490円/月 データSIMの場合:980円/月

データ消費ゼロで使い放題のアプリ
YouTubeAbemaTVU-NEXTYouTube Kids
Google Play MusicYouTube MusicApple MusicSpotify
AWAAmazon MusicLINE MUSICradiko.jp
らじる★らじるdヒッツRecMusicdマガジン
dブックFacebook Messenger

大手プロバイダであるBIGLOBEが提供するBIGLOBEモバイルです。音声通話SIMは月額1400円から利用可能でデータSIMは900円から利用可能です。

さらに、現在は、通話音声SIMについては3GB以上のプランを利用する場合に最大6ヶ月間、月額1200円引きで利用できます。

BIGLOBEモバイルで契約する2回線目以降は、200円引きで利用することが可能です。そのため、家族全員でBIGLOBEモバイルを利用するのにもぴったりです。

BIGLOBEモバイルはオプションも充実しており、特にエンタメフリーオプションは、YouTubeやGoogle Play Musicなどのサービスをデータフリーで利用することができます。

普段から動画や音楽をたくさん楽しみたい方にとってはおすすめのオプションです。また、電子書籍配信サービスなどもデータフリーで利用できるものがあります。

BIGLOBEモバイルでは、プロバイダで提供をしているプロバイダメールをそのままキャリアメールとして利用をすることができます。

BIGLOBEモバイルは、1アカウントまでメールアドレスを無料で利用することができます。また、メールアプリやウェブブラウザでもメールを利用することができます。

BIGLOBEモバイルのメールアドレスは、メールボックスの容量を5GBまでたっぷりと利用できます。さらに、迷惑メールなどのセキュリティに対しても強固です。メインとしても利用したい方におすすめです。

mineo(マイネオ):@mineo.jpのメールアドレスが無料で使える

mineo(マイネオ)
データ容量回線
種類
デュアルタイプ
(音声+データ)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
500MBA1,310円700円
D1,400円700円
S1,750円790円
3GBA1,510円900円
D1,600円900円
S1,950円990円
6GBA2,190円1,580円
D2,280円1,580円
S2,630円1,670円
10GBA3,130円2,520円
D3,220円2,520円
S3,570円2,610円
20GBA4,590円3,980円
D4,680円3,980円
S5,030円4,070円
30GBA6,510円5,900円
D6,600円5,900円
S6,950円5,990円
回線種類:A=au回線 D=ドコモ回線 S=ソフトバンク回線

mineoは、関西電力グループが提供する格安SIMです。最近でも、CMなどでよくテレビでも見られていることも多いでしょう。mineoは、格安SIMの中でも珍しく大手3キャリア全ての回線を利用できるプランが揃っています。

mineoは、それぞれAプラン(au回線)、Dプラン(ドコモ回線)、Sプラン(ソフトバンク回線)とあり、料金が異なります。

一番安いプランがau回線のAプランであり、それより100円ほど月額利用料金が高いドコモ回線のDプランと400円以上高いソフトバンク回線のSプランがあります。

mineoは、無料で独自のメールアドレスを利用することができます。メール容量は標準が200GBです。さらに、無料で5GBまで拡張することが可能です。

Y!mobile(ワイモバイル):@yahoo.ne.jpのメールアドレスが無料で使える

プラン名月額料金通話
プランS
(3GB)
~6ヶ月目:1,980円
7ヶ月目~:2,680円
1回10分の通話が
回数無制限で無料
プランM
(9GB)
~6ヶ月目:2,980円
7ヶ月目~:3,680円
1回10分の通話が
回数無制限で無料
プランR
(14GB)
~6ヶ月目:3,980円
7ヶ月目~:4,680円
1回10分の通話が
回数無制限で無料

Y!mobile(ワイモバイル)は、ソフトバンクが提供する格安SIMです。サブブランドと呼ばれており、回線速度も格安SIMの中ではダントツで安定しています。

Y!mobileのプランは格安SIMの中でもわかりやすくなっており、通話SIMプランは3プランしかありません。月額1480円から利用可能であり、この料金の中には10分かけ放題プランが入っています。

さらに、格安SIMでは珍しい無制限かけ放題プランが利用できるのもY!mobileの特徴です。オプションで1000円の追加料金で利用できるため、ビジネスの場面でも有効に利用可能です。

Y!mobileでは、Yahooと連携したメールアドレスを利用することができます。フリーメールで利用しいているYahooメールとは異なり、歴としたキャリアメールです。

さらに、メールアドレスの容量は無制限で利用することができます。さらに、メール保存期間も無制限で利用でき、セキュリティも高いためおすすめです。

OCNモバイルONE:@***.ocn.ne.jpのメールアドレスが無料で使える

OCNモバイルONE/OCN光
コース音声SIMデータSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
1GB/月1,180円--
3GB/月1,800円1,220円1,100円
6GB/月2,150円1,570円1,450円
10GB/月3,000円2,420円2,300円
20GB/月4,850円4,270円4,150円
30GB/月6,750円6,170円6,050円

