大手キャリアから格安SIMに切り替えるときに困ることがあります。それは「メールアドレス」です。大手キャリアではキャリアメールを提供していました。

例えばDocomoでは「@docomo.ne.jp」、auでは「@au.com/@ezweb.ne.jp」、Softbankでは「@softbank.ne.jp/@i.softbank.jp」というキャリアメールが利用できましたが、会社が変わってしまったあとに、メールアドレスが継続して利用できるか不安ですよね。

そこで、この記事では、格安SIMで利用可能なメールアドレスについて案内します。メールアドレスは利用できるの?メールアドレスがなくなったらどうすればよいの?など、疑問に思っていることや不安に思っていることも、この記事を読めばひと目で解決できます。

もちろん、格安SIMのことを知らない人でも分かりやすく紹介していきますから、ぜひ一度お読みください。

 

\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル

 

格安SIMではメールアドレスはどうなる?

大手キャリアのメールアドレスは使えなくなる

残念ながら、格安SIMを利用すると、大手キャリアで利用していたメールアドレスが使えなくなります。

キャリアメールは、大手キャリアが提供しているサービスです。どのようなサービスかと言いますと、キャリアを利用している人へのメールアドレスを提供しています。

格安SIMに乗り換えるということは、大手キャリアのとの契約を解約し、格安SIM会社に契約を変更するのですから、あなたが使っていた大手キャリアのキャリアメールアドレスが利用できなくなるのは当然です。

そのため、もしキャリアメールに大切なメールや重要なメール、思い出のメールがあるのでしたら、大手キャリアとの契約が終了するまえに、メールのバックアップなどを取得しておく必要があります。

ほとんどの格安SIMはキャリアメールを提供していない

大手キャリアで利用しているキャリアメールが使えないなら、格安SIMで提供しているキャリアメールを使えば良いのではと考えますが、実はほとんどの格安SIM会社ではキャリアメールを提供していません。

格安SIM会社の通信料金は大手キャリアよりも安いことがほとんどです。月に支払う金額が、大手キャリアの半額、使い方によっては三分の一になることも多々あります。

通信費用を安く提供するためには、ユーザーにとって必要なサービスは残して、不要と思われるサービスはやめてしまうことです。

大抵の格安SIM会社では、通信料金を1円でも安くするために、キャリアメールは「不要なサービス」と判断し、メールサービスを提供しないのです。

キャリアメールが使えなくてもフリーメールで十分対応できる

大手キャリアのキャリアメールが使えず、格安SIM会社でもキャリアメールを提供していないことが分かりましたので、別の方法でメールアドレスを入手する必要があります。

別の方法でメールアドレスを入手する上で、あなたが、生活をしていて、どんな場面でメールアドレスを利用しているかによって、入手方法が変わります。

例えば家族や社会の組織、友達など、親しいグループとのやりとりでは、メールアドレスをほとんど使わず、例えばLINEなどのSNSや、電話番号があればSMS(ショートメールサービス)やMMS(マルチメディアメッセージングサービス)などの、メールアドレス以外の連絡手段を使うことが増えています。

メールアドレスを利用するのは、サービス(インターネットサービスや会員サービス)などを利用する時には、名前や住所、電話番号とメールアドレス、といった具合にメールアドレスを入力する機会があります。

メールアドレスはコミュニケーションツールではなく、会員登録をする時に利用するツールなのです。コミュニケーションツールで利用しないのでしたら、フリーメールを使えば、キャリアメールを提供していない格安SIMでもメールアドレスを利用できるのです。

フリーメールを使ったことない、という人がいるかもしれませんが、iPhone や Androidスマートフォンを利用しているなら、Apple ID「icloud.com」やGoogleアカウント「gmail.com」などのアカウントを持っているはずです。「icloud.com」や「gmail.com」がフリーメールです。

フリーメールの場合、保存期間は無期限です。保存できるデータ容量に限りはありますが、写真や動画などを頻繁にやりとりしなければ容量オーバーになることもほとんどありません。

メールアドレスをコミュニケーションツールとして利用しないなら、一番のおすすめはフリーメールです。

どうしてもキャリアメールが使いたい場合は提供している格安SIMを選ぶ

とはいえ、何かしらの事情でキャリアメールが必要なこともあります。例えば会員登録で「フリーメール利用不可」という場合もあります。そのような時は、キャリアメールがあると便利です。

格安SIM会社でも、キャリアメールを提供している会社は少数ながら存在しますので、どうしてもキャリアメールが必要なら、提供している格安SIM会社を利用するのも一つの手です。

キャリアメールアドレスが使える格安SIM

UQモバイル

UQ mobile 【ALL CONNECT】
プラン名月額料金通話
プランS
(3GB)
1年目:1,980円
2年目:2,980円
1回5分の通話が
回数無制限
or
60分/月の無料通話
プランM
(9GB)
1年目:2,980円
2年目:3,980円
1回5分の通話が
回数無制限
or
120分/月の無料通話
プランL
(21GB)
1年目:4,980円
2年目:5,980円
1回5分の通話が
回数無制限
or
180分/月の無料通話
データ高速プラン
(3GB・225Mbps)
980円通話不可
データ無制限プラン
(容量無制限・500kbps)
1,980円通話不可

UQモバイルでは「uqmobile.jp」というメールアドレスを提供しています。UQ モバイルは大手キャリアauのサブブランドですから、通信速度も格安SIM会社の中では早い方です。

au系スマートフォンを利用していて格安SIMに乗り換えたい場合や、SIMフリースマートフォンを保有していて、通信速度が早い格安SIM業者を探している場合は、UQモバイルがおすすめです。

 

IIJmio(みおふぉん)

IIJmio(みおふぉん)
プラン
音声SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
タイプD
タイプA
タイプD
タイプA
タイプD
ミニマム
3GB
SIM最大2枚
1,600円
→600円
1,040円900円900円
ライト
6GB
SIM最大2枚
2,220円
→1,220円
1,660円1,520円1,520円
ファミリー
12GB
SIM最大10枚
3,260円
→2,260円
2,700円2,560円2,560円
タイプD=ドコモ回線 タイプA=au回線

IIJmioでは、キャリアメールではなく「セーフティメール」というメールサービスを提供しています。IIJmioの「セーフティメール」の特徴は「ijmio-mail.jp」や「miomio.jp」など、5つのドメインから選ぶことができます。

注意点としては、受信メール、送信メールともに保存期間が30日間と制限があります。そして「セーフティメール」は有料(300円)です。

有料でなおかつフリーメールよりも使い勝手がよくありませんので、IIJmioを検討するときは、キャリアメールを利用するだけでなく、IIJmioのサービスを総合的に判断して契約することをおすすめします。

 

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)
データ容量回線
種類
デュアルタイプ
(音声+データ)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
500MBA1,310円700円
D1,400円700円
S1,750円790円
3GBA1,510円900円
D1,600円900円
S1,950円990円
6GBA2,190円1,580円
D2,280円1,580円
S2,630円1,670円
10GBA3,130円2,520円
D3,220円2,520円
S3,570円2,610円
20GBA4,590円3,980円
D4,680円3,980円
S5,030円4,070円
30GBA6,510円5,900円
D6,600円5,900円
S6,950円5,990円
回線種類:A=au回線 D=ドコモ回線 S=ソフトバンク回線

mineoでは、「mineo.jp」というメールアドレスが利用可能です。ただしmineo.jpをキャリアメールとして利用する上で、注意が必要です。mineo.jpは厳密に言うとキャリアメールではありません。

大手キャリアのキャリアメールの迷惑メール対策で「キャリアメール以外は迷惑メール扱い」にする設定がありますが、この設定にしてしまうと、mineo.jpはキャリアメールではありませんから、残念ながらメールを受信できません。

大手キャリアのキャリアメールでmineo.jpを受信可能にするためには、PCメールの受信を許可する必要があります。

 

楽天モバイル

スーパーホーダイ(ドコモ回線)
10分かけ放題×回数無制限付き
最低
利用
期間
プランS
(2GB)
プランM
(6GB)
プランL
(14GB)
プランLL
(24GB)
3年1,480円2,480円4,480円5,480円
2年1,980円2,980円4,980円5,980円
1年2,480円3,480円5,480円6,480円
組み合わせプラン
プラン
通話SIM
データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
ドコモ回線
au回線
ドコモ回線
au回線
ドコモ回線
ベーシック
プラン
1,250円645円525円
3.1GB1,600円1,020円900円
5GB2,150円1,570円1,450円
10GB2,960円2,380円2,260円
20GB4,750円4,170円4,050円
30GB6,150円5,520円5,450円

楽天モバイルでは「rakuten.jp」というメールアドレスが利用可能です。ただしmineoと同じく、厳密にはキャリアメールではなく、PCメールという扱いになります。

大手キャリアのキャリアメールで受信するためには、PCメールを許可する必要があります。

ただし楽天モバイルは、今後、第4のキャリアとして提供していく予定ですから、キャリアメールを提供することが予測されます。今すぐでなくてもキャリアメールを利用したいという人にはおすすめできる格安SIM会社です。

 

まとめ

格安SIMでメールアドレスを利用する方法を紹介いたしました。

格安SIMでメールアドレスを利用しようとしたときに検討するポイントは3点です。

  • メールアドレスをどんな用途で利用するか
  • 利用用途が限られているならばフリーメールを活用
  • 一部の格安SIM会社で提供しているキャリアメールを活用

キャリアメールが使えないからといって、大手キャリアから格安SIMを使わないのはもったいないです。

キャリアメールが利用できないことを逆手にとって、本当にメールアドレスが必要か、必要ないなら思い切ってメールアドレスを「断捨離」してしまいましょう。

LINEモバイルのメリットや評判、乗り換え方法はこちらの記事にまとめていますので、気になったあなたは参考にして下さい。

 

最大16,720円割引キャンペーン中
 
 
 
 
\今月のキャンペーン情報はこちら/
LINEモバイル