OCNモバイルは、日本一とも呼び声が高い大手プロバイダであるOCNが提供する格安SIMです。さらに、OCNモバイルはNTT系列のため回線も安定します。

OCNモバイルは、音声通話SIMは月額料金1180円で利用することができます。さらに、データSIMだけでは月額料金880円で利用可能です。

また、OCNモバイルは、自宅の光回線とセットにすることがおすすめです。OCN光加入中の方は、月額料金から200円の割引で利用することが可能です。

OCNモバイルでは、光回線とのセットだけでなくスマホとのセット購入をすることでスマホを安く購入することができます。スマホも一緒に購入したい方にもおすすめです。

そんな、OCNモバイルのメールアドレスはプロバイダメールでも最高峰のセキュリティの高さを誇るOCNメールが無料で利用できます。

データ容量は10GBまで利用可能で、保存期間は無制限で利用可能です。迷惑メールやウイルスに対してのブロックなどにも有効です。

さらには、OCNのメールサーバーは大きくメールの送受信にも安定感があります。そのため、メインのアドレスとして利用する場合にもおすすめです。

楽天モバイル:@rakuten.jpのメールアドレスが無料で使える

Rakuten UN-LIMIT
エリア
楽天回線
パートナー回線
プラン料金2,980円→一年無料
データ通信制限なし5GB/月
国内通話Rakuten Link利用で0円
SMSRakuten Link利用で0円

楽天モバイルは、大手ショッピングサイトを運営している楽天株式会社が提供する格安SIMです。楽天サービスと関連して利用したい方にはおすすめの格安SIMです。

楽天モバイルは、スーパーホーダイと組み合わせプラン2種類のプランから選ぶことができます。スーパーホーダイは楽天会員にとってはお得なプランです。

スーパーホーダイでは楽天会員は月額料金1480円で契約することが可能です。さらに、ダイヤモンド会員はさらに500円引きで利用することができます。電話も10分間かけ放題です。

組み合わせプランの場合は、通話をあまりしない人におすすめです。また、データSIMのみの契約も可能です。オプションサービスと併用することがさらに便利に利用することができます。

楽天モバイルでは、楽天独自のサービスである楽天メールが無料で利用可能です。メール容量は15GBと大容量です。

さらに、無料で楽天メールアプリも利用することができます。楽天が運用するメールアドレスのため、信頼性も高くおすすめです。

UQモバイル:@uqmobile.jpのメールアドレスが月額200円で使える

プラン名月額料金節約モード/
速度制限時
プランS
(3GB)
1,980円300kbps
プランR
(10GB)
2,980円1Mbps
データ高速プラン
(3GB・225Mbps)
980円(通話不可)200kbps
データ無制限プラン
(容量無制限・500kbps)
1,980円(通話不可)-

UQモバイルは、WiMAXでもおなじみの格安SIMです。auのサブブランドにあたり、回線速度は大手キャリアに匹敵します。

UQモバイルは、月額1480円から利用可能で最低でもデータ容量3GBとたっぷりスマホを使えます。さらにプランも3種類あり、最大でも月額料金3980円と4000円以下で利用可能です。

さらに、もう一つUQモバイルの特徴として解約料金なしで利用できます。余ったデータ通信量も翌月に繰り越しすることができます。

UQモバイルでは、有料でメールアドレスを利用することができます。メールの保存期間は30日間と短いですが、セキュリティも全く問題ありません。

ただし、利用に当たっての注意点が存在しており本文のないメールは受信をすることはできません。また、新しい相手に送信の際も登録済みの電話帳からは送信できないため注意が必要です。

IIJmio(みおふぉん):@iijmio-mail.jpのメールアドレスが月額300円で使える

IIJmio(みおふぉん)
プラン
音声SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
タイプD
タイプA
タイプD
タイプA
タイプD
ミニマム
3GB
SIM最大2枚
1,600円1,040円900円900円
ライト
6GB
SIM最大2枚
2,220円1,660円1,520円1,520円
ファミリー
12GB
SIM最大10枚
3,260円2,700円2,560円2,560円
タイプD=ドコモ回線 タイプA=au回線

IIJmio(みおふぉん)は、中古スマホも購入可能な格安SIMです。特に、iPhoneの中古端末は通常の購入代金よりも半額近い金額で購入が可能です。

IIJmioは、特にスマホとのセット購入が安い格安SIMです。音声通話SIMとのセット購入で100円から購入可能の端末も存在します。

さらに、購入可能機種も多数存在しており、格安SIMでは10〜15種類程度が多いですが、30種類以上のラインナップがあります。様々な機種を選んで購入することができます。

料金も通話SIMでは、月額料金1600円から利用することが可能です。さらにデータSIMは月額料金900円から利用もできるためおすすめです。

IIJmioのメールアドレスは月額300円から利用可能です。メールサーバー容量と件数共に無制限と大容量での利用が可能です。

セキュリティ暗号化も利用することができるため、セキュリティが不安という方も安心して利用することができます。

まとめ

みなさんいかがでしたか?

メールを利用できる格安SIMは意外とたくさんあります。また、独自メールアドレスがない格安SIMではフリーメールの利用がおすすめです。

普段の連絡手段にはLINEを利用することが多い人でも、メールアドレスは利用する機会は当然あります。みなさんも格安SIMでメールアドレスを利用してみてください。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

3ヶ月間 980円値引きキャンペーン中
 
 
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル